最短最速で結果を残す!今からでも遅くない、自分にあった最適な努力の仕方!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

部活動の学生さん達や市民ランナーの方々から、「なかなか頑張っているのに結果がでないんです・・・」…という相談をよく受けます。

ちょっと専門から外れるのかも知れませんが、日々色んなことを勉強していると、少なからずですが結果に繋がることへの特徴が何となくですが見えます。

「当治療院で皆が得する施術、トレーニングを受けて頂く為に行っていることをご紹介します!」参照

「結果が出ないんです!」という方は、「結果が出ている」という方に比べ、

“出来ること”と“必要なこと”を勘違いしている

傾向が強いということが言えます。

これって似ているようで違います。

とりわけ、このことはスポーツの分野に限らず、痛みや疲れを取る施術などにも同様です。

今回は、最短で結果に繋げていく為に必要なことについて書いていきたいと思います。

◎出来ることが大事!?

部活動でスポーツに頑張る学生だったり、時間を絞り出して日々練習を行っている市民ランナーの方々は、努力していない人はいないと思われます。

それは必要な努力ですか?

トレーニングや練習などをサポートさせて頂く際に、よく投げかける言葉です。

よくありがちなのは、

今出来ることを精一杯行う

というものです。

一見間違っていない感じもしなくもないですが、

今出来ること今必要な努力

です。

分かりやすく例えるなら、

足を10秒間高回転で回す練習だけをどれだけ沢山行っても、フルマラソン(42.195km)が速く走れるようになる可能性って限りなく低いです。

頑張って毎日10km走ったとしても、150km/hの球速のピッチングは出来るようになる可能性って限りなく低いです。

全く関係ないということはないですが、限りなく遠回りしている感じをご理解頂けると思います。

こういう勘違いって知らず知らずですが、意外と多いものです。

◎必要な努力に大切なもの

では、必要な努力を見つける為に大事なものは…、

・目的からの逆算
・行うべき物事の本質を掴む

の2つになります。

目的が大事だということは、当ブログでも他に色んなところでもよく聞かれて実感されていることだと思われます。

「リハビリやトレーニング&エクササイズを行う時に最大限の効果に繋げるための思考方法」参照

目的・目標に必要なものは何ですか?

…というと、意外と言葉が詰まるものです。

自分が出来ることに目を向けることは簡単で分かりやすいです。

ですので、どうしても今行っているものを積み上げて「上がって」行く努力をしようとします。

しかし、必要なことは目的・目標を達成することなので、目的・目標から「下がって」きて自分が出来る一番近い努力をしなければいけません。

どれだけ目的・目標から近くなるかは、自分が行うべき目標に対しての努力の本質を見極められるかどうか?ということになります。

努力の方法として、目的・目標を達成することに沿わない場合、いくら方法論が正しかったとしても、必要な努力にはなり得ません。

「より確実に、より早く、より大きな結果に繋げられる施術やトレーニングに対しての思考法」参照

大事なのは、自分の目標・目的を達成する為に「どのような努力をすれば良いのか?」ということを明確にして努力を積み重ねていくべきだということです。

◎悔いのない努力を

以上、スポーツや施術など最短で結果に繋げていく為に必要なことについて書きました。

「スポーツで満足する結果を残したい!」…と決意されていらっしゃる皆さんは、日頃一生懸命に頑張っていらっしゃる方々ばかりです。

ですので、せっかくなら日頃の努力は報われてほしいものです。

イマイチ、努力してるのに結果に結びついてこないなぁ~と感じていらっしゃる方は、今一度、日頃行っている努力を見直してみてはいかがでしょうか?

そして、自分の目的・目標に見合った努力を積み重ねて最高の結果に結びつけて頂ければと思います。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

【報告】トップカテゴリーのトレーナー帯同してきました!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

「2017年ゴールデンウィークBCSすこやか治療院の日程のお知らせ」でもお伝えした通り、日本陸上競技連盟競歩ブロックU23強化合宿にトレーナー帯同してきました。

以前ブログでも書きましたが、各年色んなスポーツ分野より、こういったトップカテゴリーの合宿や遠征へのトレーナー活動する依頼があります。

「トップカテゴリーで活躍するには訳がある!?ちょっとしたスポーツトレーナー活動報告!」参照

今回の合宿では、練習補助、ケア、コンディショニングはもとより、トレーニングやストレッチのセッションも担当させて頂きました。

今回は、日本陸上競技連盟競歩ブロックU23強化合宿のトレーナー活動内容についてシェアしたいと思います。

◎今回の合宿での活動内容

今回は、ユニバーシアード競技大会(大学の世界一を決める大会)の代表候補選手を対象にした合宿になります。

この世代の選手達は、東京オリンピックに向けての強化世代にもなります。

世界基準を意識した技術強化を目的としているため、練習内容はそれなりにハードなものでした。

ですので今回の合宿では、

・給水等の練習補助、応急処置等
・ケア&コンディショニング
・ストレッチ&トレーニング講習

の3つを中心として行いました。

★給水等の練習補助、応急処置等

合宿の練習に関しては、平均して気温が25~27度という暑さの中での練習でした。

ですので、給水補助やアイシングの準備(競技場が近いのでそこで準備)を行いました。

給水係って久し振りでしたので、最初は不慣れな感じでしたが、徐々に思い出してきてそれなりにはこなせたかなぁ~という感じです。

こういう時って、普段からのPDCAを回す習慣が非常に役に立ちました。

一回一回の給水で選手がどの様にストレスが少なく給水できるか?等をPDCAを回して工夫していくことが出来たと思います。

★ケア&コンディショニング

先出のブログでのトレーナー活動での時にケア&コンディショニングさせて頂いた選手も数名いましたが、今回の強化合宿では、初顔の方が多かったです。

ですので、選手の特徴を把握する為に、練習でのカラダの動きや所作を細かく目を反らさずに把握することにのに一苦労しました。

今までの勉強の成果が出たのか?今まで以上に早めに選手のフィジカルの特徴、動きの癖、力の入り方などを詳細に掴めれる様になったと実感できたことは収穫でした。

選手一人一人のカラダの特徴、動きの特徴それぞれを把握していくことで、感覚と実際の誤差を埋めるべく色々とディスカッションを入れていくうちに、選手自身が気付いていなかった部分もありました。

