何だかスッキリしない足首の捻挫の後遺症から早く改善する為に確認すべきこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

暖かくなってきて、より活動的になってきました。

動きやすくなってきたからか!?「何だか分からないけど足の甲から足首まわりが痛くって・・・」という症状を訴えて来られる方が増えてます。

既往を確認すると捻挫を患った方が殆どです。

軽く捻ったものから思いっきり捻ったものまで…足首の捻挫って多くの人が経験したことがあるかと思います。

よくある足首の捻挫は内反捻挫といった内側に捻ってしまう捻挫です。

そういった症状が出てきた時に確認してほしいことがあります。

それは、「プロネーションとスピネーションの量が均等かどうか?」ということです。

なぜなら、捻挫の後遺症が発生している時は、足首・足まわりの剛性変化が起きているからです。

今回は、足首の捻挫の後遺症から早く脱する為に確認すべき必要なことについて書いていきたいと思います。

◎捻挫の後遺症

捻挫の後遺症は、捻挫の痛みだけ引かせるだけで「治った」としていて、機能的に改善させてない状態から起こる痛みや違和感などの障害です。

捻挫の器質的(靭帯)の損傷は、ぶっちゃけて言うと、時間が経てば痛みは引きます。

早く治したい等の理由で電気治療を行うことは勿論ありです。

問題は、機能的にどこまで崩れてしまっているか?ということです。

機能的な問題で重要なのは、固有受容器機能が狂ってしまうことです。

固有受容器機能が狂うことで、足首まわりの関節の位置情報を誤った状態で覚えてしまって、靭帯の弛みも手伝って、「足首が不安定=正常」ということをカラダが認識します。

骨がズレて固有受容器機能が崩れて、不安定な状態のままなので、足・足首まわりの筋肉・腱などが常に緊張してしまい、動きを制限してしまうことで足首の背屈がしにくくなります。

「捻挫の処置は鮮度が命!治りやすく再発させない!パフォーマンス低下させない!為の考え方」参照

背屈がしにくくなると、足首の内外反の動きが大きくなることも捻挫が癖になる一因です。

この機能的に治すことは対応が遅くれれば遅れるほど治るのが長引きます。

◎プロネーションとスピネーション

プロネーションは、日本語で足部が回内(プロネーション)する状態のことを指します。

足部の回内は、足の内側に倒れこんでいる状態のことです。

地面に対してかかとが直角に接しているか、どのくらい傾斜しているかのねじれの度合いを表します。

スピネーションはアンダープロネーションとも言い、日本語で足部が回外(スピネーション)する状態のことを指します。

足部の回外は、足が外側に倒れ込んでいる状態のことです。

プロネーションとスピネーションは、通常の行動でも起きるものですが、それぞれが過剰な範囲で起こることは、ケガが起こりやすくなります。

通常の行動では、プロネーションとスピネーションの量が均等に起こります。

足部が一番安定するのは、荷重が均等にかかっている状態だからです。

◎捻挫の後遺症で起こる剛性変化

歩くにも走るにも、人間は立位で行動する時は、大概足首の底背屈動作を伴います。

通常、足首の背屈は脛骨の内旋と腓骨の外旋が同時に起こることでSpreading motionと呼ばれる脛腓関節が開いて足部の上部にある距骨がスポッと納まることで出来るようになります。

ですが、内返し捻挫によって脛骨が前にグライドして腓骨が外旋している状態は、繊維質は伸びてはいますが、脛骨と腓骨は開きません。

もう一杯一杯に繊維質が伸びきっている状態なので、足首を背屈しようにも距骨が納まらず骨同士が衝突してしまいます。

単純に足首が背屈できなくなります。

この時に、足首が背屈したい時に出来ない状態ですと、足のプロネーション(回内)・スピネーション(回外)の量を大きく変化を起こしたり、膝のStabilityを崩すなどして補おうとします。

「ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」ブログ記事参照

この足のプロネーション(回内)・スピネーション(回外)の量の変化が大きくなると、徐々にプロネーションとスピネーションの量の差が出て不安定な状態になります。

ですので、不安定な状態を回避しようとして足・足首まわりを固めようとする働きが出ます。

更に、足の位置感覚がズレた状態でカラダが覚えてしまいます。

そして、時間が経てば経つほど、プロネーション(回内)・スピネーション(回外)の量の差が大きくなっていきます。

◎機能を戻す

プロネーションとスピネーションの差を均等に戻していくためには、

機能的にしっかりと治すこと

になります。

捻挫の後遺症を「機能的に治す」という事は、

・足首まわりの筋肉の機能
・足首まわりの靭帯の固有受容器機能

の2つを正常に働くように戻すことです。

捻挫を痛みだけ解消しただけの場合、意外とこの機能的を治してない人が殆どです。

この機能的に治すことは対応が遅くれれば遅れるほど治るのが長引きます。

◎状態を把握して早めの対処を

以上、足首の捻挫の後遺症から早く脱する為に必要なことについて書きました。

捻挫の後遺症で、「何だか分からないけど足の甲から足首まわりが痛くって・・・」という症状を訴える方は少なくありません。

捻挫の後遺症が起こっている人は、足・足首まわりの機能が崩れています。

これは日常生活やスポーツ動作においてもマイナスになります。

先ずは、自分の足・足首まわりの状態を把握するためにもプロネーションとスピネーションの差を比べてみてください。

そして明らかに差がある場合には、何かしら処置を行うべきです。

捻挫の後遺症は手遅れになる前に出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

対応が一日遅れるだけでも大きく違ってきます。

しっかりと治していく為には、器質的、機能的の両方の直し方に対応できる医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

シンスプリントや足のくるぶし周辺の痛み違和感の早期改善の為に取り入れたいトレーニング

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%84%9a

ここ近年の温暖化も相まって屋外での練習もよく行われております。

屋外での練習はどうしてもこの時期では量が多くなり、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを訴える方がよくご来院されます。

足首や足くるぶし周り、シンスプリントやコンパートメント症候群などの下腿周辺に起こる痛みは、地味に症状が長引きやすいのが特徴です。

酷いものは練習を休むという選択肢もありますが、痛みは感じてもプレーできたりするくらいだったら、練習に参加したりさせられたり…。

と、そんなこんなでズルズルと長引いちゃったりします。

長引くだけなら未だしも、「これくらいは大丈夫でしょ!」みたいな感じで軽く見てしまって後々症状が悪化してしまったというケースも少なくありません。

出来ることなら長い間休みたくないという方もいらっしゃると思います。

そういう時は痛みに対しての施術の他に行うことで症状の解消を早くしていくことができます。

それは、つま先立ちです。

なぜなら、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みが起こっている場合、つま先立ちが不安定になるからです。

今回は、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを早く改善していくためにつま先立ちトレーニングも取り入れましょうということを書いていきたいと思います。

