足の機能を最大限に活かすことが出来るシューズ(靴)の履き方を徹底的に解説します!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

今や、日常生活でもスポーツでもシューズ(靴)を履くことがほぼほぼ当たり前の世の中ですよね。

当たり前過ぎて、シューズの履き方を疎かにしちゃってませんか?

それだと、ちょっと勿体ない感じです。

シューズの履き方は以前、当ブログでも書きました。

「靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!」参照

このブログでは簡単にですが、シューズの履き方をご紹介してますが、なかなか実践できてないという声も頂きます。

最近のシューズ(靴)の性能は一昔に比べ、ホント素晴しくUPしてます。

しっかりと履きこなせば足の機能発揮にかなり貢献します。

当然のことながら、ケガの予防や改善にも効果を発揮しますし、仕事や日常生活の動きやすさ、スポーツパフォーマンスも発揮しやすくなります!

今回は突き詰めて足の機能を最大限引き出す為に、とことんシューズの履き方を徹底的に解説したいと思います。

◎その前に…

今回のブログはシューズ(靴)の履き方を解説したものです。

シューズの選び方には言及してません。

メーカーの違いやクッション、アッパー素材などの性能については、目的や好みの問題もありますので、また別途ご紹介していければと思います。

今回は、スポーツ全般だけでなく、ビジネスシューズやスニーカーなどの仕事や街歩きなどでも使えます。

もちろん、スポーツのスパイクシューズなどにも活用できます。

◎フレックスラインの確認

フレックスラインというのはその名の通り、フレックス(曲がる)ライン(線)のことを指します。

単純に踵を上げてつま先立ちする時に、支点(線)となるラインのことです。

では、どこがフレックスラインかというと、

足だと、

「足の内側(親指から踵に向かって一番凸している部分」

「足の外側(小指から踵に向かって一番凸している部分」

を結んだラインが足のフレックスラインになります。

シューズだと、

「シューズの内側の一番凸している部分」

「シューズの外側の一番凸している部分」

を結んだラインがシューズのフレックスラインになります。

一部の革靴、ランニングシューズなどのフレックスラインは、シューズのソールが浮き上がる際の部分に通常あります。

これは加重を掛けた時に力を溜め込みを逃がさない造りになっています。

その反面、筋力を強く使います。

基本的にシューズを履いた時に、足のフレックスラインよりシューズのフレックスラインの方が前にあることが大事になります。

※シューズの前部が浮き上がる構造の場合は、足とシューズのフレックスラインは、ほぼ同じ位置関係に近くなります

理由は、つま先立ちの時は、踵が上、つま先が下になるので、重力などが働いて足が靴先に移動するからです。(滑るともいう)

これが同じ位置かシューズのフレックスラインの方が後に位置する場合、つま先立ちしようにも出来ずにケガやパフォーマンス低下に繋がります。

この場合、実際に履いて動いてみると違和感かなりあります。

足とシューズのフレックスラインの前後位置の確認は、シューズを履いた時にエッジ(シューズの縁)をなぞる様に触れることで確認できます。

理想としては、足のフレックスラインとシューズのフレックスラインが平行な位置関係が望ましいです。

◎靴紐のテンションの目安

靴紐を締める時って、強く絞り過ぎてもダメだし、ユルユルでもダメです。

では、どれくらいのテンションを掛ければ良いの?って疑問に思われるはず…。

強さの感じ方は個人差があって、靴紐のテンションはお好みで・・・っていう感じなのですが、一応目安となるモノを記しておきます。

トリビアとして靴紐を通す穴のことをシューレースホール(Shoelace Hole)または単にレースホールとも呼ばれます。

そのレースホールが崩れてるか否か?がポイントになってきます。

シューズのアッパーやタンなどの部分が、密着できるシューレースホールドの形が崩れないくらいの強さのテンションが望ましいです。

これくらいの強さのテンションだと、足にシューズ全体が密着できているのでブレにくいです。

“面”で足を覆うことになるので、接触面のあたりも柔らかく不快にはなりません。

また、足の甲の部分の血管や神経を圧迫し過ぎる心配はありません。

シューレースホールドの形が崩れるくらいの強さのテンションだと、シューズのアッパーやタンなどに紐が食い込んでしまい、密着するどころか疎らに浮いてしまい隙間が出来てしまいます。