その後、選手の方からも積極的に「○○が出来るようになる為には・・・」みたいな質問も多々出てきて、そのやり取りを行っていく上で色々と気付きが生れ有意義でした。

日本トップクラスのレベルの選手だからある課題などが分かり色々と知ることが出来、そこで改善するものを提示できることが出来て良かったです。

★ストレッチ、トレーニング&エクササイズ講習

今回は3日間ほど、選手の特徴などを踏まえてストレッチ、トレーニング&エクササイズを個人個人に合わせて提供させて頂きました。

より高いレベルで競技力を発揮するためには練習を高いレベルでこなせることが必須になります。

そのためのフィジカルを作ることは、陸上競技に限らずスポーツ全般にとって大事な事です。

今回は先出のブログ記事の時よりも時間がありましたので…、

・カラダを思い通りに動かす為のストレッチエクササイズ
・腕から肩甲骨に掛けての連動性を高めるストレッチ
・腹圧コントロール
・胸郭モビリティをUPする
・骨盤回り(腰仙関節、仙腸関節、股関節)を連動させながら動かす
・腹斜筋(内・外)コントロール
・ローディング力をUPする
・インナーユニットのスイッチの入れ方
・筋膜連鎖を考えてのエクササイズ
・骨盤コントロール
・側方のブレの制御

などなど盛りだくさんの内容について選手個々に合わせて行わせて頂きました。

内容的には、どれも世界最新のものからヨガ、ピラティスなどの既存のものを組み合わせたりして、根拠あるものを行いました。

これらは、選手、コーチ陣などからヒアリングして課題となるべきフィジカルの問題点、課題点を抽出し細かく噛み砕くことで出て来たものからトレーニング&エクササイズやストレッチなどを新しく構築したものを提供しました。

方法論として、必ずやり方だけでなく、

・○○のストレッチ、トレーニング&エクササイズ等が、どの部位のどのような動きにどういう効果を生むか?
・○○のストレッチ、トレーニング&エクササイズ等に関してフォームよりも大切なこと
・○○のストレッチ、トレーニング&エクササイズ等を行う時の留意点、目安

等を必ず付け加えました。

基本的にストレッチやトレーニング&エクササイズ等は、自身の理解尺度にまで咀嚼出来てないまま行う方が殆どです。

そのような場合、どうしてもフォーミング(形づくり)から入りやすくなります。

フォーミングから入ることは否定はしませんが、ストレッチやトレーニング&エクササイズにおいて、フォームは効果が出た時にできる“結果です。

先にフォーミングしてしまうことは、出題途中にノーヒントでクイズに答えるものと一緒で、一か八か的な感じで効果の出方に大きな差が生れてしまいます。

より確実に正確さを導き出すためには、出題も完璧に、ヒントも盛り沢山の方が良いに決まってます。

ですので効果をしっかり出すには、行っている本人が自分なりの咀嚼レベルまで落とし込むことが大切になります。

合宿期間中を通してですが、少しずつではありますが、概ね動きやすい、動きが繋がったということで好評でした。

◎より確実に競技に活かせれるように

以上、日本陸上競技連盟競歩ブロックU23強化合宿のトレーナー活動内容について書きました。

今回はご依頼頂いた日本陸連トレーナー部、色々とお世話になった日本陸連競歩ブロックの方々、選手の皆さまには貴重なご縁に感謝したいと思います。

ありがとうございました。

日本トップレベルの選手達の動きや練習、トレーニング、ケア、メンテナンスなどに携わることが出来て、私自身幸せでしたし、学ぶべき点もありましたし、良い刺激になりました。

こういった経験をさせて頂くことで、今以上に技術も知識も経験もパワーUPしてる感がヒシヒシと実感してます。

今回の合宿では、ケアやメンテナンス意外にも行うことが沢山あって忙しい感じでしたが、非常に充実していて楽しかったです。

セッション中以外でも、選手から色んな疑問、質問が出てきて非常に興味深かったです。

セッションの内容でもそうでなくても疑問に思ったことは出来る限り全て答えさせて頂きました。

疑問をそのままにしておかず、その場で即解消して頂くことが、身につくためには必要です。

質問内容等で色々と私にとっても勉強にもなりました。

疑問点など見てると、やっぱり選手一人一人個性がありますし、何より強くなる為に貪欲ですよね。

陸上競技に限らず他のスポーツにおいても日本のトップカテゴリーで活躍していく選手は、フィジカルだけがクローズアップされがちですが、選手それぞれの個性というものがあって、それを把握してより良いものを紡ぎだしていくということが大事なんじゃないかなぁ~と思います。

トップカテゴリーの遠征、合宿などでは、どちらかというと少人数になりますので、一人一人に対してより深く対応することが出来るので良かったです。

私にとっても貴重な場となりました。

この合宿で得たものを大切に、これからの日々の生活、スポーツを目一杯充実するお手伝いができれば嬉しい限りです。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

マラソンの救護活動してきました!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e7%a5%9e%e6%88%b8%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3

「BCSすこやか治療院休診のお知らせ~救助頑張りますver~」のブログ記事でも書きました通り、11月20日(日)に神戸マラソンに日本陸上競技連盟医事委員トレーナーとして救護活動を行って参りました。

今回は、神戸マラソンの救護活動の報告を書いていきたいと思います。

◎救護活動場所

今回は日本陸上競技連盟より第12救護所(31.6km)に依頼されました。

例年の報告から要所とされている救護場所です。(第10、11、12救護所は要救護が多い区間です)

今回は初めての神戸マラソンの救護活動でしたが、要所救護所のリーダーを任せてられたのでちょっと緊張感がありました。

%e7%a5%9e%e6%88%b8%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3%ef%bc%92

◎救護体制は?

今回の神戸マラソンの救護所体制は、

・ドクター
・看護師
・トレーナー
・搬送係り
・市職員
・トレーナー
・レスキュー

・誘導
・ボランティア

で構成されてました。

今回のトレーナーの役割はレースを視認しながらの救護、ドクターの診察からの指示からの処置をメインとして行いました。

◎事前の準備

私も含めて初めて顔合わせを行う面々が多いですので、一緒に打ち合わせするこの時間帯がかなり重要になってきます。

31.6km地点ということもあり、例年からのデータからかなり込み合うことが予想されました。

先ず1時間前に集合して全体のミーティングを行いました。

それからドクター、看護師、受付を交えて救護所での連携をするためのミーティングを行いました。

この時はお互いの役割をスムーズに行うためにどう動いていくか?を事前に流れを作ってみることを行いました。

どういう時にどの経路でどのようにどこのベッドに誘導していくか?

