自分の能力を伸ばす効率の良い読書方法

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

一昔前では考えられなかったのですが、今では本を読む冊数、頻度が増えましたし、読書が特技欄に書けるくらいになりました。

以前にも何回か当ブログにも書きましたが、こんな私ですが、20代半ばまでは活字というものをまともに読んだことすらない全くの無知でして…、「これはヤバイ」と一念発起して読書を始めて今がある次第です。

読書は脳へ刺激を入れ活性させ、クリエイティブ(創造性)豊かな発想を出来るようになります。

また、脳への余計なエネルギー浪費を抑えて集中力UPに貢献します。

ご存知でしょうか?

一昔前に比べて全体的な読書量は減っているという事実があります。

実は、読書量が減っている背景にはスマホやタブレットなどの端末の普及によるWeb社会でのマルチタスクの影響からの集中力低下があります。

マルチタスクは、作業生産性が約50%ダウン、作業時間が倍に間延びし、作業ミスも倍にUPすることが研究で分かっています。

要は読書や勉強などの集中力が持続しにくい環境であるということになります。

ですが、将来的に認知症予防などの観点からも読書した方が良いです。

今回は、効率良い読書のススメについて書いていきたいと思います。

◎同じ場所で本を読まない

どうしても読書というと同じ場所でジッと居続けながら本を読むということを思われるかもしれません。

ですが、意外かも知れませんが、同じ場所で集中力はそこまで続きません。

同じ場所に居続けながらの作業は、どうしても単調になってしまい集中力が散漫になってしまいやすいからです。

基本的に同じ場所に居続けるながら作業を行う際の集中力の持続時間は、30~60分です(個人差あり)。

同じ場所に居続けている状態で、集中力が落ちてしまうと、集中力をなかなか元に戻すことが困難という研究結果もあります。

ということで、自分の集中力を持続できる時間をある程度把握して、その都度場所を変えて読書することは有効です。

場所を変えるといっても、同じ部屋のベッドからソファに移動でも良いですし、座って読むから立って読むなど体勢を変えることだけでもOKです。

要は、自分自身の環境に変化を与えることで、集中力が高いレベルで維持できます。

また、集中力の回復インターバルが少なく出来るということも利点です。

◎アウトドアで

アウトドアで読書というと、「運動より読書を優先させるの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

読書環境を外に求めるのも手段の一つになり得ます。

というのも、集中力を作り出すためには脳の活性化が重要なポイントになります。

その脳の活性化に必要なのがBDNFと呼ばれるタンパク質です。

BDNFは、脳の新しい神経を作ったり、古い神経を修復したりして脳神経や機能の発達を促します。

つまり、ザックリ言うと「頭を良くする物質」でBDNFが増えるほど脳の働きも良くなるということです。

このBDNFは、運動を行うことである程度増えることが分かっていますが、グリーンエクササイズといって「外出して日光を浴びる」ことでも増えます。

グリーンエクササイズは、森林浴的な感じで緑のある場所がオススメですが、外出することがメインになりますので、緑がある場所は絶対条件ではありません。

ということで、外でのんびり読書を行うことも読書を捗るためには有効です。

◎動きながら読む

私的に一番オススメなのが「動きながら読む」ということです。

動きながらといってもアクティブに動くというのではなく、歩き回りながら読書するということです。

部屋の中を歩き回ったり、外で公園などグルグル歩きながら読書したりします。

「本当に効果あるの?」と思われるでしょ?

この読書方法が意外かもしれませんが、読書スピードも内容の理解度も高いレベルになることが分かっています。

まぁ、周りから見れば変な人みたいに見られると思うかもですが…。

なぜ?この方法が有効かというと、脳内物質であるドーパミンが出ることによって、興味、高揚感、集中力、記憶力UPにも貢献します。

要は脳の負担を減らしつつ、注意力、集中力をUPすることで読書や勉強の効率性を上げることができるようになります。

◎読書の有効活用を

以上、効率良い読書のススメについて書きました。

読書って、どうしても勤勉なイメージになるのかもしれません。

確かに新しい知識を入れるという側面だけで見ればそうなのかも知れませんね。

ですが、日常生活においてもスポーツにおいても脳を活性させて集中力をUPすることに貢献します。

また、認知症の予防や脳血流が増えることで脳梗塞など血流障害も起こりにくくします。

その為には、積読だけではなく実になる読書を行いましょう!

ぜひ、日々の生活に読書を取り入れてみてくださいね。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中