ばね指を早くスッキリ改善する為に押さえておきたい大切なポイント

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

スマホやパソコンを使う頻度が一昔前と比べても格段に多くなってきた昨今、手の指の曲げ伸ばしが困難になってしまったり、手指を使う時に痛み出る「ばね指」の症状を訴える方が増えてます。

当治療院でも「ばね指」の症状を患ってご来院される方は少なくないです。

当治療院のばね指の施術ではかなりの改善率が高いです。

ご来院された方からは、その都度の施術後に「えっ!?こんなにスムーズに痛みなく動くようになるものなの!」みたいな感想をよく頂きます。

手指は日常生活でも一日の中でかなりの使われる大事な部位です。

ばね指は、なかなか治り難いとされてますが(症状が進行していれば要手術適応)、ポイントを押さえていれば意外と早期に改善することは可能です。

※もちろん症状の程度によります

今回は、ばね指をしっかりと改善していく為に押えておきたいポイントについて書いていきたいと思います。

◎ばね指

以前にもばね指のことについては当ブログにて書いてますが、簡単にばね指のことについて説明します。

ばね指は、いわゆる指の腱とその腱鞘の摩擦、接触による腱鞘炎のことを言います。

指の曲げ伸ばしを行う時に腱に摩擦や衝突で炎症が引き起こされることで結節(こぶみたいなもの)が出来て、腱鞘に引っかかりやすくなり、指を曲げ伸ばしの時にバネを弾く感じの動き(バネ現象)が出る事からばね指という疾患名が付けられています。

症状として、徐々に指の曲げ伸ばしがし辛くなって痛みも出てきて、最終的には指の各関節辺りに痛みや腫れ、熱感といった症状が強く出て指の曲げ伸ばしも困難になります。

先にも記した通り、朝起床時に関節の動きの悪さ、ポップアップ(弾くような動き)、それに伴う痛みが顕著に出るのが一番の症状の特徴です。

手をよく使う職業の人、妊娠・出産や更年期の女性、糖尿病、リウマチ、痛風に罹っている方に起こることが多い病気です。

◎ばね指は状態よりも状態に注目

ばね指は症状の進行度合いで不可逆的なもの(元の状態に戻りにくい)に捉えられがちで、治りに手間を要するのですが、突破口がないわけではありません。

ばね指の状態だけを見てみると、腱に出来ている結節を小さくするか腱鞘を切開するかの手段しかありません。

それだと症状の改善は難しいので、ばね指の状態に注目することがポイントです。

「ばね指の状態ってよく分からない・・・」って思いますよね?

要は指の骨・関節と腱の走行が一緒かどうか?ということを確認するということです。

指の筋腱は前腕から手首を通って、手根で各指の末端の方向に向かって伸びています。

例えとして説明すると、骨が線路でその上の腱が電車、腱鞘がトンネルといった感じです。

ばね指や腱鞘炎は、腱(電車)が腱鞘(トンネル)に衝突して事故になっている状況という様に例えれます。

腱(電車)が腱鞘(トンネル)をスムーズに通過できれば痛みや動きの悪さは起こりません。

当然、関節のつなぎが内外、上下にうまく繋がってなければ腱の通りが崩れ、腱鞘に引っかかりやすくなります。

これは腱に出来ている結節がそれほど大きくなくても引っかかります。

もちろん、腱に出来ている結節が大きければ少しの関節のズレでも腱鞘に引っかかりやすいです。

ばね指が慢性化して腱が肥厚(太く)しても引っかかりやすいです。

腱鞘の向きが腱の通る方向にそくしていない場合も引っかかりやすいです。

要はこれらの、結節の大きさの状態、腱の肥厚度合い、関節のズレの度合い、腱鞘の向きを考慮に入れて腱の通りをスムーズにすれば痛みや動きにくさはなくなります。

その為には、手の骨、関節、腱、腱鞘の走行が一緒で滑らかな状態かということを確認して、それら全部のバランスを加味して施術に活かして是正してあげることで早期の改善が可能です。

◎当治療院のばね指の施術は

当治療院では、ばね指の施術に関しては、カウンター理論を中心に組み立てて活用してます。

カウンター理論については、当ブログでちょいちょい書いてます。

「すげー効果ありまくり!世界の臨床力の恩恵は底知らず!」参照

少し難解な説明で恐縮なのですが、ばね指の病態の場合、骨格の作用反作用と腱の作用反作用は逆になる現象が起こります。

つまり、手指の各関節の内外、上下の作用反作用を是正してあげないと、腱と腱鞘は常に衝突しやすい位置関係になりやすいということなのです。

常に衝突しやすい位置関係はばね指の不可逆性になりやすい特徴の一つです。

ですので、手首から手根、指先に向けての各分節の隣接する作用反作用の力の発生を減らすことで、腱の通りが円滑になり、ばね指の症状が改善されます。

こういう状態を是正する時は、カウンター理論を活用するとかなり良い効果が望めますし、出てます。

もちろん、腱に起こる結節の大きさ、腱自体が肥厚し過ぎている場合は、これだけではありませんが、意外と腱の通りを円滑にするだけでも症状が改善します。

意外と、腱に起こる結節の大きさ、腱自体が肥厚し過ぎた状態でのばね指は少ないです。

◎よく使う手指だからこそ

以上、ばね指をしっかりと改善していく為に押えておきたいポイントについて書きました。

ばね指は、どうしても腱腱鞘の肥厚、腱に起こる結節の肥大に焦点がいきがちです。

それだと、なかなか改善し難いという現状があります。

先ずは手の骨、関節、腱、腱鞘の走行が一緒で滑らかな状態かどうか?ということを確認していくことに改善への手掛かりがあります。

ばね指は、最初は大したことないといった感じでも、後回しして放置しておくほど治りは悪くなります。

ですので、初期で症状が小さいうちの早めに対処しておくことが大切です。

慢性化した症状を短期で…というとになると、かなり難しく、結節が肥大した時、腱や腱鞘が肥厚し過ぎた時は手術も選択肢に入れなければいれないことを認識して頂けると幸いです。

そのことを踏まえて、施術を受けにいく為の参考にして考えて頂ければと思います。

手指は人間のカラダの部位の中でも特に使う頻度が高いので、出来る限り適切な対処で早目に改善していきたいものですね。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中