その際に使用道具に対しての道具の使用とそれを使うための動線などを色々と打ち合わせしました。

こういう場合ってレースの公認非公認の記録などにも関わってきますので、誘導の仕方やレース復帰の動線などにもかなり神経質に打ち合わせしました。

次にトレーナーの打ち合わせを行いました。

先ず今回のレースでのトレーナーの役割の確認、物品確認、車椅子、AEDなどの確認、アイシングを作る等、時間が勝負となりますので道具の配置の仕方など話し合いを行いました。

次に選手の動線の確認を行いました。

31.6km地点の救護所はトイレもあります。トイレで座ってしまうと立ち上がれない、トイレの中で倒れるといったことも想定されますので、その確認の打ち合わせ。。

そして救護所の確認、テントの立て方などで熱がこもりやすい、風通しが良いなどの確認しました。

熱中症の選手が熱がこもる場所に誘導してしまうと大変ですので…。

救護所の少し前から少し後までのコース確認を行って死角となる部分を確認しました。

他に各自疑問点を事前のうちに解消して共通認識を持つといったことを念入りに行いました。

◎救護の実際

実際にレースが始まってからは、暑さもあって例年並みのバタバタ感でした。

ですが、連携がスムーズにいっていて意外と余裕があったのも事実です。

搬送だったり、処置だったり、視認だったり、色々と動き回ることも多かったですが、各自の役割と連携がうまく取れていましたので、大事には至らなかったです。

トレーナーは、レース確認、救護途中でも気付いた点は直ぐに共有して改善できるようにしていきました。

事前に色々と聞いていましたので、活動はスムーズに行うことが出来ました。

今回は参加者が増えたこともあって、制限時間が過ぎても気が抜けない感じでしたが、よい緊張感を途切れさせずに活動出来ていたと思います。

ベッドも全部埋まる時もありましたが、基本的に待たせることもなく、選手一人一人の状態に合わせた処置が出来ていたと思います。

スタッフの皆さんには感謝感謝です!

◎リスクマネジメントの重要性

今回の神戸マラソンでは、11月下旬ではありえない暑さもあり、クォーターマラソンを廃止した分、フルマラソンの参加人数が増えた関係もあり昨年以上にバタバタすることと予測でした。

蓋を明けてみると救護チームスタッフの皆さんの協力で例年並みの搬送に抑えることができたという事を聞きました。

当救護所でも搬送者は出ましたが、迅速な対処で大事には至ってません。

「金沢マラソンを見て思うこと…リスクマネジメントの重要性」のブログ記事にも書きましたが、やはりスポーツはリスクマネジメントが出来てこそ行うべきです。

リスクマネジメントは安心・安全の担保です!

だからこそ、事前に綿密に打ち合わせ、シュミレーションして疑問点などを解消しておくべきです。

どれだけ人員を割いて、どれだけ机上で考えていても、イザという時に反応できなければ意味はありませんから。

スポーツって先ず命の保障、安全・安心してプレーできる環境の担保があるからこそ、選手が全力でプレーできるのです。

改めて実感出来た大会でした。

活動を終えた後は緊張が解けたのか、かなり疲れがドッと出ました。

カラダもうちょっと鍛えないといけないですねw

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

日本体育協会アスレティックトレーナー養成講習会を通して…

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

AT仲間

BCSすこやか治療院休診のお知らせでもお知らせ致しましたが、10月11日~16日の6日間、愛知県知多郡にある公益財団法人スポーツ医・科学研究所にて「財)日本体育協会アスレティックトレーナー養成講習会 専門科目第5期集合講習会」を受講してきました。

これにて共通科目も合わせて昨年より受けてきました長い講習会の受講も終わり日体協AT(アスレティックトレーナー)資格の受験資格を得る事が出来ます。

まだ、理論試験、実技試験が残っておりますが、ここで日体協AT養成講習会の自分なりの総括として書いていきたいと思います。

◎日体協ATとは?

AT

日本体育協会のHPより抜粋…
スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたる。

これだけでは、よく分かりにくいですので、もう少し詳細を…

アスレティックトレーナーのお仕事として、最重要な事として、スポーツの愛好家からバリバリのアスリートまでの全ての選手のプレーの安全に留意しケガの発生リスクを最低限まで抑えることがあります。

また、スポーツをプレー中に何かしらの傷害、障害が起こった時に誰よりも迅速に適切に対応します。

更に、故障者を適切なアスレティックリハビリテーションで復帰させるメニューと実行を行います。また再発予防を行います。

他にはプレーヤーの体調管理やケガ予防、パフォーマンスを向上させるためのカラダ作りなど。

アスレティックトレーナーは、これらの幅広い業務をスポーツドクターや監督・コーチと協力して行っていきます。もちろん選手とのコミュニケーションも大事です。

日体協アスレティックトレーナーは、日本体育協会で定めた基準を満たした日本で唯一のアスレティックトレーナーの資格という事になります。

今後ますますスポーツ現場にて、アスレティックトレーナーとして活動していくに当たって、この資格の重要性が大きくなってくることと思われます。

◎どうすれば日本体育協会ATなれるの?

3d white people lying on a question mark

この日本体育協会アスレティックトレーナーの受講資格は、誰でも取れるというものではありません。

既に活動されている方は、日本体育協会加盟団体(都道府県体育協会、中央競技団体) 及び日本体育協会が特に認めた国内統括競技団体(日本野球機構、日本プロサッカーリーグ等)の推薦が必要です。

各団体より推薦されるのが120/1000と言われてます。

その中から、日本体育協会で審査をし、推薦された方の中から すでに相当の活動実績のある方から受講できる状況です。

そして日本体育協会の審査を通過出来るのが90/120らしいです。
…例年各団体から1名ないし該当者なしということが殆どです。

ちなみに、私は2014年度の日本陸上競技連盟推薦を頂き受講致しました。

他の手段として、これからトレーナーを目指される方は、認定を受けた学校で、指定のカリキュラムを受ける必要があります。

そして最後に日本体育協会で実施する、筆記試験と実技試験に合格すれば資格を取得できます。

◎どんな事を学ぶの?

