これから来る膝の痛みをいち早く予兆し防ぐための簡単チェック法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

陽がカンカン照りになったと思ったら、いきなり大雨に見舞われたりと、お盆を過ぎると天候が不安定になりがちな最近です。

こういう時には、気圧の関係上体調崩しやすいので体調管理には十分に留意していきましょう。

さて、少しは涼しくなってきて、日中でも外でランニングやウォーキング、また屋外スポーツを行っている姿を見受けられる機会が増えてきました。

スポーツ云々限らず、普段の日常においても起こりうるのが膝のケガです。

ちょっと動かしただけでも膝に痛みが走ってしまうと、動くことが億劫になっている人も少なくありません。

膝の疾患は半月板損傷、前十字靭帯損傷、変形性関節炎、鵞足炎、腸脛靭帯炎、オスグッドなど色々あります。

お陰さまで、当治療院では膝の痛みに対しての施術は結構スピーディーでご好評頂いておりますが、出来れば膝の痛みは出ない方が良いというのが本音です。

今回は、膝に痛みが生じる前に予防の目安となるチェック法についてご紹介したいと思います。

◎膝の痛みを予兆する

では、簡単にですが、膝が痛くなる前にいち早く予兆し防ぐためのチェック方法をご紹介致します。

先ずは両足をしっかりと地につけて立ちます。

笑顔はどっちでも良いですw

何も考えず無心に足を後に膝の高さまで上げます。

大体、膝の角度が90°くらい曲がります。

そのまま5秒キープします。

たったコレだけです。

「えっ?コレだけで良いの?」と思われますよね?

たったこの動作だけで膝に痛みが出やすいか否か?がある程度ハッキリ分かるんです。

以下に簡単に説明します。

膝に痛みを生じやすくなる状態にありがちなのが、このような膝が外側に向いて前から見ると浮かせた足が見える状態です。

また、前から見て浮かせた足が見えなくても、カラダが正面に向かずに主に立脚側に回ってしまったり、足が前から見せないようにして力みが入ってしまうと立脚の膝が曲がってしまいます。

こういうのもダメです。

膝に痛みが生じやすい状態といえるでしょう。

要はナチュラルに力みなく足を上げた時に、カラダが正面のまま、立脚の膝が伸びたまま、浮かせた足が前から見えない状態が正常に限りなく近い膝の状態になります。

◎なぜ?痛みの予兆が分かる?

なぜ?これだけで膝に痛みが出やすい状態なのか否かがある程度分かるのか。

それは、

膝が内側に捻転し過ぎると、ケガが発生しやすくなる

からです。

「何だか難しいなぁ・・・」と思われますが、意外と簡単です。

人間は通常、自然の状態で太ももが5~15°内側に回ってます。

これが、25°以上でケガのリスクが増え始め、35°以上になると膝が不安定になって動きの制御がとてもしづらくなります。

※細かい原理は本題とズレるので今回は割愛します

要は、自分が大丈夫と思って動かしていたとしても、痛みが出る方向に動いてしまっている場合があるということです。

この膝の内側捻転を簡易的にチェックするのが、先ほどの片脚立位です。

片脚立位になると、通常立脚の内側捻転が是正されてニュートラルになります。

ですが、内側の捻転が増えすぎている場合、先述した状態が見受けられます。

このような状態が出てくるのであれば、早めに対処しておくことがオススメです。

一つの是正エクササイズとして、

チェックして異常な状態が見つかった場合、立位脚を後、浮遊脚を前にクロスさせて体前屈しましょう。

これは、膝の捻転に関わる大腿筋膜張筋や大臀筋などのタイトネスに対してのストレッチや大腿部を内側に締めることで膝周辺の靭帯の負担を減らそうという意図のエクササイズというかストレッチになります。

あくまで、今回は自宅でも簡単に出来るものです。

ですが、これで是正できるパターンは意外と少なくありません。

ぜひ、お試しを♪

◎早めに予防・対処を

以上、膝に痛みが生じる前に予防の目安となるチェック法についてご紹介しました。

ヒトは地に足をつけて生活したりスポーツを行ってます。

どうしても膝に痛みを生じてしまうと、改善に時間が掛かってしまうというケースが多いです。

できれば、膝の痛みは出さない方が良いというのが本音です。

今回、ご紹介したチェック方法は簡単なものですが、案外と使えます。

ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したチェック方法、エクササイズ等をご活用して改善していければ申し分ないですが、全てを網羅できない部分もあります。

その際は、より専門的なケア、トレーニングやリハビリはカラダの事に詳しい専門家にご相談頂ければと思います。

ぜひ、早め早めの対応で、取り入れて快適に生活、スポーツできるカラダを作っていって頂ければ幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

膝裏の痛みに対して改善していくための効果抜群な方法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

暖かくなってカラダが動かせるようになって、屋外で運動を行おうとしている方も多いのではないでしょうか?

カラダを大きく動かして運動すると、何かしら膝裏に痛みが走ってしまい動くことが億劫になっている人も少なくありません。

「普段何ともないのですが、運動すると膝裏に痛みが走っちゃうんですよねー」という悩みを持たれる方もいらっしゃいます。

当治療院にも、運動したいけど、なぜか?膝裏が痛みが出るので出来ないといった悩みを抱えてご来院される方は多いです。

膝裏の痛みも多々ありますので、実際には医療機関で診て頂くことが大事です。

ですが、直ぐにが難しい方には、「股関節から膝を引き離すように動かしてみましょう!」ということを説明して実践させて頂いております。

ん?とイメージしづらいかもしれませんが、膝裏に痛みが出る時は疾患に限らず、膝裏が圧縮されて負担がかかり何かしらの痛みが生じてしまっているからです。

当院でもこのような意識付けしたリハビリやトレーニング&エクササイズを行なうことで、「もう何処行っても無理と思ってたけど、痛みなく動かせるようになった!」と実感して頂いてます。

