【カラダを伸び伸び大きく早く動くようになる為の秘訣】ポイントは安定感よりも不安定感にあり!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

まぁまぁの頻度ですけど、「動きの大きさを崩さないまま早く動けるようにしたいんですよねぇ~…」というご相談を頂きます。

これはスポーツに限らず、日常生活や仕事でのカラダの使い方からも質問頂く事。

カラダの可動域を大きくしたは良いけど、動きがどうにもこうにもユルくなりがち。

動きを早くしようとするととたんに動きが小さくなってしまう。

まぁ、無理矢理にでも動かそうものなら、フォームは崩れるし、ケガも起こりやすくなっちゃうしで本末転倒というもの。

何かと心当たりがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

「動きの早さと大きさは相反するものだから仕方なくね?」
「別に動きの早さあれば大きくなくても良いでしょ」

なんて思ってる人もいるでしょう。

ですが、カラダの動きを大きくしながら動きを早くすることはできます。

今回は、カラダを大きく早く動かす為には安定感だけじゃなくて、動く部分も大事だよということについて書いていきたいと思います。

◎動きの大きさと早さは相反する?

カラダを早く動かそうとすると、動きが小さくなる…
カラダを大きく動かそうとすれば動きが緩慢になる…

それは、

大きく早く動かす為の筋力、体力消費が追いついてないから!

要は、カラダを大きく早く動かす為の筋力的、体力的使い方が身についていないということ。

人は、生理学的に、機能解剖学的に疲労度と動きの大きさには密接に関係してます。

つまり、疲れてくると、大きく動かそうと思っていてもなかなか上手くはいきません。

可動域がUPしても体力的、筋力的な使い方が、小さいままの使い方だとすれば、大きく早く動かすことがなかなか難しいのです。

同様に、大きく動かそうとすれば、それだけ筋力的、体力的な消費の仕方が大きくなります。

体力的、筋力的に発揮出来ない場合、

早く動かそうとすれば動きが小さくなる
動きの大きさをキープしようとすれば動きが緩慢になる

といった事象が起こります。

「俺は体力、筋力には自信があるぜ!」という方もいらっしゃるでしょう。

大事なのは、

体力、筋力の使い方です。

筋力、体力がないのは勿論ダメですが、筋力、体力がただあるだけでもダメなのです。

◎各関節は足並みを合わせたがる

さて、人の各関節はそれぞれ役割がありますが、調和がとれています。

←例えばこんな感じ

だから各関節は、役割の足並みを合わせるために、一番機能的に劣っている関節の位で安定しようとします。

ちょっと厄介ですよね。

一番劣っている関節に筋力的、体力的な要素を合わせようとしているのだから、全体的に早くしよう大きくしようと頑張っても向上し難いのです。

◎カラダの動きを大きく早くする裏技

じゃあ、どうすれば動きを早く、大きくなるようにできるの??

一番劣っている部分を伸ばさないとダメなのか…
やはり両立は諦めなければいけないのか…

そのような時には、

一点集中固定で大きく早く動かしてみること!

具体的な内容は対象によって異なる為、当院のセミナーなどで直でお伝えしていることなので控えますが、必要であればご要望ください。

今回は、ちょっとだけ具体例を挙げます。

サッカーなどのフットワークだったり、ランニング動作の腕振りでピッチとストライドを稼ごうとする際の動きの早さと大きさを両立させることへのアプローチの一つとして…

少し長めのタオルで両膝をまとめて縛ります。

そして、その場ジャンプをできるだけ早く行う…

たったこれだけです。

ポイントは出来るだけ早くです。

その場跳びじゃなくても前に進むような形でもOK!

その場で20回、もしくは20mくらいを全力で行ってみてください。

タオルを外した時に股関節の動作と肩まわりの動作の向上しているのを実感できるはずです。

敢えて制限を加えることで、カラダの不安定さを作ることで、その不安定分を他の早さ、大きさでカバーしなければいけなくなります。

もちろん、機能的に劣っている部分も含めてです。

そして、ある程度行うことで、筋力的、体力的な使い方がカラダに馴染んできます。

どうしてもカラダ全体的に満遍なく動かそうとすれば、カラダの状態は安定しよう安定しようという方向にシフトします。

カラダを安定させようとすること自体は悪いことではないのですが、それがカラダを大きく早く動かそうとするためには障壁となる場合があることも事実です。

だって人間だもの・・・

by いんちょ~(笑

「そんなことだけでそんなに変わるのかよ…?」

と思われた方、是非実践してみてください。

筋力的に、体力的に自信がある!頑張っている自負がある!という人ほど実感値として出てくると思います。

押してダメなら引いて・・・みたいな感じですけど、ちゃんとカラダの機能解剖的、運動生理学的にもとづいてますのでご安心を♪

制限の仕方、動かし方など色んな要素で効果は違ってきます。

自分にあった効果を導けるように行いましょう。

分からなければ、カラダのことに精通している専門家に頼るのも一つの手段です。

もちろん、当院でもバッチリと対応しております。

あなたのレベルにマッチした理解、カラダ作りをサポートできるようにしていきたいと思ってます。

ちゃんと自分に見合った理解と実践でより高い効果を引き出しましょう!

友だち追加

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

 

広告

【練習頑張ってるのに成果出ない?】を解決する、練習やトレーニングはどこから来てどう作られるのか?

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

ココ近年になって加速してますが、

「最近、この○○っている練習方法流行ですがどうなんですか?」
「○○をやりすぎるとダメって言われたんですけど・・・」
「~~選手がやっている○○という練習を取り入れてみようと思って・・・」
「○○な練習を取り入れたんですけどケガしちゃって自分には合わなくって…」

という感じで、色々とご相談を受けることも少なくありません。

今回は、あなたが行う練習やトレーニングはどこから来てどのように行えば成果に繋がるのか?について書いていきたいと思います。

◎練習、トレーニングの流通経路

練習方法やトレーニング方法はどうやって流れてくる作られるものなのかと思いますか?