ATテキスト先ず、受講料を払ってからテキストが一括で届くのですが、その量が半端ないです。

缶コーヒー横に置いてテキストの量を表現してみました。ちなみにこれは共通科目のテキストも含んでいます。

私の場合、共通科目が免除ではありませんので、共通科目Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを受講して試験を受ける必要がありました。

ということで、先ずは共通科目Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの講習会を受講しました。共通科目の会場は選択性で、一番近い大阪会場で受講しました。ちなみに治療院の仕事、トレーナー活動などが重なり受講したのは最後の11月。。。

AT講習共通

ここでは、日本体育協会が定める資格である、ATはもとよりスポーツプログラマーやスポーツ栄養士、上級指導者などに必要な共通の知識を朝から晩まで5日間みっちりと学びます。

ちなみに共通科目Ⅰ共通科目Ⅱ共通科目Ⅲで学ぶ項目は各共通科目をクリックすると出てくる通りです。

なかなかこのように長期間の講習が最近少なかったこともあり、一日一日終わる毎にグッタリしてましたw

そして、その週末舞台は東京に移して、いよいよ日本体育協会ATの専門科目講習がスタートしました。

ここからアスレティックトレーナーとして専門的な知識技術を学んでいきます。
2014年度からの講習は新しいトライアル的な要素も含んでいるらしく、賑やかな雰囲気の中に緊張感が漂います。

先ずは第1期専門講習会。。

日体協AT1期日体協AT1期2

ここで今年度の日体協AT養成講習に参加される方々が一同に介しました。種目は違えど同じ志を持った仲間の初顔合わせですね。

第1期専門講習では、「アスレティックトレーナーの役割」「ドーピングコントロール」「栄養学」などなど、みっちりと2日間学びました。

最新の研究などが学ぶことが出来たりしてとても充実しましたね!色々と大きな発見があった2日間でもありました。

そして、第2期専門講習会。。

JISSナショナルトレセン

場所は日本のスポーツの中枢でもあるJISS(国立科学スポーツセンター)とナショナルトレーニングセンターです。

ここでは、「運動器の解剖と機能」「スポーツ外傷、障害の知識」「スポーツ医学と健康管理」などを4日間頭の中がパンパンに詰め込む程学びました。

私個人的には各部位のスペシャリストのスポーツドクターに色々と疑問に思っていた事を質問できたり、スポーツドクター知見を聞く事で新しい発見がありました。
また、場所がJISSとナショナルトレセンということもあって、知っている先生も多く会うことが出来、アドバイスも多く頂きました。とてつもなく感謝です!

第3期は横浜日産スタジアム内の横浜市スポーツ医科学センター

AT講習3期AT講習3期4

講習会初日は、サッカーの日本代表戦があり、物凄い人だかりでした。その地下で講習を行っているという何とも不思議な感じでした。

AT講習3期2

ここでは5日間、検査、測定、評価、スペシャルテスト、体力測定の仕方、そしてその評価に基づいたデータのフィードバック方法、スポーツ動作の観察と分析などなど理論と実践を交えて行いました。

この第3期から実技が入ってきます。

意外と処置ばかりで評価とフィードバックを疎かにしちゃっているのをよく見受けられますが、選手の評価がなければいくら処置を行おうが処置自体がギャンブルになります。それって選手側からすれば怖い事ですよね。

その評価に対して適切な処置があり、そしてフィードバックがあります。
先ずは基準となる選手の評価が重要です。

自分の今までの実施している評価方法の確認と不透明な部分をクリアにしていくことが出来て良かったです。やはり選手には良いものを自信を持って行いたいですから。

そして、第4期専門講習会は、日本体育大学と帝京平成大学で行いました。

日体大帝京平成大学

朝から晩まで前半の4日間は日体大、後半の2日間は帝京平成大学での講習となりました。

前半の日本体育大学では、予防方法やコンディショニング方法でアイシングの効果、トレーニングの実践、プールでの実技、アジリティトレーニングなど実技とテーピングをひたすら巻きまくるということ、コンディショニングプログラムの作成などを行いました。

日体大2

やはり、アスレティックトレーナーたる者、ただ選手に行わせるというのではなく、見本を提示し、しっかりと根拠を示せないといけません。裏を返せば、そのような根拠を提示出来ていなければ選手のパフォーマンスレベルに影響を及ぼしかねないということです。

自分自身身をもって実践する事で、そのコンディショニング方法一つ一つの留意点を確認できました。机上の空論ではいけませんね。ちょっとイメージと違う面を修正出来た感じです。

帝京平成大学2帝京平成大学3

後半2日間の帝京平成大学では、外傷の処置や心肺蘇生法などの救急処置、スポーツ現場での救急体制の実習などを行いました。

改めて、スポーツ現場でのリスクマネージメントの大切さを痛感しました。シュミレーションは何回行っても足りる事はないですね。
自分が普段関わっているスポーツ現場以外の救急体制を見ていても非常に勉強になりました。今後に大いに活かしていきたいと思います。

そして、最終の第5期専門講習会。。先にも記しましたが、財)スポーツ医科学研究所で行いました。

スポーツ医科学研究所

ここでは、丸々6日間でアスレティックリハビリテーション(ケガからスポーツの競技復帰までのリハビリテーション)、競技特性に準じたリハビリテーション、競技特性の把握、競技動作の特徴、動作分析などを殆ど実技でしたが行いました。

AT第6期AT第6期3

ご縁があって私自身、陸上競技、水泳、自転車、柔道、ハンドボール、ラグビー、テニスなどなど様々な競技に関わりがあるので、色んな角度の視点から様々な競技を見る事が出来て非常に勉強になりました。

◎同期は大事な仲間

担当する競技もカテゴリーも違えば、この日本体育協会アスレティックトレーナー養成講習会を受けなければ出会うことがなかった方々との係わり合いが出来るのは非常に嬉しい限りです。

このご縁を大切にしていきたいなぁ~と思うばかりです。そして、この同期の皆で日本のスポーツの下支えをしたいと思いました。

この日本体育協会アスレティックトレーナー養成講習会に参加しているトレーナーの皆さんは、純粋にスポーツが好きでスポーツ選手の活躍に一喜一憂できる素晴らしい方々ばかりだなぁ~と思いました。

最初は見ず知らずでも、濃い時間を共に過ごすといつの間にか欠かせない仲間となっていくことが実感として出て来て、タイトな講習スケジュールに対しても皆でより力を合わせて乗り切ろう!という感じがとても感激しました。

講習会一日一日が大変充実した学びと発見の日々でした。

昨年より長期に及ぶアスレチックトレーナー養成講習会で学んだ事、そして巡り合ったご縁は、私のこれからの治療院業務、トレーナー活動にとてもとても大きな影響を与えるものと言っては過言ではありません!

