ストレッチは工夫すればするほど効果は跳ね上がります!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

カレンダー2

「ストレッチは正しいやり方でないと効果はないよ!」
「ストレッチはちゃんと意識して行わないと効果ないよ!」
・・・

昔から色々と言われていることではあります。

ストレッチは、本当に型どおりの行わなければ効果は出ないのでしょうか?

ストレッチの効果の云々は置いておいて、ストレッチに関しては種類も多く、シーンによって使い分けしているという方もいらっしゃるので気になるところではないでしょうか。

当治療院でもストレッチの指導には並々ならぬマニアックさがございます(笑

当ブログでのストレッチに関する記事はコチラをクリック!

毎日、論文、書籍を漁って学んでますが、これらを踏まえて思えるのが、

ストレッチって決まった型なんてない!?

ということです。

当治療院では、数年前からストレッチを指導するにあたって、既存の形作ったものを考えなしでそのまんま教えることはなくなりました。

日々変化している目の前の人のカラダの状態を常に考慮に入れて、その時その時に合わせたものを提供させて頂いております。

今回は、既存のストレッチの型からちょっと一工夫するだけでも効果は数倍跳ね上がりまっせということの一例をご紹介します。

◎既存のストレッチを一工夫するだけで…

先ず、よくあるストレッチの例から…

(笑顔はプライスレスですw)

このよくある上半身(主に腕)のストレッチ。。

腕の上腕三頭筋やら側胸部が主に伸ばされる部分ですね。

これはこれで気持ちよく伸びて悪くはないのですが…、

これにプラスして伸ばす側の足を90度外側に開いて行うことで、

追加たったこれだけw

・よくある大腿骨頭(太ももの骨の上)が前方にグライド(滑る?ズレる?)を防ぐ、改善する役割があります。

※だいたい15秒~20秒ほど行っていると骨盤の上が外後方にスライドしていく様が出てきます。

これは、何を意味するのかというと…

グローインペイン(股関節の痛み)の予防、改善にも役立ちますし、腸腰筋の筋出力アップ(是正)にも役立つので、いわゆる老化で足腰が弱っている方、スポーツ動作の向上などにも役に立ちますよね。

