カラダをうまく使えるようにするために必要なことと当治療院での実践例

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

当治療院に来られる方からのご相談で、

カラダがうまく使えないんですよねぇ~・・・

なんていうことをよく聞かれます。

この手の相談事は今に始まったことではなく、一昔前から色んなところで聞かれることでもあります。

カラダがうまく使いこなせれば、ケガは減るはず…
カラダがうまく使いこなせれば、もっとパフォーマンスは上がるはず…
カラダをうまく使いこなせれば、もっと作業効率が上がるはず…

意外と多いこのような課題…。

自分のカラダなのに・・・、自身の弱点に気付いていないのならいざ知らず、使えないことが分かっているのに出来ないって分かって頑張っているのに「うまく使えない・・・」って何だか不思議ですよね。

なぜ?そのような使えないということが起こるのか?

そして、その改善する方法は?

今回は、カラダのポテンシャルを引き出すために当治療院で行っていることを踏まえて説明していきたいと思います。

◎カラダは意識しても使いこなせない

よくありがちなものとして、「○○(部位)を使うように意識しているんですけどね・・・」なんていうことありませんか?

そもそも、ヒトはカラダを動かすことを意識して行っているものと勘違いしています。

事実はその逆で、十中八九の割合でカラダの動かし方は無意識に積み重ねられたもののもとで行われています。

「無意識って、そんなことないでしょ!?」って思っちゃいますよね。

例えば何も言わずに走る時、今までの環境下でどれ程に走る機会があって、どういう走りを積み重ねてきたかで今現在の走るフォームというものが築かれています。

ちょっと「腕を大きく振ってみよう」「脚を真っ直ぐに出してみよう」…なんて思って行ったとしても、そのフォームが直ぐに変わることは殆どないはずです。

今までの過ごしてきた環境で得てきた経験や知識、慣習などによって構成されて自動化されたものの中から意思決定したものを“意識する”というカタチとして動かしているわけです。

つまり、もともと意識して動かしているものは、今までの蓄積によって生れた動きということになります。

それなのに、いくら正しい、効率的な、力強い、速い、…な動きだからといっても、イキナリそのように動かそうというのは無理があるというものです。

シンプルに考えて、今までそういう動きは出さず、慣れ親しんだ動きに筋力や柔軟性などを使ってきたわけなのですから。

その意識して動かそうとしても、それに見合った筋力、柔軟性、筋‐神経反射などをスタンバイ出来ているわけではないので、なかなか動かせない、使えないのは当然といえば当然のことになります。

ここを理解していないと、意外と先には進めません。

◎使えるカラダになるために・・・

では、どのようにすればいわゆる“使えるカラダ”になれるのでしょうか?

それとも、今まで培ってきた無意識の動きには敵わないので諦めるべきなのでしょうか?

カラダの動作を使えるように作ることを諦める必要はありません。

いわゆる“使えるカラダ”にしていく為には、「動けるカラダを明確にイメージできているか?」が重要になってきます。

そのシンプルな方法の一つとして、

あえて動きの制限を作ってみる

というのがあります。

「動きを制限ってどういうこと?」って疑問に思われるのではないでしょうか?

これは、何でもかんでも動きを制限するというわけではなくて、今まで気付かなかった無意識下で行っていた動きを制限して色んな動作を行ってみるというものです。

例えば、「いつも左足から歩き出そうとしているのを制限して右足から歩き出してみる」みたいなものです。

このようにたった一つだけの動きの制限を作ることでも以下のことが分かってきます。

・動きにくい違和感は、筋力や柔軟性が足りないなど自分のカラダの弱点である場合が多い
・意識のポイントがクリアになる
・自分自身の動きのカタチとして落とし込みやすくなる

の3つが動きを制限することで得られる利点(メリット)です。

先ほどの例であれば、右足から歩き出すことで…、

右足から出す時に「どこに」「どのように」違和感があるか?
どのような感覚で右足から出そうとするとスムーズに出せるか?
自身のイメージ通りに動かすには、どのように動かすのがベストか?