何もないところから、「あ、強くなれる練習(トレーニング)出てきた!」と湧き出てくることはないと思います。

では、その練習やトレーニングはどのように流れてきたかというと…

※上になるほど、n(実践者の数)が少ない

源は、論文や学会などの学術ベースから導き出したものや、過去のトップ選手の体感、体験、経験則から導き出したもの。

行き着く末端がビギナーの人向け(初心者、低年齢者向け)のものになります。

その練習やトレーニングは、図にあるように下流に向かって波及していきます。

最近ではSNSの普及などによりその波及の速さは、以前に比べても尋常じゃないくらい早くなってます。

例外も中にはあるのかもしれませんが、今やっている練習やトレーニングの多くは意識的にせよ無意識的にせよ、上層からの影響を受けています。

有用なトレーニング、練習の事象が日々の研究から導き出される

トップ選手が勝ちたいと日々の研究、先人からの経験を参考にする

トップ選手達が試行錯誤して効果を実感したものが拡がり始める


雑誌やTV、Web、SNSなどのメディアなどに取り上げられる

愛好家、部活動の選手が模倣し工夫し取り入れる

ビギナーが経験者の真似をする

だいたい、こんな流れでしょうか。。

◎なぜ上の練習を行っても失敗するのか?

「じゃあ、俺もトップ選手が取り入れている練習をやれば一気に強くなるじゃん」と思われるかもしれません。

最近では、情報化社会が故に何も理解されないまま、トップ選手の練習方法を真似てみたり、「論文に~~書いてあったから間違いない!」みたいに無思考な状態で飛びつく人が多いです。

ですが、トップ選手が行っている練習をやってみたところで、論文に書いてあることを忠実にやってみたところで、ある程度は伸びるかもしれませんが、直ぐに頭打ちになってしまいます。

なぜなら、

あなたの分相応の練習、トレーニングの解釈、実践レベルのものではないから

上流のレベルになればなる程、練習やトレーニングに関する咀嚼解釈レベル、必要身体レベルの難易度が高くなります。

トップ選手が行っている練習やトレーニングは一見して簡単に行っているようにも見えますが、その実は緻密で、筋力や可動性、柔軟性などかなりのレベルの高さで行っているものばかりです。

逆に入門者レベルで行って効果が出るものは、さほど練習やトレーニングを理解できてなくても出来るものですし、身体レベルはそれほどなくても実践できるレベルのものばかりになります。

咀嚼解釈レベルは、頭の良し悪しではありません。

練習やトレーニングの意図するもの(目的、効果など)の身体性および思考性理解度です。

身体レベルは、筋力、柔軟性、可動性、スピードだったりです。

練習、トレーニングを自分が行える水準の高さの理解レベルで、身体レベルで一致させ落とし込むことが重要です。

要は、

★そのトレーニング、練習をどれだけ頭とカラダで理解しているか?
★自分の身体特性や感覚をどこまで理解しているか?

が上のレベルに行けば行くほど、両方とも高水準で合わせなければいけなくなります。

咀嚼解釈レベルが満たしてなければ、マルチタスクになり、集中力散漫、目的と手段の履き違え、知識だけが増え頭でっかちに…

身体レベルが満たしてなければ、オーバーワーク(燃え尽き症候群)、ケガが多発、モチベーション低下、…

ただ単に真似ても、成績もそこまで伸びないし、ケガしちゃいますよね。

◎先ずは知ることから

では、どういった練習、トレーニングを行えば自分自身にとって最善の結果が得られるのか??

それは先ず、

自分の身体特性、感覚を理解してどの実践レベルかを知る
そのトレーニング、練習が意図するものを知る

知ることから全てが始まります。

どんなに素晴しい練習、トレーニングだとしても、あなたの解釈レベル、身体レベルに見合ったものでなければ意味がありません。

逆に、そこそこのレベル(失礼!?)の練習やトレーニングでも、あなたの解釈レベル、身体レベルに見合ったものであれば、成果は十分に見込めます。

その為には、自身の身体レベルを、行おうとしている練習やトレーニングの意図を「知る」ことが大事です。

そして、その「知る」ことによって得られた咀嚼解釈のレベル、身体レベルにあった水準で練習やトレーニングを行うことが…、

成果を挙げる、達成するための一番の近道になります!

あなたは、自分の身体の特性、感覚を理解できてますか?

あなたは、やろうとしている練習、トレーニングの意図を頭とカラダで理解できてますか?

知らなければ、先ずは知ることから始めてください!

分からなければ、カラダのことに精通している専門家に頼るのも一つの手段です。

もちろん、当院でもバッチリと対応しております。

当院では日々2、3時間/日は知識、技術の勉強をコツコツ積み重ねを行ってます。

その中で、ケガの施術やリハビリのみならず、個人個人に合ったリハビリ、トレーニングや練習などのご相談を数多く受けてサポートしてきました。

レベルも世界選手権で優勝、メダル、入賞したものから、「これから○○のスポーツを始めよう!」というビギナーの方まで幅広く対応してサポートしてきました。

あなたのレベルにマッチした理解、カラダ作りをサポートできるようにしていきたいと思ってます。

ちゃんと自分に見合った理解と実践でより高い効果を引き出しましょう!

