足の機能を最大限に活かすことが出来るシューズ(靴)の履き方を徹底的に解説します!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

今や、日常生活でもスポーツでもシューズ(靴)を履くことがほぼほぼ当たり前の世の中ですよね。

当たり前過ぎて、シューズの履き方を疎かにしちゃってませんか?

それだと、ちょっと勿体ない感じです。

シューズの履き方は以前、当ブログでも書きました。

「靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!」参照

このブログでは簡単にですが、シューズの履き方をご紹介してますが、なかなか実践できてないという声も頂きます。

最近のシューズ(靴)の性能は一昔に比べ、ホント素晴しくUPしてます。

しっかりと履きこなせば足の機能発揮にかなり貢献します。

当然のことながら、ケガの予防や改善にも効果を発揮しますし、仕事や日常生活の動きやすさ、スポーツパフォーマンスも発揮しやすくなります!

今回は突き詰めて足の機能を最大限引き出す為に、とことんシューズの履き方を徹底的に解説したいと思います。

◎その前に…

今回のブログはシューズ(靴)の履き方を解説したものです。

シューズの選び方には言及してません。

メーカーの違いやクッション、アッパー素材などの性能については、目的や好みの問題もありますので、また別途ご紹介していければと思います。

今回は、スポーツ全般だけでなく、ビジネスシューズやスニーカーなどの仕事や街歩きなどでも使えます。

もちろん、スポーツのスパイクシューズなどにも活用できます。

◎フレックスラインの確認

フレックスラインというのはその名の通り、フレックス(曲がる)ライン(線)のことを指します。

単純に踵を上げてつま先立ちする時に、支点(線)となるラインのことです。

では、どこがフレックスラインかというと、

足だと、

「足の内側(親指から踵に向かって一番凸している部分」

「足の外側(小指から踵に向かって一番凸している部分」

を結んだラインが足のフレックスラインになります。

シューズだと、

「シューズの内側の一番凸している部分」

「シューズの外側の一番凸している部分」

を結んだラインがシューズのフレックスラインになります。

一部の革靴、ランニングシューズなどのフレックスラインは、シューズのソールが浮き上がる際の部分に通常あります。

これは加重を掛けた時に力を溜め込みを逃がさない造りになっています。

その反面、筋力を強く使います。

基本的にシューズを履いた時に、足のフレックスラインよりシューズのフレックスラインの方が前にあることが大事になります。

※シューズの前部が浮き上がる構造の場合は、足とシューズのフレックスラインは、ほぼ同じ位置関係に近くなります

理由は、つま先立ちの時は、踵が上、つま先が下になるので、重力などが働いて足が靴先に移動するからです。(滑るともいう)

これが同じ位置かシューズのフレックスラインの方が後に位置する場合、つま先立ちしようにも出来ずにケガやパフォーマンス低下に繋がります。

この場合、実際に履いて動いてみると違和感かなりあります。

足とシューズのフレックスラインの前後位置の確認は、シューズを履いた時にエッジ(シューズの縁)をなぞる様に触れることで確認できます。

理想としては、足のフレックスラインとシューズのフレックスラインが平行な位置関係が望ましいです。

◎靴紐のテンションの目安

靴紐を締める時って、強く絞り過ぎてもダメだし、ユルユルでもダメです。

では、どれくらいのテンションを掛ければ良いの?って疑問に思われるはず…。

強さの感じ方は個人差があって、靴紐のテンションはお好みで・・・っていう感じなのですが、一応目安となるモノを記しておきます。

トリビアとして靴紐を通す穴のことをシューレースホール(Shoelace Hole)または単にレースホールとも呼ばれます。

そのレースホールが崩れてるか否か?がポイントになってきます。

シューズのアッパーやタンなどの部分が、密着できるシューレースホールドの形が崩れないくらいの強さのテンションが望ましいです。

これくらいの強さのテンションだと、足にシューズ全体が密着できているのでブレにくいです。

“面”で足を覆うことになるので、接触面のあたりも柔らかく不快にはなりません。

また、足の甲の部分の血管や神経を圧迫し過ぎる心配はありません。

シューレースホールドの形が崩れるくらいの強さのテンションだと、シューズのアッパーやタンなどに紐が食い込んでしまい、密着するどころか疎らに浮いてしまい隙間が出来てしまいます。