鼠径部(脚の付け根の溝の部分)、恥骨付近(股の付け根)に掛かる負担を減らせるので(短内転筋、小内転筋からの)、その辺の痛みや違和感がある方には有効です。

・内腹斜筋(ウエストを絞る筋)の活性化しやすく、いわゆる体幹筋の機能向上する役割があります。

※15秒ほどでウエストまわりが伸びてきます。

内腹斜筋の細かい説明はさておき、ここが機能低下しちゃうと呼吸が浅くなってしまい、横隔膜や腹横筋などのコアマッスルが機能しにくい状態をつくっちゃいます。

言わずもがなですが、コアが働き難いと、カラダのバランスガ取りづらくブレブレになりケガが起こるリスクはグッと高まりますよね。

それを予防する役割もこのストレッチエクササイズは有効です。

このストレッチエクササイズは、内腹斜筋を活性化させることになるので、ウエスト周りがスッキリ見せれるようになります。

・ふくらはぎ(主に腓腹筋)から伸びる力(エキセントリック コントラクション)がカラダの上半身に働くことで立位でのバランスが良くなります。

小難しいことは置いておいて、簡単にいうと、地面からの反発が得られやすく背筋がピシッと伸びる感じですね。

ふくらはぎの筋(主に腓腹筋)って、気付いてない人が殆どなのですが、大体縮んだ状態です。

単純に重力に抗しようとして筋肉の長さが短くなってしまっています。

その状態のままだと、カラダのバランスがとりづらいんですよね。

要は疲れやすいんです。

ふくらはぎのトップ部分(一番盛り上がった部分)も下がりがちで、足のラインも崩れ短く見えてしまうんですよね。

このストレッチを取り入れると、地面からの力がふくらはぎ、太もも裏を経由して、お尻にも力が入りやすくなります。

そしてヒップライン、ふくらはぎのトップラインが上がり、見た目の脚線美が細く長く見えるようになります。

また、伸ばす側の足を内側に90度閉じて行うことで、

追加たったこれだけ

・中、小臀筋(お尻の細かい筋)の機能の活性化する

※30秒ほど行うと、体重の乗り方が左右バランスよく均等になっていくのが分かるはずです。

これは、スポーツを行う上でも、日常の移動などで歩く際にも大事な事ですが、骨盤の横ブレを防ぐ大事な筋肉の機能UPになります。

意外と使われてないんですよね。日本人は特に。

なかなか刺激が行き届き難い部分でもありますし。

骨盤のブレを減らすことは、腰痛などの予防にもなりますし、改善の一助にもなります。

スポーツや日常での移動する際のカラダのストレス軽減にも貢献しますしね。

・腰部が安定し股関節が動かしやすくなる

※ストレッチを行っていくと、仙骨(骨盤の後の真ん中の骨)が後傾(立ってくる感じ)して背骨が伸びる感じ

90度内側に閉じて、このストレッチを行うことで、腰椎・骨盤部(腰まわり)がロッキング(余計な動きをシャットアウト)して股関節まわりの筋肉が動かしやすい状態ができます(他からの干渉を防ぐ)。

股関節まわりって、自分で動かしているようで、他の部位からの影響力をモロに受けやすい特徴があります。

例えば、頷いただけでも股関節の動きをコントロール出来てない人は内旋して膝が内側に入りやすくなります。

これってケガのもとですよね。

こういうのを防ぐために股関節まわりを単独で動かせれる様にしておくことは大切です。

腰椎・骨盤部(腰まわり)がロッキング(余計な動きをシャットアウト)させると、骨盤回りの深い筋肉(外旋六筋)の活性化して骨盤の安定力が格段にUPします。

骨盤まわりが安定すれば、自ずと股関節が動かしやすくなります。

股関節が動かしやすくなれば、カラダを動かす際の疲労度が違ってきますよね。

スポーツシーンにも役立ちますよ。

・足首捻挫の改善、後遺症の軽減に繋がります

ここで動きが出るのは、主にヒラメ筋だったり、膝窩(カ)筋だったりです。

足の外側から膝裏の筋肉が働きやすくなるっちゅやつです。

先の足を90度外側に開いて行うストレッチと合わせてなのですが、足首まわりの関節のポジションを直したり・機能調節だったりが出来ます。

足首の捻挫が原因とかで、足首が固くなっている、うまく反れない、なんていう方には良いのかもしれません。

地面からの力をしっかりと受けれるようになれば、足首の捻挫からの改善、予防には大いに役立ちますよ。

◎工夫次第で効果は変わります

以上、簡単にですが、既存のストレッチの型からちょっと一工夫するだけでも効果は数倍跳ね上がりまっせということの一例をご紹介しました。

今回は、当治療院でも行っているものでシンプルなものをご紹介しました。

ストレッチにしろトレーニング、エクササイズ、リハビリにしろ、やはり大事なのは、

目的

です。

目的に対して、どのようにストレッチ(伸ばしていくか?)なり、トレーニング(鍛えるか?)なりエクササイズ(動かしていくか?)なりを組み立てて工夫していくか?が重要なのです。

どんなに素晴しいツール、どんなに素晴しいトレーニング方法、どんなに素晴しいエクササイズ手法、どんなに素晴らしい施術方法や理論があったとしても、目の前の人の目的に対してフィットしていなければ何の意味もないのです。

あるものを出して行われているところは多いのですが、工夫している(カスタマイズしている)って当たり前なようだけど意外と抜け落ちていることなのかもしれません。

本当に「たったこれだけ?」っていう工夫だけでも、出てくる効果が大きく違ってきたりもします。

何も考えず既存の型のまま行うのではなく、その都度その都度最大限に効果を出せるものに工夫してみてはいかがでしょうか。

そうすることで、日常生活でも、スポーツでも有意義になること間違いなしです。

是非、行ってみてくださいね。

カラダの痛みや疲れ、トレーニング&エクササイズなど、ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中