ランニングでより推進力に繋げる為にフォームの何処を意識すれば良いのか?をご説明します!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

つい先日、某競技団体の強化合宿でトレーナーとして参加してきました。

私的にはこういったトップカテゴリーの合宿や遠征は久し振りでした。

日本代表選手など日本トップレベルの選手達の動きや練習、トレーニング、ケア、メンテナンスなどに携わることが出来て幸せでしたし、学ぶべき点もありましたし、良い刺激になりました。

そんな中でも、少しは話題に上がったのですが、

「どうしても前に乗り込むにくいのですが、どうしたら・・・?」

という質問や、それを解消するためのトレーニング&エクササイズやストレッチ等々を教えて欲しいといったものがよく受けます。

フォームを観察したりもします。

ランニング動作などで、重心を前に移動させることは重要です。

重心移動がスムーズでなければ、後傾したりして負担がかかります。

走動作での前に乗り込む(ドライブ動作)で荷重移動は、「蹴り足ではなく、Knee-Upの時に起こしましょう!」ということをお伝えしております。

なぜなら、キック動作で前に進もうとしている時点で腰が引けて走りにはマイナスになり、ケガにも繋がります。

今回は、ランニング動作でスムーズに前に進む時の荷重移動について書いていきたいと思います。

◎蹴って荷重移動する!?

ランニングでは、どうしてもカラダを前に移動させようとするため、ランニングフォームの中では蹴り足に意識が向きがちです。

ですが、キックを意識し過ぎると、

・地面から溜め込む力の量が少なくなる
・走りにブレーキングがかかる
・カラダの末端部分だけしか使えない

が生じてしまいます。

「走る動作で推進力UPに繋げる為のキック動作に必要なこと」参照

これでは走りにはマイナスに働いてしまいます。

◎Knee-Upの動作

ランニングフォームのKnee-Up(膝の位置を上げる)の動作は推進力を得るためには大切です。

ですが、Knee-Upが大事だからと、膝を上げようと意識してしまうと、どうしても腿を上げようとしてしまいがちです。

いわゆる「腿上げ」と言われているみたいな動作では、

・Stride Angleのextend angle とflexion angleのバランスが崩れる
・骨盤のAntero-posterior Tilt(前後のブレ)が大きくなる
・背骨が動き過ぎる

が生じてしまいます。

「マラソンやスプリントなど走る動作で股関節をうまく動かす為には腿を上げようとしてはいけません!」参照

これだと、背骨が安定せず腰まわりに負担が大きくかかったり、腸腰筋や臀筋群の出力低下に繋がり前腿が強く働いてしまいがちです。

そうなると、ケガも起こりやすく、パフォーマンスにも繋がりにくいです。

◎Knee-Upの意識するポイント

ランニングの中でKnee-Upは大事なのですが、ポイントがあります。

それは、

「膝蓋骨(お皿)の向き」

です。

良いランニングフォームの中での足捌きのポイントとして、

・膝はリラックスする
・股関節主動で脚を前に運ぶ
・地面をしっかりと踏める

の3つが重要なポイントになります。

これらのポイントを押さえながらKnee-Upすると、膝蓋骨の向きが進行方向に正対し、Swing期での大腿直筋の活動を抑えることが出来ます。

そうすることで、Stance Phase(片脚立ちの状態)でハムストリングスと大腰筋がうまく働かせることが出来、骨盤の前傾を崩さず前に運べるようになります。

骨盤の前傾位を維持したまま荷重移動が行われることは、無駄が少なくなりケガのリスクも減り、パフォーマンスにも繋がりやすいです。

つまり、膝蓋骨の向きを維持しながら、より遠位になるランニング動作でのKnee-Upはドライブ動作が上手くスムーズに重心移動が出来るようになります。

「マラソンや陸上競技などのランニングでの脚捌きが良くなるコツをご紹介!」参照

「マラソンや陸上競技などの走るフォームで脚捌きを良くする為にはサッカーの動作が役に立ちます!」参照

◎ケガなく1ランク上の走りを

以上、ランニング動作でスムーズに前に進む時の荷重移動について書きました。

ランニング動作などで、重心を前に移動させることは重要です。

ですが、重心移動を行おうと躍起になり、無理矢理キックすることや腿を上げようとすることは、逆にパフォーマンスは上がりませんし、ケガのリスク増にも繋がります。

重心移動は、knee-Upを適切に行うことで、カラダの乗り込み動作(ドライブ動作)が上手くなり円滑に行うことが出来るようになります。

先ずは、無理矢理に力技で重心移動を進めてないかを確認してみましょう!

そして、Knee-Upのポイントを踏まえて重心移動をスムーズに行って、自分の走りを一つ上にステップアップできるよう繋げていきましょう。

どうしても分かりにくい場合は、餅は餅屋で専門家にみて頂くことが大事です。

当治療院でも、そういったトレーニング&エクササイズもセミナー、セッションさせて頂いております。

「陸上競技者、市民ランナー向けケガなく成績に繋がるカラダ作りセミナー・セッションをご紹介!」「RUNパフォーマンス向上プログラムの募集開始します!」参照

お気軽に下記のLINE@よりご依頼頂ければ幸いです。

今後も、こういったセミナー情報やスポーツ情報、治療院のお得な情報などLINE@で先行発信をしていきますので、ぜひご登録ください!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中