この場合、紐の圧迫力が面ではなく線(もしくは点)で集中してしまい、紐が食い込んでしまいます。

隙間が出来ると、シューズの中で足がブレて動いてしまいます。

更に、テンションが強過ぎて、足の甲の部分の血管や神経を圧迫し過ぎて痛みや血流障害などの危険性が高まります。

もちろん、自分にあったテンションがもう既にあるという方はお気になさらず。

◎シューズを履いてみる

実際にシューズ(靴)の履き方を説明していきます。

★シューズの紐をゆるめる

シューズのフィッティングは面倒に思われているもので、シューズの紐全体を弛めず、結び目だけ解くだけの人が多いです。

ですが、シューズの紐は全て弛めた状態から履き始めることをオススメします。

理由は、結び目だけ解いた状態のシューズは甲から足先部分が狭くなって、力技で捻じ込むように履こうとしてしまうからです。

※無理矢理シューズに足を捻じ込むと、シューズが傷みやすいという理由もあります

そうなると、シューズを履いてもシューズの中敷(インソール)と足裏が密着しません。

足裏が浮いていると、カラダが不安定な状態となり日常生活でも、スポーツでもケガしやすくなるのは当然のことです。

また、力技で捻り込むように履くことで、足のポジションが傾いたままの状態で履いてしまいます。

これって足が傾いたままだと、立位でバランスがとりづらくケガしやすい状態ですよね。

後で、どれだけ靴の中で真っ直ぐに正そうとしても、最初の対膝のポジションがズレたままなので、ケガの起こりやすさ、パフォーマンス発揮しにくさは大して変わりません。

逆にガバガバに靴中に隙間を作ったままで、スリッパやクロックスみたいに履かれるのも、足下不安定でケガしやすいのは言うまでもありません。

★シューズに足を入れる

足先を挙げてシューズに足を入れて踵部分を密着させます。

この時、ちょっとした拘りですが、つま先を真っ直ぐ上に挙げることと、膝のお皿(膝蓋骨)とつま先の向きを揃えます。

理由は単純で、足先から膝、股関節へと捻れを極力少なくする為です。

余計な捻じれはカラダの動きに余裕がなくなり、ケガしやすく、パフォーマンスにも繋がりにくいです。

★一番上の紐を締める

足先を挙げた状態のままで一番上の紐を締めます。

この時、紐は足底と平行につま先に向かって引っ張ります。

踵の部分には、距骨下関節と横足根関節という足とカラダに力を伝え合うための仲介役の関節があります。

この関節部分が浮いてしまうと、力の伝達がうまくいかなくなります。

地面から力を受けたとしても、その力がうまく活かされません。

ですので、一番先に押えておきたいポイントです。

踵は足の中でも大きい部分です。

しっかりと密着して安定させるには踵の後だけではなく、側部も密着させる必要があります。

上とか横とかに引っ張っちゃうと踵の側面が浮いてしまうので宜しくありません。

★シューズの紐を下から締める①

踵の部分を安定させてから、足先を挙げた状態で一番下から3つ目まで紐を締めます。

この時、紐は足底と平行に足の内外側に向かって引っ張ります。

理由は、先出したフレックスラインに対して余計な負担をかけないためです。

縦に紐を引っ張ると、足の側面が一番凸部分のフレックスラインを巻き込むような形になって、関節の自由度が少なくなり、動きにくいです。

それと、爪先が扇状に広がりシューズの先端やエッジに当たりやすく血豆が出来やすくなります。

足の前側は構造的に平たいので、密着して安定させるには足の内外側に向かって引っ張る方が理にかなってます。

★シューズの紐を下から締める②

靴紐を下から3つ目(大体真ん中)まで締めた後、それより上は紐を引っ張る方向が変わります。

足先は挙げた状態のままです。

靴紐の真ん中より上の紐は、膝のお皿に向かって引っ張ります。

足の真ん中から足首にかけては形状が変わってきます。

この部分は【シューズの紐を下から締める①】で記した足の前(レースホールドの下3つ)側みたいに内外側に引っ張ると、逆に隙間が空いてしまい、足を動かした時に余計な挙動が起こってしまい不安定になります。

また、この足の真ん中に隙間が空いていると、プロネーション(回内)スピネーション(回外)が余計に起こり、ケガしやすく、パフォーマンスにも繋がりにくいです。

これって捻挫の発生率にも絡んできます。

ですので、膝のお皿に向かって引っ張る方が密着して安定します。

★一番上の紐を再度締める

最後に一番上の紐をもう一度締めます。

下から紐を締めていくと少しずつ余裕が出てきます。

その部分を引っ張って締めます。

この時、紐は足先真ん中から足底と垂直に足首より上の高さ位置に向かって引っ張ります。

※何だか早口言葉みたい(笑)

そうすることで、足全体をすっぽり無理なく包み込むように密着します。

★靴紐を結ぶ

足全体をシューズにフィットさせたら、最後に靴紐を結びます。

蝶々結びが一般的ですが、解けず邪魔にならなければどんな結び方でも良いと思います。

同様に反対側も履きます。

◎足にフィットするしないで大違い

以上、足の機能を最大限に活かしたシューズの履き方を徹底的に解説してみました。

最初は面倒かもしれませんが、馴れると1分くらいで履けるようになります。

一昔前に比べて、最近のシューズ(靴)の性能は著しくUPしてます。

アーチ補助やプロネーション補正、グリップスタビリティなどの機能なんて昔はなかったですしw

一昔前に比べても安価で手に入りますし。

だからこそ、シューズがあって当たり前という感覚で受け身になりがちなような気もしてます。

シューズに対して受け身だと履き方なんてあまり気にしないのではないでしょうか。

せっかく素晴しい性能をもったシューズを履くのなら、足の機能を最大限に活かせれる履き方の方が良いです。

良く思うことですが、ケガしやすいからといって直ぐにインソールに走るのではなく、シューズをしっかりと履けるようにするだけでも予防・改善するケースも少なくないです。

実際に履いてみると実感あると思われますが、足にしっかりとフィットするしないでは足の機能発揮は雲泥の差です。

しっかりとフィットしていれば、多少の重量も感覚的に感じなくなりますしね。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

実際に履いてみて、フィット感など色々と話し合えると楽しいだろうなぁ~と勝手気ままに妄想してます(笑)

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

足のアーチが下がる影響力とその対処法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

最近、とても多く見受けられるようになった「アーチ」が下がっている状態。。

下がるにも色んな理由があるとは思われますが、昨今のシューズの進化、長時間同じ状態でいる、運動不足、疲労、糖尿病などなどが挙げられます。

今でこそマラソンブームもあり「アーチが下がっているから…」というフレーズを聞くことが多くなってきました。

でも、アーチが下がっているっていっても、何かしら影響あるけど曖昧でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか?

今回はアーチが下がる影響とその対処について書いていきたいと思います。

◎アーチって?

3%e7%a8%ae%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

アーチって主に土踏ますの内側縦アーチのことを言っている方が多いのですが、他にも横アーチ、外側縦アーチがあります。

この3つのアーチで囲んだ部分がドーム型に膨らむように上がっているところが本来のアーチ部分です。

アーチは、よく知られている機能に衝撃吸収機能があります。

また、「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」のブログ記事にも紹介しました、色んな地面の凹凸や傾斜に足を適応させて立位姿勢を保つのに大いに貢献してます。

◎アーチのチーム的役割

3つのアーチにはどれも大事です。

それぞれ相互に関与して、地面の凹凸に適応、衝撃吸収、カラダの移動をスムーズにするといった働きを行います。

ポイントとして補助の役割ではありませんが、内側縦アーチの役割を活かすために外側縦、横のアーチの役割があります。

例えると、バレーボールのスパイクを決めるスパイカー(内側縦アーチ)ためにレシーバー(外側縦アーチ)がボールを受け止めて、セッター(横アーチ)がトスを上げるという感じです。(分かりにくい?w)

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

ですので、どうしても内側縦の役割が目立ちますが、外側縦、横のアーチもちゃんと働いてくれないと内側縦が働きにくくなってしまうということです。

◎なぜアーチが下がるとダメなのか?

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83

アーチが下がってるとはいうものの、つい偏平足になっているんだなぁ~という感じでしか捉えていない人が殆どです。

見た目はFlat Footという状態でベタッとあしが潰れているような感じです。

内側縦、外側縦、横のアーチが下がることだけでは痛み生じることはありません。

重要なのはアーチ低下によって…

足の骨配列に余裕がなくなってしまう

ということです!