友だち追加

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

カラダの痛みや疲れを放っておくだけでこんなに体の状態、動作影響する/顎関節症を例にして。

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

何度も繰り返して言っているように、

自分の理想のカラダの状態や思い描いている動きを手に入れるためには、

「痛み」「疲れ」「痺れ」「違和感」など
カラダの不調を取り除くこと

が先ずすべきことです。

ただ…、

「そんなこと言っても、多少の痛みは気にならないし…」
「そこまで影響ないでしょ、大袈裟な・・・」
「今までもこれでやってきたしな・・・」

と軽く見られがちだと思います。

今回は、顎関節症を例に挙げて、理想のカラダの状態や思い描いている動きを手に入れるためには、先ずカラダの不調を取り除いておくべきということを説明していきたいと思います。

◎顎関節症

簡単に顎関節症のことを説明します。

顎関節症は、文字通り顎関節が異常が起きている状態です。

一般的な症状として…、

「口を大きく開けられなくなった」
「顎やその周りが痛い」
「口を開閉する時に顎に音がする」

などといったことが起こります。

それに伴い、付随する症状として、耳痛、耳鳴り、めまい、頭痛も起きたりします。

男性よりも女性に多いですが、最近では男性にも多いです。

明らかな症状が出ている人は30%くらいの割合です(初診で顎関節症とハッキリわかる)。

ですが、自覚がないだけで70~80%の方は顎関節に何らかの異常を持っている方がいるとされています。

◎顎関節症になると…

では、顎関節に異常が起こると、カラダにどういう影響が起こるのか?

少し簡潔に説明します。

顎関節に異常が起きている場合、口の開け閉めを行っていると…

頭が斜め上に(水色矢印)、顎が前に(緑矢印)スライドするように回転していきます。

顎を突き出すように顔が上を向いてしまっている状態になります。

その状態で普段の日常を過ごすとどうでしょう?

真っ直ぐ見ているようでも、海で溺れているようにアップアップな状態となんら変わりません。

しかも、

無意識に気付かない状態なのでたちが悪い。

これが、顎関節症のいわゆる内因性疼痛抑制系が働いたというやつです

顎関節に異常が起きてアップアップな状態になると、そこから…

無意識に…

(もう一度言いますよ…)

無意識に…

・気分がネガティブになる
・疲れやすい
・カラダの動きが思っているよりも小さくなる
・猫背気味で肩首腰などが痛みやすい
・呼吸がしづらい
・視界が定まらずカラダの動きが不安定になる
・ハムストリングスの肉離れが起こりやすくなる
・脚が無意味に太くなる
・力が入れづらい
・決断が鈍くなり行動が遅れる
などなど

たったコレだけのことだけも、

スポーツ的にも、カラダのシルエットを作る美的にも、生活リズム的にも、

無意識に悪影響をカラダが受けます。

(詳しい機序は今回は省きます)

想像しているよりも遥かに影響力は大きいです。

◎理想のカラダの状態を作るために

何度も繰り返しにはなりますが一番厄介なのは、

無意識に、自然に、

カラダに悪影響を及ぼしているということです。

意識できる範疇であれば、自分でも何とか出来るのかもしれません。

ですが、無意識に当たり前のようにカラダに悪影響を及ぼしているのであれば、自身ではどうすることも出来ません。

今回は、顎関節症の例にして説明しましたが、肩コリをはじめ、腰痛、膝痛などからでも、そこからカラダの状態や動作に思った以上に悪影響を受けています。

自身が思い描いた理想とするカラダの状態を作ろうとするのであれば、

「痛み」「疲れ」「痺れ」などのカラダの不調は

いち早く取り除いておいたほうが良いです!

時間が経てば経つほど、やりたいカラダの動きからは遠ざかり、知らず知らずに慢性的な痛みが増長し、自分が思っているカラダの状態、動きとは違ってしまう…

自分の理想なカラダの状態や動きを作りたいなら、カラダの不調には早めに対処しておきましょう!

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

 

あなたの「痛み」は捉え方を見直すだけで早く解消できる!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

「とりあえずこの痛みや疲れを何とかしたい!…」
「なかなか○○の痛みが取れなくて・・・」
「すぐ元に戻っちゃうからなぁ・・・」

という感じで、痛みや疲れ等のカラダの不調に対して、“早くどうにかしたいけど、なかなか出来ない!”といってお困りの方は少なくないでしょう。

そういった場合、痛みや疲れなどのカラダの不調に対しての捉え方を変えるだけで一気に解決に向かいます。

今回は、カラダの痛みや疲れ等の不調をいち早く解消していくための捉え方について書いていきたいと思います。

◎痛みや疲れは現象である

「痛いから揉んで何とかしてくれ!」
「痛い部分には何が起こっているんですか?」
「こってる部分をグリグリ押してくれ!」
「とりあえず痛みのある部分に電気当てているけど・・・」

といった具合で、痛みや疲れ等のカラダの不調を感じている部分で“何かが起こっている”ように思っていらっしゃる方は多いです。

確かに痛みや疲れが出ている部分には、何かが起きているように感じます。

では、なぜ痛みや疲れを感じている部分を一生懸命に対処しても、なかなか解決しないのか?

それは…、

感じているカラダの不調を本質の事象として捉えている

からです。

痛みや疲れ等、カラダの不調を感じている部分は、

本質ではなくて現象です

「何でその痛みが起きるのか?」という本質が分からず対処できなければ、いくら対症療法的に一時的に解消されたとしても、その痛みや疲れ等のカラダの不調は量産されるばかりです。

だから、痛みや疲れ等を感じるところを何だかんだやっても対症療法でしかないので、早く解決はできません。

◎痛みの本質に迫る

「痛みは現象?何それ?」って思われるかもしれません。

現象というのは、ヒトが感じるそのもののことです。

痛みの本質の事象が起きているものとは違います。

つまり、

実際に痛みが感じている部分と起きる部分とは誤差がある

ということ。

だから、実際に痛みや疲れ等のカラダの不調を起こしている部分にアプローチしていかなければ、なかなか早く解決には至らないということになります。

◎痛みや疲れの本質を見抜くために

では、痛みや疲れなどのカラダの不調が起きている本質はどうやって見抜けばよいのか?