◎足首、足くるぶし周辺などの痛み

シンスプリントに関しては、以前にブログにも書きました。

シンスプリントは、脛(スネ)の内側下1/3が痛くなることを言いますが、足くるぶしから脛全体の中で起こる脛骨過労性骨膜炎の事を指します。

最近では国際分類的にシンスプリントも含めて膝下内側に起こるモノを総称してMTSS(Medial Tibial Stress Syndrome)とまとめられています。

走るなどの足を使うスポーツ等で発症する場合が多いです。ちなみにランナーですと6-16%の割合で発生します。意外と少ないという印象です。
(治療院的な主観ですともっと多い印象です)

「シンスプリントや足のくるぶし周辺に痛み違和感がある方に有効なストレッチエクササイズ!」参照

くるぶしまわりの痛みは、Anterior ankle impingementの症状、Anterior ankle impingementの前段階が多いです。

症状として、最初は痛み自体は少ないので放っておくと、骨に余分な刺激が入って過剰に骨形成がされ過ぎて骨と骨の衝突が起こりやすい状態になって痛みが引かなくなります。

「足のくるぶし周りが痛みなどで気になり始めた時にスッキリと解消する為に確認すべきこと」参照

◎つま先立ちの原理

つま先立ちは、中足趾節関節(足の指の付け根部分)の背屈という指を反らす動きを伴います。

つま先立ちを行って上体を安定させると更に、下腿内旋、大腿内旋、股関節軽度屈曲、仙腸関節ニューテーションが起こります。

ザックリと説明しましたので、詳細はもう少し細かいですが、大体こんな感じです。

その下半身の状態に次いで、脊柱がニュートラル、肩甲骨が内転、外旋、後傾が起こります。

つま先立ちで安定させるということは、カラダの下から上までくまなく正常に可動させなければいけないということになります。

◎足くるぶし、足首まわりに痛みがある状態

先のブログにも書いてますが、足くるぶし、足首まわりに痛みが長引いている状態というのは、Ankle-Foot Complexの可動がしっかりと行われていない状態になります。

Ankle-Foot Complexの可動が崩れている状態というのは、

・足部の剛性変化
・脛腓関節のSpreading motionが出来ない
・足部の外反変化
・下腿外旋変化

という状態です。

この状態でつま先立ちすると、

・足部スピネーション
・下腿が内旋できない
・内反膝
・大腿の内旋不足
・股関節過内転
・仙腸関節がカウンターニューテーション気味
・腰仙関節が過伸展
・・・

という具合にバランスが崩れたつま先立ちになります。

要はバランスの悪いカラダの使い方を行っているということです。

このようなバランスが崩れて悪い状態で、カラダを動かしていると痛みのある部分に余計な負担がかかってしまい痛みがなかなか改善しません。

つま先立ちで安定させれるということは、余計な負担をかかりにくくして、痛みの改善を助けることに繋がります。

◎カラダの安定も考えて

以上、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを早く改善していくためにつま先立ちトレーニングも取り入れることのススメを書きました。

足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みは、最初はそこまで酷くないこともあり、地味に症状が長引きやすいです。

足首や足くるぶし周りに痛みが出ているときは筋出力のバランス、スタティックアライメント、ダイナミックアライメントが崩れてしまっていて、カラダを動かしていくと痛みに対して余計な負担がかかりやすい状態です。

つま先立ちを安定して行えるようにトレーニングしていくことで足首、足くるぶし周りのAnkle-Foot Complexの可動が正常化することで、筋出力のバランス、スタティックアライメント、ダイナミックアライメントを是正していくことができます。

なかなか改善が長引いてしまっている足首や足くるぶし周りに痛みに対しての早期改善させていくために是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

そして痛みは放っておかず、しっかりと治していく為に、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

外反母趾で痛みや違和感が出た時にスッキリ改善していくために行って欲しいこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be