足の骨配列に余裕がなくなると、足が不安定な状態なので固めるという選択を取ってしまいます。

これは単純に足の衝撃吸収機能、地面への順応が出来なくなってしまうということです。

走る、歩く、跳ぶなどの活動からくる衝撃を吸収できずダイレクトにダメージとして受けるということです。

こういう状態では、「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」でも書きましたが、足首の動作が不十分な為、膝に余計な動きが生じて色々なケガに発展していきます。

また、地面への順応が出来ず体重移動がスムーズに行いにくくなりますので、疲れやすいですし、パフォーマンスも頑張っている割には伸びません!

姿勢においても疲弊しやすい状態な故に崩れてしまいやすくなります。

◎アーチが崩れる理由

各アーチが機能低下で下がってしまう理由は、

%e3%81%b5%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%b5%e3%81%a3%e3%81%a8

内側縦アーチの低下は、足のふくらはぎから長母指屈筋(Flexor hullucis longus)と長指屈筋(Flexor digitorum longus)、前脛骨筋(Tibiais anterior)が過剰に緊張した状態で起こります。

または、後脛骨筋(Tibialis posterior)、長腓骨筋、母指外転筋の機能低下によって起こります。

単純にふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによって起こります。

横アーチの低下は、母指内転筋、長腓骨筋、後脛骨筋の機能低下によって起こります。

横アーチは足を横断しているので分かりにくいですが、ここもふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによってアーチ低下起こります。

外側縦アーチの低下は、長・短腓骨筋、小指外転筋の機能低下によって起こります。

外側縦アーチは、他の2つのアーチと違って小指を外側に広げることによって体重の8~16%を支持補助する役目をしています。

ですので、ふくらはぎの含めた外返しの筋出力の低下によって起こります。

◎足のアーチが下がっていたら…

アーチが低下している場合はどのように対処すれば良いのか?

それには、

★足部の骨配列へのアプローチ
★足部の機能低下から波及した代償動作へのアプローチ
★足からの運動連鎖の正常化

の3つのポイントがあります。

アーチが下がっている場合は、先述したとおり「足部の骨配列に余裕がない」状態で固まっています。

ですので、先ず3つのアーチの下降原因へのアプローチして足の骨配列に余裕を持たせましょう。

そして足の衝撃吸収機能、地面への順応機能の低下による影響を受けているので、それによる代償動作を改善しましょう!

最後にBarefoot Trainingなどで足から荷重を掛けた状態からの運動連鎖を正常にしていきます。

「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」参照

先天性のものや、ちょっと厄介なものではインソールの介入も選択肢の一つとしても良いのかもしれません。

当院でも「Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!」でもご紹介しました、当治療院でも取り扱っておりますクアドラステップインソールも下肢全体を変えていくのには良いです。

日本でよくあるインソールは足部のみへのアプローチなので、アーチ形成には難しいかもですね。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

ランニングやウォーキングにおいて「オーバープロネーション」という言葉を一般的によく聞かれるようになってきました。

それだけご自身のランニングやウォーキングに関心を持って頂けているのは非常に好ましいことです!

オーバープロネーションが起こると、外反母趾、足くるぶしまわりの痛み、捻挫、足まわりの痛み、鵞足炎、腸脛靭帯炎、シンスプリント、足底筋膜炎、関節炎、グローインペイン、腰痛などなどのケガが起こりやすくなります。

また、疲れやすいですし、パフォーマンスが上がっていきにくいです。

「オーバープロネーション」という言葉など最近よく見聞きするようになって、何となく分かっているんだけど今ひとつピンときていない方が多いのではないでしょうか?

今回は、オーバープロネーションという言葉を一人歩きさせないで、理解して防ぐために必要なことを書いていきたいと思います。

◎オーバープロネーションとは?

オーバープロネーションは日本語で足部が過(オーバー)回内(プロネーション)する状態のことを指します。足部の回内は、足の内側に倒れこんでいる状態のことです。

通常、ウォーキングやランニングの着地の際に外側から着地して、内側へ足が倒れこむように、また内側アーチが潰れるようにして衝撃を受け止めます。

足部がオーバープロネーションするということは、着地の際、足が内側へ倒れ込む度合いが大きいときをオーバープロネーションといいます。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad

◎歩き&走る時の足の動き

ランニングやウォーキングの際、人間の骨格の関係上FowardSwing~Foot Contactにかけて1~2°ほど足を内側に振り降ろすように入ります。

その際に下肢(脚全体)が内旋してカラダを前方に運んでいきます。

「ケガしない!速くなる!良いランニングフォームとは何ぞや!?」参照

この内側へ入る動きはウォーキングやランニングにおいて推進力を発揮するためには必須なことです。

「加速と減速・・・足を使いこなす為の秘訣」の記事でも書きましたが、足はFootContactしてから15°ほどプロネーションを行うことで地面からの反発力(GRF)をLoosed Pack→Closed Packの過程でカラダに溜め込むという作業を行います。

15°のプロネートが足のコントロールに適しているとされてますが、筋力や可動性、柔軟性によってそれだけではありません。
FootContactから15%下肢を回転させることでできるプロネートの考え方もあり、結構多種多様な考え方一杯ありますが、今回は単純に15°のプロネートを基準に置きます。

プロネーションからスピネーション(回外)を行い足をFlatFootの状態にしていく(Closed Pack→Loosed Pack)ことで溜め込んだ力を放出するMidStance~Takeoffの動作の過程でランニングやウォーキングでのキック動作が生まれます。

肝心なのことは、FootContactからの15°ほどのプロネーションは、足のポジションがニュートラルを通り越してしまうということです。

そしてTakeoffの時にFlatな状態に戻しきれないほどの状態がオーバープロネーションということになります。

◎Flatに戻しきれない理由

%e8%b6%b3%e9%a6%96%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d

ウォーキングやランニング時のTakeOff時にFlat Footの状態に戻せない理由は…

★接地(FootContact)時に足の外側でつき過ぎ(スピネーションし過ぎ)

FootContact時にスピネーション(回外)し過ぎていると、単純に対比的にプロネーションでも量が多くなり、最後にFlatな状態にもどせなくなってしまいます。

★Closs Over Angleが大き過ぎる

Closs Over Angleが大き過ぎることは、脚を振り下ろす際の内側トルクが大きくなり過ぎて下肢自体の内旋トルク量が多くなることでプロネーションがコントロール出来なくなりオーバープロネーションを引き起こしてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

股関節屈曲トルクが大きい(いわゆる骨盤前傾し過ぎ!?)