・急性か慢性か?
・不調が出てきてからどれくらいの時間が経っているか?
・どのような痛みや疲れなのか?
・どういう時に痛みが出るか?増すか?
・痛みがあるなしで変わったことは?
・普段、どのような生活を過ごしているか?
・気になることは?

などなどの情報が必要になってきます。

情報は多ければ多いほど良い!

情報が多ければ多いほど、“カラダの不調の本質”が的確に絞り込めて対処がしやすくなります

基本的に時間があまり経過してない、痛みや疲れがシンプルな場合は、実際の感じる痛みと起きている痛みの部分は近くなります。

要は痛みに対しての対応が容易にしやすい。

逆に、時間が長く経過していて、痛みや疲れがぼんやり曖昧な場合は、実際に感じる痛みと起きている痛みの部分の誤差は大きいです。

痛みや疲れに対しての対処が難しくなります。

痛みや疲れはできるだけ早めに対処しておいた方が良い!」という意味合いはこのようなことからも大いに言えることです。

自分の痛みや疲れを出来るだけ早く解決したいのなら、カラダの不調の本質を見抜いておきましょう!

自分の痛みや疲れ等のカラダの不調の本質が分からなければ、医療機関で専門家に聞いておくことをオススメします。

我慢できるから・・・といって後回しにして後悔することがないように。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

自分が理想とする体の状態、動きを手に入れるために立ち向かうべきこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

自分が思い描いた通りにカラダを動かせていますか?
自分のカラダは理想の状態でしょうか?

「全然、自分が思っている通りに動いてないよぉ~」
「カラダ動いてるから、まぁ良いか・・・」
「もうちょっと、○○できればなぁ・・・」

そんな人はもしかして、「理想的なカラダになるための第一条件」がすっぽ抜けているのかもしれません。

実は自分が思い描いている理想の動きを獲得するためには、先ずすべきことがあります!

今回は、自分自身が理想的に動けるようになるために対峙しておかなければいけないことについて書いていきたいと思います。

◎不必要な「痛み」「疲れ」カラダの不調

「トレーニングしてれば自分の理想のカラダになれるんじゃないの?」
「運動すればそれで良いじゃん」
「ストレッチや体操で何とかなるよね!?」

考えてもみてください、頑張ってトレーニングや運動、ストレッチ、体操等々…を行っても「完全に自分が思い描いているカラダになった!」という方は思いのほか少ないとは思いませんか?

どれもこれも、決して間違っちゃいません。

だけどね、、、

先ずやるべきことは、それじゃない。。

自分が思い描いてる理想のカラダになるために先ず必要なことは…、

「痛み」「疲れ」「痺れ」「違和感」など
カラダの不調を取り除くこと

この理想のカラダになるための入口を間違ってしまえば、迷走してしまうのも無理はありません。

初期段階では特に重要なことです。

◎カラダの不調を取り除くべき理由

では、なぜに?自分が思い描いた理想のカラダの状態になるために「カラダの不調を取り除く」ことを優先させるべきなのか?

それは…、

カラダは不調が出た時無意識に自ら抑えようとする

からです。

・痛みが出れば、痛い部分をカラダの部分を使って覆わせようとするし、
・カラダに倦怠感があれば、無意味に抵抗して集中が他に逸れてしまうし、
・我慢し過ぎれば、ドーパミンが枯渇して負の感情、慢性疲労を引き起こすし、

いわゆる内因性疼痛抑制系というやつです。

カラダに痛みや疲れ、痺れが出てきた後、それが続かないようにカラダを働かそうとすること。。

つまり、カラダが思うように動いてくれない!

しかも無意識の中でなので、自分自身では気付かないから、厄介極まりない。

とてもじゃないけど、そのような状態ではトレーニングしようが、ストレッチや体操しようが、運動を取り入れようが、…、

理想のカラダの状態になんてなれません

◎意外と気にしてないカラダの初期段階

自分が思い描いている理想のカラダの状態になるには、「痛み」「疲れ」「痺れ」「違和感」などのカラダの不調を取り除くことが近道になります。

意外と、思い描いた理想のカラダになるための初期段階にカラダの不調を取り除いてないがためにカラダ作りを苦労されていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

「多少の痛みや疲れがあっても動けるから関係ないでしょ?」
「そこまで影響は大きくないから大丈夫でしょ?」

と軽く見ていらっしゃる方も多いかもませんが、特にカラダ作りの初期の段階では積極的にカラダの不調を取り除くことを行うことをオススメします。

これが先ず大事なところ。。

◎カラダの不調は早く解消しておくべき

自身が思い描いた理想とするカラダの状態を作ろうとするのであれば、

「痛み」「疲れ」「痺れ」などのカラダの不調は

いち早く取り除いておいたほうが良いです!

時間が経てば経つほど、やりたいカラダの動きからは遠ざかるし、慢性的な痛みが増長されてしまうし、自分が思っている動きとは違ってしまうし、…

善は急げ!
鉄は熱いうちに打て!

自分の理想な状態とするカラダになりたいなら、カラダの不調には早めに対処しておきましょう!

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

カラダの痛みや疲れの予防・改善のメリットを知る知らないで損得の差が歴然

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

◎痛み、疲れの予防/改善は得すること満載

「ケガの予防って面倒臭いよね・・・」
「別に生活する上でそこまで支障ないし・・・」
「カラダ動きにくくなりそうで・・・」

どうしてもカラダに痛みや疲れだけの予防・改善は“我慢”できれば後回しに…と消極的な人は少なくないのではないでしょうか。

そういった先入観を持っていらっしゃる方は損してます!

痛みや疲れに対して予防は、しっかりしたものを取り入れていくと、

今よりも確実に

カラダは動かしやすくなります!

(カラダの動きが良くなるともいう…)

想像以上に無理、無茶が利くようになる!