っていうことを考え実践していくだけで、自身のカラダをうまく使おうとすることにグッと近付きます。

要は、

自分のカラダの弱点が分かるので、そこを鍛えれば良いし、
ドコをどのように意識して動かせれば使えるようになるか分かるし、
自分自身の目的とする動きのイメージが明確になるし、

といった具合に

「自分自身が目指す動き」がハッキリすることで、努力の方向性が間違えることなく最短で動きを習得できるようになる!

ということですね。

◎当治療院のカラダをうまく動かすexe一例

当治療院で行っているセッションの中に取り入れているものや、スポーツ選手や指導者向けセミナーなどで取り入れて行っているものの一つをご紹介します。

ぜひ、ご参考にして下さい。

使うのはソフトなボール一つです。

無ければ、風船を膨らませたものやバスタオルを丸めて形が崩れないようにしたものでも代用可です。

あまり重くならず、柔らかめのものが良いですね。

※安全上落ちてもケガしないものが良いです

①ボールを持って肩関節を90度くらいに曲げて腕を真上に伸ばす

②ボールを持つ腕を地面と垂直にして真上にキープしながら他の部位を使って起き上がる

③起き上がってからボールを真上にキープしながら①の状態に戻る

これは、ボールを常に真上にキープしておくという決まり事を設定しておくことで、普段自分が行いやすい動きを制限する役割があります。

この時に自身のカラダの動きの中で、【「どこに」「どのように」違和感があったか?】【どうすれば動作がスムーズになるか?】【自分のイメージした動きの差は?】などを出来るだけ詳細に感じて考えましょう。

このエクササイズの動作は実際に行ってみると案外難しいもので、ボールを持つ腕を地面と垂直にしながら真上にキープし続けながら、このように起き上がっていくためにはカラダの筋力、柔軟性などが必要になります。

少し説明すると…、

・広背筋などの背中の筋力
・呼吸のリズム

・胸郭の可動性
・腹筋の筋力
・ハムストリングスなどの足後側の柔軟性と筋力
・骨盤の可動性と筋力
・腸腰筋などの筋力
・・・

などなど結構盛り沢山の要素が必要になります。

これらの要素のうち何かしら欠けている場合、このエクササイズのどこかの過程ができません。

ex.胸郭の可動性、広背筋の筋力がなければボールを持つ腕が地面と垂直にキープできない→肩に負担が掛かって痛みやすい
ex.ハムストリングスの筋出力が発揮できなければ左右にカラダがブレてしまう→腰痛の原因になるかも
ex.腸腰筋の筋出力が発揮できなければ最後の立ち上がる時に体勢が崩れてしまう→膝や腰のケガにつながりやすくなるかも
・・・etc

この例は、かなりザックリな感じです。

このようなエクササイズを取り入れるだけで、自分が無意識下で行っている動きに制限がかかり、自身の動きの弱点が明確になったり、自分が目指すべき動きのポイントが明確になります。

このようなエクササイズのメリットとして、他にも脚の回し方に制限をつける、ボールの持つ手を両手にする、起き上がりの向きを反対にする、・・・など色んなバリエーションを組めるというのもありですね。

自重でボールの負荷を変えてみたり(メディシンなど)、スタビライズ(一定の動作で留める)を行ってみたりすることで、このエクササイズ自体もトレーニングの一環として行うことも可能です。

特別この形に拘る必要はありませんが、見つけた弱点をどのように鍛えていくかは、コンディションを鑑みてその場で考え得るベストなものを選択すれば良いと思います。

ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

◎何が良いか?自身のベストなものを

以上、カラダのポテンシャルを引き出すために当治療院で行っていることを踏まえて説明していきました。

「うまく使えるようにしたい」
「使えるように意識したい」
・・・

など、自身のカラダがベストな動作を行えないのは、動作を行う準備が出来ていないそもそもどのような動きが自身にとってベストなものなのか?を分かっていないといったことが考えられます。

良い動作を生むためには、日々の良い動きに関する要素の積み重ねが必須です。

その為には、先ずは自身の動きのゴール設定を明確にしてあげることが大切になります。

しっかりと明確な理解と実践で、自身にとってベストな動作を獲得して頂ければと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中