靴の性能が上がってくる中で地味に多いのが外反母趾です。

要は、靴の性能が上がることで足部の機能を使わずに依存することが多くなるからです。

当治療院では、外反母趾の施術も行う機会が多いです。

外反母趾に罹られた方は、「うまく付き合っていくしかないんじゃないか?」と不安になられる方が殆どです。

実際に、外反母趾は放って置けばおくほどに改善しづらくなってしまいます。

外反母趾になりかけの時に行って欲しい事があります。

それは、正座です。

なぜなら、外反母趾の状態は、足首が真っ直ぐに伸びづらいからです。

今回は、外反母趾でスッキリ改善に向かうために痛みや違和感が出た時に確認して欲しいことを書いていきたいと思います。

◎外反母趾

外反母趾は、足の親指の先が人差し指側に「くの字」に曲がり、指のつけ根の関節の内側の凸の部分に痛みが出ます。

酷くなると、痛みのある部分に靴の中で当たったりして炎症を起こして痛むようになります。

原因としては、つま先の細い靴を履き続けていたり、偏平足気味の足だったり、若い時では親指が人差し指より長い場合に起こったりします。

男女比は女性の方がヒールを履くなど足先の細い靴を履く機会が多いのと骨格的なものの影響から女性が多いです。

男性はないかというと、最近では靴やシューズの機能が優れているせいなのか?シューズの履き方がイマイチなのか?は分かりませんが、ちょっと多くなってきた感があります。

◎筋活動のバランスを取る

外反母趾になってしまった時の足部の筋バランスは宜しくないです。

過剰に働いている部分と機能していない部分があります。

過剰に働いている筋は活動を抑える必要があります。

また機能していない部分は適切に機能させるべき必要があります。

過剰に活動している筋として長母指伸筋が挙げられます。

「走る時にあまり活躍してほしくない筋肉があります!」参照

他にも、長母指屈筋、短母指屈筋、後脛骨筋などが過剰に働いています。

また逆に、母指外転筋、腓骨筋群、小指外転筋などが機能低下してます。

これって、いわゆる外反足の状態ですね。

◎外反母趾で出やすい動き

足の親指が外反変形する時に出やすい動きがあります。

それは、

オーバースピネーション

です。

いわゆる内反捻挫の後遺症と同じ様な状態です。

「足首の捻挫が癖になるのは靭帯が弛んでいるからではありません!」参照

オーバースピネーション状態は、オーバープロネーションを引き起こしやすい状態です。

「ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」参照

カラダを動かす時のオーバープロネーションは外反母趾を引き起こします。

つまり、筋活動のバランス関係が崩れている時にこれらの動きが出やすくなるということになります。

◎正座を真っ直ぐに行う

正座は言わずもがな、膝を折り畳んで座ることを指します。

足の親指に外反変形が起きている時の下肢の筋活動バランスの状態で正座を組もうとすると、

・下腿(膝下スネの部分)が内旋する
・オーバースピネーション状態
・内反膝
・股関節の屈曲角速度の低下
・仙腸関節のカウンターニューテーションでロッキング

などの不都合な動作が生じます。

これらは全て外反母趾が生じたときに起こる筋出力バランスの崩れから起きてます。

また、これらが更なる親指の外反変形を助長してしまいます。

正座は真っ直ぐに行うことで、これらの筋出力バランスの崩れを是正して、足の親指をニュートラル方向へ改善する手助けをしてくれます。

◎手遅れになる前に

以上、外反母趾でスッキリ改善に向かうために痛みや違和感が出た時に行って欲しいことを書きました。

外反母趾は初期は、そこまで症状が酷くないので後回しにしがちです。

ですので、どうしても対応が後手に回り対症療法的なアプローチになってしまいがちです。

外反母趾は放って置けばおくほどに改善しづらくなってしまいます。

最悪の場合は手術適応です。

放置しておくほど、カラダの他の部位のバランスが崩れていってしまうので、外反母趾の助長を加速させてしまいます。

そうならない為にも親指の外反変形が起きたり、痛みや違和感が出てきた場合は、早め早めの対応が必要となります。

先ずは正座を真っ直ぐに組めるかどうかを確認してみて下さい。

そして、正座のバランスが崩れてしまっている場合、筋のストレッチ感覚の左右差などを是正するようにしましょう!

そうすることで、外反母趾をスッキリ改善の方向に向かうことが出来ますよ!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

足首の捻挫が癖になるのは靭帯が弛んでいるからではありません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e6%8d%bb%e6%8c%ab

軽く捻ったものから思いっきり捻ったものまで…足首の捻挫って多くの人が経験したことがあるかと思います。

よくある足首の捻挫は内反捻挫といった写真のような捻り方をする捻挫です。

捻挫は「足首の靭帯が伸びきっちゃってゆるくなってしまって癖になってるんです…」という人も少なくないです。

ですが、足首の捻挫が癖になるのは、靭帯がゆるいからではありません!

しっかりと治していないからです!

靭帯は伸びきったとしても捻挫の起こりやすさには大差ないです。

今回は、足首の捻挫が癖になる理由と対処法を書いていきたいと思います。

◎足首の内反捻挫

内反捻挫は、足首を内側に過度に捻って外側の靭帯が損傷するケガです。

内反捻挫は、足首の捻挫の中でも一番多いです。

損傷度合いは、ちょっと捻った軽いものから靭帯が部分~完全断裂や骨折などが起こる構造的損傷のものまで様々です。

足首の捻挫って軽く見られがちですが、放っておくと約5%の選手生命を断ち、日常生活レベルでも10%前後くらいの人が支障をきたしてしまうという統計があります。

これらの数字って意外と少なくありません。他の部位への影響を鑑みるともっともっと多いです。

◎靭帯の役割

靭帯の役割は、

・関節の動く範囲を決める
・関節の保護
・関節の固有受容器機能

の3つがあります。

靭帯はコラーゲン繊維で出来ていて、元の形状を記憶していて伸びても元に戻るような構造をしています。

その特性を活かして、関節が正常な可動範囲を越えようとするのを防ぐための最後の砦的な役割をします。

また、靭帯は急な衝撃や方向転換やスピードの出し入れなどにも対応して衝撃を吸収する役割もしています。

そして、固有受容器機能もあります。

固有受容器機能とは、カラダの関節の位置情報を正しく認識して、正しい姿勢、動きをナビゲートする役割をします。

この機能は靭帯の役割の中でも非常に大切で、しっかりと働いてくれることでカラダの動きを関節を正しく傷つけることなく誘導してくれます。

◎捻挫が癖になる理由

なぜ足首の捻挫が癖になりやすいのでしょうか?

先にも書きましたが、捻挫は足首の最後の砦的役割である靭帯が引き伸ばされて起きます。

そうすることで、骨が関節の動きの正常範囲を超えて動いてしまいます。

最初の痛みは靭帯が損傷した痛みなので損傷部位が修復すれば消失します。

問題は、固有受容器機能が狂ってしまうことです。

固有受容器機能が狂うことで、足首まわりの関節の位置情報を誤った状態で覚えてしまっているということです。

そうなると損傷の痛みもないので、「足首が不安定=正常」ということをカラダが認識します。

骨がズレて捻挫が起こりやすい位置の状態が正常だと認識しているので、いつも通りにカラダを動かすと捻りやすいのは想像に易いです。

しかも、足首・足まわりが常に不安定な状態のままなので、まわりの筋肉が常に緊張してしまい、動きを制限してしまうことで足首の背屈がしにくくなります。

「捻挫の処置は鮮度が命!治りやすく再発させない!パフォーマンス低下させない!為の考え方」参照

背屈がしにくくなると、足首の内外反の動きが大きくなることも捻挫が癖になる一因です。

ですので、捻挫が癖になっておきやすいことは足・足首まわりの機能的なものが問題なので、靭帯が伸びてユルユルな状態でもそこまで大差ありません。

◎捻挫を癖にしない為に

捻挫を癖にしない為に必要なことは、捻挫を

器質的、機能的にしっかりと治すこと

になります。

「器質的に治す」というのは、捻挫した時の靭帯や骨の損傷のことを指します。

これは言わずもがな治していらっしゃると思われます。

「機能的に治す」という事は、

・足首まわりの筋肉の機能
・足首まわりの靭帯の固有受容器機能

を正常に働くように戻すことです。

意外とこの機能的を治してない人が殆どです。

この機能的に治すことは対応が遅くれれば遅れるほど治るのが長引きます。

◎今からでも間に合います!

靭帯がゆるくなっていることと捻挫が癖になることとは関係ないということを書きました。

捻挫が癖になっている人は、足・足首まわりの機能が崩れています。

これは日常生活やスポーツ動作においてもマイナスになります。

捻挫を治していくことに手遅れということはありません。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

対応が一日遅れるだけでも大きく違ってきます。

しっかりと治していく為には、器質的、機能的の両方の直し方に対応できる医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
またLINE@からでもご質問等承っております。お気軽にご連絡下さい!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

足は図形パズルと同じ!?足の機能を引き出すために必要なこと!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e9%80%a3%e6%83%b3%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0

当治療院にご来院される理由に痛みや疲れを解消するための方々が多いです。

上半身、下半身満遍なく対応できますが、最近では特に、腰から下肢にかけて何かしらの痛みを訴える人が多いように思えます。

ランニングブームだからでしょうか!?

足の機能を活かせてない、もしくは足の機能が崩れてしまっている方が大変多いです。

でも、足部の構造は複雑で足の機能をどのように取り戻せば良いのか?よく分からない人って多いように見受けられます。

その時は足部を図面問題と同様に組み立てる方法をお奨めします。

今回は足の機能を改善する・発揮する為の考え方として足の機能の捉え方について書いてきたいと思います。

◎図形問題って?