今回は、膝裏の痛みを改善していく為の動かし方について書いていきたいと思います。

◎膝裏に起こる痛み

膝裏に起こる痛みは沢山あります。

・変形性膝関節症
軟骨の弾性が少なくなり、膝の曲げ伸ばしが困難になり痛みが出ます。

・ベーカー嚢腫(のうしゅ)
膝関節の裏にある滑液包(関節運動を円滑にする潤滑油みたいなもの)に炎症が起こり痛みが出ます。

・脊柱管狭窄症
脊柱管という背骨の神経の通り道が狭くなることで神経を圧迫して背中から膝にかけて痛みやしびれが出ます。
坐骨神経痛を生じる疾患の一つです。

・静脈瘤
膝裏に静脈血が溜まることで瘤みたいなしこりが出来て、膝裏周辺に痛みやしびれが出ます。

・筋骨格系の痛み
膝裏には膝窩筋や腓腹筋、ハムストリングスを構成する筋肉など多くの筋腱が走行していて、疲労や無理矢理動かしたりして圧縮、牽引がかかり痛みが出ます。

・リンパ系の痛み
膝裏にあるリンパ節がリンパの流れが悪くなっていると、正座などで膝を深く曲げ膝裏を圧迫したときに膝裏が痛みが出ます。

他にも靭帯や半月板などの損傷、骨由来の痛みなど種々様々です。

◎膝裏への負荷の掛かり方

膝関節は股関節と足首の影響を受けて動き、膝から動かすという動作は殆どありません。

つまり膝は受け身の関節です。

膝が正常な動きをする為には、股関節や足首が正常な動きでなければいけないということになります。

実は膝自体あまり負荷には耐性が低かったりもします。

膝の構造上、前側にお皿(膝蓋骨)があり圧縮、牽引ストレスはかかりにくくなってます(回旋ストレスには弱い傾向ですが)

裏側は逆に牽引・圧縮ストレスが掛かりやすく、回旋ストレスはかかりにくい構造になってます。

◎膝を股関節から引き離す?

言葉だけ見ると分かりにくい感じですね。

膝だけに限らず下半身の裏側(後側)は、膝周辺に関しては求心性に…つまり曲げる為の使い方が主になりやすいです。

疲れてきたり、カラダの機能的バランスが偏ったり崩れたりしている時は、この傾向が顕著です。

本来は曲げ伸ばしは均等に行われるべきです。

つまり、引きつける動きが大きいということになり、膝の裏に牽引・圧縮ストレスが掛かりやすくなるということになります。

よって、膝を股関節から引き離すようにすることは、膝の曲げ伸ばしのバランスを取るということになります。

◎実践の仕方

では、実際にどうすれば良いのか?…というと、

①膝少し上の太ももを両手で掴む(足先は真上)
②両手で掴んだ部分を足先に向けて引っ張る(カラダから離す)
③お腹を前腿につけるようにカラダを倒していく

の3つの手順です。

簡単に言えば腿裏のストレッチになるわけなのですが、最初に牽引を掛けることでお尻に終動負荷がかかり働きが良くなります。

お尻から動かすという意識は、股関節の可動に必要な大臀筋の働きを良くすることになります。

つまり股関節の可動性が出て膝関節が本来の安定性の働きが出せます。

また、膝上を持ち膝に余計な動きをさせないので足首からの影響も抑えることができ、より膝関節が本来の安定性の働きが出すことが出来ます。

この①~③の条件が成り立っていれば良いので、膝を曲げて行っても良いです。

椅子に座りながらでも行えますよ。

◎必要以上の負担をかけない

以上、膝裏の痛みを改善していく為の動かし方について書きました。

今回の対処方法はあくまでも補助的なものですが、効果は大きいです。

症状を悪化させない為にも対処方法を知っておくことは大事です。

これで全てが解消するとは考えないで下さい。

膝裏の痛みも多々ありますので、実際には医療機関で診て頂くことが大事です。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

重度で慢性化してしまうと大変厄介ですので、早期に対応されることをオススメします!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

もし膝の痛みのことでお困りの方はLINE@からご相談下さい!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

膝が痛くて動かしづらい状態を改善していくために行ってほしいこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

暖かくなってきて、運動を始める方もいらっしゃると思います。

ですが、ちょっと動かしただけでも膝に痛みが走ってしまい動くことが億劫になっている人も少なくありません。

膝の疾患は半月板損傷、前十字靭帯損傷、変形性関節炎、鵞足炎、腸脛靭帯炎、オスグッドなど色々あります。

「膝を動かすと痛みが出るので諦めないといけませんかねぇ~?」ということを聞かれる場合があります。

当治療院にも、運動したいけど、膝を動かすことで痛みが出るので出来ないといった悩みを抱えてご来院される方は多いです。

そういった方には、ちょっとずつで良いので「お尻から力を入れて動かしていきましょう!」ということを教えてます。

なぜなら、膝を動かす際に痛みが出るので動かすことが出来ないといった場合は、カラダの力の入れ方が不十分で膝に余計な負担が掛かり過ぎているからです。

当院でもこのような意識付けしたリハビリやトレーニング&エクササイズを行なうことで、「もう何処行っても無理と思ってたけど、痛みなく動かせるようになった!」と実感して頂いてます。

今回は、膝の痛みを改善していく為の力の入れ方について書いていきたいと思います。

◎膝の構造と動き

膝の運動

膝は人体の中で一番大きな関節です。

その構造はお皿(膝蓋骨)と脛の骨(脛骨と腓骨)の上に、太ももの骨である大腿骨が乗っているソフトな感じです。

膝は骨格構造がシンプルな故、筋肉や靭帯は幾つも色んな走行で跨って膝関節を取り囲んでいます。

膝の動きは、以前にも何回かブログに書きましたが、

矢状面(膝を縦に真っ二つにする面):屈曲‐伸展←これがメイン!
水平面(膝を横に真っ二つにする面):内旋-外旋
前額面(膝をスライスしていく感じの面):内転-外転

の3運動面全てで動きがあります。

これらの3運動平面の動きが組み合わさって膝関節の動きが成り立ち、色んな場面に貢献します。

膝関節は股関節から膝に向かって内側に傾斜していて、膝から足先は真っ直ぐ下についている構造で、曲げ伸ばしに必要な分の回旋、転回する仕組みになっています。

膝の動きに余裕がなくなっている状態は、曲げ伸ばしを行う際、必要な分の回旋、転回が行われない状態ということです。

◎お尻から動かす!?