「カラダに痛みや疲労が出てから病院、治療院、接骨院などの医療機関、マッサージ屋さんに行こう!」ものと考えているなら非常に勿体ない。

何も知らずに「カラダを鍛えてればイイや」じゃ本当に勿体ない。

断言できますが、痛みや疲れなどカラダの不調に対して予防、改善をしっかりと取り入れると、痛みや疲れが起き難くなるだけじゃなくて、

カラダが動かしやすくなり生産性がUPします!

日常が充実します。

人生経験をも豊かになります。

決して大袈裟なことを言っているのではありません。
事実です。

◎予防/改善が面倒に感じてしまう理由

痛みや疲れの予防・改善で思い浮かべることは何でしょう?

「○○になると痛みが出るから、そうならないようにカラダを~~いう感じで動かしましょう…」
「△△(の動作)はしないようにしましょう…」
「□□なんてできっこないでしょ…」

否定的、懐疑的、諦め、逃避的、…ネガティブなものばかり…

カラダを動かすことが面倒にならざるを得ない。

これでは痛みや改善に積極的になれないのは仕方がないのかもしれません。

痛みや疲れの予防・改善することを後回しにしてしまうのは…、

痛み 疲れの予防/改善にメリットを見出せてないから

または、

しっかりとした予防・改善を受けられたことがないから

痛みや疲れを予防・改善するメリットが「不調が出る→解消する」だけだと認識されてれば、「その場凌ぎな対症療法的なもので良いや…」と思われても致し方ない。

「予防」や「改善」には、「○○もできるようになる!」「△△にチャレンジできる!」「カラダを動かすことが楽しい!」…ビジョンが明るくなる要素が沢山あるのに知られていないのは残念でしかたがない。

◎本当の予防、改善とは?

「【不調が出る→解消する】だけのその場凌ぎな対症療法的なもの」…これは本当の意味で「改善」ではありません。

また、否定的、懐疑的、諦め、逃避的、…ネガティブなものばかり…が本当の意味で「予防」ではありません。

痛みや疲れからの予防・改善は、そんな付け焼刃なものではありません!

本当の痛みや疲れへの予防・改善は、あなたの仕事やスポーツ、生活スタイルを豊かに向上させる為のもの。

目一杯楽しんだり頑張って動いても全然平気なカラダを作り上げること
自身のカラダの限界値を伸ばすこと

「予防」や「改善」することをネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるかだけでも大きくカラダへの効果の反応も含めて差が出ます!

 

当治療院の施術、トレーニング、当サイトなどを通して…、

ネガティブで、その場しのぎで、付け焼刃なカラダの帳尻合わせではなく、誤解せず、本当の意味でカラダの不調に対しての「予防」「改善」を知って積極的に取り入れて欲しい。。

そんな想いを常に持って、皆さんのカラダへの「予防」「改善」に取り組ませて頂いてます。

そして少しでも多くの人に、積極的に「予防」「改善」を取り入れて頂いて、自身のカラダへの関心が高まり、ひいては皆さんの人生経験をも豊かにしたいと考えています。

誤解なく、カラダの痛みや疲れへの「予防」「改善」を理解して取り入れて頂ければ嬉しいです。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

腰痛、膝痛、肩コリ予防改善から美姿勢作りまで!差がつく椅子からの立ち上がり方、椅子への座り方

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

日頃のほんのチョット気をつけるだけでも腰痛や膝痛、足首痛、肩や背中のコリを減らし、予防していくためのことをご紹介します。

今回は椅子からの立ち上がり、椅子への座り編。。

◎あなたの座り方、立ち上がり方は?

普段、何気に行っている椅子からの立ち上がり、椅子へ座る。。

自分がどのように行っているかを分かっていらっしゃる方は意外と少ないのではないでしょうか。

先ずは自分の椅子からの立ち上がり方、椅子へ座り方を確認してみましょう。

『椅子からの立ち上がり⇔椅子への座り』は主に以下の2パターン。

①顔と胸が正面に向いているパターン

②顔と胸が下に向いているパターン

※途中、横に捻ったり、向きを変えたりするのは省きます。

主に、①「堂々と顔と胸が正面を向く」パターンと②「頭を垂れるように顔と胸が下を向く」パターンの2種類分けられます。

②の場合、写真は背筋真っ直ぐですが、猫背の場合が多いですね。

では、①と②のどちらが良い『椅子からの立ち上がり⇔椅子への座り』のパターンかというと…

当然、①!!!

になります。

◎なぜ①が良い?②がダメ?

そんなに差がないから別に良いじゃん!」って思うでしょ?

でも、結構カラダへの負担の掛かり方は差があるのです。

簡単に①のパターンと②のパターンの違いについて説明します。

先ず①と②の両パターンとも両サイドの写真は同じです。

大きく違うのは…、

★カラダを前に移動する際⇔椅子にカラダをあずける

①「堂々と顔と胸が正面を向く」パターンは、股関節が深く曲がります。
②「頭を垂れるように顔と胸が下を向く」パターンは、股関節の曲がりが浅くなります。

分かりにくいなぁと思われる方は、太もも前とヘソとの隙間がどれくらいあるか?を見てみると分かりやすいでしょう。

カラダを前に移動させる際、①はヘソと太もも前が近付き、②はヘソと太もも前がそこまで変わりません。

股関節をしっかりと曲げることが出来なければ、足底で地面をしっかりと押して立ち上がれません。

また股関節の動きは大きな力を生み出します。

ですので、股関節の曲がりが甘い場合、末端部への力み、負担が大きくなり、膝の位置が安定せず、膝や足首への負担が大きく痛めやすくなります。

★お尻を座面から上げる⇔座面にお尻を落とす

①「堂々と顔と胸が正面を向く」パターンは、腹圧が入りやすく、お尻と背筋の大きな筋肉が使われます。
②「頭を垂れるように顔と胸が下を向く」パターンは、カラダを必要以上に前に傾け重心を大きくカラダから外さなければならなくなります。(バランスが悪い)

実はこれって椅子からの立ち上がり、椅子への座りにかなーり重要なポイントなのです。

椅子からの立ち座りだから大したことないと思われますが、大きな筋肉が使われているか?、そうでないか?で骨盤、腰椎(背骨の腰部分)への負担の掛かり方が大きく差が出ます!