図形問題だと難しく連想されがちですが、極々簡単なクイズみたいなものです。

一度は小学校の算数で以下の図形問題を解いたことあるかと思います。

%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e3%82%af%e3%82%a4%e3%82%ba

“この図形の中に三角形は幾つありますか?”

答えは…27個です。

分かりましたか?

一番短い一辺の三角形が16個、その倍の長さが一辺の三角形が7個、一辺が3倍の長さの三角形が3個、一番長い一辺の三角形が1個の合計27個です。

この図形のポイントは一辺の長さが短くても三角形と認識できますし、長くても三角形と認識できる点です。

要は細かく一つ一つでも成り立つのですが、一まとめにしても成り立つという三角形ということになります。

◎足の構造

%e8%b6%b3

足の構造は、写真のように足だけでも数多くの骨で構成されています。実にカラダ全体の骨格の約25%を占めます。

足って見た目カラダの10%もいかない割合の大きさなのにカラダの1/4もの割合が足に凝縮されています。

この足の一つ一つの骨からなる関節自体の機能があります。

また、横足根関節(Transverse tarsal joint:ショパール関節)だったり、足根中足関節(Tarsometatarsal joint:リスフラン関節)だったりがまとまって可動したりもします。

他に、横アーチを構成する各指の中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)は直接繋がってませんがまとまって動くことで蹴り足(Take Off)が安定するといった働きをしたりもします。

◎図形問題と足の構造の共通点

図形問題と足の構造は細かい関節単体での働きもありますが、幾関節が組み合わさっての複合体での働きもあるということで共通点があります。

更にもう一つ、足部は立体として捉えているので、図形問題の図を立体化してトランプタワーみたいなものだとすると…。
(今話題の米大統領の持ちビルのことではありませんw)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc

トランプ一枚一枚が相互に組み合わさることで一つの単体として成り立ちます。

一枚でも欠けてしまったり、違う位置だったり向きだったりすると、全壊してしまったり、全体の形が歪んだ状態になります。

これは実は足部においても同じことが言えます。

足部を構成する骨の一つの位置が傾いていたり、クルっと回転していたりすると、足全体が歪んでしまい本来の機能が発揮できなくなります。

それほど足部の一つ一つの骨格、関節はデリケートなものだということです。

◎足の機能を改善・発揮の考え方

以上、図形(トランプタワー)と足の構成は何となくですが似ていますw

では、それを踏まえたうえで足の機能を改善・発揮するにはどのようにすれば良いのか?

それは…、

足の各骨格、関節の傾き、向きのバランスをとる

ということになります。

コレだけだと歪みを取り除く!?だけのように思えます。

先述したとおり、足はトランプタワーと同様でお互いが支えあって組み込まれて成り立ってます。

要はこの場合、各骨格、関節のバランスを取りあうことが必要です。

そのバランスを取り合っているのは筋肉です

ですので足の機能を出す為には、骨格だけを無理矢理元に戻そうとはせず、その関節に関与する筋肉をしっかりと働かせて色んなポジションの都度バランスを取ることが重要となってきます。

この場合、一つ一つの関節の可動のバランスを取ることも大事になりますが、まとまった可動をする関節を一括りにしたバランスを取ることも重要です。

足の関節は基本的に動きやすい・動きにくいという特徴はあれど3運動平面全てで動きます。(教科書的には1面と書いてあるところもありますが…)

つまり自由度が各々の関節で高いということです。

自由度が高いということは、まわりの筋腱・靭帯に影響されやすいということが言えます。

この特徴が足を色んな地面の形状にフィットできる為には必要です。足部が地面に対してインプットデバイスといわれる所以です。

足部は色んな形状の地面で常にバランスが釣り合っているということは、各関節の各運動平面の運動角度の総和が0に限りなく近くなるということです。

ですので目安的に、

どの場面でも各関節の回転、屈伸、回旋の各運動平面での運動角度の総和が0にする!

を目指してみましょう!

その為には、先ずは各運動平面に対して柔軟に反応できるようにすることが大切です。

そして、それから各関節の正常可動域を獲得して可動性を出していくことが大事になってきます。

是非ご参考にして下さいませ。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

カラダのポテンシャルを最大限に引き出す足裏を満遍なく使うススメ!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%b6%b3%e8%a3%8f

リフレクソロジーや足ツボなどで、「よく足裏をマッサージすると健康に良いよ!」っていうのを一回は聞いたこと、実践したことがある方はいらっしゃると思います。

当治療院でもホームワークなどで100均などで簡単に手に入る青竹踏みやゴルフボールなどで「足裏を刺激しておいて下さい!」なんてことをよく指導します。

その時に、当治療院的には片側ずつ刺激を入れるように指示します。

とりわけ理解していて、可能なら両足同時に行わせたりするのですが、確実に効果を出していく為には片側ずつ実践して頂けるように説明致します。

なぜなら、足裏を満遍なく使っている方は意外と少ないからです。

足裏を満遍なく使えてないとケガのリスクが高くなり、疲労が蓄積されやすくなったり、またスポーツパフォーマンスにも大きく影響を与えます。

今回は、足裏を満遍なく使うことのススメについて書いていきたいと思います。

◎足裏の豆知識

以前にも、当ブログ記事にて足裏のことについてサラッと触れる機会がありました。

・「ケガを少なくパフォーマンスをより高くする良い足の条件!」
・「足のアーチが下がる影響力とその対処法!」
参照

足裏を満遍なく使うということは、足の各アーチの機能をしっかりと使っていることになります。

また足裏全体を使うことで、地面からの力を取りこぼすことなく得やすく、他の部位への力の伝達もスムーズに行えるようになって、カラダを効率的に動かしていくことに繋がります。

◎足裏全体使って立てますか?

%e7%89%87%e8%84%9a%e7%ab%8b%e3%81%a1%ef%bc%92

殆どの方は意外と足裏を満遍なく使って立てていません!

それだと先出のブログにも書いてますが、足の機能を十分に使えているとは言えません。

よく開眼片脚立ちなら出来ますが、閉眼片脚立ちになると突然同じように出来なくなる人がいます。

回数を重ねれば馴れもあって同様に出来るというものですが、突然言われて開眼・閉眼同じように出来る人は意外と少ないのが現状です。

◎なぜ足裏全体で立てなくなる?