この講習会で学んだ技術・対応法をしっかりと自分のものに咀嚼して、スポーツ現場や、身体の痛みで悩まれている方に、活かしていけれるようにしたいと思います!いや、します!
これを機にこれまで以上に手厚くサポート、施術が出来ることを考えると嬉しくて仕方がないです!

日本のスポーツ界の最前線にいるトレーナーの皆さんと同じ目線で、同じレベルで会話できたことは自分自身にとってとても自信になりました。まだまだ知らない事が多過ぎて、貪欲に吸収できる日々はとても有意義でした!

同期の皆さんはかけがえの無い仲間です!
これからの試験に!そしてスポーツ現場にて皆でお会いできる事楽しみに私もより一層精進したいと思います!

先ずは試験頑張りましょう!

推薦して頂いた日本陸上競技連盟には大変感謝します!

講師の方々、運営の方々、ありがとうございました!
そして、一緒に講習を受けられた各団体の推薦の皆さん、お疲れ様でした!


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

BCSすこやか治療院休診のお知らせ…全国高校総体トレーナー帯同

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

気温の上がり方が急なのか!?猛暑を通り越して酷暑の気配ですね。
熱中症対策は十分に準備しましょう!

カレンダーにも記載させて頂いておりますが、BCSすこやか治療院休診のお知らせです。

2015年7月28日(火)~8月1日(土)

全国高等学校総合体育大会陸上競技

(和歌山県 紀三井寺陸上競技場)

星稜高等学校陸上競技部トレーナー帯同

の為、休診とさせて頂きます。何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

尚、都合によっては帯同日程が8月2日までに延びる場合がございます。

選手の皆さんがケガなく最高な成績を残せれるように、精一杯サポートしたいと思います。

応援よろしくお願い致します!

ちなみに、先日の日本赤十字社の救急救命法、救急員の認定資格試験合致しました!

これで、より充実したサポートができそうです!

救急法

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!
人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

BCSすこやか治療院休診のお知らせ…全国7人制ラグビートレーナー帯同

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

台風で気圧に変化が生じると、頭痛、目まいなどを生じる場合がありますので、気をつけましょう!

今日から夏休みの学生さんも多いことと思います。

カレンダーにも記載させて頂いておりますが、BCSすこやか治療院休診のお知らせです。

2015年7月18日(土)~20日(月・祝)

アシックスカップ全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会
石川県代表 日本航空石川高等学校ラグビー部トレーナー帯同

の為、休診とさせて頂きます。何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

尚、トーナメントで19日に敗退時は20日の午後より9時まで治療院の方は開院します。

出来るだけ、多く勝ち進めれるようにサポートしてきたいと思います。

応援宜しくお願い致します!

アシックスカップアシックスカップ9アシックスカップ3アシックスカップ5

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!
人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

積極性は可能性の塊!勉強会しました!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

勉強会

昨年からの事ですが、ありがたい事に、当治療院で勉強したいという方が県内外よりいらっしゃって下さいます。

来られる方々の職種も、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、トレーナー、柔道整復師(接骨院)、鍼灸師だったり、トレーナーや医療の分野を目指す学生など多岐に渡ります。

治療院的な業務、トレーナーのお仕事的に、同業の方から評価を頂けることは素直に嬉しい次第です。
何だか、むず痒くもありますねw

今回は先週治療院にて行った勉強会について書いていこうと思います。

◎どういう形で行ったの?

いつもこのような場合の勉強しに来られる場合では、前もってご連絡頂いて、内容の程を確認してから勉強会を行います。そうでないと、来られる方のニーズに合わなければ仕方がないですからね。

今回は学生トレーナー相手でしたので、実際に選手のカラダの状態を把握して、動作を見つつトレーニングやエクササイズの誘導の仕方を主に行いました。目新しいトピックスも取り入れながら行いました。

大体のデジメ

勉強会4

◎どのように行ったの?

今回のメイントピックスは「動作を見る」「どういう誘導が良いか?」ということをメインにおきました。
それと「足」をマニアックに重点的に見ました。

「パフォーマンスにより確実に繋げていく」「出来るだけ余計なケガを防ぐ」という点で、ストレッチだったりエクササイズ、トレーニングを指導する、施行する、セラピストの場合、施術したりするかもしれません。

その場合、例を挙げるとすると、その選手やその人の身体特性的、競技特性的、その他諸々を加味した時に、骨盤の前傾が理想だとすれば、カラダの状態を見ていく上で、単に「後傾していたら前傾にする」ということは果たして適切なのでしょうか?

それは単純に代償動作を新しく別に生み出していくことになってしまうことにも繋がりかねません。また、選手本人の感覚が混乱してしまう事態にもなりかねません。

その選手、その人のパフォーマンスにとって骨盤の傾きだったり捻れの原因がなぜどこからどのように来ているモノなのか?…ということをしっかりと見極めて元となる部分を修正できるようにしていくということが必要となってきます。

その元となる部分を動作の中からどのように見極めて、それをどういった形(エクササイズ、トレーニング、施術、他)で選手に気付かせてあげれるか?が大事なポイントになってきます。選手の気付きがないままですと、何だかんだ言ってパフォーマンスになかなか繋がっていきませんし、余計なケガも絶えません。

「足」に関してもほぼ一緒な流れでした。

足の28個の骨と25の関節(片足)一つ一つがどのようなポジション、どのような動きをすると、
「〇〇な動作に△△な影響を及ぼす」
「□□なケガに発展しやすくなる」
「~~なパフォーマンスを出していく為には▽▽な状態な方が良い」
…と具体例を挙げながら実際に選手のカラダを使って行いましたよ。

学生トレーナーには難しかったかもwでも、この時期にこういう方向性の見方を覚えると今後にかなり幅が広がります。

◎勉強会の様子はこちら

勉強会2勉強会3

あまり広くない治療院の中に6~7人とちょっと人口密度が高かったですw

皆さん、自分から求めに来ているだけあって、素晴らしく熱心でした。質問も沢山頂き、私も大いに刺激を受けました。

それと、一人一人見るポイントが違ったりして面白かったです。

意外と見るポイントというよりは見方を教えたのですが、着眼点に個性が感じられて「なるほどぉ~」という所がありました。

皆さん、可能性は沢山ありますね。

◎積極性は素晴らしい

今回の勉強会が、参加して頂いた皆さん一人一人にどれほどの影響があったのかは分かりません。

ですが、学びって基本的に自分で取りにいくモノだという考えが私にはあります。

セミナーに行っても、受けられるその人自身が「どういったことを学んでやろう!」という意気込みがあってこそ気付きがあるモノだと思ってます。

逆に「1~10まで頂ける」「資格のため…」などという受け身のスタンスで受けられる方は、気付きが少ないものと思います。あっても応用範囲が極めて少ないと思われます。

私自身も、こういった積極性のある勉強会は大いに大歓迎です。私自身にも大きく刺激もありますし。

今後もこういった機会がありますし、皆でより皆さんに健康に!より選手に高い位置でのベストパフォーマンスに!貢献出来るよう大いに刺激し合えればと思います!