お尻を座面から上げる際は、腰椎部分が骨盤の上から外れるため、腰まわりの筋肉に大きく負担が増えてしまいます。

また、座面にお尻を落とす際も、大きな筋肉が利いてない場合、耐え切れずに『ドスン!』って勢いづきながら落ちちゃいます。

この落とし方は、腰椎部にかなりの負担増になるため、ギックリ腰になる確率がかなりUPします。

また、骨盤という土台が安定しないので上半身に力が入りやすく、肩首のコリなど筋肉が緊張しやすいですね。

◎普段意識するだけでも大きな予防になる

今回は、椅子からの立ち上がり方、椅子への座り方で腰痛や膝痛、肩首、背中のコリへの影響は大きいですよ!ということを書きました。

何気なく行っている椅子からの立ち上がり、座りですが、ちょっとしたことですがカラダへの負担の掛かり方は大きく差が出ます。

逆に、普段の日常から少し意識して行うだけでも、カラダへの痛みや疲れの予防にも繋がります。

先ずは…、

・胸を張る
・足裏は地面と密着させる
・立ち上がる時は息を吐きながら、座る時は息を吸いながら

の3点を意識すると姿勢も綺麗に、カラダへの負担も少なく椅子からの立ち上がり、座りが出来るようになります。

実際に行ってみて難しいなぁと感じたら、筋力不足かもしれません。

手を膝や太もも前に添えて補助しながら行いましょう。

ぜひ、ご活用して頂ければ幸いです。

カラダの痛みや疲れ、動き辛さなど不調、パフォーマンスUPでお困りの方はご連絡下さい♬

当治療院では、丁寧に早く細かく確実に成果に繋げます。

是非ご利用下さい。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

少し気をつけるだけで全然違う!灼熱の暑さを乗り切るコツ

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

今回は、夏の暑さに負けないコツについてご説明します。

熱中症で10人死亡 搬送2600人超 (毎日新聞)

今年は梅雨明けも早く、連日全国各地で猛暑の日が続いてます。

「暑い」という感覚は、脳に働きかけられると、カラダがエネルギーを節約する働きをし、カラダの動きを鈍らせてしまいます。

Impaired exercise performance in the heat is associated with an anticipatory reduction in skeletal muscle recruitment.参照

カラダが動きづらくなれば、仕事やスポーツでも一つ一つの動作で労力を必要以上に使うので熱が生み出されやすくなります。

カラダに熱が生み出されれば、汗をかき熱を発散させようとします。

ですが日本の夏は高湿度な故、汗がなかなか蒸発しにくい!!

汗をかくまでは良いのですが、蒸発せずにまとわりつくので厄介です。

汗がまとわりつけば、暑いという感覚が増長してしまいます。

「暑い」という感覚が増えれば・・・上記のサイクルでどんどんカラダの動きが悪くなって、汗が止まらなくなり、熱中症に陥りやすくなるのは想像に易しといったところでしょう。

ちなみに、体重の約2%ほどの水分が失われると身体機能、脳機能ともに著しく低下します。

Dehydration Impairs Cognitive Performance: A Meta-analysis参照

◎暑さに対応する方法

ということを踏まえて灼熱の暑い夏に負けないように対応方法をご説明します。

汗を小まめに拭き取る
カラダ全体のストレッチングを行う
1回の水分補給で+2、3口多めに飲む

の3つです。

★汗を小まめに拭き取る

日本の夏は高湿なので、汗をかいても蒸発し難いです。

汗は蒸発して始めて体温を下げる役割となります。

逆に汗が皮膚についたままだと、「暑い」という感覚が増長し、更に発汗量が増えてしまいます。

カラダの動きも悪くなりますしね。

汗が皮膚にまとわりついているのであれば小まめに拭き取ることがオススメです!

★カラダ全体のストレッチングを行う

 

「暑い」と感じると、カラダがエネルギーを節約しようとして動きが悪くなり、全身が縮こまろうとします。

カラダが縮こまれば、空気に触れる体表面積が小さくなります。

体表面積が小さくなれば、熱の発散量が少ないです。

ですので、カラダ全身満遍なくストレッチングを行い空気に触れる体表面積を増やすことがオススメです。

「ストレッチくらいじゃ、そんなに変わらないよ・・・」と思われるかもしれませんが、侮ることなかれ、ヨガを行っている人とそうでない人では体表面積は結構違います。

特に、体幹部のストレッチングが十分か否かでかなり変わりますよ。

たった1cm遠く腕を伸ばせれるようになるだけでも熱発散量は大きく違うのです。

カラダの体幹部から末端部にかけてストレッチングを行っていきましょう。

★1回の水分補給で+2、3口多めに飲む

「小まめに水分補給するだけじゃいけないの??」

と思いますよね?

日本人は特にですが、、、

1回の水分摂取量が少ない!!

傾向にあります。

小まめに水分を摂取するとして、1回の摂取量は約200mlです。

ですが、約7割強の方がおよそ100ml~150mlくらいしか摂取できてません。

一口の飲水量は約20mlです。

1回の水分補給の時に意識的に2、3口プラスして飲みましょう。

それだけでも熱中症対策、夏バテ対策に大いに貢献しますよ!