股関節の伸展トルクが対比的に弱い場合と屈曲トルクが対比的に強い場合が考えられます。

この場合、ウォーキングやランニング時にいわゆる骨盤の位置が定まらず過度に前傾してしまいます。

骨盤の前傾し過ぎは、FootContactからの下肢の過度の内旋を引き起こしてプロネーションの量が大きくなりすぎてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

★足の固さ

足の固さは、地面からの反発力(GRF)をカラダに溜め込む作業を抗してしまいます。

また足の固さは、足の背屈、下腿の前傾をとり辛くなる状態なので、FootContact時の過度なスピネーションが出来てしまいます。

そして、単純に対比的にプロネーションでも量が多くなり、最後にFlatな状態にもどせなくなってしまいます。

「足は動くもの?動かされるもの?より充実した生活、スポーツで活躍する為の足の使い方!」のブログ記事参照

下腿(膝下)の筋力不足(偏り)

ふくらはぎや脛の筋出力が不足していたり、偏りが出来ている場合は、FootContactからの下肢の回旋コントロールがうまくいきません。

そのような状況だとプロネーションの量を多くすることでカバーしようとするため、過剰なプロネーションが生まれることで最後にFlatな状態に戻せなくなります。

★足の内在筋の筋出力不足

足の内在筋は殆どが足指の動きをコントロールするため筋です。

足の内在筋の筋出力不足は足元からの骨盤不安定性を招きます。

骨盤の不安定性が大きいと、骨盤部は固めようという意識が働き過剰に固めてしまう方向にいきます。そうなると仙腸関節がカウンターニューテーションのままロックしてしまい股関節‐骨盤に前傾ロックが掛かってしまいます。

骨盤の前傾し過ぎは、FootContactからの下肢の過度の内旋を引き起こしてプロネーションの量が大きくなりすぎてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

偏平足

偏平足のことは、「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」のブログ記事でも書きました。

偏平足の状態は、FootContact時のスピネーションの量を少なくします。その状態からプロネーションが行われます。

そして足をFlatに戻すためのスピネーションが行われにくくなります。

シューズの問題

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%91%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%92%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%ef%bc%93

写真のように最近のシューズ事情はアンダープロネーションを起こさせるような作りになっているシューズが各メーカーから発売されています。

いわゆるトレンドってヤツですかね。

でも、どちらかというとMidSuppourt~TakeoffまでのスピネーションでFlatに持ってくるための動機づけみたいな構造になっているものが多いですね。

しかし、こういう構造はオーバープロネーションを引き起こしやすくなる為に、その分内側のソールの厚みを取るか、シューズのインラインを削って隆起させたりすることでカバーしてます。

でも、このようなシューズ構造でもノーマルプロネーションを考えて作りこまれてますが、Closs Over Angleが大きくなるのを防ぐのはできません。(単純にFootContactだけの問題ではないので…)

後、メーカーで特許的な感じで使われている技法があるので、それで距骨下関節の挙動をコントロールしたりしていたり、外側アーチの第5中足骨のコントロールだったり、色々とあります。

足部をプロネートからスピネートさせてFlatにする為のものは、細かく見ると他にもありますが、主な理由を挙げてみました。

◎オーバープロネーションの確認?

オーバープロネーションの傾向は先述の通りです。

その通りに足をContactしてからTake Offすると…

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ad%ef%bc%92

足の後ろ1/3の外側と足の前半分の内側に荷重が掛かりやすくなります。

これはシューズの磨り減り方で確認しても良いですが、最近のシューズソール面はFlatじゃない場合もありますので、確認にはそのことも考慮に入れて注意が必要です。

これって単純に考えると母指球から荷重が抜けにくい状態ですよね。

◎オーバープロネーションを防ぐには?

以上のことから、オーバープロネーションを防ぐ為には…

★FootContact Pointの見直し

・足もとの安定性の確保
・下腿(膝下)部の筋出力のバランス
・股関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得

★Closs Over Angleを見直す

・股関節の可動性
・仙腸関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得
・骨盤部の安定

★ローディング能力を見直す

・足部の柔軟性
・下腿(膝下)部の筋出力のバランス
・足首、膝、股関節のスタビリティ、モビリティの機能を確認
・体幹部のスタビリティの獲得

★シューズを自分にあったものを選ぶ

流行り廃りで選ぶのではなく、しっかりと自分の足の特徴にあったシューズを選ぶことをお奨めします。

インソールで調整するのもありですが、先ずはシューズを選びをしっかりとしたいものですね。

ザックリとですが以上の4つがメインで挙げられます。

◎先ずは確認から

オーバープロネーションの問題は足部だけではなく膝、股関節、骨盤など下肢全体の問題として捉えてしっかりと対処していかなければなりません。

どうしても接地の仕方やドライブ動作など足下だけでなんとかしようとされていらっしゃる方は多いのですが、それではなかなか良い方向には向かいません!

カラダ全体的な問題だと認識するとしっかりと良い状態になります!

先ずは自分のウォーキングやランニングにおいてオーバープロネーションに陥ってないか?を確認してみましょう!

そして自分のウォーキングやランニングのどういう問題がオーバープロネーションの引き金になってしまっているのか?を見極めたうえで的確に対処しましょう!

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、走りのことを分かっていらっしゃる方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e5%81%8f%e5%b9%b3%e8%b6%b3%ef%bc%92

当治療院はスポーツでのケガやコンディショニング、リハビリ、トレーニング&エクササイズでご来院される方は多いです。

ランニングブームも相まって、ビギナーからオリンピックの陸上競技代表選手まで幅広く「走る」ことに励んでいらっしゃる方もよく来られます。一般の方とオリンピック選手がふつーに違和感もなく同じ空間にいるのが当治療院の特徴ですw

部活動を行っている学生や市民ランナーの方々から「足のアーチが落ちちゃって…」「走っているとアーチ落ちてきますよね」なんていう話をよく聞きます。

その次に…「アーチもう上がらないですかねー…」「アーチってどうやったら上がるんですかねー?」ということを聞かれることが少なくありません。

アーチ(ここでは土踏まず部分)が落ちる・・・いわゆる偏平足ですよね。

アーチが下がることで姿勢の崩れ、無駄に疲れやすくなったり、スポーツパフォーマンス低下、足はもとより膝や腰など障害に発展している方も少なくありません。

障害は、外反母趾、鵞足炎、腸脛靭帯炎、シンスプリント、足底筋膜炎、関節炎、グローインペイン、腰痛などなど、これらはごく一部ですが、色んなものに発展関与します

筋力を上げれるだけでは、そんなに容易にアーチは作れません。

今回はアーチを作っていくための要素を書いていきたいと思います。

◎偏平足の種類

偏平足には「先天性偏平足」「後天性偏平足」があります。

★先天性偏平足

人が生まれたての頃、足の裏には脂肪が付いていて、足裏には土踏まずがない状態です。

成長と共に運動量が増えていく過程で足裏の脂肪が取れて8~10歳頃に土踏まずが作られていくのですが、十分な筋・骨格が作られていかない場合、アーチが下がったままの状態になります。

これが先天性偏平足と呼ばれるものです。

★後天性偏平足

一旦、アーチが作られてから、運動不足や偏った足の使い方、体重が支えきれない、靴などの影響、などなど色んな要素からアーチに負担が掛かって耐えれなくなって下がった状態になります。

◎アーチが下がっている状態

アーチが下がるとパフォーマンスの低下やケガに繋がるというのはよく聞かれるのですが、実際にはどうしてなのでしょうか?