Joint by Joint Approachより…

・関節の可動性が低下する時、その関節の近位の関節の可動性で補おうとする
・関節の安定性が低下する時、その関節の遠位の関節の安定性で補おうとする

というカラダの構造上で言えることがあります。

これを踏まえると、

・膝関節の動きを補おうとする為には、股関節まわりの可動性が必要
・膝関節の安定性を補おうと足首で安定性を補おうとする

この2つが言えます。

お尻から動かすという意識は、股関節の可動に必要な大臀筋の働きを良くすることになります。

そうすることで、股関節の可動性が出て膝関節が本来の安定性の働きが出せます。

また、膝が股関節の可動を補おうとして余分に可動している場合、足首などカラダの末端部からの力みで固めるように膝の安定性を補おうとします。

そうすると、下腿部(膝から足首)が内外旋でロックが掛かってしまい、膝関節のメインの動きでもある曲げ伸ばしを行う際の必要な分の回旋、転回が行われず、膝まわりに力みが生じ痛みが出やすくなります。

ですので、先ずは股関節まわりの動きを出す為にお尻を中心とした力の出し入れを適切にして動かしていく必要があります。

◎力の入れる順序を考慮する

以上、膝の痛みを改善していく為の力の入れ方について書きました。

膝の疾患には色々なものがあります。

運動したいけど、膝を動かすことで痛みが出るので出来ないといった悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。

膝を動かそうとすることで痛みが出るので、動かすことが出来ないといった場合は、膝に余計な負担が掛かり過ぎている場合が多いです。

そういう時はカラダの各部位の働きが思うように動いてない場合は殆どです。

股関節まわりの動きの重要なものでもあるお尻の筋肉から適切に動かせれるようにすることは、膝を動かす時に痛みが走ることの軽減にも繋がります。

先ずは、カラダの力の出し入れが適切に行われているかを確認してみましょう!

そして、力の入れ方を適切に行って膝の動きを円滑にしていくことが大切です!

セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

痛みの改善や動きの質を高める為に足、膝、股関節の動きをスムーズに引き出す方法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e6%ad%a3%e5%ba%a7

3月に入り暖かくなってきて動きやすい日が増えてきましたね。

動きやすくなったからか?いつもより動き過ぎるからか?足や腰や膝に何かしらの痛みを訴えてご来院される方が増えてきてます。

そういった訴えでご来院頂いた方から、予防する為にはどうしたら良いのか?といった質問をよく受けます。

その時には、「正座をしっかりと行いましょう!」ということをオススメしております。

なぜなら、正座をしっかりと行うことは、足、膝、股関節の動きをスムーズに行う要素が盛り込まれているからです。

今回は、カラダの動きを円滑に行うための正座のススメについて書いていきたいと思います。

◎痛みの感じ

「痛み」がどのようにして出てくるのか?というと、

★何らかの刺激を受けると痛くなる
何らかの刺激を受けてない所が痛くなる
★「痛い!」という思い込み

の3つがあります。

「痛みの引き寄せの法則から脱却を!」参照

そのうち、暖かくなってきてカラダを動かしやすくなってきた時に出てくる痛みは、主に「何らかの刺激を受けると痛くなる」というものになります。

足、膝、股関節の動きに余裕がなくなっている状態から無理矢理に動かすと、骨や筋腱、靭帯、神経などに刺激を受けて痛みが出ます。

◎正座

正座は、正しい姿勢で座ること、およびその座り方、特に膝を揃えて畳んだ座法(屈膝座法)である。
byウィキペディア

%e6%ad%a3%e5%ba%a7%ef%bc%92

殆どの人が一回は正座の姿勢を取った事があるかと思います。

正座の方法としては、

①立て膝(両足間少し空ける)で足は平行で真っ直ぐ
②踵の上にお尻を乗せる

②背筋を真っ直ぐ伸ばす

です。

変形性膝関節症などで痛みが出る人は、お尻と踵の間にクッションを入れるか、無理しないようにしましょう。

正座を細かく見ていくと、

・内転筋群を絞り股関節を内旋する
・仙腸関節がニューテーション⇔カウンターニューテーションの可動性UP
・長母指伸筋のストレッチ
「走る時にあまり活躍してほしくない筋肉があります!」参照
・下腿(膝下)の後脛骨筋と腓骨筋群のバランスを取る
・腹圧コントロール
・臀筋群のアクチベート
など・・・

しっかりと行うことで利点があります。

また、正座の姿勢はYogaではKneeling Poseの基本とされていて、そこから色んなポーズに発展します。

%e3%83%a8%e3%82%ac%e8%86%9d

発展形の一つで、例えば上写真のポーズはよくあるCamel Pose(ラクダのポーズ)ですが、これは膝、股関節、肩、体幹部の柔軟性をベースとして、消化機能UPや便秘解消、血行促進、不安症改善、下肢の筋力強化にもなります。

このように、正座の姿勢をしっかりと取ることは、足、膝、股関節の動きをスムーズにし、腹圧コントロールや筋活性などでカラダの動きの質をよくしていく要素が満載です。

足、膝、股関節の動きに余裕がなくなっている状態に、しっかりとした正座を取り入れることで、骨や筋腱、靭帯、神経などへの負担が軽減されます。

◎無理せず自分のペースで

以上、カラダの動きを円滑に行うための正座のススメについて書きました。

少しずつ暖かくなってきてカラダを動かしやすくなってきました。

それに伴い、足、膝、股関節などの動きに余裕がなくなっている状態から無理矢理に動くと、骨や筋腱、靭帯、神経などに刺激を受けて痛みが出ます。

正座を正しくしっかりと行うことは、足、膝、股関節などカラダの動きをスムーズに行う要素が、ふんだんに盛り込まれてます。

また正座から色々なヨガのポーズに発展でき、様々な効果を引き出すことも出来ます。

当治療院でも正座を取り入れたり、ヨガのKneeling Poseを活用したリハビリ、トレーニングやエクササイズを活用してます。

「あれ?痛みがなくなった!」
「動きがスムーズになった!」
「今まで出来なかったプレーができる様になった!」

など嬉しく不思議な声を多数頂いております。

これから更にカラダが動かせる時期になってきます。

早め早めの対処で健康的に乗り切りましょう!

ぜひ、自分にあった力加減で取り入れてみてくださいね!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

気になる膝の痛みを解消、予防していくために大切なこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%86%9d%e7%97%9b

いつの間にか膝に痛みを抱え込んじゃっていらっしゃる方は意外と多いのではないでしょうか?

