トレーナー活動で大事にしたい自分の足で現場を回る大切さ

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

「来週(7月31日~8月6日)の開院日程のお知らせ」のブログ記事でもお知らせしている通り、今週は開院時間が不規則になり恐縮ですが、ユニバーシアード(大学生のオリンピックみたいな位置づけ)の日本代表選手の合宿にトレーナーサポートしております。

今回は、練習補助、ケア、コンディショニングに加え、トレーニングやストレッチのセッションも行っております。

それとは別にK大学の学生トレーナーさんが勉強に来ていまして、何だかんだで慌しく動きまくっております。

私が教えれる立場かどうかは微妙ですが…。

トレーナー業務は幅広く膨大な故、教える・伝えることは多いのですが、今回は一つだけ…、

とりあえず、現場を自分の足で回る

ということを学生さんたちにはお伝えしてます。

「現場を…回る?ってどういうこと?」って思われますよね。

学生トレーナーだけにとどまらず、医療従事者系のトレーナーにも少なくないのですが…、

一箇所に留まってテーピングやらコンディショニングマッサージやらアイシングやらを行うことが多くなる…

ということが言えます。

要はブースなどで自分の持ち場から目の行き届く狭い範囲内でしか活動していない…ということが意外と多いということです。

「現場を回る」ということは、一度練習や試合環境、観客席、スタジアム出入口も含め、その競技、練習などに関わる所は出来る限り実際に動き回ってみるということです。

そして、考え得るリスク因子を洗い出して対策を練って対処していきます。

これって、実際に自分で確認しなければ分からないことって結構あります

実際に自分で確認するか否かで想定し得るリスクマネジメントの幅は雲泥の差に広がります。

私的には練習や試合で活動する際、ありとあらゆるリスクに関して対処のシュミレーションしてから活動していますが、シュミレーション出来てないリスクへの対処にはどうしても後手後手に回ってしまいます。

実施に自分で現場を確認していないと、リスクが想定できないのでシュミレーションできるはずもありません。

意外とこの実際に自分の足で回ってみることやってない方少なくないんですよね。

試合だと、プログラムの記載確認だけで終わったりする方も・・・です。

例えば今日もあったのですが、場所によっては陽を遮るものがなく直射日光で暑さが厳しくなったり、道路状況によってヒビや傾斜などあり、ケガしやすくかったりするので、その辺をどのように把握し対処するのか否か!?によって練習でのケガのリスクが全然違います。

他にも水泳選手に捻挫が多い理由も実際の競技中、練習中ではなく、練習・試合外での会場の段差で捻ったりするのもあります。

バスケットボールやハンドボール、バレーボールなどはコートとベンチの距離だったり、体育館のフロアの摩擦だったりを知る知らないでケガのリスク管理はかなり違ってきます。

「そんな小さいこと気にしたってしょうがないじゃないか・・・」って言われるかもしれませんが、こういう小さいことでケガに発展する率はそんなに低くもないです。

そういう余計なリスクを排除することが選手の危機管理を行う上で重要だと思われます。

できればケガを起こさないようにする、できれば選手にストレスを少なくプレーに集中させる、できれば選手・監督、コーチ間の意思疎通をスムーズに行えるようにする、…などなど…。

私的にはトレーナーのお仕事の場合、この様にできるだけ選手の自主性を引き出しやすいようにすることが重要だと考えてます。

ですが、余計なリスクがあって集中が削がれてしまうのは論外です。

もちろん、テーピングやマッサージ、ストレッチ、アイシング等の必要性は重々承知なのですが、それは選手の自主性を尊重して必要になれば行えばということ。
※そのために準備・練習しておくことは必要ですけどね

よく、先ずはテーピングから、先ずはマッサージから、…っていうのは、甚だ疑問です。

そういうことがメインとなってはトレーナーの仕事というよりは出張診療と何ら変わりません。

トレーナー活動で大事なのは選手にとって安全に円滑に試合、練習を進めれるということ。

目が届く範囲だけのことしか行えない場合、医療機関みたいに選手と術者という関係で、そこには圧倒的主従関係みたいなものが出て“依存”になり選手の自主性を引き出すのに手間が掛かってしまいます。

それだと、トレーナーのお仕事としては??な感じだと考えてます。

室内競技であろうと、屋外競技であろうと、リスク管理として余計なケガや疾病など出さない為に先ず自分で確認して余計なリスクを出来るだけ潰しておく…

私がいつもトレーナーのお仕事として肝に銘じていることを少しの時間ですが、実際に教えながら実践して頂きました。

少ない時間ながら、最後には目がキラッキラさせてヤル気に満ちてましたw

何かしら彼ら彼女らのトレーナーに対する考えの軸が出来たようで嬉しかったですね。

質問攻めにも会いましたしw

少しでも、今後の彼らの糧になれば幸いですね。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中