確実に効果が得られるリハビリやトレーニング&エクササイズを教わる時のポイントとは

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

当治療院にご来院される方は、ある程度薄っすら勘付いておられる方もいらっしゃるかと思われますが、ご自宅や部活動などで行っていた頂くホームワーク、治療院でセッションするヨガやピラティスなど…、トレーニング&エクササイズなどを実践する際にお手本として実践・説明を入れます。

こう見えても(どう見える?)セッションやトレーニング&エクササイズ、ホームワークなどを教えるのは上手な方です。
※色んな所で「あ、なるほど分かりやすい!」「出来るようになった!」ってよくビックリされながら言われますw

よく、「実践出来てなければ、まともに教えることは出来ない…」という言葉は聞かれた方もいらっしゃるとは思います。

目の前の人の目的に対してどれくらい貢献できるのか?ということを考えた場合、実践できる?できない?の論点はまた別なのかなぁ~とも思えます。

大切なのは「実践できるようにする」ということだからです。

そこには1人称の感性感覚思考だけではダメです。

感性感覚思考から実践までのプロセスを作ることが大事になります。

今回は、トレーニング&エクササイズの効果を発揮させる為にできるプロセス思考のススメについて書いていきたいと思います。

◎教科書的なだけではダメな理由

ホームワークやトレーニング&エクササイズを教える際、やはり教科書的なものだけではダメで、「トレーニングしないと分からないこともある…」ということもあるのは事実です。

例えば…、

理論的にいうと、カラダの重心の掛かり方は腓骨の末端部の足の外くるぶしの真下に来るはずです。

ですが、実際の感覚的には重心の掛り方は足の外くるぶしの真下に来ているでしょうか?

またカラダを動かそうとする時、教科書的にいえば軸中心に動きがあります。

実際に関節部が動いているのですから、関節部に動きを感じなければいけません。

ですが、実際には関節部から動かしている感覚は感じられるでしょうか?

いわゆる教科書的やフォーミングとしてはその通りなのかもしれませんが、実際に動いて頂く、教えるための感覚的なものは人それぞれで違ってきます。

こればかりは、実際に動いてみて感覚的なものを何回も繰り返して吟味して色々と分かるものです。

ですので、実際に動いてみることは大切です。

◎自分で実践できれば良い?

そこまでガッツリとトレーニングは行ってませんが、基本的に私はカラダを動かすことは結構好きです。

本やWebで載っていることでも、実際に実践してみてから人に伝えるようにしております。

この事前に実践することって、トレーニングのフォーミングを教えるのではなく、フォーミングへのプロセスを伝えることとがより大切なのかなぁ~という考えです。

大事なのは、目の前の人、選手に対して目的を成す為にどういった説明をしなければいけないのか?ということになります。

カラダを前屈する時の説明を例に挙げると、

「脚の付け根から曲げていきましょう」
「手をカラダの真下に下ろしましょう」
「お尻を斜め後上に向けるようにしましょう」
「鼻先を両足の親指の真ん中に向けましょう」

・・・

など5種類以上の説明の言葉を用意してます。

因みに、これって一つずつ細かいのですが、意識するポイントは違います。

たかだか体前屈かもしれませんが、カラダの硬い軟らかいというだけでなく、どの部分をどのように動かせば目的に沿った前屈ができるか?ということが大事になるからです。

人によって目的が違っていて、それにして必要なものは何か?ということを洗い出して、更に細かく必要なものを分解してリメイクして提供することが大事になってきます。

つまりフォーミングだけの方法論だけでは何も生れませんし、フォーミングを教えるのであれば、実践は必要ないのです。

そこには目的・目標をどのように達成していくべきなのか?という思考が必要になってきます。

「より確実に、より早く、より大きな結果に繋げられる施術やトレーニングに対しての思考法」参照

◎ゴールではなくプロセスを伝える

では、プロセスを伝える為に心掛けていることは…、

教科書的に広く狙いを絞って、実践で無駄な部分を削ぎ落として取捨選択していく

ということになります。

ポイントは、理論的に教科書的に正しいものをどのように実践に落とし込んでいくか?ということになります。

そのためには、目的・目標となるゴールを間違えてはいけません。

ゴールとなるものの抽象的な道筋として、教科書的な理論があるものだと考えてます。

例えていうなら、数学の問題を解こうとしているのに、英語の辞書を参照にしてしまっては意味がありません。

英語なら英語、国語なら国語、数学なら数学、…という具合に、先ず何を目的にしているのか?の道筋を明らかにする必要があります。

感覚的な実践、フォーミングに至るまでの実践は、実際に行ってみなければ分からない分野です。

ただ「真っ直ぐに・・・」「低く・・・」などというのは、いわゆる教科書的な感じになってしまい、実際の信頼性・確実性が下がってしまいます。

これは、実際に問題を解いてみなければ、どこが課題になっているのか?が分かり得なままにしておくこととほぼ同意になります。

課題を克服しなければ成果をあげることは難しいでしょう。

細かいことを言うと…トレーニング&エクササイズを教えるにあたって必要なことは、

実践できる? or できない?

ではなく、

実践する? or しない?

が重要になってきます。

ですので、教科書的に方向性を定めて、実践的に誘導していくことで、ホームワークやセッション、トレーニング&エクササイズの効果を発揮させることができます。

◎腑に落ちなければ成果に繋がりにくい

以上、トレーニング&エクササイズの効果を発揮させる為にできるプロセス思考のススメについて書きました。

思考から物事は始まる…とはよく言います。

頭でっかちは行動が止まる…とも言います。

相反することかもしれませんが、行動に移せないのは、感覚的に感情的に理解していないというふうにも捉えれます。

要は、理論と感覚と感情との理解があれば、セッションやホームワーク、トレーニング&エクササイズなどの指導成果は上がりやすくなります。

今一度、自身のコンディション、目的を鑑みて、今行っている方法や手段を整理し見直してみてはいかがでしょうか?

きっと、今以上に素晴しい効果・成果となって結果に繋がりますよ!

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中