アーチが下がった状態は、

・足回りが硬くなる
・下肢が内旋しやすい状態になる
・股関節が伸びきらない
・酷くなると反り腰
・摺り足気味になる
・オーバープロネーション

といった感じです。

◎アーチを作るためには

以上のことから、足のアーチを作っていくためには…

・足部、下腿部のアライメント(骨バランス)を正す
・足部を柔軟にして各関節の可動性を出す

・股関節周りの可動性を正す
・骨盤の傾斜を見直す
・下肢の回旋をニュートラルにする
・足指の可動性を出す

といった要素が複合的に必要になってきます。

当治療院では、もうちょっと細かく診ます。

◎単体で考えない方がよい

アーチの低下は「走る」ことのみならず日常生活や他のスポーツにおいても色んな悪影響を及ぼします。

だからあまり簡単に捉えることはイケマセン。

アーチが下がってしまったからといって、

足裏を刺激するだけ、
ふくらはぎの筋力強化(カーフレイズなど)だけ、
タオルギャザーだけ、
オーバープロネーションをしないようにするだけ、

といった単体へのアプローチはそんなに影響力はありません。
どれか一つにアプローチしたら全体が良くなるということは考えないほうがよいかもしれません

足部だけではなく膝、股関節、骨盤など下肢全体の問題として捉えてしっかりと対処していけばアーチはしっかりと良い状態になります!

先ずは自分のカラダのどういう問題がアーチを下げる要因となっているのか?を見極めたうえで的確に対処しましょう!

分からない場合は、カラダのことに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

「Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!」でもご紹介しました、当治療院でも取り扱っておりますクアドラステップインソールも下肢全体を変えていくのには良いです。

日本でよくあるインソールは足部のみへのアプローチなので、アーチ形成には難しいかもですね。

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

日常生活に!スポーツに!無駄なKnee-in Toe-outは防ぐに限ります!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

膝内

よくスクワットをする時やランジを行うとき、また様々な日常生活動作やスポーツ動作の中では、

「膝は内側に入らないようにした方が良いよ!」

ということを耳にされた方も少なくはないのではないでしょうか?
また、言われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「なぜ?」と思われていらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

その一因としてKnee-in Tou-outになってしまうというものがあります。

Knee-in Toe-outの状態はケガの発生しやすい状態であったり、カラダに余計な負担がかかりやすくなってしまい疲労がたまりやすい状態であったり、スポーツパフォーマンスがなかなか上がりにくかったり、色々と不利益な状態というカタチで見られてます。

実のところ、それだけではなく良い面もあったりします。

今回は、Knee-in Toe-outのことについて書いていこうと思います。

◎Knee-in Toe-outって!?

Flat_foot_-_knee_pain_graphic3

Knee-in Toe-outとはカラダを動かす時に膝が内に入り足のつま先が外を向いた状態のことを言います。

Knee-in Toe-out自体は膝の関節運動を示した用語ではありません。
川野哲英先生(FTEXinstitute)が提唱したダイナミックアライメント(動的な膝の相対的なポジション)を示した用語です。

Knee-in Toe-outの状態では、大腿骨に対して膝蓋骨が外反(外側に動く)であるのは確実ですが、最近の研究では脛骨(スネの骨)は内旋or外旋(外回りor内回り)の両方のタイプが考えられています。

◎Knee-in Toe-outは悪なのか?

Knee-in Toe-outは全て悪いのか?というとそうではありません。

実はKnee-in Toe-out自体の動きは人間が動く上では普通にありえます。

例えば…

膝関節のOA(変形性関節症)のリハビリ歩行では、Toe-out歩行が適しています。この時は少なからずKnee-in Toe-outの状態になっています。
これは、膝の横ブレを防いで、しっかりと鉛直方向に力が入ることが出来るからです。

GRFだよ

GRFだよ2

(Knee-in)Toe-outの時はGRF(Ground Reaction Force:地面からの反発力)をしっかりと受けることが出来ます。

また、GRF(Ground Reaction Force:地面からの反発力)を受けるまでの早さがToe-in、Neutralの状態よりも早いという特徴もあります。 加えてPeak GRFを受ける持続時間が長いという特徴もあります。

このGRFの反発力の受け方、持続時間のコントロールはスポーツ動作を行う上ではパフォーマンスに対して非常に重要なポイントとなります。(競技特性によりけりですが…)

正常な範囲内の(Knee-in) Toe-outは膝に受ける荷重負荷を軽減して、過剰な膝の内転を防止します。

何事も過剰なものはダメということですね。。

◎過剰なKnee-in Toe-outがダメな理由

Knee-in Toe-outの動きが過剰な場合、以下のようなことが起こりやすいです。
知らない人はかなり損してます!

★膝

膝に関して言えば軟骨や半月板の損傷が早くなります。
そして、内外側の靭帯の損傷が激しくなります。

これは、Knee-in Toe-outになると膝の内側に牽引(引っ張り)ストレスが、外側には圧縮(ぶつかる)ストレスが、それぞれ過剰に掛かるからです。

また、これらのストレスに対して、大概の筋腱は長骨に対して螺旋状に走行していますので、摩擦等で筋腱の炎症が発生しやすい状態です。
(腸脛靭帯炎、鵞足炎など)

更にそれらのストレスに加えて大腿骨に対しての脛骨の捻り動作(仕方にもよりますが)が加わることで、膝の構造上ACL(前十字靭帯)に対してもストレスがかかります。

膝イン2

★足部

足部は過剰なKnee-in Toe-outの状態では余計なプロネーションが出やすくなります。

「くるぶしの痛み・違和感には何がある!?足をちゃんと使いましょう!」「損してませんか?走る人もそうでない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」にも書きましたが、足部には地面からの力を吸収、(地面の色々な形状に対応する順応)、地面から受けた力を反発させて移動するといった役割があります。