目一杯頑張っていきましょう!

ご興味のある方々は是非お気軽に♪

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

 

さりげない存在だけど意外と大事!骨盤底筋群を使おう!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

いつの間にか、日中の気温が20℃近くまで上がるようになって一気に春めいてきましたね。今から花見が楽しみです。私が花より団子ということは内緒でお願いしますw

四つん這い姿勢

昨日、とある理由で治療院を少しだけ空けてスポーツの現場へ出向いてきました。

そこでたまたまですがQuadruped(四つん這いに似た姿勢)での肩甲骨の動きをしっかりと出して体幹からの運動連鎖で上半身を最大限に引き出すエクササイズをチェックする機会がありまして…

ま、私が以前教えたヤツなんですけれどもねw
エクササイズの詳細は今回は省略させて頂きます。

以前よりも肩甲骨の引き出し方の動きの形はなんとなく出来ているように見えたのですが…「ん?」と、チョトマテチョトマテオニイサン!(笑)ってな感じで何かしら違和感が…ありました。

◎なぜ?違和感を持ったか?

「気になる方、腰の痛み解消!スポーツパフォーマンスUPにより確実に繋げる為に!ちゃんと背中を動かせてますか?!」の記事でも書きましたが、近年ヒトの関節の主要な役割の世界的に主流となりつつありますJoint by Joint Approachジョイント・バイ・ジョイント・アプローチ)の考え方において肩甲骨と胸郭との動きは…、

安定性(Stability)

ということになります。

ジョイントバイジョイント

ということは、肩甲骨と胸郭の関係は正しければ相対的に見ると動きが停まっていないといけないということですね。

だから、今回のエクササイズでは、肩甲骨の引き出しの動きを出すのですが、見た目的には停まっていないといけないという、言葉で表すと矛盾している不思議なモーションが起こりますw

今回は、その動きが出来ていませんでしたので、肩甲骨の動きをしっかりと出して体幹からの運動連鎖で上半身を最大限に引き出せていなかったんですよね。
要は、肩甲骨が余計な動きをし過ぎちゃうってヤツです。

意外とこういう状態の方って多いのですが、腰の安定性に欠け腰を痛めますし、スポーツパフォーマンスも頑張っている割には上がりません!余計な力みにも繋がります!

◎では、どこを修正すればいいの?

この場合では、今回のケースでもそうだったのですが、骨盤の可動性(Mobility)が出来ていないことが多く見受けられます。

実は、Quadruped(四つん這いに似た姿勢)の状態って、骨盤の安定力が一番発揮されないポジションなのです。

ですので、立位、臥位の時よりも骨盤の可動性(Mobility)をしっかりと作ることを意識させなければなりません。

しれっと私が実施するエクササイズ&トレーニングセッションは、実は

簡単そうに教えながら、意外と難易度高めです

この骨盤の可動性(Mobility)に直接関与している代表的な筋肉といえば、多裂筋と骨盤底筋群が挙げられます。

特に、メインなものは骨盤底筋群です。

骨盤底筋群

◎大事だけど機能しきれてない骨盤底筋群

骨盤底筋群はヒトの骨盤の底にべったりついている筋群で、

内臓を支える役目の骨盤隔膜を構成する筋が3つ

その骨盤隔膜を補助(厳密には違う)する尿生殖隔膜を構成する筋が6つ

の2(3)層構造で構成されています。

メイン機能は、排尿、排便に大いに関わります。

あれ何でカラダの動きに大事なのって思われた方もいらっしゃるかと思われます。

実は、骨盤底筋群は、腹横筋、横隔膜、多裂筋といった一般的に「コア」と呼ばれる筋肉群の中でも大事なモノとの連携には欠かせない存在なのです!

意外な事なのかもしれませんが、

骨盤底筋群をちゃんと働かせていない方が殆どです

腹横筋、横隔膜、多裂筋の説明は「いつ使うの!?今でしょ!使えない体幹トレーニングはただの錘だ!w」まで

骨盤底筋群2

◎骨盤底筋群のカラダを動かす時の機能

ざっくりとですが、

骨盤底筋群は横隔膜と相反していて、連携して息を吐く時に体幹部を安定させます。この時、同時に腹横筋が働きやすい状態(腹圧を強調して維持する)になり、より体幹部の安定化の貢献に繋がります!

この呼吸における腹圧の機能がなされてないと尿失禁症が起きたりします

この機能は背筋とも強調しますので、腰痛予防、改善にも重要ですよね。

※腹横筋には他に大事な機能がありますが、ココでは省略します。私のセミナー受けられている方なら分かると思われ…

いわゆるカラダの軸を作るには必要不可欠です!

起きあがり小法師みたいな体幹部にw外力を受けてからも立ち直る力が凄いw

起きあがり小法師

また、骨盤底筋群は、しっかりと機能させると骨盤の仙腸関節を安定させ、背骨の土台をしっかりと作ります。

この状態は多裂筋を働かせやすい状態になります。カラダの動きの取りかかりがスムーズになりますよー。

このように、骨盤底筋群は一般的に「コア」と呼ばれる筋肉群の中でも大事なモノとの連携には欠かせない存在なのです!

更に骨盤底筋群の8、9割が遅筋線維です。…ということは、コアのメインとなる筋肉と同様に寝ている時以外は基本的に働いている事が理想なのです!

◎見落としがちだからこそ…

以上のように、かなりザックリですが骨盤底筋群をしっかりと働かせることは、

美姿勢に!
スポーツパフォーマンスをより良くする為に!
カラダの動きのストレス、不調を軽くする為に!

意外というかかなり重要です!
もちろん、排尿、排便などの行為にも非常に重要です!

