接地を気にするよりもメリット一杯!走りの脚捌きを見直すススメ!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

汗ばむ時期になって朝晩と外でランニングされる方が増えてきてます。

また、陸上競技ではトラックシーズンインで毎週どこかしらで競技会を行っています。

さて、走動作の際に、足捌きはどのように行った方が良いでしょうか?という疑問が出たり出なかったり…。

以前にも当ブログでランニングの脚捌きのことについて書きました。

「マラソンや陸上競技などのランニングでの脚捌きが良くなるコツをご紹介!」参照

「マラソンや陸上競技などの走るフォームで脚捌きを良くする為にはサッカーの動作が役に立ちます!」参照

他多数…。

走動作の脚捌きは、真っ直ぐの方が良いのですが、意外とその事実を軽視しがちな方は少なくありません。

今回は、走動作における脚捌きは真っ直ぐに出した方が良い理由について書いていきたいと思います。

◎真っ直ぐに出す推進力のメリット

脚捌きは進行方向に対して真っ直ぐ前に出すメリットとして、

・お尻の筋肉がしっかりと働きやすい
・骨盤の前傾をキープできる
・脛(スネ)が地面へ垂直位になる

の3つになります。

★お尻の筋肉がしっかりと働きやすい

脚捌きを真っ直ぐ出すということはドライブ動作(前に乗り込む動作)において、お尻の筋肉が働きやすくなるということになります。

お尻の筋肉が働きやすくなるメリットは、地面からの反発力をより確実に受けて溜められるからです。

いわゆるローディングがスムーズに行われるということになります。

ローディングの量と推進力とは相関関係があります。

ですので、脚捌きを真っ直ぐに出すことはより大きな筋肉を使うことに繋がりパフォーマンスにかなり有効です。

★骨盤の前傾をキープできる

脚捌きを真っ直ぐに出すことは骨盤の前傾をキープすることに繋がります。

骨盤の前傾がキープできると、重心移動がスムーズに行われます。

つまり走動作に無駄がなくなるということになります。

無駄が削ぎ落とされれば、疲労度も少なく、効率性も格段にUPします。

★脛(スネ)が地面へ接地時に垂直位になる

一見、脚捌きを真っ直ぐすることと脛が地面と垂直になるとは無関係のように思えます。

走りでも歩きでも、人間は地面に与えた力の反作用によって推進力を得ます。

つまり、地面への力を与える力とその反力は推進力と相関関係です。

脛を地面と垂直にする為には、それなりに重心移動がスムーズにならなければなりません。

よって、地面からの反力をよりスムーズに推進力に繋げれるようになるということになります。

◎ケガが少なくなるメリット

脚捌きを真っ直ぐに出すメリットとしてケガが少なくなるという面もあります。

走動作でケガが起こる理由の大きな要因として、

Cross Over Angleが大きい

ということが挙げられます。

Cross Over Angleとは、正面から見て脚が内側へどれだけ入るか?というものです。

内側へ入り過ぎると、ケガが起こる率がグッと上がることが明らかになっています。

なぜか…?

Cross Over Angleが大きく、脚が内側へ入ると、

・骨盤の後傾⇔前傾の振れ幅が大きくなる
・オーバープロネーションが起こる
・下肢の内旋が大きくなる

が主立って挙げられます。

一番の問題点は骨盤の後傾⇔前傾の振れ幅が大きくなるということです。

これは、相対的に見て骨盤の前傾度合いが大きいということになります。

相対的に骨盤の前傾度合いが大きいと、

・横ブレが大きくなり腰痛が起きやすくなる
・腰が反りやすく腰痛が起きやすくなる
・お尻の筋肉が働きにくくなり(弱化)、ハムストリングスの筋膜炎、肉離れなどが起こりやすくなる
・股関節のグローインペインが起こりやすくなる
・カラダ全体に力みやすく肩周りのコリ張り、痛みに繋がる

などが走動作によって起きます。

骨盤の相対的前傾度合いが大きくなることで、下肢が内旋が過剰に起こり、オーバープロネーションが引き起こされやすくなります。

そうなると、

・足や足首まわりのケガが起こりやすい
・鵞足炎や腸脛靭帯炎などのオーバーユース(使い過ぎ)による痛みが起こりやすい
・膝関節に余計な挙動が起こるため膝まわりのケガが起こりやすい

という具合になります。

つまり、足捌きが真っ直ぐに行われるか否かでケガの起こる率が格段に変わってきます。

◎接地も良いけど足捌きも

以上、走動作における脚捌きは真っ直ぐに出した方が良い理由について書きました。

足捌きを真っ直ぐに出す方法は、先のブログなど以前にも幾つか書いてますので、今回は省略させて頂きます。

ランニング動作における脚捌きは、真っ直ぐ出した方が良いとは分かっているものの、どうしても疎かにしてしまっている方は少なくありません。

接地方法を模索することも大事かもしれませんが、今一度脚捌きを見直してみてはいかがでしょうか?

ちなみに当ブログでは、接地方法などもよく書いてますのでご参考にして頂ければ幸いです。

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中