人間には固有感覚受容器と呼ばれるセンサーが関節部にあります。

これはカラダがブレたりすると戻したりする為のセンサー的役割をしています。

ヒトの殆どが立って生活やスポーツを行っています。その時によく使われる固有受容器感覚は足・足首になります。

他にもこのセンサー的な役割を耳の三半規管と眼で行います。

立位の状況での、固有受容器感覚の役割の配分は足首が約70%、三半規管が約20%、眼が約10%の働きをしています。

人間本来ならば立位の場合、足首の固有受容器感覚が第一に働いて、2番目に三半規管、3番目に眼で情報を入れて崩れた体勢を戻します。

つまり、眼で情報を入れる時には立て直すタイミングが遅いということになります。

崩れた体勢を立て直す際に、眼が第一に働いてしまうと足まわりの固有受容器感覚が使われず錆び付いてしまいます。

また、足部の機能は徐々に遅れたタイミングが当たり前の使い方に変化してしまいます。

その偏った使い方が、多くの方々に見受けられます。

◎足裏を満遍なく使えるように

足の使い方が偏ったままの状態では、なかなか足・足首の固有受容器感覚は元に戻りません。

足裏を満遍なく使うということは、膝から地面までの大まかな筋肉、細かい筋肉を全て適材適所で使うことになります。

その為には足裏に満遍なく荷重を掛けれる事が大切になります。

足裏を満遍なく使えるようにするためのポイントは

・ふくらはぎの前後左右のバランスを取る
・足の底背屈がしっかりとできる
・足部の軟らかさを出す
・足裏への正しい神経入力

の4つのポイントが大事になってきます。

ふくらはぎから足先に向かって走る筋肉は、足のアーチを形成する為には必須です。

また、足の底背屈は足裏を満遍なく使うための過不足の無いプロネーション、スピネーションを行う為には重要となります。

更に足の機能を発揮していくためには足部の軟らかさは欠かせません!

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Trainiing Specialistセミナー!」のブログ記事にも書きましたが…、

足部の作りや機能が不十分だと、どれだけ素晴らしい練習やトレーニングを行っても、どれだけいわゆるコアと呼ばれるものを鍛えても、どれだけ素晴らしいカラダ作りをしても効果が半減してしまったり、最悪の場合マイナスに働いてしまうことだってあり得ます。

足部の機能をより高くする為にも、足裏を満遍なく使うことを意識してみてはいかがでしょうか。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、足のことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく対応しますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

捻挫の処置は鮮度が命!治りやすく再発させない!パフォーマンス低下させない!為の考え方

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

Female runner with twisted ankle

突然ですが、本日誕生日でした!

治療院に来て下さった方々、SNSでお祝いして下さった方々、この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございます!

最近、捻挫(内返し)の施術でのご来院される方がかなりの割合です。

捻挫はちょっと捻った感じのものから、靭帯が部分~断裂や骨折などが起こる構造的損傷のものまで様々です。

「放っておけばそのうち…」という方も少なくありませんが、放っておくことは再発率もパフォーマンスにも知らず知らずのうちに悪循環を招きます。

捻挫って軽く見られがちですが、放っておくと約5%の選手生命を断ち、日常生活レベルでも10%前後くらいの人が支障をきたしてしまうという統計があります。

これらの数字って意外と少なくありません。他の部位への影響を鑑みるともっともっと多いです。

だから捻挫はちゃんと治すに限るんですよね。

今回は内返し捻挫の施術開始は早ければ早いほど再発しにくく、また他の部位への影響を少なくするためには?ということを書いていきたいと思います。

◎捻挫が起こった時に考えないといけないこと

Sprained ankle black x-ray

捻挫発症直後は構造的損傷の治療を優先させなければなりませんが、ある程度の機能的な不具合に関しても考えていかなければなりません。

内返し捻挫が起きた時に損傷するのは前距腓靭帯、後距腓靭帯、踵腓靭帯などの外側の足首の靭帯です。

大概これらの靭帯とその周辺が痛くなります。外くるぶし周辺です。

当然その部分の処置は行わなければなりません。その辺りの痛みが少ない場合は放っておかれる方も少なくないでしょう。

確かに痛みが出る場所は外くるぶし周辺ですが、内返し捻挫が起きる機序を考えた場合に大事な事は…、

下腿部の脛骨(内側の太い骨)と腓骨(外側の細い骨)の影響です。

内返し捻挫が起きる時、脛骨(の遠位端)が前にグライドして腓骨が外旋する事象が殆どといって良いほど起こります。

◎なぜ脛腓関節が重要か?

%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%b2%e9%96%a2%e7%af%80

内返し捻挫が起きる時、脛骨が前にグライドして腓骨が外旋しても、痛みは外くるぶし周辺だから関係ないでしょ!ということを思うかもしれません。

ですが、この脛腓関節の影響は再発を防ぐためにもかなり重要なのです。

歩く時や走る時に体重を乗せる時、モノを持つ時に踏ん張る時、電車などでカラダを揺れから安定させる時、…など様々な場面で足首を背屈(反らす)が必要です。

脛骨と腓骨の間にはガチガチの繊維質で囲まれています。

%e3%81%99%e3%81%ad

通常の場合、足首の背屈は脛骨の内旋と腓骨の外旋が同時に起こることでSpreading motionと呼ばれる脛腓関節が開いて足部の上部にある距骨がスポッと納まることで出来るようになります。

繊維質の脛骨と腓骨の間はほんのちょっとだけ開くことで足首の背屈は成り立っています。

ですが、内返し捻挫によって脛骨が前にグライドして腓骨が外旋している状態は、繊維質は伸びてはいますが、脛骨と腓骨は開きません。

もう一杯一杯に繊維質が伸びきっている状態なので、足首を背屈しようにも距骨が納まらず骨同士が衝突してしまいます。

単純に足首が背屈できなくなるということです。

◎背屈が出来なくなると…

足首が背屈したい時に出来ない状態ですと、足のプロネーション(回内)・スピネーション(回外)の量を大きくする、膝のStabilityを崩すなどして補おうとします。

「ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」ブログ記事参照

プロネーションやスピネーションの量が大きいということは、捻挫の方向へ足を捻りやすくなるということです。

だから足のプロネーションとスピネーションの量が大きくなればなる程、足への衝撃が大きくなってきて足の関節の可動が追いつかなくなって固める方向になります。

足の関節が固まると、関節のインピンジ(衝突)が起こりやすくなって、何だか分からないけど痛みが出てきたり、足首、足回りがゴリゴリ鳴ったりということが起こります。

更に、足の位置感覚がズレた状態でカラダが覚えてしまいます。

パフォーマンス面で言うと、足からのローディング・アンローディング能力が減るためカラダがブレブレになりやすい、踏み込みのパワーが足りなくなる、ジャンプの質の低下(方向が不安定、パワーが乗りにくい、バネが溜めにくい)、ランニングやウォーキングで疲れやすい、などなどパフォーマンス低下のもとにもなり得ます。