ですが小さな筋群ですし、意識がし辛いですし、分かりにくいので、どうしても見落としがちになっちゃいますよね。

縁の下の力持ち的な存在だからこそ、重要性を理解して、しっかりと機能させたいですよね。

よく出ている「そんなのKegel Exerciseやっておけばいいじゃん!」…というのはダメですよwちゃんと理解して確実に動かせてナンボです!

けげるえくささいず

骨盤底筋群の機能のさせ方、意識の仕方が分からない場合は、一度専門家に見て頂くことをおススメ致します。

もちろん、

当治療院でもバリバリ行っております

 
その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

代替えしてからのトレーナー活動!一年を通して色々実感すること!

スマホ2ウェブ予約

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

幸いな事に積雪はありませんが、降雪が降ったり止んだり暴風雨になったり…と、例年よりも寒さが身に沁みますが積雪は少ないという奇妙な冬ですね。テレビで関東に降雪があった時は逆に晴れてました。

ホント不思議です。大きめな地震もあって不安感も増大しております。ソワソワしますね。自然には逆らえませんが、平穏無事に過ごせれれば…と願ってやまないです。

さて、昨日花園で引退した3年生から2年生の代となり、初めて航空石川高校ラグビー部の学校の方へトレーナー活動へ行って参りました。

選手の動きや特性を現場で見てナンボな私ですが、何せ金沢から約100km近くの場所にある所ですから、なかなかすんなりとは活動しには行けません。

花園ラグビー

花園ラグビー場にて…

◎昨年の全国大会

1回戦は無事に勝利しましたが、目標と石川県悲願のシード越えを狙った二回戦で東京代表の国学院久我山高校に敗れました。

この代の3年生は1年時からレギュラーで経験豊富な選手も多く、今までの中でも全国的に見ても評価が高かっただけに残念でした。なかなかそう簡単には勝たせてくれませんね。

この年(2014年)から航空石川高校のヘッドトレーナーをさせて頂いておりますが、一年間の努力を知っているだけに本当に残念です。

過去色んな競技種目の部活動、チーム、個人のトレーナー、県代表、日本代表の選手のトレーナーをしてきました。今でも複数の競技種目のトレーナーをご縁があってさせて頂いております。(まだまだ絶賛募集中ですがw)

また、ラグビー部をチーム単位で見ることも初めてではないのですが、このチームは一人一人面白くて、礼儀正しくて、気が利いていて、よくまとまっていて、3年生がリーダーシップをしっかり発揮して下級生のお手本となり、隅々まで気を配れる本当に素晴らしく良いチームでした!
こんな素晴らしいチーム中々ありません。

このチームのスタッフの一員になれて本当に幸せでした!一日一日がとても有意義でした!そして楽しかったです!
私にとっても得るものが沢山ありました!感謝の念が絶えません。ありがとうございました!

悲願の目標達成とはいきませんでしたが、この経験を3年生の今後に、新チームに活かしていって欲しいと切に願います。

◎新チーム始動!

ラグビーもそうなのですが、バスケットボールやサッカーも冬に集大成の選手権がある高校スポーツは選手権に負ければ引退→代替えとなります。

日本航空石川高校ラグビー部も2015年より新チームが始動です。

3年生に会えると思っていましたけど、この高校は卒業式が2月中旬で、もう既に終わって3年生は地元へ帰省しているとのことでお会いすることは出来ませんでした。。それにしても2月の卒業式は早いですねw

航空石川ラグビー部

練習、トレーニング前の確認

主力の3年生が多かっただけに抜けた穴は大きいですが、頑張って頂きたいものですね。

前向きに全国大会での敗戦を糧に新しい試みも行っています!

先ず目の前の目標として目指すは昨年出場に続いての全国選抜ラグビー大会です。出場するには北信越ブロックを勝ち上がらなければいけません。(優勝のみが出場)

雪国である以上、なかなかグラウンドでの練習が積み込める時期ではありませんが、昨年に引き続いて全国選抜大会に出場出来るよう全力でサポートしていきたいと思っております。

航空石川ラグビー部2

まだまだですが、スタートアップにはイイですねw

早速、昨日もケア、メンテナンスに大忙しでした。。コンタクトが激しくケガが多いスポーツですので、ひっきりなしにトリートメントに追われる感覚が久し振りでした。でも、非常に充実して行う事ができました。

トリートメントを行っていて気付くことは、昨年の自分よりも明らかに成長出来ているかな!?ということ。やはり練習に試合になるべく早く復帰させたい…けど無理は出来ない状況の中での処置の力は昨年の今頃と比較してもはっきりとありますね。

調子に乗らないようにしないとw

まだまだ成長を止めるつもりもなく、常に高い意識を持って!向上心を持って!結果を求めて!
しっかりと成果を出せるように…というか、出す!」と強い意志で日々全力で向き合っていくことが自分を更に高く成長させてくれるはず…。無駄に立ち止まらずにしっかりともがいていきまっそ

ビッグボーイ

早速。。

久し振りに充実した活動を行ったせいか!?、帰ってからファミレスに勉強に籠りました。。何故か分かりませんがアドレナリン出っ放しで、疲れを感じさせず集中して勉強が捗りました。一気にこれだけ休憩入れずに勉強出来たのは学生以来かも!?w

トレーナー先では専らケア、コンディショニング等ですが、選手達を見て、監督コーチとコミュニケーションを取って自分も成長出来る関係は改めて素晴らしいと実感しました。

頑張りますぞ!今年も宜しくお願い致します。

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

いざアジアの頂点へ!2014夏の合宿帯同記その2アジア大会陸上競技日本代表 山崎勇喜 選手の合宿帯同!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

←こちらをクリック!

石川県金沢市で、ランニングなどスポーツのケガにも強くエクササイズやトレーニングもできる鍼灸マッサージ・美容の治療院のいんちょ~の薮本です。

ここ最近おざなりになっていたのもあり、これ見よがしにブログを更新してますw
もうすぐ10月…今夏の怒濤の連続トレーナー帯同から早2ヶ月!涼しくなっていくにつれて遙か昔に感じてしまいます。。早めに報告しないと話題が風化してしまいそう…w

「確かな手応え!2014夏のトレーナー帯同記その1全国高校7人制ラグビー大会トレーナー帯同!」はこちら!

7月19日、20日には全国高校7人制ラグビー大会の方へ石川県代表の全日本航空石川高等学校ラグビー部に帯同してきた後、厳密に言えば20日の午後3時に終えてダッシュで次のトレーナー帯同する目的地へ。。

山崎合宿
颯爽!