余計なプロネーションが出てしまうとGRFから受ける力を吸収、順応出来ません。

Knee-in Toe-outの状態でプロネーションが過剰に出てしまうと、土踏まずを支える軟部組織に不必要に過剰なテンションがかかり、足部がフラットフット(偏平足みたいな感じw)の状態に助長してしまいます。

そこから繋がって下肢からの筋腱に通常よりも余分な負荷や各関節にも最適な動き以上に余分な負荷が掛かってしまいます。

つまり、上記の適した足部の機能がバラバラな状態になってしまいます。

これは、シンスプリントや足の甲の痛み、外反母趾、疲労骨折(足の甲、スネなど…)、コンパートメント症候群、くるぶし周りの痛みなどなどの障害・傷害にも繋がりますし、カラダのバランスが崩れたり、筋の不活性などで練習してもパフォーマンスが上がらない、すぐに疲れやすいなどの状態にもなりやすいです。

更に足部のロード(荷重)、アンロード(非荷重)のコントロールがうまく出来なくなります。
これは…、

立位で行うスポーツには大変損している状態です!

プロネーション

★骨盤・股関節

骨盤周りは、過剰なKnee-in Toe-outの状態では大腿骨が過剰に内旋、骨盤が前内に回転して傾きます。

股関節は、「パフォーマンスUPに!余計なケガを減らせ!美脚になる為に!股関節をちゃんと動かせてますか?」でも記していますが、ちゃんと機能しないと…

カラダを支えきれない」、「腰痛、膝痛などが起こりやすい
動きの軸がブレてしまう」、「大きな筋肉が使えない為、末端の部分をメインに動かす
スポーツで肉離れや膝痛、股関節痛などが起こりやすい
パフォーマンス出力が落ちる」、「ヒップラインが崩れる、落ちる
O脚、X脚になりやすい」…といった不具合が起こりやすくなります。

大腿骨の過剰な内旋は、膝の内転モーメント(膝が内側にいく力)の大きさを決定する要素なので過剰な内旋は宜しくないです。

また、大腿骨頭と骨盤の関節窩に圧縮ストレスがかかり、関節軟骨に余計な負荷がかかりやすく、変形性股関節症への進行しやすくなります。

他には、
中殿筋、小殿筋の筋障害(殿筋群弱化からの伸張ストレスによる)
大腿骨大転子(カラダの側面の骨盤下くらいの位置のでっぱり)付近の痛み
腸脛靭帯の痛み(近位:伸張ストレス、遠位:圧縮ストレスによる)
などが挙げられます。

pron-and-int-rotation

殿筋群が弱くなるので、踏み込みのパワーが損なわれます。また、股関節の圧縮の為、可動域制限が起こりやすくカラダを動かしにくい状態となります。

◎過剰なKnee-in Toe-outを防ぐには?

先にも記しましたが、knee-in Toe-out自体は、人間のカラダの関節運動では通常に起きるものです。

過敏に気にし過ぎてもダメですし、軽視し過ぎてもいけません。

問題点は、Knee-in Toe-outの時に…
足部がプロネーションし過ぎていないか
大腿骨が過剰に内旋、骨盤が前内に回転して傾いていないか

が起きていないか?ということに注意することが重要になってきます。

また、それらがスタティックアライメント(静的アライメント)、ダイナミックアライメント(動的アライメント)の状態で、
過剰なKnee-in Toe-outがどのような動作で出てくるのか
も重要となってきます。

その動作が開放運動連鎖(OKC:Open kinetic chain)なのか?閉鎖運動連鎖(CKC:Closed kinetic chain)なのか?で、カラダの動きが同じでも、運動連鎖の仕方(力の入れ方、力の伝わる方向など…)が違い、過剰なKnee-in Toe-outの発生機序、要因が変わってきます。

例えば、オーバープロネーションがOKCで出現するか?CKCで出現するか?だけでも発生機序、要因が違います。

そして、しっかりと数あるその発生機序から元となる部分、要因を見極めて対処していく必要があります。見当違いの要因に対して対処しても解決どころか、状態が酷くなる場合があります。

対処方法も当院では、その発生機序や要因によって…
電気鍼灸徒手によるものエクササイズトレーニング、テーピング、インソール、ヨガ、ピラティスを活用したものなど幅広く多岐に及びます
その都度適したもので対応致します

「痛み、動きの悪さ早期発見!ハイパフォーマンス発揮!で損しない為に…運動連鎖は円滑ですか?」を参照

◎膝がneutralでも…

膝膝膝

「しっかりと確認して膝のポジションをNeutralに動かしているから大丈夫!」といわれる方も、運動の強さ、時間、タイミングなどの運動形態によってKnee-in Toe-outの状態になっておられる方がいます。

この場合は、見た目はNeutralの状態になっていてなかなか気付きにくいですが、状態的に過剰なKnee-in Toe-out同等な状態で膝、足、股関節などに痛みを訴えるケースがよく見受けられます。OKCでおこるKnee-in Toe-outに多いです。

こういった気付きにくい状態の場合では、一度カラダの動きをしっかりと見れる所で確認して対処してもらう事をお勧め致します。

もちろん、当院でも承っております!!

実際に過剰なKnee-in Toe-outの状態を解消すると、驚くほどに長引いていた痛みや不調の改善したり、パフォーマンスが向上したりします!

ケガや不必要な動作の減少にも大いに貢献します!

ご興味ありましたら、絶賛承っております。是非、今一度カラダを見直してみては如何でしょうか?

快適生活

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

加速と減速・・・足を使いこなす為の秘訣

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

足

走る時やステップを切るとき、ジャンプする時など、足は唯一の接触面でもある地面に対して様々な形状を成して対応しています。

「損してませんか?走る人もそうでない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」でも書きましたが、その一歩の過程の中で、足、足首にある28の骨からなる25の関節、それらに走行、付随している靭帯、筋腱、滑液包などが絡みあって色んな状態に対応しています。

しっかりと地面に対応しなければ、足部のみならず膝や股関節、腰、背中などへの痛みに繋がりますし、練習を積んでいる割にはカラダのパフォーマンスが上がってこないといったことになってしまいます。