◎処置が遅くなればなる程…

簡単にですが、足首の捻挫に対しての後遺症、治りにくくなる、再発しやすい原因を書きました。

先にも書きましたが、捻挫が起こった直後はまだ固有受容器感覚、機能的なものは正常に近い状態です。

痛みは直接靭帯部分にあるので、どうしてもその部分だけ気にしがちですが、今後のことを考えていくと深刻化を防ぐために機能的なものを早め早めに対処しておくことは重要です。

足が固まるなどの状態までになってしまうと、カラダがその状態を覚えてしまっているので元に戻していくのにかなり手間暇がかかります。

処置が遅れてしまった場合でも、ちゃんと機能的なことを踏まえて施術やリハビリを行っていくことは大事です。

そうすることで、予後がかなり良好なものとなります。

また、足が固まるなどの状態までになってしまうと、膝の過可動(動き過ぎ)や股関節のMoboilityが減ったりと他の部位への影響がケガの起こりやすさに繋がります。

捻挫だけではありませんが、ケガは大したことじゃないで済ませないで早めに対処しておいた方が後々後悔しないためには必要なことだと思います。

放置せずにしっかりと対処しましょう!

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

足のアーチが下がる影響力とその対処法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

最近、とても多く見受けられるようになった「アーチ」が下がっている状態。。

下がるにも色んな理由があるとは思われますが、昨今のシューズの進化、長時間同じ状態でいる、運動不足、疲労、糖尿病などなどが挙げられます。

今でこそマラソンブームもあり「アーチが下がっているから…」というフレーズを聞くことが多くなってきました。

でも、アーチが下がっているっていっても、何かしら影響あるけど曖昧でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか?

今回はアーチが下がる影響とその対処について書いていきたいと思います。

◎アーチって?

3%e7%a8%ae%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

アーチって主に土踏ますの内側縦アーチのことを言っている方が多いのですが、他にも横アーチ、外側縦アーチがあります。

この3つのアーチで囲んだ部分がドーム型に膨らむように上がっているところが本来のアーチ部分です。

アーチは、よく知られている機能に衝撃吸収機能があります。

また、「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」のブログ記事にも紹介しました、色んな地面の凹凸や傾斜に足を適応させて立位姿勢を保つのに大いに貢献してます。

◎アーチのチーム的役割

3つのアーチにはどれも大事です。

それぞれ相互に関与して、地面の凹凸に適応、衝撃吸収、カラダの移動をスムーズにするといった働きを行います。

ポイントとして補助の役割ではありませんが、内側縦アーチの役割を活かすために外側縦、横のアーチの役割があります。

例えると、バレーボールのスパイクを決めるスパイカー(内側縦アーチ)ためにレシーバー(外側縦アーチ)がボールを受け止めて、セッター(横アーチ)がトスを上げるという感じです。(分かりにくい?w)

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

ですので、どうしても内側縦の役割が目立ちますが、外側縦、横のアーチもちゃんと働いてくれないと内側縦が働きにくくなってしまうということです。

◎なぜアーチが下がるとダメなのか?

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83

アーチが下がってるとはいうものの、つい偏平足になっているんだなぁ~という感じでしか捉えていない人が殆どです。

見た目はFlat Footという状態でベタッとあしが潰れているような感じです。

内側縦、外側縦、横のアーチが下がることだけでは痛み生じることはありません。

重要なのはアーチ低下によって…

足の骨配列に余裕がなくなってしまう

ということです!

足の骨配列に余裕がなくなると、足が不安定な状態なので固めるという選択を取ってしまいます。

これは単純に足の衝撃吸収機能、地面への順応が出来なくなってしまうということです。

走る、歩く、跳ぶなどの活動からくる衝撃を吸収できずダイレクトにダメージとして受けるということです。

こういう状態では、「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」でも書きましたが、足首の動作が不十分な為、膝に余計な動きが生じて色々なケガに発展していきます。

また、地面への順応が出来ず体重移動がスムーズに行いにくくなりますので、疲れやすいですし、パフォーマンスも頑張っている割には伸びません!

姿勢においても疲弊しやすい状態な故に崩れてしまいやすくなります。

◎アーチが崩れる理由

各アーチが機能低下で下がってしまう理由は、

%e3%81%b5%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%b5%e3%81%a3%e3%81%a8

内側縦アーチの低下は、足のふくらはぎから長母指屈筋(Flexor hullucis longus)と長指屈筋(Flexor digitorum longus)、前脛骨筋(Tibiais anterior)が過剰に緊張した状態で起こります。

または、後脛骨筋(Tibialis posterior)、長腓骨筋、母指外転筋の機能低下によって起こります。

単純にふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによって起こります。

横アーチの低下は、母指内転筋、長腓骨筋、後脛骨筋の機能低下によって起こります。

横アーチは足を横断しているので分かりにくいですが、ここもふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによってアーチ低下起こります。

外側縦アーチの低下は、長・短腓骨筋、小指外転筋の機能低下によって起こります。

外側縦アーチは、他の2つのアーチと違って小指を外側に広げることによって体重の8~16%を支持補助する役目をしています。

ですので、ふくらはぎの含めた外返しの筋出力の低下によって起こります。

◎足のアーチが下がっていたら…

アーチが低下している場合はどのように対処すれば良いのか?

それには、

★足部の骨配列へのアプローチ
★足部の機能低下から波及した代償動作へのアプローチ
★足からの運動連鎖の正常化

の3つのポイントがあります。

アーチが下がっている場合は、先述したとおり「足部の骨配列に余裕がない」状態で固まっています。

ですので、先ず3つのアーチの下降原因へのアプローチして足の骨配列に余裕を持たせましょう。

そして足の衝撃吸収機能、地面への順応機能の低下による影響を受けているので、それによる代償動作を改善しましょう!

最後にBarefoot Trainingなどで足から荷重を掛けた状態からの運動連鎖を正常にしていきます。

「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」参照

先天性のものや、ちょっと厄介なものではインソールの介入も選択肢の一つとしても良いのかもしれません。

当院でも「Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!」でもご紹介しました、当治療院でも取り扱っておりますクアドラステップインソールも下肢全体を変えていくのには良いです。

日本でよくあるインソールは足部のみへのアプローチなので、アーチ形成には難しいかもですね。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%b1%a5%e3%81%8d

皆さんは普段どんなシューズを選んで履いていますか?