その一時間後の午後4時には次なるトレーナー帯同が始まってます!

次なる帯同は…

CIMG2646

今まさに熱戦を繰り広げられている

仁川アジア競技会2014  陸上競技50km競歩代表
山崎勇喜選手
 50km競歩日本記録保持者
プロフィールは名前をクリック!

(2005年ヘルシンキ世界陸上50km競歩8位入賞、2008年北京オリンピック50Km競歩7位入賞、アテネ、北京、ロンドンオリンピック3大会連続出場!)

の強化合宿へトレーナー帯同してきました!

4年に一度のアジア競技大会は、アジアオリンピック評議会(OCA)が主催(第9回大会まではアジア競技連盟主催)するアジア地域を対象にした国際総合競技大会です。
日本陸上競技連盟はアジア競技会で金メダル獲得で来年中国北京で開催される世界陸上競技選手権への代表内定となることを発表してます!

そして、種目にもよりますが、世界陸上2015北京大会で日本人最上位でメダルもしくは入賞しますと2016年に開催されるリオネジャネイロオリンピックの代表に内定というものがあり、このアジア競技会はオリンピックに向けて重要な大会という位置付けとなります。
ですので、代表選手の皆さんの大会に懸けるモノは並々ならぬものがありますね。

当治療院には他にもアジア競技会代表の選手にご来院、帯同してますが、他にも帯同要請ありましたが、今回は次への帯同への間、山崎選手の強化合宿の方へ帯同することとなりました!主にケア、コンディショニングの担当させて頂きました!

山崎合宿9  山崎合宿6

山崎合宿8  山崎合宿10
早朝も午前様も午後様も晴れた日も雨の日も霧の日もw

大会本番までを逆算して、この時期は練習の量も質も高くなります!選手の疲労度も尋常ではありません。常に練習一回一回が故障との隣り合わせです。
標高1000m強の場所で早朝、午前、午後とひたすら積め込みます。。種目も相まって、このブログを見てても、その練習量は想像を絶するものがあると思いますよw

そして、私も合宿期間中はそのハードな練習に追随すべくひたすら自転車で追い掛けてました。お陰でかなり良い高地トレーニングが詰めた感じですね(笑)

山崎合宿13
結構体力付きますw
山崎合宿2
練習後はしっかりとケア、メンテナンス

日本を代表するトップアスリートの合宿に帯同するに当たり、ケアやメンテナンス、エクササイズやトレーニングなどの際に選手の動きや練習過程、パ フォーマンスに合わせた持っていき方などなど世界のトップレベルで戦うが故に妥協のない質の高いものが常に求められますし、その為に朝から夜まで試行錯誤の連続の毎日でした。

質量とも世界で戦う為に予想していたよりも遙かにハードな練習を積む時期でしたので…どのようなケア、メンテを中心にしたものが選手にストレスなく効率の良いモノを提供出来るのか?記録的な暑さも加わり今まで以上に常に考えさせられる状況でした。
もちろん教科書的なものだけでは歯が立つ訳ではなく…常に臨機応変さが求められます。
空き時間は色々と勉強してましたねw
そこは、私自身がモットーに掲げている「選手、監督コーチ、関係者が納得する結果」を求めていかなければいかないですからねw

ただ作業を闇雲にこなせば良いというわけではないですから。。こういった実業団やプロの選手は成績がダイレクトで人生に関わってきますからねぇ~。いつも思っていることですが、上を目指そうとしている中、高、大学生の学生さんにはこういったことをなるべく砕いて話させて頂いております。そういったことの小さな意識付けも将来的には大事だと思っておりますので…。

山崎合宿12  山崎合宿11
陽が出ると予想以上に暑い&ちゃんと日々の勉強は欠かしませんw

色んなスポーツや競技に携わらせて頂いておりますが、競技種目が違えばポイントも違ってきます。一つ一つマニアックに細かく。。一歩一歩の脚の動き、状態の使い方、フィジカルの状態などなど…トップアスリートの動きは見ていて色々と興味深いし、色々と試行錯誤することが楽しいですね。

今までも各カテゴリー、県レベル、代表レベル限らず陸上競技を見てきてはいますが、色んなスポーツに携わるウエイトが多くなることで、その経験が糧になり、今までとは違った視点で良い意味で陸上競技というものが見れてます。自分自身でも「あれ!?」という感じなのですが、陸上競技しか担当していない時に比べて明らかに陸上競技というものを色んな角度で見れているかなぁ~と実感出来てます。もちろん良い意味でです!!
サポートの幅も広がってきた感じです!これは別に陸上競技だけに言えることではないんですけどね。水泳もラグビーもバスケットボールも野球もテニスもバドミントンや柔道、レスリングなどの格闘技系など色んなスポーツに言えますね。

そういう意味合いでは、同じスポーツでも、また違った面白さが出てくるというものですね。本当にその様な事を実感できた貴重な経験でした。これからも何かしらバージョンアップ出来そうです!

スポーツのトレーナー活動!トレーニングやストレッチ、ケア等のコンディショニング指導も行っております!ご興味のある方は是非!

今回の合宿でよりケア、メンテ、エクササイズ、トレーニングなどなどの見解が広がった感じがしてます!多くの気付き、勉強になりました!今回の合宿に帯同して大いに刺激を受けて有意義でした。

この合宿関係各位の皆様、ありがとうございましたm(__)m

山崎選手のアジア競技会陸上競技50km競歩は10月1日に試合です!是非応援して下さいね!
他にも当治療院へご来院して頂いている選手の皆さん合宿や大会等で関わらせて頂いた選手も多数出場致します選手の皆さんのご健闘を願っております

頑張れニッポン

合宿はまだまだ続いておりましたが、次なるトレーナー帯同へ向かう為途中にて合宿地よりOUTしました。本来はまだまだつかなければならないのですが…最後まで帯同できず残念無念…大変恐縮でございます。

余談かもですが…ドーピング検査のタイミング久し振りに見たw

治療として!スポーツとして!…にとして、自分の出来る事というか、やっていく事というか、やるべき事、やらなきゃ…な事…はまだまだありますね!盛り沢山w妥協せずに上を向いて!全力で頑張っていきたいと思います!!

常に高い意識を持って!向上心を持って!結果を求めて!
しっかりと成果を出せるように…というか、出す!」と強い意志で日々全力で向き合っていくことが自分を更に高く成長させてくれるはず…。無駄に立ち止まらずにしっかりともがいていきまっそ

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!
人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。