「寒いから・・・」「運動不足かな・・・」なんてことで、特に何もせずそのまま放置の方も少なくありません。

膝の疾患は半月板損傷、前十字靭帯損傷、変形性関節炎、鵞足炎、腸脛靭帯炎、オスグッドなど色々あります。

「急に膝に痛みが走る時は、どうしたら良いでしょうか?」ということを聞かれる場合があります。

そのような時には、「膝の動きに余裕を持たせましょう!」ということをお伝えしてます。

思い当たりのなく膝に急な痛みが出た時には、膝の動きに余裕がなくなっている状態だからです。

今回は、膝に痛みが走らないように余裕を持たせる必要性について書いていきたいと思います。

◎膝の構造と動き

膝の運動

膝は人体の中で一番大きな関節で、構造はお皿(膝蓋骨)と脛の骨(脛骨と腓骨)の上に、太ももの骨である大腿骨が乗っていて、かなりソフトな感じです。

膝は骨格構造がそこまで複雑ではないのに、筋肉は幾つも色んな走行で跨っています。

他に膝の前後左右のズレを押さえるために、幾つもの靭帯が膝関節を取り囲んでいます。

膝の動きは、以前にも何回かブログに書きましたが、

矢状面(膝を縦に真っ二つにする面):屈曲‐伸展←これがメイン!
水平面(膝を横に真っ二つにする面):内旋-外旋
前額面(膝をスライスしていく感じの面):内転-外転

の3運動面全てで動きがあります。

骨の形状やら筋肉の運動から、これらの動きが組み合わさって膝関節の動きが成り立ち、色んな場面に貢献します。

膝関節は股関節から膝に向かって内側に傾斜していて、膝から足先は真っ直ぐ下についている構造で、曲げ伸ばしに必要な分の回旋、転回する仕組みになっています。

膝の動きに余裕がなくなっている状態は、曲げ伸ばしを行う際、必要な分の回旋、転回が行われない状態ということです。

◎膝の急な痛み

「痛み」がどのようにして急に出てくるのか?というと、

★何らかの刺激を受けると痛くなる
何らかの刺激を受けてない所が痛くなる
★「痛い!」という思い込み

の3つがあります。

急に痛みが出る場合は、痛みによるストレス反応が正常に行われていて、感覚からの信頼性は高いです。

ですので、「何らかの刺激を受けると痛くなる」ということになります。

膝関節の動きに余裕がなくなっている状態だと、曲げ伸ばしを行う際、必要な分の回旋、転回が行われず骨や筋腱、靭帯、神経などに刺激を受けて痛みが出ます。

◎急な膝の痛みを解消の術

膝に思い当たる節のない急な痛みが起こる時の対処は、

・膝まわりの力みを取る
・股関節まわりの動きを出す

の2つです。

膝に急な痛みが出る時は、膝まわりに力みが生じていて、曲げ伸ばしを行う際の必要な分の回旋、転回が行われない状態です。

膝中心に力みがあり続けるほど顕著に出てしまいます。

股関節まわりの可動性を出すことは、膝に余計な動作をさせないことに繋がります。

膝は受け身の関節ですので、余計な動きをさせなければリラックスでき、関節に余裕が出来ます。

膝関節に余裕を持たせ、動きが円滑になれば痛みを解消できます。

◎余裕のある動きを

以上、膝に痛みが走らないように余裕を持たせる必要性について書きました。

膝の疾患には色々なものがあります。

思い当たる節のない膝の痛みが出る時は、膝の関節の動きに余裕がなくなっている場合が殆どです。

膝関節の動きは屈伸がメインですが、骨格の構造上、必要な回旋、転回が組み合わさり複雑な動きを行います。

急に痛みが出る場合は、その必要な回旋、転回の可動が出せない状態です。

必要な回旋、転回の可動量を出すことが出来ると痛みの解消に繋がります。

その為には、膝の余計な力みの解消、股関節まわりの可動性をしっかりと取ることが必要です。

先ずは、膝関節の可動に余裕があるかどうかを確かめましょう!

そして膝関節に余計な動きを出さないように余裕のある状態を作ってみてください!

そうすることで、膝の痛みの解消にも予防にも貢献しますよ!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

ランニングを継続しながらでも腸脛靭帯炎(ランナー膝)は治していくことができます!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%b5%b0%e3%82%8a%e8%86%9d%e7%97%9b

スポーツでの膝まわりの痛みと言えば、腸脛靭帯炎、シンスプリント、鵞足炎、脂肪体炎、棚傷害、前十字靭帯損傷、半月板損傷、変形性膝関節炎、膝蓋靭帯炎、肉離れ、疲労骨折など色んなケガが起こる可能性があります。

当治療院にもスポーツでの膝の色んなケガを患って来られる方がご来院頂いております。

その中でもランニングブーム(主に長距離)が盛んになってきて腸脛靭帯炎(ランナー膝)や鵞足炎が生じる方が多くなってきてます。

最近、当治療院では、腸脛靭帯炎のスペシャリストみたいに言われることが多くなって、全国各地からご来院されます。

腸脛靭帯炎は、出来れば発症する前に予防をしっかりとして抑えておきたいところです。

膝のオーバーユース(使い過ぎ)でもある腸脛靭帯炎は、痛みが発生してから気付かれる方が殆どです。

腸脛靭帯炎は痛みが発生したら暫くの間は走ることを止めなければならないと思われている方が多いです。

ですが、腸脛靭帯炎(ランナー膝)は走りながらでも改善は可能です。

その為には、腸脛靭帯炎で痛みが出てきた場合、痛みを取り除くために考慮に入れることがあります。

それは、機能的な問題で起きたことか?器質的に起きたことなのか?です。

なぜなら、どちらの問題なのかで改善へのアプローチの仕方が違ってくるからです。

今回は、腸脛靭帯炎の問題別改善する為のアプローチについて書いていきたいと思います。

◎腸脛靭帯炎

腸脛靭帯

腸脛靭帯は、骨盤横から膝下の脛骨(スネの骨)にかけて脚の外側を走っている帯状の靭帯です。

その部分にランニングなどの繰り返し脚の曲げ伸ばしを行った時に摩擦が起きて炎症が起こります。

症状的には、膝の関節の外側の上下の高さが腫れてきたり、押すと痛みが走ったり、膝の曲げ伸ばしでズキズキと痛んだり、ランニング中や坂道や階段を下りる時に痛みが出てきたりします。

最初は痛みがそこまで気にならなかったり、すぐに消えたりしますので気のせいかもということで気付き難いです。

ですが、段々と慢性化してきて痛みが灼熱感に変わっていき、重症化して痛みを避けるように(摩擦を軽減するために)膝をなるべく伸展したまま歩行するようになっていきがちになります。

痛みが慢性化して長続きしている状態のままだと外側の半月板損傷を併発に繋がったりします。

「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」参照

◎機能的問題か器質的問題か?