今回は、足をどのように機能させていけば余計なケガがなくなり、パフォーマンス飛躍的な向上になりえるのか?ということを書いていこうと思います。

◎その一歩を知る

一歩一歩

一歩一歩2

走る時やステップを切るとき、ジャンプする時などの動作では主にこのようなサイクル中の足の状態のどれかになります。

ステップを切るときやジャンプ動作は細かくいえば、足の使い方や力の方向性などが違いますが、ほぼこれらのサイクルの中の足の状態のどれかと言えます。

◎加速と減速

一歩を細かく見ていくと、その一歩の中に加速する状態と減速する状態が出てきます。

一般的には、カラダのtorso(胴体)の中心が、「走る」「ステップ」「ジャンプ」などの動作における重心軸に対して進行方向側なのか?逆方向なのか?です。

進行方向側にある場合は加速期、その逆側(進行方向以外)にある場合は減速期になります。減速と加速が均等であればストップですね。

この加速と減速が適切に行われていないと、余計なストレスがカラダのあちこちに掛かり、ケガが発症してしまったり、パフォーマンスに対して非効率な動きになってしまいます。

日本では、主に加速期と減速期という表現で表されますが、欧米ではLording(荷重を溜め込む)、Unlording(荷重を放出する)といった表現方法が多いです。

どちらの表現方法が正しいか?否か?…ということではなくて、走りの局面で見てみると減速か?加速か?ですが、更に細かく足部に対して焦点を当てるとLording(荷重を溜め込む)、Unlording(荷重を放出する)ということになります。

走り自体として大きく見るか?カラダの一部位として小さく見るか?の違いと捉えても良いですが、 Lording(荷重を溜め込む)とUnlording(荷重を放出する)は、加速と減速の一つの要素という捉え方が私的には合っている気がしています。

でも、走る、ステップ、ターン、ジャンプなどの動作において唯一カラダがコンタクトする足部におけるこのLording、Unlordingは非常に重要な要素でもあります。

◎動作時の足の性質

本来は、一歩一歩のサイクルの中でカラダ全体として加速期と減速期というものを示していくものですが、今回は“足部”のみに焦点を絞っていきます。

足部の Lording(荷重(力)を溜め込む)、Unlording(荷重(力)を放出する)はバネに力を溜めることに似ています。

バネ

ブレーキングの局面ではバネに余裕がある状態から力が加わっていき力を溜めるに従って硬くなります。
逆に加速する時は、そのバネに加わって溜め込んだ状態(硬く遊びが少ない状態:Closed pack)から、力を放出して勢いをつけます(Loose pack)。

これがサイクルの各局面で、足部の各関節がそれぞれ適切なタイミングで Lording(荷重(力)を溜め込む)、Unlording(荷重(力)を放出する)を行う必要性があるわけです。

適切に行われなければ、ケガが起こりやすく、練習を積んでいる割にはカラダのパフォーマンスが上がってこないといったことになってしまいます。

◎各関節のLording or Unlording

あくまでも、今回は“足部”のみに焦点を絞っています。

足首

Foot strike ~Flat foot

Foot strike の形にもよりますが、足関節、距骨下関節(Subtalar Joint)がLoose pack→Closed packの状態に移行していきます。
ここで地面からの impact force  を多く吸収することが大切です

また、横足根関節(Transverse tarsal Joint,Midtarsal joint)が距骨下関節(Subtalar Joint)の動きに協調して足部のバランスをとっていきます(地面からの impact forceを吸収(Lording)しやすくする為)。

これらの協調性がないと、地面からの impact forceがそのまま足からのダメージへと繋がりケガの元になってしまったり、スプリントやマラソンなどの後半失速の元になります。

アキレス腱炎、アキレス腱付着部炎、腸脛靭帯炎、足関節が不安定、踵痛、外反母指、、足の甲の痛み、巻き指、腓骨筋炎などに発展しやすいです。

※意外と多いです!!

この時に使われるのは…主に下腿の筋肉です。

前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、第三腓骨筋、腓腹筋、ひらめ筋、長指伸筋、長母指伸筋が各役割を成して、色んな収縮形態で上記の状態になります。

足関節

Flat foot ~Midsupport

足関節がClosed packの状態をキープする、距骨下関節(Subtalar Joint)がClosed pack→Loose packの状態に移行、横足根関節(Transverse tarsal Joint,Midtarsal joint)がLoose pack→Closed packの状態に移行する、足根中足関節(Tarsometatasrsal Joint)がLoose pack→Closed packの状態に移行して、Lordingした地面からのimpact forceを足部の前方へ運びます。

この地面からのimpact forceのスムーズな移行ができない状態ですと、シンスプリントや足底筋腱膜炎、外反母指へ加速する、足関節捻挫が起こりやすい、膝周辺の痛み、偏平足の助長などに発展しやすいです。

また、足先の方向性が不安定になりやすく、走りの効率が悪くなってしまい、後半に失速気味になってしまいます。

この時に使われるのは…下腿の筋肉~足への筋肉です。

前脛骨筋、後脛骨筋、第三腓骨筋、腓腹筋、ひらめ筋、長指伸筋、長母指伸筋がFoot strike~Flat footの局面と変えて各役割を成して、色んな収縮形態で上記の状態になります。

足底筋、長指屈筋、長母指屈筋が中足部の安定化に働きます。

足首2

Midsupport~Take off

足関節がClosed pack→Loose packの状態に移行、距骨下関節(Subtalar Joint)がLoose packの状態に完全に移行、横足根関節(Transverse tarsal Joint,Midtarsal joint)、足根中足関節(Tarsometatasrsal Joint)がClosed packの状態をキープ、中足指節関節(Metatarsophalangeal Joint)がLoose pack→Closed packの状態に移行して、Lordingした地面からのimpact forceを余すことなく後方へ押し出して推進力やジャンプ動作などをよりスムーズに行います。

この蹴り足へのスムーズな移行ができない場合は、種子骨炎(足の拇指球の痛み)、外反母趾、仙腸関節障害、腰痛、膝周辺の痛み、捻挫しやすくなる…などに発展しやすくなります。

この時に使われるのは、下腿の筋肉~足裏の筋肉です。

下腿部の前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短腓骨筋、第三腓骨筋、腓腹筋、ひらめ筋、長指伸筋、長母指伸筋、足部につく足底筋、長指屈筋、長母指屈筋が各役割を成して、色んな収縮形態でMidsupport~take offの動作をサポートします。

メインは短趾伸筋、短母趾伸筋、母趾外転筋、小趾外転筋、短趾屈筋、足底方形筋、短母趾屈筋、小趾屈筋などの足裏の内在筋です。

◎足部をより効率的に!

今回は、あくまで足部のみに焦点を絞って説明しました。
本来は足部のみならず、それから上に繋がっていくものも考えなければなりません。

たった一歩のことですが、足部の各関節は色んな動きをして、それらが協調し合って適切な動作を生み出していきます。

できるか?できないか?では大きな違いです!