一昔に比べシューズのデザインもオシャレな感じになってきて見た目の格好良さ、可愛らしさで選ぶのも一つです。

また、タイムを伸ばしたい、パフォーマンスを上げたいや安全性などの機能面重視で選ぶのも一つだと思います。

最近、よく受ける質問の中で「シューズをどうやって履いた方が良いのでしょうか?」「店員に奨められて新しいシューズ買ったけど…」という類のものが多くなってきてます。

実際にシューズを買ってみたものの自分に合っているのか?という疑問がある方が多いように見受けられます。

最近のシューズの性能は一昔に比べかなりUPしてます。

「ウォーキングやランニングをする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」参照

しっかりと履きこなせば機能的にかなり良いものです。なかなかちゃんと履けている人はいないのも事実としてあります。

今回はシューズの機能を最大限に活かすためのシューズの履き方について書いていきたいと思います。

◎足のフォルムと機能を考える

足の骨1

シューズや靴を選ぶ時、履きこなす時には、足の機能を活かせるかどうか?が重要になってきます。

足のことはこのブログ内でもかなり取り上げてます。

「ただただ感動!足に秘めたるポテンシャル!足のセミナーで気づかされたこと!」
「くるぶしの痛み・違和感には何がある!?足をちゃんと使いましょう!」
「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」

などのブログ記事の他にも色々書いてますので是非ともご覧下さい。

ウォーキングやランニングにおいて重要な足の動きがあります。

それは、

★少指球~母指球にかけてしっかりとTake Off(離地動作)出来るように中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の可動性がとれていること
★Midstance時に踵の挙動をより少なくすること
★横足根関節(Transverse tarsal joint)と足根中足関節(Tarsometatarsal joint)の両関節の可動量の和が0になること

この3つが挙げられます。

他にも細かく見ればポイントは幾つもあるのですが、この3つを抑えておけば概ね大丈夫です。

◎シューズの機能面のポイント

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

スポーツシューズ、ランニングシューズ、革靴などに共通して欠かせないものがあります。

・ヒールカウンター(月型芯)
・シャンク(踏まず芯)
・ミッドソール(中底)

の3つです。

大手メーカーのシューズは、確実にこの3つのポイントを踏まえたシューズを出しています。

ヒールカウンターは、踵を後ろから包むようにサポートしているものです(踵をぐるっと囲む硬い部分)。カウンターの長さは靴それぞれで目的によって変わってきます。

シャンクは、靴底のソールの中に靴底がつぶれない様に下からのサポートしているものです。正に縁の下の力持ち的な存在でシャンクがなければTake off動作で地面を蹴るときにしっかりと地面を捉えることができません。

ミッドソールは、体重を靴底のソールに荷重していった時に、足が中敷に満遍なくフィットするようにしているものです。このミッドソールに荷重位で密着できれば体重移動がスムーズに行えるようになります。

◎どうやって履く方が良いのか

シューズを履く際の足の機能的留意点とシューズの特徴を軽く書きました。

では、どうやって履く方が良いのでしょうか?

それはシューズの持ち味を出して足の機能を活かせるようなフィッティングがベストになります。

履き方は以下の通りです。

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

①ヒールカウンターに踵を密着させる
②軽く荷重をかけつつシューズのInstepをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番上か二番目の紐穴)
③軽く荷重をかけつつシューズのBallをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番下か二番目の紐穴)
④残りの部分の紐を締める
※あくまでInstep、Ball、Waist部分が満遍なく密着することが大事です。その為に紐の引っ張る角度、強さは個人個人で差があるため変わってきます。

⑤Take off動作でシューズのアウトラインが中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)に当ってないか?を確認する
中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)が90°近くストレスなく曲げれるか?を確認する

①~④はシューズの機能を如何なく引き出し足の機能を最大限に活かす履き方です。

⑤~⑥はちゃんと履いた際にシューズが足の機能発揮を邪魔してないか?を確認する作業です。

足の機能がちゃんと発揮されてないのであれば、そのシューズはマッチしてない可能性が高いです。

ミッドソールのフレックスラインと中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の各関節を結ぶラインが平行でない場合とか…シューズと足がマッチしてない場合があります。シューズと足の相性の問題ですが。

◎ジャストフィットさせればケガが少なくパフォーマンスも発揮できる

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

先述もしましたが、昨今のシューズは一昔前に比べて性能は格段に良くなってます。

ですが、如何せんフィッティングの仕方が宜しくない方が非常に多いという印象です。

シューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ているとそれだけシューズの機能を持て余してしまいます。

シューズの機能を持て余してしまうと足の機能が発揮されません!

またシューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ている状態だとシューズって重く感じるんですよね。

意外かも知れませんが、片側100g差があるシューズを履き比べた時、ちゃんと履けていれば100g重くても、ちゃんと履けていないシューズよりも体感するシューズの重量は対比的に軽くなります。

シューズが合う合わないということも考えられますが、先ずはしっかりと履きこなしてみてはいかがでしょうか?

ウォーキングやランニングなどシューズをしっかりと履きこなすだけでもケガの防止、パフォーマンスに貢献できるようになりますよ。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、ウォーキングやランニングのことを分かっていらっしゃる方、シューズのことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

ランニングやウォーキングにおいて「オーバープロネーション」という言葉を一般的によく聞かれるようになってきました。

それだけご自身のランニングやウォーキングに関心を持って頂けているのは非常に好ましいことです!

オーバープロネーションが起こると、外反母趾、足くるぶしまわりの痛み、捻挫、足まわりの痛み、鵞足炎、腸脛靭帯炎、シンスプリント、足底筋膜炎、関節炎、グローインペイン、腰痛などなどのケガが起こりやすくなります。

また、疲れやすいですし、パフォーマンスが上がっていきにくいです。

「オーバープロネーション」という言葉など最近よく見聞きするようになって、何となく分かっているんだけど今ひとつピンときていない方が多いのではないでしょうか?

今回は、オーバープロネーションという言葉を一人歩きさせないで、理解して防ぐために必要なことを書いていきたいと思います。

◎オーバープロネーションとは?

オーバープロネーションは日本語で足部が過(オーバー)回内(プロネーション)する状態のことを指します。足部の回内は、足の内側に倒れこんでいる状態のことです。

通常、ウォーキングやランニングの着地の際に外側から着地して、内側へ足が倒れこむように、また内側アーチが潰れるようにして衝撃を受け止めます。

足部がオーバープロネーションするということは、着地の際、足が内側へ倒れ込む度合いが大きいときをオーバープロネーションといいます。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad

◎歩き&走る時の足の動き

ランニングやウォーキングの際、人間の骨格の関係上FowardSwing~Foot Contactにかけて1~2°ほど足を内側に振り降ろすように入ります。

その際に下肢(脚全体)が内旋してカラダを前方に運んでいきます。

「ケガしない!速くなる!良いランニングフォームとは何ぞや!?」参照

この内側へ入る動きはウォーキングやランニングにおいて推進力を発揮するためには必須なことです。

「加速と減速・・・足を使いこなす為の秘訣」の記事でも書きましたが、足はFootContactしてから15°ほどプロネーションを行うことで地面からの反発力(GRF)をLoosed Pack→Closed Packの過程でカラダに溜め込むという作業を行います。

