効果抜群!自分で出来るツライ花粉症をスッキリ改善していく方法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

3月も残すところ1週間となりました。

暖かくなってきて春を身近に感じると共に、花粉症を患われる方も増えてきております。

「花粉症なんだけど、楽になる方法はないですかねぇ!?」

といったご質問を受けることが、この時期は多いです。

今や、花粉症は1/3の人が罹っているという代表的な疾患です。

当治療院でも、この時期は花粉症の施術で来られる方は多いです。(施術成績はかなり良いです)

花粉症はまだ未知の部分はありますが、症状を改善していくことは可能です。

今回は、ツライ花粉症を出来る限りスッキリ改善していく為について、直ぐに実践出来ることを書いていきたいと思います。

◎花粉症について

花粉症は一言でいうと、アレルギー性免疫疾患で起こる反応です。

花粉(アレルゲン)が体内に侵入してきた時に、排除しようと守る為に起こる反応になります。

症状として、

・くしゃみ
・かゆみ
・咳
・鼻水・鼻づまり

・涙液生成
・嘔吐・下痢
・炎症による発熱

などが引き起こされます。

風邪と症状が似ていますが、かゆみ・鼻づまり・鼻水(透明色)が風邪になくて花粉症にある症状の特徴です。

◎花粉症発症のメカニズム

花粉症改善の為に発症メカニズムについて少しだけ説明します。

スギ、ヒノキ、イネなどの花粉が体内に侵入すると、鼻粘膜に付着すると「IgE抗体(免疫グロブリンE)」と呼ばれるものが作られます。

抗体とは、カラダを守る防御因子のことで、次に花粉などのアレルゲン(攻撃因子;抗原)が攻めてきたら追い出す意味合いを持ちます。

IgE抗体は、主に花粉症やアトピーなどアレルギー疾患で作られるものです。

そして、次に花粉が体内に侵入してきた時に、IgE抗体が花粉をカラダの何らかの反応で追い出します。

これが花粉に対しての正常なカラダの抗原抗体反応と呼ばれるものです。

ですがIgE抗体は、肥満細胞という炎症など免疫反応を起こして病原菌などからカラダを守る役割を果たす細胞とくっつきやすい特徴があります。

肥満細胞は、「肥満」という言葉から体型に関係していると連想されがちですが、ヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジンなどを免疫反応を発生させる顆粒が多く内包されている様から名付けられてます。

IgE抗体と肥満細胞がくっつくことで、ある程度花粉が体内に侵入してきた時にIgE抗体だけでなく、肥満細胞も花粉に抵抗しようとします。

肥満細胞にくっついているIgE抗体で手に負えなくなった花粉が侵入してきた時に、肥満細胞がアレルギー反応を起こしてヒスタミンなどを放出することで花粉症の症状が引き起こされます。

花粉症は、

余計にカラダを守ろうとする反応

ということになります。

また厄介なことに、放出されたヒスタミンは余計なIgE抗体を作り出して、余分に肥満細胞とくっついてしまうということです。

そうなると肥満細胞が花粉によって刺激されて、どんどん反応されると花粉症がどんどん進行します。

◎花粉症の症状の出方

花粉症は一気に症状が出ると思われがちなのですが、

★初期症状(肥満細胞が反応15分以内)

・主に鼻粘膜からの局所的血管拡張が起きる
・血管拡張からの鼻閉塞、気管支収縮などによる、くしゃみ、浮腫

※初期症状は世界的には、基本的に予防できないとされています。

★後期症状(初期症状が治まってから4~6時間後から)