腸脛靭帯炎が起こった時には、それが機能的な問題で起こったものなのか?器質的な問題で起こったものなのか?もしくは複合的な問題なのか?を区別する必要があります。

機能的な問題で起こるものは、

・ランニング動作でのダイナミックアライメントの不良
・Screw home movement systemの不良

の2点が主に挙げられます。

ランニング動作でのダイナミックアライメント不良は、接地時のknee-out toe-inの状態からmidstance時にかけてのknee-in toe-outが起こることで腸脛靭帯と大腿骨外側上顆もしくは腓骨頭に摩擦が生じやすくなります。

Screw home movement systemが不安定だと、蹴りだしからスィングして接地する間で腸脛靭帯と大腿骨外側上顆もしくは腓骨頭に摩擦が生じやすくなります。

これらはどれか一つというわけではなく、複合的に組み合わさって出る場合もあります。

器質的な問題で起こるものは、腸脛靭帯を構成している、大腿筋膜張筋、大臀筋、腸脛靭帯が固まったりテンションが強くなって大腿骨外側上顆もしくは腓骨頭との位置関係が近くなっているもしくは付いてしまっている状態です。

この状態の時は、下肢がどのような動作でも腸脛靭帯と大腿骨外側上顆もしくは腓骨頭に摩擦が生じやすくなります。

◎急性期と慢性期のアプローチ

腸脛靭帯炎は急性期(いわゆる違和感、痛みの出始め)、慢性期(痛みが常態化)でアプローチが違ってきます。

急性期では、主に機能的な問題が主となって腸脛靭帯炎が引き起こされます。

ですので、どちらかというと動きの悪さの要因となっているものに対してアプローチします。

例えば、腸骨筋のfacilitateでランニングのknee up時に膝が逃げてしまって接地時のダイナミックアライメントがknee-out toe-inが生じてしまっている、母指外転筋の機能低下で上体がドライブする時にScrew home movement systemが不安定となってしまっているなどです。

このような機能的な問題が起こっている場合は、その機能の悪さがどこが問題なのかを是正する必要があります。

機能的な問題は多岐に色んなことが考えれるので細かくヒアリングする必要があります。

慢性期では、器質的な問題もしくは複合的なものが主となって腸脛靭帯炎が引き起こされます。

ですので、先ずは気質的な問題でもある腸脛靭帯の構成要素(大腿筋膜張筋、大臀筋、腸脛靭帯)にアプローチをします。

その後に機能的な問題へアプローチしていきます。

同時にアプローチしていければ尚宜しですね。

◎痛みを引かすのは簡単!?

腸脛靭帯炎が起こってしまうと、どうしても長引く印象を持たれている人が多いです。

ですが、痛み自体は、急性期つまり機能的な問題によって起こるものだと直ぐに取ることは可能です。

器質的な変化が出ている場合は、器質的な変化を元に戻すのに時間を要しますが、腸脛靭帯のトーンを落とすことで痛みを減らすことが出来ます。

機能的な問題が主となっている場合、改善すべきはカラダの動作上のものなので、アプローチすべきは、カラダの動きに対してです。

カラダの動きを認識しているのは「脳」になります。

ですので、FacilitateとInfibitateのバランスを取ってあげたりして間違っていたカラダの動作を書き換えして脳に覚えさせてあげる必要があります。

この書き換えは意外と直ぐに出来ますが、持続力がありません。

それは客観的な動作感覚と主観的な動作感覚との差に開きがあり、最初のうちは脳を騙す作業になるからです。

完全に治していく為に習慣づけていく必要があります。

「施術もトレーニング&エクササイズも単発よりも継続して積み重ねることでかなり得します!」参照

「動きが定着するまで走ることはダメなのか?」ではなく、痛みをなくした状態だと走っても大丈夫なので走りながら動きの定着を図ることで直していきます。

つまり「意識しながら・・・」というのはこういうことを指します。

◎動きを見直してみるチャンス

以上、腸脛靭帯炎(ランナー膝)の痛みを走りながらでも改善する為の問題別アプローチについて書きました。

腸脛靭帯炎は、炎症自体は休むだけで治まりますが、機能的な問題、器質的な問題に関しては休むだけでは解決しません。

そうなると、再び走り始めても症状が出てきます。

このような状態が、腸脛靭帯炎が長引くという言われる所以です。

機能的な問題が主に起こっている時はカラダの動きへのアプローチを、構造的な問題が主に起こっている時は直接のアプローチをしなければいけません。

腸脛靭帯炎は機能的問題、器質的問題を一時的に痛みから解除することで走れるようになります。

それを継続することによって走りながらでも症状を改善していくことは可能です。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)が起こっている時は、「走動作でなぜ?腸脛靭帯を構成する部分に負担が偏っているのか?」「なぜ?走動作の動作のどこが変なのか?」を気付かせてくれます。

自身の走りを見直すチャンスになります。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)による痛みがなかなか改善しないなぁ~という方は、先出した機能的問題、器質的問題の問題解消へのアプローチが不十分な場合があります。

セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

膝のオーバーユース(使い過ぎ)による痛みを早期改善していく為に必要なポイント!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e8%86%9d%e7%97%9b

ランニングブームが相まって鵞足炎や腸脛靭帯炎などの膝の痛みを抱えている人が増えてきてます。

・「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」
・「気になる膝の痛み!走りながらでも大丈夫!鵞足炎のメカニズムと早く治す為の考え方!」

このような痛みはオーバーユースといって、繰り返し使い過ぎることで痛み等が発生することを指します。

ちなみに下腿(膝から足首)だとシンスプリントや疲労骨折などがあります。

膝に起こる痛みは突発的に衝突したり転倒したりで膝に直接ダメージを受けて生じるものよりもオーバーユースのように、いつの間にか痛くなっていることの方が多いです。

膝のオーバーユースはランニングだけではなく、階段の昇り降りなどで起こりやすかったりします。代表的なもので膝のOA(変形性関節症)です。

誘因として、筋力不足、体重増加などがあります。

直接ダメージを受けていれば原因がハッキリしているので、ある程度快方への指針が立てやすいのですが、オーバーユースの場合、いつ?何が?発端で痛みが出ているのか?ハッキリしていません。

