顎関節症をしっかりとキレイにスッキリ早く改善していく為に押えておきたいポイント

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

気付いていらっしゃらない方もいるかもですが、いつの間にか顎関節に異常が起きて顎関節症を患ってしまっている人は少なくありません。

当治療院でも、顎関節症で痛みや口の開閉困難を患ってご来院される方は少なくないです。

モノを食べる、喋る、呼吸する、…と何かと口を開け閉めすることって一日の中でかなりの回数あります。

顎関節症は、なかなか治り難いとされてますが、ポイントを押さえていれば意外と早期に改善することは可能です。

※もちろん症状の程度によります

実際に当治療院での顎関節症の改善の仕方はキレイにスッキリ、スピーディーなのでかなり評判が宜しいです。

今回は、顎関節症をしっかりと改善していく為に押えておきたいポイントについて書いていきたいと思います。

◎顎関節症は原因不明?

顎関節症とは、文字通り顎関節が異常が起きている状態です。

顎関節の異常とは、

顎関節の動きが不安定になっている

ということになります。

その不安定さを補おう舌骨上筋(顎ニ腹筋、茎突舌骨筋、顎舌骨筋)と呼ばれる小さな筋肉が頑張り過ぎる感じで活動して顎を固定しようとしてしまいます。

その結果、一般的な症状として、

「口を大きく開けられなくなった」
「顎やその周りが痛い」
「口を開閉する時に顎に音がする」

などといったことが起こります。

顎関節症の原因といわれているものは以下の通りです。

・顎関節を酷使による摩擦
・ストレス
・頬杖をつくなどのアライメント不良
・ケガ
・関節炎
・歯軋りや擦り合わせ
・その他

これらの要素は顎関節に影響を与える因子です。

実は、顎関節症の原因はハッキリとは分かっていません。

その理由は、上記の因子が複雑に絡みあって症状に発展するからです。

いわゆる、コレ!といった決め手に欠けるということですね。

◎顎関節症は原因よりも事象に注目する

原因にコレ!という決め手に欠けることで、治りに手間を要するのが顎関節症ですが、突破口がないわけではありません。

原因が分かり難い場合は、逆に事象に注目することがポイントです。

「事象に注目?」って何だか難しいと思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

要は、口の開閉を細かく観察れば良いということです。

顎関節症で口の開閉をした時、

・下顎が痛みのある方向にズレる
・下顎が痛みのある方向と逆側にズレる
・口の開きの大きさが左右均等か否か?
・口の開きが奥行きが左右均等か否か?
・下顎が傾く

の5つのうちどれが当てはまるか?を観察しましょう。

下顎が痛みのある方向にズレる場合は、咬筋といって食べ物を噛んで咀嚼したりする時に使われる筋が過剰に働いています。

咬筋は耳の前から頬までついてます。

要は噛み癖に偏りがある場合に起こる事象です。

下顎が痛みのある方向と逆側にズレる場合は、歯ぎしりや噛み癖などに関係する内側翼突筋や噛み合せなどに関係する外側翼突筋が偏って使われています。

内側翼突筋、外側翼突筋は一般的には馴染みが薄い筋肉ですが、顎関節の内側についていて本来、顎関節の動きの微調整を行います。

顎関節症の場合、外側翼突筋が偏って使われている場合が多いです。

要は、噛み合せや歯ぎしりなどによって起こる事象です。

口の開きの大きさが左右不均等の場合、開きにくい側は咬筋の使い方が偏って使われています。

そして、首の前と側面にある胸鎖乳突筋も開きにくい側が過剰に働き過ぎています。

これは、頬杖などの首や頭を傾ける動作の癖が多い場合に起こります。

口の開きが奥行きが左右不均等の場合、基本的には首から下への影響が大きいです。

要は猫背などの姿勢不良やバランスの崩れからの影響している場合がかなり高いです。

下顎が傾く場合は、頭の側部の側頭筋が固まっている場合が多いです。

これは、歯ぎしりや肩コリからくるもの、虫歯、噛み合せが悪い場合に起こります。

これらの5つは一つで起こる場合もありますし、複数で起こっている場合もあります。

これらの事象から顎関節症の要因となっているものを抽出して、施術に活かしたり何気に行っていることを是正してあげることで早期の改善が可能です。

◎手遅れになる前に

以上、顎関節症をしっかりと改善していく為に押えておきたいポイントについて書きました。

顎関節症は多因子性疾患です。

一つだけではなく、色んな要因が絡みあうことで顎関節症の症状として表れてきます。

顎関節症の症状がハッキリと出てきている時は、それぞれの因子となるものが進行してしまっている状態が多いです。

顎関節症の痛みや違和感の出始め、また顎関節症の症状から他の部位への疲労から痛みや違和感に発展しそうなら、我慢して長引くほど悪い状態が根強く残ります。

最初は大したことないといった感じでも、後回しして放置しておくほど治りは悪くなります。

ですので、その変化が小さいうちの早めに対処しておくことが大切です。

慢性化した症状を短期で…というとになると、かなりカラダの負担も大きいことを認識して頂けると幸いです。

そのことを踏まえて、施術を受けにいく為の参考にして考えて頂ければと思います。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中