この場合、紐の圧迫力が面ではなく線(もしくは点)で集中してしまい、紐が食い込んでしまいます。

隙間が出来ると、シューズの中で足がブレて動いてしまいます。

更に、テンションが強過ぎて、足の甲の部分の血管や神経を圧迫し過ぎて痛みや血流障害などの危険性が高まります。

もちろん、自分にあったテンションがもう既にあるという方はお気になさらず。

◎シューズを履いてみる

実際にシューズ(靴)の履き方を説明していきます。

★シューズの紐をゆるめる

シューズのフィッティングは面倒に思われているもので、シューズの紐全体を弛めず、結び目だけ解くだけの人が多いです。

ですが、シューズの紐は全て弛めた状態から履き始めることをオススメします。

理由は、結び目だけ解いた状態のシューズは甲から足先部分が狭くなって、力技で捻じ込むように履こうとしてしまうからです。

※無理矢理シューズに足を捻じ込むと、シューズが傷みやすいという理由もあります

そうなると、シューズを履いてもシューズの中敷(インソール)と足裏が密着しません。

足裏が浮いていると、カラダが不安定な状態となり日常生活でも、スポーツでもケガしやすくなるのは当然のことです。

また、力技で捻り込むように履くことで、足のポジションが傾いたままの状態で履いてしまいます。

これって足が傾いたままだと、立位でバランスがとりづらくケガしやすい状態ですよね。

後で、どれだけ靴の中で真っ直ぐに正そうとしても、最初の対膝のポジションがズレたままなので、ケガの起こりやすさ、パフォーマンス発揮しにくさは大して変わりません。

逆にガバガバに靴中に隙間を作ったままで、スリッパやクロックスみたいに履かれるのも、足下不安定でケガしやすいのは言うまでもありません。

★シューズに足を入れる

足先を挙げてシューズに足を入れて踵部分を密着させます。

この時、ちょっとした拘りですが、つま先を真っ直ぐ上に挙げることと、膝のお皿(膝蓋骨)とつま先の向きを揃えます。

理由は単純で、足先から膝、股関節へと捻れを極力少なくする為です。

余計な捻じれはカラダの動きに余裕がなくなり、ケガしやすく、パフォーマンスにも繋がりにくいです。

★一番上の紐を締める

足先を挙げた状態のままで一番上の紐を締めます。

この時、紐は足底と平行につま先に向かって引っ張ります。

踵の部分には、距骨下関節と横足根関節という足とカラダに力を伝え合うための仲介役の関節があります。

この関節部分が浮いてしまうと、力の伝達がうまくいかなくなります。

地面から力を受けたとしても、その力がうまく活かされません。

ですので、一番先に押えておきたいポイントです。

踵は足の中でも大きい部分です。

しっかりと密着して安定させるには踵の後だけではなく、側部も密着させる必要があります。

上とか横とかに引っ張っちゃうと踵の側面が浮いてしまうので宜しくありません。

★シューズの紐を下から締める①

踵の部分を安定させてから、足先を挙げた状態で一番下から3つ目まで紐を締めます。

この時、紐は足底と平行に足の内外側に向かって引っ張ります。

理由は、先出したフレックスラインに対して余計な負担をかけないためです。

縦に紐を引っ張ると、足の側面が一番凸部分のフレックスラインを巻き込むような形になって、関節の自由度が少なくなり、動きにくいです。

それと、爪先が扇状に広がりシューズの先端やエッジに当たりやすく血豆が出来やすくなります。

足の前側は構造的に平たいので、密着して安定させるには足の内外側に向かって引っ張る方が理にかなってます。

★シューズの紐を下から締める②

靴紐を下から3つ目(大体真ん中)まで締めた後、それより上は紐を引っ張る方向が変わります。

足先は挙げた状態のままです。

靴紐の真ん中より上の紐は、膝のお皿に向かって引っ張ります。

足の真ん中から足首にかけては形状が変わってきます。

この部分は【シューズの紐を下から締める①】で記した足の前(レースホールドの下3つ)側みたいに内外側に引っ張ると、逆に隙間が空いてしまい、足を動かした時に余計な挙動が起こってしまい不安定になります。

また、この足の真ん中に隙間が空いていると、プロネーション(回内)スピネーション(回外)が余計に起こり、ケガしやすく、パフォーマンスにも繋がりにくいです。

これって捻挫の発生率にも絡んできます。

ですので、膝のお皿に向かって引っ張る方が密着して安定します。

★一番上の紐を再度締める

最後に一番上の紐をもう一度締めます。

下から紐を締めていくと少しずつ余裕が出てきます。

その部分を引っ張って締めます。

この時、紐は足先真ん中から足底と垂直に足首より上の高さ位置に向かって引っ張ります。

※何だか早口言葉みたい(笑)

そうすることで、足全体をすっぽり無理なく包み込むように密着します。

★靴紐を結ぶ

足全体をシューズにフィットさせたら、最後に靴紐を結びます。

蝶々結びが一般的ですが、解けず邪魔にならなければどんな結び方でも良いと思います。

同様に反対側も履きます。

◎足にフィットするしないで大違い

以上、足の機能を最大限に活かしたシューズの履き方を徹底的に解説してみました。

最初は面倒かもしれませんが、馴れると1分くらいで履けるようになります。

一昔前に比べて、最近のシューズ(靴)の性能は著しくUPしてます。

アーチ補助やプロネーション補正、グリップスタビリティなどの機能なんて昔はなかったですしw

一昔前に比べても安価で手に入りますし。

だからこそ、シューズがあって当たり前という感覚で受け身になりがちなような気もしてます。

シューズに対して受け身だと履き方なんてあまり気にしないのではないでしょうか。

せっかく素晴しい性能をもったシューズを履くのなら、足の機能を最大限に活かせれる履き方の方が良いです。

良く思うことですが、ケガしやすいからといって直ぐにインソールに走るのではなく、シューズをしっかりと履けるようにするだけでも予防・改善するケースも少なくないです。

実際に履いてみると実感あると思われますが、足にしっかりとフィットするしないでは足の機能発揮は雲泥の差です。

しっかりとフィットしていれば、多少の重量も感覚的に感じなくなりますしね。

少しでもお役に立てれれば幸いです。

実際に履いてみて、フィット感など色々と話し合えると楽しいだろうなぁ~と勝手気ままに妄想してます(笑)

参考になりましたか?

ご不明点ありましたら、お問い合わせフォームやLINE@からいつでも気軽に質問して下さいね。

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中