このように痛みの起因がハッキリしない場合、地味に長引きます。

膝のオーバーユースによる痛みを改善していく為には膝への直接的なアプローチも必要ですが、先ず他部位のエラーを直すことに目を向ける必要があります。

なぜなら、他部位に掛かる負担が膝に掛かることによってオーバーユースが起こるからです。

今回は、膝にオーバーユースの痛みが起きたら先ずは他の部位を探りましょうということを書いていきたいと思います。

◎膝に痛みが出る状態

膝にオーバーユースで痛みが出ている時の状態として、

・膝が頑張り過ぎて余計な動きをしている
・膝のまわりに余計な力みがあって動きが悪い

の2つが挙げられます。

「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」参照

これらの状態は、膝が無理して動いているという状態です。

膝は正常な範囲内で動いている分には痛みが出ることはありません。

◎膝は受身の関節!?

先のブログにも書いてますが、膝は股関節と足首の影響を受けて動きます。

膝をとりまくもの2膝をとりまくもの

膝から動かすという動作は殆どありません。

つまり膝は受け身の関節ということになります。

膝が正常な動きをする為には、股関節や足首が正常な動きでなければいけないということになります。

実は膝自体あまり負荷には耐性が低かったりもします。

◎膝への負担の掛かり方

膝への負担の掛かり方は、

・股関節が正常に動かない分の負担
・足下の不安定さを耐える
・姿勢が崩れている

の3つから成り立ってます。

股関節まわりは出力の大きな筋群が多いです。

股関節が正常に動いていない場合、股関節を動かす為の出力を膝でカバーしようとします。

そうなると、膝が余計な動きをしてしまいます。

また足下の不安定さを耐えようとすると膝に必要以上の力みが生じます。

姿勢を安定させるには、単関節筋(一つの関節だけを跨いでいる筋肉:関節を安定させる筋肉)が主に働きます。

しかし姿勢が崩れてしまうと姿勢を保持しようとすると、単関節筋の働きだけでは足りなくて複関節筋(複数の関節を跨いでいる筋肉)が過剰に働きます。

単関節筋と複関節筋の働きのバランスが崩れると膝が余計動きをしてしまい負担が多くかかります。

膝の余計な動きは、足下の不安定さを助長します。

つまり負のループにはまるということです。

◎膝のオーバーユースを改善するポイント

膝がオーバーユースで痛みが出ている場合に、先ずチェックするポイントは、

・股関節の動作が正常か?
・足下は安定しているか?
・無駄な力みなく姿勢保持できているか?

の3つです。

この3つのポイントに起こる問題が解消されているかが重要になります。

出来ていなければ膝への負担が次々に増していってしまいます。

例え腸脛靭帯炎や鵞足炎などの障害で痛みが出ている場合、痛み自体だけに部位にアプローチしたとしても直ぐに痛みが元通りに出てきてしまいます。

先ずは過剰負担の供給源を断たなくてはいけません。

そして併せて膝の痛み自体に対してアプローチすることが大切です。

◎木も森も見よう!

以上、膝のオーバーユースによる痛みを早く改善していく為のポイントを書きました。

膝の痛み自体は突発的な障害でなければ、膝本体が痛みの原因となることは殆どありません。

痛みが出ている時点で痛み自体を解消するためのアプローチは必須です。

ですが、その膝の痛みを引き起こしているところは別にある場合が殆どです。

その痛みを引き起こす源を抑えない限り、オーバーユースによる痛みは地味に長引きます。

「木を見て森を見ず」という諺がありますが、この場合「木(膝まわり)も森(股関節や足首まわり)も見る」ことが重要になってきます。

膝のオーバーユースによる痛みがなかなか改善しないなぁ~という方は、先出したポイントに起こる問題解消へのアプローチが不十分な場合があります。

セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

足のアーチが下がる影響力とその対処法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

最近、とても多く見受けられるようになった「アーチ」が下がっている状態。。

下がるにも色んな理由があるとは思われますが、昨今のシューズの進化、長時間同じ状態でいる、運動不足、疲労、糖尿病などなどが挙げられます。

今でこそマラソンブームもあり「アーチが下がっているから…」というフレーズを聞くことが多くなってきました。

でも、アーチが下がっているっていっても、何かしら影響あるけど曖昧でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか?

今回はアーチが下がる影響とその対処について書いていきたいと思います。

◎アーチって?

3%e7%a8%ae%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

アーチって主に土踏ますの内側縦アーチのことを言っている方が多いのですが、他にも横アーチ、外側縦アーチがあります。

この3つのアーチで囲んだ部分がドーム型に膨らむように上がっているところが本来のアーチ部分です。

アーチは、よく知られている機能に衝撃吸収機能があります。

また、「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」のブログ記事にも紹介しました、色んな地面の凹凸や傾斜に足を適応させて立位姿勢を保つのに大いに貢献してます。

◎アーチのチーム的役割

3つのアーチにはどれも大事です。

それぞれ相互に関与して、地面の凹凸に適応、衝撃吸収、カラダの移動をスムーズにするといった働きを行います。

ポイントとして補助の役割ではありませんが、内側縦アーチの役割を活かすために外側縦、横のアーチの役割があります。

例えると、バレーボールのスパイクを決めるスパイカー(内側縦アーチ)ためにレシーバー(外側縦アーチ)がボールを受け止めて、セッター(横アーチ)がトスを上げるという感じです。(分かりにくい?w)

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

ですので、どうしても内側縦の役割が目立ちますが、外側縦、横のアーチもちゃんと働いてくれないと内側縦が働きにくくなってしまうということです。

◎なぜアーチが下がるとダメなのか?

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83

アーチが下がってるとはいうものの、つい偏平足になっているんだなぁ~という感じでしか捉えていない人が殆どです。

見た目はFlat Footという状態でベタッとあしが潰れているような感じです。

内側縦、外側縦、横のアーチが下がることだけでは痛み生じることはありません。

重要なのはアーチ低下によって…

足の骨配列に余裕がなくなってしまう

ということです!