・局所症状から炎症症状が広がる
・フィブリン沈着による血液が固まりやすくなる

初期‐後期の各症状の反応により、花粉症の症状が長引きます。

◎花粉症症状の改善法

水分補給

花粉症が出ている時は、カラダが全体的に炎症状態になっています。

つまり、いつの間にか脱水状態に近い状態に陥っているということになります。

また花粉の飛散量が多くなるこの時期は、乾燥しやすく、汗に出なくても水分が出ていってしまっている状態です。

ですので、水分補給を念入りに行うことが大切です。

汗がそれ程出ない時期ではありますが、体内環境の為にも少しナトリウムやカリウムなど電解質を含んだものを摂取することがオススメです。

鼻中隔あたりをアイシング

先出した通り、花粉症の初期症状は鼻粘膜の炎症による腫脹です。

鼻粘膜の腫脹が、鼻づまりを起こします。

初期症状が終わってから後期症状が出てきます。

後期症状が出てくると、更に花粉症は長引き、拡散・量産されます。

ですので、初期症状を出来るだけ最小限に抑えることが花粉症の症状拡大を防ぐことに繋がります。

アイシングといっても氷だけでなく、冷えピタみたいなアイスジェルシートでも構いません。

ベタかも知れませんが、メンソ(ト)ールやミントなど、口鼻腔をスッキリと通すようなものを活用しても可です。

花粉症に効く食べ物を摂取する

青魚やクルミなどに含まれているオメガ3脂肪酸には、IgE抗体を減らす効果があります。

研究によるとオメガ3脂肪酸を摂取前後のIgE抗体の量を計測すると、1/15~1/20に減ったということです。

余計なIgE抗体は肥満細胞と結びつき花粉症の発症を加速させるので、余計なIgE抗体を減らすことは、花粉症の発症を抑えることに繋がります。

油の摂り過ぎはダメですが、現代人が最も不足している栄養素はオメガ3脂肪酸ですので、積極的に摂ることをオススメします。

オメガ3脂肪酸は、主に青魚(サバ、イワシなど)、えごま、ナッツ類などに豊富に含まれています。

ですがオメガ3脂肪酸は、熱に弱い、酸化しやすいといった特徴がありますので、摂取の際は調理法方や保存方法など確認することは大事です。

また、動物性蛋白質(魚、卵、肉)やチーズなどの乳製品などを摂ることで、幸せホルモンと呼ばれるセロトニン分泌の為のトリプトファンと必須アミノ酸を摂取することができます。

セロトニン分泌を促すことで、リラックスできるカラダの状態を作れることで、花粉症の拡がりを抑える効果があります。

トリプトファンは摂り過ぎはいけませんが、セロトニン分泌を鑑みて摂取量を考慮すると良いでしょう。

ストレッチや体操などを行う

ん?という感じかも知れませんが、体操やストレッチなどを行うことでカラダの柔軟性、可動性を上げることは、花粉症の発症を抑えることに繋がります。

カラダの柔軟性や可動性が低い人ほど、IL-4(インターロイキン‐4)と呼ばれるたんぱく質因子が体内で働きやすくなります。

IL-4は、肥満細胞の増殖に携わり、花粉症などに代表されるアレルギー誘発性たんぱく質を溜め込みIgE抗体を余分に増やして結合させることで、花粉症を誘発します。

ですので、カラダの柔軟性・可動性を上げておくことは花粉症の症状を予防、抑制するためには大切です。

運動‐休息のバランスを大切にする

適度の運動はIL-4の働きを抑える役割を担います。

また、疲れ過ぎている状態はIL-4の働きを活性化させてしまいます。

先出しましたが、IL-4は、花粉症を誘発させます。

ですので、適度な運動と十分な休息は花粉症の予防に効果的です。

「なかなか忙しくて・・・」という方は、腹式呼吸を行いましょう。

腹式呼吸の方法は、

①お腹に掌をあてて視点は一点を見つめる
②鼻から息を吸って口から吐く
③お腹の振幅を掌で感じる

の手順です。

腹式呼吸は交感神経と副交感神経のバランスで副交感神経が優位になり、リラックス効果が出ます。

環境づくり

花粉症の症状の改善の為には、環境づくりは大切です。

・喫煙者が少ない
・空気が滞留させない
・花粉飛散が少ない
・加湿する

の4つを考慮に入れることは重要です。

タバコの煙やハウスダストは、刺激誘発性なので、IgE抗体と肥満細胞の結びつきが薄くても反応してしまい、花粉症を誘発しやすいです。

ですので、出来るだけ喫煙環境に縁がないところがオススメです。

ビル街やアスファルトなどに囲まれた環境だと、空気が滞留してます。

この場合、花粉の飛散量が同じだったとしても、花粉を吸い込む率が高くなります。

だから、適度な換気や空調管理などを整えておくことは重要です。

花粉の飛散量が多い所だと、花粉症の罹患率も高い傾向にあります。

乾燥した環境は、カラダの脱水を促進してしまうため、湿度を高めに保つ環境は花粉症を抑止するには有効です。

また、花粉を払い落とすことも大事です。

内観する

上記と併せて、花粉症によってどんな状態がカラダに起こっているのか?を把握することは大切です。

先出した通り、花粉症からくる症状は、出てしまってから伝播していくので対症することが先決です。

当治療院では、内臓マニピュレーション、六綱弁証、積聚治療などを活用して施術していきます。

花粉症によって、どんなストレスから起きているかを把握することで、ストレスに対して先回りして対処方法を導くことが軽減するためには大切です。

内観することで、脳圧、脊髄圧の亢進状態を和らげ、脳脊髄液、脳血流量を改善することに役立ちます。

そうすることで、セロトニン分泌を促し、脳の灰白質領域が増え、ポジティブにリラックス状態を築くことで、IL-4の働きを抑える働きをします。

内観にはマインドフルネスやヨガなどがオススメです!

◎先手を打って花粉症改善を

以上、ツライ花粉症を出来る限り改善していく為についてのことを書きました。

少しずつ暖かくなってきて春を身近に感じると共に、花粉症を患われる方も増えてきてます。

花粉症は未だ未知の部分はありますが、症状を改善していくことは可能です。

花粉症の症状とメカニズムを理解して早め早めの対処を行うことが、花粉症の改善に大いに役立ちます。

出来ることから実施して、ツライ花粉症を抑えて改善していきましょう!

セルフケア、セルフでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

花粉症は軽く見られがちですが、重度で慢性化してしまうと大変厄介ですので、早期に対応されることをオススメします!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

もし、花粉症の症状などでお困りの方はLINE@からご相談下さい!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中