◎正しく暑い夏を乗り切りましょう

今回は、猛暑続きの夏を乗り切るためのコツについてかきました。

ちょっとしたことですが、意識して行って頂けるだけで「暑さ」によるカラダへのダメージ、カラダの動きやすいorにくい、熱中症への対応など大きく良い方向に違います。

ぜひ、ご活用して頂ければ幸いです。

カラダの痛みや疲れ、動き辛さなど不調、パフォーマンスUPでお困りの方はご連絡下さい♬

当治療院では、丁寧に早く細かく確実に成果に繋げます。

是非ご利用下さい。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

リハビリ成果やスポーツパフォーマンスを飛躍的にUPする内的キューイング&外的キューイング

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

お久しぶりのブログ更新になります。

平昌オリンピックでの日本人選手の活躍が大いに励みになりますね。

さて、よくリハビリやトレーニング、スポーツの練習、姿勢を正すなど・・・のフォーム作りで、

「あれ?ちゃんとやっているんだけどな…」
「何でうまくいかないんだろ…」

と思うことありませんか?

自分自身のフォームに改善点、ダメだしがあるのは分かっているけど、変えようにも変えられない…何だかもどかしいですよね。

それらのフォームを最適に変えれば成果も今まで以上に十分に見込めるというのに・・・。

あなたはどのようにフォーム改善しようとしてますか?

なかなか変えられない人は、意外とフォーム改善への“キューイング”アプローチが曖昧だったりしてます。

そんなフォームを正そうと思ってもなかなか巧くいかない人にオススメ!

今回は、リハビリ、トレーニング、練習、姿勢改善にも大いに貢献するフォーム改善の内的キューイング、外的キューイングについて書いていきたいと思います。

◎内的or外的キューイング

先ず、内的および外的のキューイングについて簡単に説明します。

キューイングとは、IT用語ですけど、カラダを扱う分野においては、受けている本人に対して動作を変えるための適切なタイミングでの指示出しの意味になります。

内的キューイングはというと・・・、

見た感じそのままに自分のカラダをコントロールできる範囲で修正し動かさせること
(例:猫背になっているので背筋を伸ばそう)

外的キューイングは・・・、

カラダに何が起こっているのかをイメージさせてカラダを修正させて動かさせること
(例:息を吐くいた時みたいにお腹をギュッと締めて髪を上から引っ張られるように伸びると猫背が改善するよ)

この内的または外的のキューイングどちらが良いというわけではなくて、

どちらも重要です!

ですが、この二つのキューイングの役割をごちゃ混ぜになって使ってしまっているのでは、フォームを改善しようにうまくはいきません。

◎フォーム改善には・・・

では、なぜ?フォーム改善がスムーズに行われ難いかというと…、

内的もしくは外的キューイングに偏り過ぎている

ということが言えます。

内的or外的バランスよく使いこなしていくことがフォーム改善には適してます。

実際では、この内的キューイングと外的キューイングのどちらを行っている人が多いかというと…

ほぼ内的キューイング!

理由は簡単で、見た目的に分かりやすいから!

そりゃーそうで、外的キューイングでイメージを作っても「どうすればイメージ通り動かせるの?」みたいに曖昧なものよりは、やはり実際に見た目的に変えようとする分かりやすい方が取り掛かりやすいに決まってます。

外的に偏っている人は少数ですが、机上で物事を考えてしまうタイプに多い印象です。

また、外的イメージは同じフォーム改善するにも個々によってそれぞれアプローチは別々になり、決まったものがない分ややこしいです。

◎それぞれのキューイングの長所&短所

でもね、内的キューイングは分かりやすいという側面がある一方で、

アウター優位に働きやすいということ

が挙げられます。

これには良い面も悪い面も含まれます。

長所的には、パワーやスピードなどの分かりやすい要素がUPすること。

アウターの筋はカラダの表面にあるデカイ筋肉のこと…主にカラダの見た目的動きを行うもの

短所的には、見た目のフォーム(形)作りを最優先した場合、どうしてもカラダの動かし方の機能が二の次になりやすいことがあります。

要は、自分ではカラダの動き制御しにくくなるということ。

無理矢理にでも形に動かそうとすれば、それなりに無理難題な動かし方になってしまいがちです。

逆に、外的キューイングは人それぞれで分かりにくいし、イメージした通りにカラダが動かせるようになる為には、機能に必要な筋力や柔軟性の獲得も必要で取り掛かりにくいです。

反面、

インナーユニット→インナーコア→アウターの順でカラダを動かせれるようになる

というカラダの動かし方が自在になりやすく、フォーム作りに間違いがおきにくいのが特徴です。

これは論文ベースでも結構言われていることです。

論文ベースでは外的キューイングの方が効果的というものが多いです。

これは、筋の働くタイミングが宜しくない選手が多いという見方も出来ます。

それらの特徴を加味して、内的キューイングはザックリとしたPostural(全体的な)の機能をまとめるもの、外的キューイングは細かく縁の下の力持ち的なFocal(部分的な)の機能をUPするものということになります。

◎結局どうすればいいの?

