腰痛から快適な状態に改善していく為に行って欲しい2つの動き!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

年度末にさしかかる頃です。

益々といって良いほど日毎の寒暖の差が大きくなってきて、腰痛が発症しやすくなってきます。

当院にも連日ですが、色んな腰痛を訴えた方々が来られてます。

何気に当治療院での腰痛施術の成績は抜群に良いです(他院比)。

いつの間にか痛みが出てきてしまっている腰痛も多々あります。

腰痛が出てきた時に、行ってもらいたいことがあります。

それは、「屈み込みと正座をしっかりと行いましょう!」ということをオススメしております。

なぜなら、屈み込みと正座をしっかりと行うことは、腰痛改善の要素が盛り沢山だからです。

今回は、腰痛を快適に改善していく為の屈み込みと正座のススメについて書いていきたいと思います。

◎腰痛

腰痛が起こりやすくなるカラダの状態は、

・腰の屈伸動作において、屈曲から伸展する時(切り替え動作時)
・腰の部分が宙ぶらり(支えがない)状態
・カラダが捻り難い状態

の3点が重なる時に腰痛が起こりやすいということが研究によって分かっています。

「腰痛を起こらないようにするカラダを動かす時に必要なポイント」参照

また、腰痛が起こってしまって痛みが続いているカラダの状態は、

骨盤周りの安定性(フォームクロージャー機能)と腰椎まわりのバランスの安定性(フォースクロージャー機能)が発揮されてない場合に起こります。

要は、腰椎が余計な動きをしている状態が腰痛となって出ているということになります。

フォームクロージャー機能は、骨盤まわりの骨格がカチッとあるべき所に納まると安定して力を発揮できるようになることです。

フォースクロージャー機能は、骨盤まわりの筋肉の筋出力バランスが各運動局面で取れていることです。

◎腰痛からの余波

腰痛が起きた時、先出したカラダの状態が起こってます。

それに伴いカラダの捻り動作ができなくなっています。

「腰痛が起きた時に早く改善するために先ず始めておきたいこと」参照
「今直ぐから始められるカラダの痛みや動きの悪さを改善していく為に出来ること!」参照

カラダの捻り動作を行う時は、胸椎部、股関節がしっかりと動かなければなりません。

つまり、腰痛になっている人は、カラダの動きを腰椎に頼りっ放しの状態であるとも言えます。

更に、腰痛を患っている人は、Pain-Spasmサイクルが働いてしまい、益々固まろうという働きが出てしまいます。

骨盤周りの安定性(フォームクロージャー機能)と腰椎まわりのバランスの安定性(フォースクロージャー機能)が発揮されてない状態で固まってしまうということになります。

こうなると、胸椎部、股関節の動きは益々悪くなります。

そして、肩まわり、膝、足首の動きにも影響が出てPain-Spasmサイクルで動きのバランスが悪化してしまいます。

◎正座と屈み込み

正座を正しくしっかりと行うことは、足、膝、股関節などカラダの動きをスムーズに行う要素が、ふんだんに盛り込まれてます。

「痛みの改善や動きの質を高める為に足、膝、股関節の動きをスムーズに引き出す方法!」参照

同様に屈み込む動作にも、足、足首、膝、股関節、胸椎部の動きをスムーズに行う要素がふんだんに盛り込まれてます。

屈み込みは、更に腰椎部の内圧を下げる働きがあります。

この2つを組み合わせて取り入れることで、腰椎部まわりの負担を減らすことが出来ます。

また、腰痛から起きる股関節、胸椎部の動きの低下を是正することが出来るようになります。

◎先ずは自分のペースで

以上、腰痛を快適に改善していく為の屈み込みと正座のススメについて書きました。

年度末にさしかかるこの時期は、日毎の寒暖の差が大きくなってきて、腰痛が発症しやすいです。

腰痛になっている人は、骨盤周りの不安定と、腰椎まわりのバランスの不安定な状態です。

更に、胸椎部と股関節まわりがしっかりと動かない状態で腰椎部に過剰な動きが発生して腰痛となって出ているということになります。

先ずは腰を動けるようにする為に余裕を作ってあげなければいけません。

そのためには、股関節、胸椎部の動きを作ってあげることが重要です。

腰痛における股関節、胸椎部の動きの獲得には、足、足首、膝などの他の部位の可動性も取る必要があります。

腰痛から起きる、足、足首、膝、股関節、胸椎部の動きの是正、獲得には正座と屈み込みをしっかりと行えることが有効になります。

確実に行える事は、バランスの良い姿勢をとって腹圧を入れ、骨盤の仙腸関節、腰仙関節、股関節に余裕を作ることにも繋がります。

そうすることでカラダが捻れるようになり、腰が不安定なポジションから安定したポジションとなり、腰の曲げ伸ばしのストレスを少なくし、腰痛の改善・予防に繋がります。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

痛みが酷い場合は無理せず、痛みが酷くならない範囲で自分のペースで行っていきましょう。

そうすることで嫌な腰痛が早く改善出来るようになりますよ!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中