意外と多い梅雨時期に起こる腰痛の理由と予防・改善するために必要なこと

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

6月に突入して暖かい…というよりは一気に暑くなってきました。

それと同時に南の方から梅雨入りの知らせが相次いでます。

梅雨入りの時期に意外と多いのが、腰痛です。

今回は、梅雨時期の腰痛を改善、予防するために必要なことについて書いていきたいと思います。

◎梅雨時期になぜ腰痛が起こる?

なぜ?梅雨の時期に腰痛が起こりやすくなるかというと、

気圧が変化するからです!

梅雨は降雨の影響もあり、気圧の高低が目まぐるしく変わる時期でもあります。

そうなると、耳の中にあるセンサーが気圧の変化に反応して、カラダを守ろう交感神経(興奮・活動)が活発に働きだし、血の巡りや痛み等の感覚の感受性が変化し、痛みやコリ感などの症状を誘発します。

要は、筋肉がコリ、張りやすい状況であるといえます。

痛みが感じやすく、交感神経が活発になるということは、

筋肉を固めてカラダを守ろうとします!

カラダを固めることは、“曲げる”動作を優先的に行います。

そうなると、いわゆるローパワーポーズになってしまいます。

「気付いてますか?姿勢が崩れていることでかなり損する見た目の印象!」参照

ローパワーポーズは、自信や活動に対する勇気を少なくし、逃避行動として無気力を誘発します。

要はカラダも感情もネガティブな方向に向きます。

ネガティブな感情は、更に痛みや疲れなどの感受性を高めます。

そうなると、余計にカラダを固めてしまい、動きにくくなります。

つまり、梅雨時期に起こりやすい腰痛は、

筋筋膜性腰痛

が殆どということが言えます。

◎“固める”と“安定”は違う

腰まわりの筋筋膜に過剰な緊張が起こる場合は、固めようとする為に腰方形筋が頑張り過ぎてしまう傾向があります。

この腰方形筋自体はそこまで力がある、主要な筋ではありません。

腰方形筋が頑張り過ぎてしまうことで、いざ腰を動かそうとしても固まって動かしにくく、負担が大きくなって痛みが出やすくなります。

詰まるところ、腰方形筋を経由して、そこから色んな腰痛に進行していきます。

腰まわりを固めることは、カラダの色んな動きにつられてしまうということになります。

つまり、腰は見た目上、かなり動かされているように見えます。

腰の安定は、腰・骨盤まわりがカラダの色んな動きに対応することです。

つまり腰は見た目上、動きのない部分ということになります。

腰の安定は、腰方形筋がそこまで働かないので痛みが出にくい状態です。

よく「腰を固定した方が良い?」という質問を受けますが、痛みが酷くない場合以外は出来るだけ“安定位”である方が良いです。

つまり色んな動きに対応できる状態にしておくことが大切です。

痛みが酷い場合は、コルセットなどで外部固定をすることで、腰まわりを動かさないようにして痛みがある程度引くまで待つことをオススメします。

ですので、固定と安定を履き違えないようにしましょう。

◎梅雨時期の腰痛対策

では、梅雨時期に起こりやすくなる腰痛への対策のポイントは、

・細やかな水分補給
・適度に深呼吸を入れる
・適度に体前屈を入れる

の3つです。

気圧の変化によるカラダの変化として脱水が挙げられます。

カラダが脱水状態になると、腎臓の機能が低下します。

腎臓の機能が低下すると、腎臓からのホルモン分泌異常が起こります。

またカラダが脱水状態になると、ヒスタミンが過剰分泌され痛みが感じやすくなります。

新しい痛みや疲れが発生しやすい状態になっているということです。

ですので、小まめに水分補給を行うことが大切です。

梅雨時期では、交感神経が活発になりやすくなるので、どうしてもカラダは屈曲しやすくなります。

屈曲位は、胸を閉じてしまい呼吸も入りにくく、カラダを固めるのを助長してしまいます。

それを防ぐためにも深呼吸を小まめに適宜入れていくことが有効です。

「嫌な肩まわりに痛みや違和感を改善していく為に手軽に実践出来ること!」参照

深呼吸を入れることで、交感神経を抑える働きにもなります。

また体前屈を入れることは、ハムストリングだけではなく、お尻や腰まわりのストレッチも兼ねます。

そうすることで、股関節まわりが動かしやすくなり、腰まわりの安定を助けます。

他にも歩く時の歩幅を意識的に変化をつけてみる、横の動きを取り入れてみる、…など股関節の動きやすさを出していくことで、腰まわりを安定させることに繋がります。

これらを踏まえて行うことで、梅雨時期に起こりやすい腰痛を改善したり、予防したりすることが出来ます。

◎無駄な腰痛を出さないために

以上、梅雨時期の腰痛を防ぐために必要なことについて書きました。

意外と多いこの時期の腰痛…。

誘因が分かることで、改善しやすく、予防しやすいです。

腰痛は起こると、ヤル気も落ちますし、何事も行動を起こしにくくなります。

この梅雨時期に無駄な腰痛を起こさないためにも、しっかりとした理解と対策で改善・予防していきましょう。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中