カラダの持つ大幅なスキルアップに適したトレーニングの負荷のかけ方!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

当治療院では、院内で行うリハビリやトレーニングセッション、部活動や各種スポーツ現場でのトレーニング&エクササイズ指導をさせて頂いております。

セッションや指導させて頂いているトレーニングやエクササイズは、自重で行うものもあれば、道具を使うものまで様々です。

道具を一つ使うだけでも、リハビリ、トレーニング&エクササイズの幅はかなり広がります。

当治療院でセッションさせて頂く際でも、筋力UPやスピードUPなどを行う場合には、「道具を使わなければダメ!」と思い込んでいる人が少なくありません。

ですが、道具を【使わない→使う】【ない→軽い→重い】という具合に負荷や難易度設定が上がっていくものだと思われがちですが、【使う→使わない】【重い→軽い→ない】ということで負荷や難易度が上がっていくものもあります。

それは、リハビリやトレーニング&エクササイズにおける固有受容性感覚(深部感覚)を活かした動作のスキルUPです。

なぜなら、深部感覚が優れないままリハビリやトレーニング&エクササイズを行なっても効果がボヤけてしまうからです。

これでは非効率的ですよね。

今回は、固有受容性感覚(深部感覚)を活かした動作のスキルUPするためのトレーニングの負荷設定について書いていきたいと思います。

◎道具

当治療院でも色んな道具がありますが、錘としては、

・ダンベル
・ケトルベル
・ジムボール
・メディシンボール
・ダイナマックス(ソフトメディシンボール)
・VIPR
・ウォーターバッグ
その他

ツールとしては、

・ステップ台
・バランスボール
・チューブ
・タオル
・ポール
その他

他にも昔からあるものから最近のものまで沢山あります。

それぞれ特徴があります。

道具は使われるより、どのように使いこなすか?が大事なわけなので「○○じゃないとイケナイ」というものはありません。

また大きく見れば、坂、階段などの段差、サーフェスの種類なども道具として捉える事もできます。

◎道具を使うことで

道具を使うこと、重量をUPしていくことで負荷や難易度が上がっていくものとして、

・道具を持ったり、サーフェスが違ったりすることでの重心位置の変化
・遠心力等がかかり負荷が強めにかかる
・感覚の変化に対応する

などといったことが挙げられます。

道具を使い重心位置が変化することで、重心を中心とした動きからズレやすくなり不安定になるので、関節や筋肉への負荷が大きく掛かりやすいということになります。

また、道具を使うトレーニングは、使わないトレーニング動作に比べ遠心力が働きやすく、引っ張られる力が掛かるため自重動作と同じ感覚で動かすよりもカラダの末端部への負荷が大きくなりがちです。

それらの感覚の変化に対応しなければいけないことは同じ動作でも難易度は高くなります。

◎固有受容性感覚(深部感覚)

固有受容性感覚(深部感覚)とは…、

固有受容感覚は、位置覚、運動覚、抵抗覚、重量覚により、体の各部分の位置、運動の状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚。
Proprioceptive senseともいわれる。これらの感覚の基礎として存在するのが関節、筋、腱の動きの感覚である。
~ウィキペディア~

コレだけだと分かり難いので…、

カラダの関節の位置、張力、筋肉の長さなどを管理する感覚を指します。
これらに変化が出た時の情報からカラダを操って姿勢の安定性を作ります。

◎カラダのスキルUP

固有受容性感覚(深部感覚)を活かした動作のスキルUPはどうすれば良いのでしょうか?

深部感覚は、カラダの関節の位置、張力、筋肉の長さなどからの変化の情報の方が得やすいという特徴があります。

つまり、道具を使うことの方が深部感覚に変化を与えやすいということです。

ですが、深部感覚に変化を与えやすいとは逆に、変化に対しての鋭敏性への刺激が少なくなるという特徴もあります。

昨今の研究では、深部感覚への鋭敏さだけがトレーニングによって鍛錬され、何らかの適応を起こさせるであろうという仮説が立てられています。

カラダを動かすことでの鋭敏性は、スピード動きの大きさ正確さによって引き出されます。

ですので、道具を使うトレーニングは変化に対しての鋭敏性への刺激が少ないということが言えます。

◎道具の使い分けの必要性

道具を使うことへの必要性、道具を使わないことへの必要性を鑑みると、

道具を使うことは、

・筋力強化
・固有受容感覚への対応力UP
・カラダの安定力UP

道具を使わないことは、

・鋭敏性への対応でスキルアップが起こる
(動きのスピード、動きの大きさ、正確さがUP)

とうことになります。

同じリハビリやトレーニング&エクササイズだとしても、目的に対してどのように道具の使い分けていくかを考慮に入れる必要があるということになります。

◎最大限の効果を引き出す為に

以上、固有受容性感覚(深部感覚)を活かした動作のスキルUPするためのトレーニングの負荷設定について書きました。

どうしても、道具を使った方が負荷や難易度設定が上になるというものだと思われがちです。

ですが、道具の使う・使わないそれぞれ両方に良さがあります。

同じリハビリやトレーニング&エクササイズだとしても、道具の使い分けで変わってきます。

大事なのは、自分の目的に対してどの様に組み合わせていくかが重要になってきます。

当治療院でのセッションは同じトレーニング&エクササイズの道具有り無しを組み合わせることで効果を最大限に引き出していってます。

組み合わせ方次第で、カラダの持つポテンシャルを目一杯引き出していけれます。

実際にトレーニングセッションを終えると、「カラダの動きが力強くしなやか・・・」という感じで驚かれる方も少なくありません。

先ずは、自分の行っているトレーニングの効果を目一杯に引き出せているか?を確認してみましょう!

そして、目的に沿った負荷と動きの組み合わせで最大限の効果に繋げていきましょう!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中