15°のプロネートが足のコントロールに適しているとされてますが、筋力や可動性、柔軟性によってそれだけではありません。
FootContactから15%下肢を回転させることでできるプロネートの考え方もあり、結構多種多様な考え方一杯ありますが、今回は単純に15°のプロネートを基準に置きます。

プロネーションからスピネーション(回外)を行い足をFlatFootの状態にしていく(Closed Pack→Loosed Pack)ことで溜め込んだ力を放出するMidStance~Takeoffの動作の過程でランニングやウォーキングでのキック動作が生まれます。

肝心なのことは、FootContactからの15°ほどのプロネーションは、足のポジションがニュートラルを通り越してしまうということです。

そしてTakeoffの時にFlatな状態に戻しきれないほどの状態がオーバープロネーションということになります。

◎Flatに戻しきれない理由

%e8%b6%b3%e9%a6%96%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d

ウォーキングやランニング時のTakeOff時にFlat Footの状態に戻せない理由は…

★接地(FootContact)時に足の外側でつき過ぎ(スピネーションし過ぎ)

FootContact時にスピネーション(回外)し過ぎていると、単純に対比的にプロネーションでも量が多くなり、最後にFlatな状態にもどせなくなってしまいます。

★Closs Over Angleが大き過ぎる

Closs Over Angleが大き過ぎることは、脚を振り下ろす際の内側トルクが大きくなり過ぎて下肢自体の内旋トルク量が多くなることでプロネーションがコントロール出来なくなりオーバープロネーションを引き起こしてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

股関節屈曲トルクが大きい(いわゆる骨盤前傾し過ぎ!?)

股関節の伸展トルクが対比的に弱い場合と屈曲トルクが対比的に強い場合が考えられます。

この場合、ウォーキングやランニング時にいわゆる骨盤の位置が定まらず過度に前傾してしまいます。

骨盤の前傾し過ぎは、FootContactからの下肢の過度の内旋を引き起こしてプロネーションの量が大きくなりすぎてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

★足の固さ

足の固さは、地面からの反発力(GRF)をカラダに溜め込む作業を抗してしまいます。

また足の固さは、足の背屈、下腿の前傾をとり辛くなる状態なので、FootContact時の過度なスピネーションが出来てしまいます。

そして、単純に対比的にプロネーションでも量が多くなり、最後にFlatな状態にもどせなくなってしまいます。

「足は動くもの?動かされるもの?より充実した生活、スポーツで活躍する為の足の使い方!」のブログ記事参照

下腿(膝下)の筋力不足(偏り)

ふくらはぎや脛の筋出力が不足していたり、偏りが出来ている場合は、FootContactからの下肢の回旋コントロールがうまくいきません。

そのような状況だとプロネーションの量を多くすることでカバーしようとするため、過剰なプロネーションが生まれることで最後にFlatな状態に戻せなくなります。

★足の内在筋の筋出力不足

足の内在筋は殆どが足指の動きをコントロールするため筋です。

足の内在筋の筋出力不足は足元からの骨盤不安定性を招きます。

骨盤の不安定性が大きいと、骨盤部は固めようという意識が働き過剰に固めてしまう方向にいきます。そうなると仙腸関節がカウンターニューテーションのままロックしてしまい股関節‐骨盤に前傾ロックが掛かってしまいます。

骨盤の前傾し過ぎは、FootContactからの下肢の過度の内旋を引き起こしてプロネーションの量が大きくなりすぎてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

偏平足

偏平足のことは、「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」のブログ記事でも書きました。

偏平足の状態は、FootContact時のスピネーションの量を少なくします。その状態からプロネーションが行われます。

そして足をFlatに戻すためのスピネーションが行われにくくなります。

シューズの問題

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%91%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%92%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%93

写真のように最近のシューズ事情はアンダープロネーションを起こさせるような作りになっているシューズが各メーカーから発売されています。

いわゆるトレンドってヤツですかね。

でも、どちらかというとMidSuppourt~TakeoffまでのスピネーションでFlatに持ってくるための動機づけみたいな構造になっているものが多いですね。

しかし、こういう構造はオーバープロネーションを引き起こしやすくなる為に、その分内側のソールの厚みを取るか、シューズのインラインを削って隆起させたりすることでカバーしてます。

でも、このようなシューズ構造でもノーマルプロネーションを考えて作りこまれてますが、Closs Over Angleが大きくなるのを防ぐのはできません。(単純にFootContactだけの問題ではないので…)

後、メーカーで特許的な感じで使われている技法があるので、それで距骨下関節の挙動をコントロールしたりしていたり、外側アーチの第5中足骨のコントロールだったり、色々とあります。

足部をプロネートからスピネートさせてFlatにする為のものは、細かく見ると他にもありますが、主な理由を挙げてみました。

◎オーバープロネーションの確認?

オーバープロネーションの傾向は先述の通りです。

その通りに足をContactしてからTake Offすると…

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%ef%bc%92

足の後ろ1/3の外側と足の前半分の内側に荷重が掛かりやすくなります。

これはシューズの磨り減り方で確認しても良いですが、最近のシューズソール面はFlatじゃない場合もありますので、確認にはそのことも考慮に入れて注意が必要です。

これって単純に考えると母指球から荷重が抜けにくい状態ですよね。

◎オーバープロネーションを防ぐには?

以上のことから、オーバープロネーションを防ぐ為には…

★FootContact Pointの見直し

・足もとの安定性の確保
・下腿(膝下)部の筋出力のバランス
・股関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得

★Closs Over Angleを見直す

・股関節の可動性
・仙腸関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得
・骨盤部の安定

★ローディング能力を見直す

・足部の柔軟性
・下腿(膝下)部の筋出力のバランス
・足首、膝、股関節のスタビリティ、モビリティの機能を確認
・体幹部のスタビリティの獲得

★シューズを自分にあったものを選ぶ

流行り廃りで選ぶのではなく、しっかりと自分の足の特徴にあったシューズを選ぶことをお奨めします。

インソールで調整するのもありですが、先ずはシューズを選びをしっかりとしたいものですね。

ザックリとですが以上の4つがメインで挙げられます。

◎先ずは確認から

オーバープロネーションの問題は足部だけではなく膝、股関節、骨盤など下肢全体の問題として捉えてしっかりと対処していかなければなりません。

どうしても接地の仕方やドライブ動作など足下だけでなんとかしようとされていらっしゃる方は多いのですが、それではなかなか良い方向には向かいません!

カラダ全体的な問題だと認識するとしっかりと良い状態になります!

先ずは自分のウォーキングやランニングにおいてオーバープロネーションに陥ってないか?を確認してみましょう!

そして自分のウォーキングやランニングのどういう問題がオーバープロネーションの引き金になってしまっているのか?を見極めたうえで的確に対処しましょう!

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、走りのことを分かっていらっしゃる方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。