足の骨配列に余裕がなくなると、足が不安定な状態なので固めるという選択を取ってしまいます。

これは単純に足の衝撃吸収機能、地面への順応が出来なくなってしまうということです。

走る、歩く、跳ぶなどの活動からくる衝撃を吸収できずダイレクトにダメージとして受けるということです。

こういう状態では、「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」でも書きましたが、足首の動作が不十分な為、膝に余計な動きが生じて色々なケガに発展していきます。

また、地面への順応が出来ず体重移動がスムーズに行いにくくなりますので、疲れやすいですし、パフォーマンスも頑張っている割には伸びません!

姿勢においても疲弊しやすい状態な故に崩れてしまいやすくなります。

◎アーチが崩れる理由

各アーチが機能低下で下がってしまう理由は、

%e3%81%b5%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%b5%e3%81%a3%e3%81%a8

内側縦アーチの低下は、足のふくらはぎから長母指屈筋(Flexor hullucis longus)と長指屈筋(Flexor digitorum longus)、前脛骨筋(Tibiais anterior)が過剰に緊張した状態で起こります。

または、後脛骨筋(Tibialis posterior)、長腓骨筋、母指外転筋の機能低下によって起こります。

単純にふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによって起こります。

横アーチの低下は、母指内転筋、長腓骨筋、後脛骨筋の機能低下によって起こります。

横アーチは足を横断しているので分かりにくいですが、ここもふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによってアーチ低下起こります。

外側縦アーチの低下は、長・短腓骨筋、小指外転筋の機能低下によって起こります。

外側縦アーチは、他の2つのアーチと違って小指を外側に広げることによって体重の8~16%を支持補助する役目をしています。

ですので、ふくらはぎの含めた外返しの筋出力の低下によって起こります。

◎足のアーチが下がっていたら…

アーチが低下している場合はどのように対処すれば良いのか?

それには、

★足部の骨配列へのアプローチ
★足部の機能低下から波及した代償動作へのアプローチ
★足からの運動連鎖の正常化

の3つのポイントがあります。

アーチが下がっている場合は、先述したとおり「足部の骨配列に余裕がない」状態で固まっています。

ですので、先ず3つのアーチの下降原因へのアプローチして足の骨配列に余裕を持たせましょう。

そして足の衝撃吸収機能、地面への順応機能の低下による影響を受けているので、それによる代償動作を改善しましょう!

最後にBarefoot Trainingなどで足から荷重を掛けた状態からの運動連鎖を正常にしていきます。

「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」参照

先天性のものや、ちょっと厄介なものではインソールの介入も選択肢の一つとしても良いのかもしれません。

当院でも「Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!」でもご紹介しました、当治療院でも取り扱っておりますクアドラステップインソールも下肢全体を変えていくのには良いです。

日本でよくあるインソールは足部のみへのアプローチなので、アーチ形成には難しいかもですね。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%86%9d%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf

特に心当たりがなく、ひょんなことから膝に痛みを抱え込んじゃっていらっしゃる方は意外と多いのではないでしょうか?

膝の疾患は半月板損傷、前十字靭帯損傷、鵞足炎、腸脛靭帯炎、オスグッドなど色々あります。

★「気になる膝の痛み!走りながらでも大丈夫!鵞足炎のメカニズムと早く治す為の考え方!」
★「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」

走り始めたり、何か作業をし始めたら痛みが出てしまうこともあると思います。

膝に痛みがある時って「運動不足かな?」「もっと歩かないといけないかな?」「筋肉が硬くて…」なんていうことをよく聞く機会があります。

よくある運動不足説ってヤツです。

でも、運動不足だからって膝をよく動かしましょう!というのは本当に合っているのでしょうか?

実は余計な動きが多いと膝に痛みが出ることが多いのです。

今回は、膝の痛みを減らしたいのなら余計な動きを出さないようにしましょう!ということを書いていきたいと思います。

◎膝の構造

%e8%86%9d%e3%81%ae%e9%aa%a8

膝はお皿(膝蓋骨)と脛の骨(脛骨と腓骨)、太ももの骨である大腿骨で骨格構成されています。

骨格だけで見てみると分かると思いますが、脛骨の上に大腿骨が乗っかっている状態です。

膝は人体の中で一番大きな関節ですが、構造はかなりソフトな感じです。

?????

膝を取り囲む筋肉は大腿四頭筋、半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋、縫工筋、薄筋、膝窩筋、腸脛靭帯、腓腹筋…と少なくないです。

他に膝の前後左右のズレを押さえるために膝の内側にMCL(内側側副靭帯)、外側にLCL(外側側副靭帯)、前にPL(膝蓋靭帯)、中にACL(前十字靭帯)、PCL(後十字靭帯)と他にも細かいですが靭帯が膝関節を取り囲んでいます。

ポイントは膝は骨格構造がそこまで複雑ではないのに筋肉は色んな走行で膝を跨っているということですね。

◎膝の動きを考える

膝の運動

以前にも何回か膝の動きを説明したブログを書きましたが膝の動きは、

矢状面(膝を縦に真っ二つにする面):屈曲‐伸展←これがメイン!
水平面(膝を横に真っ二つにする面):内旋-外旋
前額面(膝をスライスしていく感じの面):内転-外転

の3運動面全てで動きがあります。

骨の形状やら筋肉の運動から、これらの動きが組み合わさって膝関節の動きが成り立ち、色んな場面に貢献します。

膝の関節は屈曲‐伸展がメインですが、股関節から膝に向かって内側に傾斜していて、膝から足先は真っ直ぐ下についている構造から、曲げ伸ばしに必要な分の回旋、転回する仕組みになっています。

%e4%b8%8b%e8%82%a2%e9%aa%a8%e6%a0%bc

◎膝に余計な仕事をさせない

膝は見た目(←これ大事!)曲げ伸ばしをすることがメインとなります。骨格構造は脆弱なので、その補強として筋肉が本来あるのです。

本来、人間の動力となり得るのは股関節だったり足首だったりします。その仲介として膝の見た目屈伸の動きがあります。

だから膝の回旋、転回の動きは必要最小限がベストなのです。

ですが、その股関節や足首が本来の動きをしてくれないと膝が足りない分を補おうとして頑張り過ぎて余計な動きをしてしまいます。

単純に筋肉が暴走しているという感じで捉えられると分かりやすいかもです。

それが膝関節の余計な回旋、転回の動きが多くなってきてしまい、余計な捻れで摩擦や過度の伸展・圧縮ストレスが掛かり過ぎてしまったりして半月板損傷や十字靭帯損傷、鵞足炎や腸脛靭帯炎、滑液包炎などの痛みを引き起こしやすくなってきます。