ちょっと話逸れがちですが、分かりやすくまとめると、内的、外的それぞれのキューイングの特徴を鑑みれば…、

先ずは外的キューイングでイメージ作り、細かいFocal(部分的な機能)を働かせること、筋の働くタイミングをマスターすること。

次に、内的キューイングでより大きく力強い働きを行えるようにしていくこと。

この順序が今のところ良いのではないかなぁ~と。

体幹部の機能の話でもくどい様に出てきていますが、やはり先ずはカラダの動きの機能を正常に発揮するためのカラダの準備を整えておかない事には、カラダが十分に働くどころか逆にケガのもとになってしまうリスクも考えられますので。

まぁ、内的、外的どちらでも、ちゃんと伝わらなきゃ意味がないんですけどねw

ぜひ、ご参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに、下の動画はfacebookでもUPした当治療院で行っている胸郭から体幹→股関節の機能UPのトレーニングの一場面です。

カラダが持っている能力の最後の一伸びを気付かせて、発揮させるのがキューイングの持ち味の最大の魅力ではないかと思ってます。

(最後にググッと股関節の曲がりがしなやかに強く発揮出来るようになるのが分かるかと思います)

外的→内的にキューイングしていくことで、本人も気付いてなかった能力を発揮することに繋がってますよ♪

ぜひ、参考にしてみて頂ければ幸いです。

 

少しでも「本当の意味での健康になること=伸び伸び自由にカラダを動かして頑張れる」ことが一人でも多くの人に広がりますように♪

カラダに痛みや疲れへの対処、パフォーマンスUP、美脚づくりなどのトレーニングは当治療院で万全に対処できますので、是非ご利用下さい。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

 

カラダが健康的に楽に動かせるようになる動画集その1

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

昨日のブログ記事にも書いてますが、このブログだけでなくfacebookfacebookページtwitterなどで色々と情報発信しております。

「日々の充実度が丸っきり違う!楽に自由に伸び伸びカラダを動かせれるようになることの恩恵」参照

ありがたいことに、色々なご感想を頂いております。

感謝!

 

昨日のブログ記事でもお伝えしてますが、当治療院のモットーとして、

楽に不自由なくカラダを動かせれるようにする

というものがあり、生活、仕事、スポーツ等においてカラダを伸び伸び自由に動かせて日々充実できるようお手伝いできればと考えております。

ですので、このように地道な情報発信が少しでも報われて、私自身も救われた感じがしております。

さて、今回は、facebookfacebookページtwitterなどで載せている動画をまとめたものその1(6つ)をご紹介していきたいと思います。

これで全てが解決するものではないかもしれませんが、今まで以上に生活、仕事、スポーツ等においてカラダを伸び伸び自由に動かせて日々充実できること間違いナシなものです。

ぜひご活用して頂ければ幸いです。

【寒くて忙しい時のその場凌ぎな肩こり解消法】
寒くて忙しい時期に起こりやすい肩首背中の凝りのメカニズムから導き出した簡単エクササイズ

10〜20cmくらいのモノをカラダの横で、真後ろに向かって水平に押すだけ。

20〜30秒くらいを目安に行って下さいね♬
呼吸は止めずにゆっくりと♬

【雪掻きのカラダの使い方にちなんだ腰痛解消ストレッチ】

①片膝立ち
②反対側の足を前にして足先を上向き
③膝立ち側の手で反対側の足の小指側を掴む
④深呼吸して吐くときに膝を少しずつ伸ばす
⑤深呼吸5回前後して反対側に交代

その場で片側1分くらい計2分前後で出来ますよ♬

【雪掻きのカラダの使い方にちなんだ肩・背中-腰上にかけての楽になるストレッチ】

①立ったまま(座って背筋を伸ばした状態でも可)
②腕を前に出し両手の親指の向き下(手の平の向きは外)
③両腕を交差して手の平を合わせる
④深呼吸して吐くときに少しずつ手先をモノを前に押し出すように突き出す
⑤少しずつ頭を両腕の間に埋めていく
⑥深呼吸5〜8回前後して反対側に交代

その場で片側1分くらい計2分前後で出来ますよ♬

【ヨガのエッセンスをふんだんに盛り込んだスポーツパフォーマンス向上エクササイズ】

正座からカラダを前に曲げます
片手の平を上、反対手の平を床に
深呼吸で息を吐く時に手の平が上の腕を前に押し出していきます
④深呼吸2,3回行った後に両手の平の向きを逆転して同様に行います
5セットくらい行いましょう

【カラダのパフォーマンスを引き出すヨガエクササイズ】
※ピラティスの要素も入ってます

①膝立ちの状態から片足を大きく前に出します
②両手を前足の側面に置きます
③後足の膝を浮かせます
④前足側の腕を横に挙げて伸ばし手の平を上に向けます
⑤そのまま挙げた手を真後ろへ
(目線は後ろの手の親指)
⑥深呼吸を5回ほど入れ左右交代

※2、3セット行いましょう

終わった後、一気にランパフォーマンスが飛躍的にUPします。
(脚の出方、背中の使い方、膝の使い方、股関節の動きなど)

【立ち姿勢&座り姿勢過多で崩れたカラダのバランスを取り戻すヨガエクササイズ】
※ピラティスの要素も入ってます

①椅子に座ります
②片脚を上げます(キツイ人は椅子の座面に足を乗せましょう)
③手を脚の内側から通して小指側を掴みます
④反対側の手を前に伸ばしてから手の平を上に向けます
⑤伸ばしたまま後へ(目線は親指)
⑥深呼吸を5回ほど入れ左右交代

※2、3セット行いましょう

終わった後、カラダのスッキリ軽くなり動き方が格段に良くなりますよ

以上、facebookfacebookページtwitterなどで載せているカラダが健康的に楽に動かせるようになる動画をまとめたものその1(6つ)をご紹介しました。

どれも、今すぐに出来るものばかりです。
どれも、特殊な道具を使わなくても良いものばかりです。

善は急げ!
鉄は熱いうちに打て!

早速、ご活用頂ければ幸いです。

施術を受ける、トレーニング&エクササイズを受ける、ブログ等で得たものを実践してみる、・・・ほんのわずかな行動で日々の充実度がガラッと豊かに彩りが生まれます。

何しろ人は日々カラダを動かすことで生活しているのですから・・・。

少しでも「本当の意味での健康になること=伸び伸び自由にカラダを動かして頑張れる」ことが一人でも多くの人に広がりますように♪

カラダに痛みや疲れへの対処、パフォーマンスUP、美脚づくりなどのトレーニングは当治療院で万全に対処できますので、是非ご利用下さい。

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。