足部の機能の仕方をしっかりとすれば、ケガのリスクもかなり少なくなり、パフォーマンスを無駄なくUPさせるためには必須です。

意外としっかりと足を機能させている人、選手が少ないというのも事実としてあります。

先ずは、その一歩一歩がちゃんと動いているか?ないか?そして、正常に機能していないのだとすれば何処が?どういう状態で?どのような支障を来たしているのか?その影響力は?…とその状態を知ることが重要です。

その際に、正しく運動連鎖を見れるトレーナーや医療機関など専門家に見て頂くことをおススメ致します。

正常に機能していないのであれば、その支障ある状態を自覚して頂いた上で、痛みや違和感等の不調の原因や動きの悪さの要因に対して適切な処置をしていき、修正していくことが重要となってきます。

当治療院でもバリバリ行っております

しっかりと早期によい状態に改善することで、より高い位置で日常生活やスポーツが行えより楽しく有意義なものとなると思います

しっかりと効果を求めている方は是非どうぞ♪

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね!


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!

スマホ2ウェブ予約


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。
←こちらをクリック!

クアドラ7

この度、当治療院にて、QUADRASTEPSYSTEM®インソール(足底板)を取り扱うことになりました。

ご尽力頂いたクワドラステップ(インソール)の日本で唯一の認定者である高橋 先生に心よりお礼申し上げます。

私自身、今まで数多くのインソールを使ったり見てきたりしておりますが、特に取り扱ったりはしていませんでした。

決してインソールに対して、否定的なわけではありません。

カラダの痛みを極力軽減していくため、パフォーマンスを高めていくため、カラダを快適に動きやすくしていくために、インソールの介入は選択肢の一つとしてあると思っております。

ですが、どうしても既存の日本のものは過大広告が多いだけで、機能的なものがなく、取り扱っていませんでした。

今回は、当院で評価からフィッティングまで取り扱うこととなりました、このクアドラステップインソールのことを書いていこう思います。

◎クアドラステップって何?

クワドラステップは、人それぞれ持つ生体力学的に6つの足部タイプ(細かく分けると24type)に分類して、足部タイプに合わせてそのオーダメイドの足底板にかなり近い、足部のタイプによって形の異なるインソールです。

クアドラ8

ただ形が違うのではなく、その機能もタイプによって違っています。

柔らかいタイプの足の場合はしっかり支えなければならないので、硬い素材を使用しています。

また硬い足部であってもある程度支えなければいけない瞬間はあるので、中程度の硬さになっています。

◎オーダーメイドが良いのか?

なんだぁ~既製品ならオーダーメイドのインソールに比べて劣ったりしますよね!?」…という声が聞こえてきそうなものですが…。

「足からこれ程変われることにビックリ”日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」でも書きましたが、日本では海外と比較しても足の分野ではかなり後れをとっています。

その日本のオーダーメイド(と呼ばれる)のインソールの殆どは、足圧分布で測定した偏った足圧を均一化させるものだったり、Foot printのように足型を取ってその型に副って作るだけのものであることは言うまでもありません。

そういったインソールは単なる足の隙間を穴埋めでしかないということ。。(足部を支えきれている訳ではない…)

要するに、クッションを入れているのとほぼ同じで足の機能、足下からカラダへの機能を良くしているというのではないといことです。(エラーパターンには変わりない)

地面との接触面積を広くすれば、衝撃が分散される原理ですよね。

◎クアドラステップが良い理由

クアドラステップの良い理由に挙げられることは、先ず足の機能、足下からカラダへの機能を第一に考えているということです。

6つの足部タイプ(細かく分けると24type)の中から自分のタイプに近いものを選ぶとより機能的なカスタムのものに近いサポート感が得られる優れものです。

「ただただ感動!足に秘めたるポテンシャル!足のセミナーで気づかされたこと!」でも書きましたが、足、足首には28の骨と25の関節があります。またそれらに走行、付随している靭帯、筋腱、滑液包、神経、血管などがあります。

その足の一つの関節の状態が違うだけでも動作において正常な動きとは違った特徴が出てきます。

そのような足の機能、足から起こるカラダへの機能の不具合を是正していこうとするのがクアドラステップということになります。

また、インソールを介入させる時はNeuromusclar Reflectionも考えていく必要性があるかと考えられます。

これは、足から繋がって腰痛や肩、首など足のタイプによってカラダ全体の症状を予測することができるということです

足の構造、動き、バイオメカニクス等を考慮にいれるとそのまんまですw
逆に言うと、そのカラダの痛みや不具合を改善できる手掛かりにもなり得るということですね。

◎どのように測定するのか?

大田1 大田2

先ずは足の静的な構造、機能をチェックしていきます。

もちろん、足のタイプや代償性、非代償性、剛性、柔軟性などをしっかりと考慮に入れていく必要性があります!

(写真だけでもかなりの情報量が得られますよね)

 大田3

続いて荷重位での足の機能、足下からカラダへの機能を評価していきます。

荷重位の非荷重位では足への負担のかかり方はもちろん違うのですが、足の関節の動きが違うのです。その辺りも含めて細かく評価していきます。

 大田4

そして、動きの中での評価を行います。この時に、どのように各関節が連動していくのか?逆に、どこでエラーが起こっているのか?をしっかりとチェックしていきます。

そして、フィッティング。。

neuro

写真はサイズ合わせですw

フィッティングは実際にシューズの中にクアドラステップを挿入して履いてみて違和感や動きをチェックしてきます。

実際に、フィッティングした選手の場合では、施術と合わせて、クアドラステップをフィッティングしたシューズである程度動かしていく内に、長い間騙し騙し気になってた痛みがほぼ消えて足回りからの動きも断然良くなりました。

フィッティングされた方もビックリでしたけど、そのあまり変化に私自身がビックリしてます。
Neuroの影響力って凄い。。

実際に私自身に合ったタイプを自分で履いているのですが、既存のインソールにありがちな足の空いた隙間に押し込まれているという感じというよりは、フィッティングすると自分のカラダの一歩一歩に、動きにストレスが少なくなった感じがしています。

◎こんな方にお勧めです

スポーツされている方に限らず、立ち仕事や出張で歩くことが多い方々、足回りの痛みでお困りの方、今のお使いのインソールがフィットできていない方、足回りからカラダを変えていきたい方、カラダの余計な負担を減らしていきたい方、…にお奨め致します。

是非ともご相談下さい!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!
人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。