また、膝の余計な動きがなくなると、動作が安定します。これはスポーツパフォーマンスを向上していく為には必須です。

◎膝に余計な動きをさせないためには

膝をとりまくもの2

膝に余計な動きをさせないことが、膝にとって良い状態を保つことというを書きました。

では、膝に余計な回旋、転回動作をさせない為に気をつけることは…、

股関節、足首が従来の動きをすること

です。

「そんなのちゃんと動かしてますよ!」と言われる方も少なくないのですが、実際に見てみるとトリックモーションで動いているように見えているだけの方があまりにも多いです。

よくケガ予防のトレーニング風景だったり、部活動などの練習風景に出くわす機会がありますが、非常に勿体ないというのが大一感です。

練習をしっかりと効果に繋げていく為にもこのようにカラダを動かすことは大変重要なポイントになってきます。

日常的に地に足を着けて活動している人間の動力となり得るのは股関節や足首をしっかりと機能させて膝のケガを予防してカラダのパフォーマンスに貢献して頂ければと思います。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%b1%a5%e3%81%8d

皆さんは普段どんなシューズを選んで履いていますか?

一昔に比べシューズのデザインもオシャレな感じになってきて見た目の格好良さ、可愛らしさで選ぶのも一つです。

また、タイムを伸ばしたい、パフォーマンスを上げたいや安全性などの機能面重視で選ぶのも一つだと思います。

最近、よく受ける質問の中で「シューズをどうやって履いた方が良いのでしょうか?」「店員に奨められて新しいシューズ買ったけど…」という類のものが多くなってきてます。

実際にシューズを買ってみたものの自分に合っているのか?という疑問がある方が多いように見受けられます。

最近のシューズの性能は一昔に比べかなりUPしてます。

「ウォーキングやランニングをする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」参照

しっかりと履きこなせば機能的にかなり良いものです。なかなかちゃんと履けている人はいないのも事実としてあります。

今回はシューズの機能を最大限に活かすためのシューズの履き方について書いていきたいと思います。

◎足のフォルムと機能を考える

足の骨1

シューズや靴を選ぶ時、履きこなす時には、足の機能を活かせるかどうか?が重要になってきます。

足のことはこのブログ内でもかなり取り上げてます。

「ただただ感動!足に秘めたるポテンシャル!足のセミナーで気づかされたこと!」
「くるぶしの痛み・違和感には何がある!?足をちゃんと使いましょう!」
「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」

などのブログ記事の他にも色々書いてますので是非ともご覧下さい。

ウォーキングやランニングにおいて重要な足の動きがあります。

それは、

★少指球~母指球にかけてしっかりとTake Off(離地動作)出来るように中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の可動性がとれていること
★Midstance時に踵の挙動をより少なくすること
★横足根関節(Transverse tarsal joint)と足根中足関節(Tarsometatarsal joint)の両関節の可動量の和が0になること

この3つが挙げられます。

他にも細かく見ればポイントは幾つもあるのですが、この3つを抑えておけば概ね大丈夫です。

◎シューズの機能面のポイント

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

スポーツシューズ、ランニングシューズ、革靴などに共通して欠かせないものがあります。

・ヒールカウンター(月型芯)
・シャンク(踏まず芯)
・ミッドソール(中底)

の3つです。

大手メーカーのシューズは、確実にこの3つのポイントを踏まえたシューズを出しています。

ヒールカウンターは、踵を後ろから包むようにサポートしているものです(踵をぐるっと囲む硬い部分)。カウンターの長さは靴それぞれで目的によって変わってきます。

シャンクは、靴底のソールの中に靴底がつぶれない様に下からのサポートしているものです。正に縁の下の力持ち的な存在でシャンクがなければTake off動作で地面を蹴るときにしっかりと地面を捉えることができません。

ミッドソールは、体重を靴底のソールに荷重していった時に、足が中敷に満遍なくフィットするようにしているものです。このミッドソールに荷重位で密着できれば体重移動がスムーズに行えるようになります。

◎どうやって履く方が良いのか

シューズを履く際の足の機能的留意点とシューズの特徴を軽く書きました。

では、どうやって履く方が良いのでしょうか?

それはシューズの持ち味を出して足の機能を活かせるようなフィッティングがベストになります。

履き方は以下の通りです。

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

①ヒールカウンターに踵を密着させる
②軽く荷重をかけつつシューズのInstepをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番上か二番目の紐穴)
③軽く荷重をかけつつシューズのBallをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番下か二番目の紐穴)
④残りの部分の紐を締める
※あくまでInstep、Ball、Waist部分が満遍なく密着することが大事です。その為に紐の引っ張る角度、強さは個人個人で差があるため変わってきます。

⑤Take off動作でシューズのアウトラインが中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)に当ってないか?を確認する
中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)が90°近くストレスなく曲げれるか?を確認する

①~④はシューズの機能を如何なく引き出し足の機能を最大限に活かす履き方です。

⑤~⑥はちゃんと履いた際にシューズが足の機能発揮を邪魔してないか?を確認する作業です。

足の機能がちゃんと発揮されてないのであれば、そのシューズはマッチしてない可能性が高いです。

ミッドソールのフレックスラインと中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の各関節を結ぶラインが平行でない場合とか…シューズと足がマッチしてない場合があります。シューズと足の相性の問題ですが。

◎ジャストフィットさせればケガが少なくパフォーマンスも発揮できる

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

先述もしましたが、昨今のシューズは一昔前に比べて性能は格段に良くなってます。

ですが、如何せんフィッティングの仕方が宜しくない方が非常に多いという印象です。

シューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ているとそれだけシューズの機能を持て余してしまいます。

シューズの機能を持て余してしまうと足の機能が発揮されません!

またシューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ている状態だとシューズって重く感じるんですよね。

意外かも知れませんが、片側100g差があるシューズを履き比べた時、ちゃんと履けていれば100g重くても、ちゃんと履けていないシューズよりも体感するシューズの重量は対比的に軽くなります。

シューズが合う合わないということも考えられますが、先ずはしっかりと履きこなしてみてはいかがでしょうか?

ウォーキングやランニングなどシューズをしっかりと履きこなすだけでもケガの防止、パフォーマンスに貢献できるようになりますよ。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、ウォーキングやランニングのことを分かっていらっしゃる方、シューズのことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。