ランニングによる痛みの改善を走動作から見つけ出す方法をご紹介!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%ad%e3%82%b1%e3%82%ac

治療院にご来院頂いた方々やスポーツ現場で質問を受けることがあります。

「走っている最中に痛みが出て来た場合どうするの?」

という類のものです。

もちろん、無理は禁物なので、続行することは宜しくないです。
※バックグラウンドによる:要ヒアリング

よく走ると痛みが出る場合、痛みの出る動作を何とかしようとしますが意味はありません。

何故かというと、明らかな原因がない場合、ランニングでの痛みは、痛みの出る動作の前に原因があるからです。

今回は、ランニングの痛みの改善するための原因を見つけ出す方法について書いていきたいと思います。

◎ランニングでの痛み

ランニングでの痛みは、接触、捻挫、肉離れなどの急性を除けば基本的にオーバーユース(使い過ぎ)によるものです。

「膝のオーバーユース(使い過ぎ)による痛みを早期改善していく為に必要なポイント!」参照

その中でも鵞足炎や腸脛靭帯炎などの膝の痛みを抱えている人が増えてきてます。

「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」参照
・「気になる膝の痛み!走りながらでも大丈夫!鵞足炎のメカニズムと早く治す為の考え方!」
参照

他にも、

疲労骨折
アキレス腱炎
足底筋腱膜炎
「嫌な足裏の痛み、足底筋膜炎から早く改善していくために行うべきこと!」参照
シンスプリント
「シンスプリントや足のくるぶし周辺に痛み違和感がある方に有効なストレッチエクササイズ!」参照
「シンスプリントや足のくるぶし周辺の痛み違和感の早期改善の為に取り入れたいトレーニング」参照
などがあります。

◎ランニング動作でのオーバーユース

ランニング動作でどのようにオーバーユース(使い過ぎ)の障害が起きるというと、

・筋力不足
・疲労
・アライメント(骨配列)の不良
・フォーム
・オーバーワーク

などの理由があります。

これらの要素が絡みあって、オーバーユース(使い過ぎ)の障害が起きます。

また、オーバーユースは、ダイナミックアライメントの崩れローディング能力の低下に密接に関係しています。

オーバーユースで痛みが出ている時の状態として、

・痛みが出る関節まわりが頑張り過ぎて余計な動きをしている
・痛みの出る関節まわりに余計な力みがあって動きが悪い

の2つが挙げられます。

正常な範囲内で動いている分には痛みが出ることはありません。

◎オーバーユースの痛み

オーバーユースによって起こる痛みは、「痛みが出始めて直ぐだから・・・」という感じで急性痛だと思いがちですが、慢性痛になります。

慢性痛は、急性痛が続くことで脳への信号が送り続けている状態で、脳が危険シグナルに対して可塑性変化を起こしている状態です。

「カラダに痛みを感じるということは悪いことではありません!」参照

慢性痛は痛みからの感覚の信頼性は急性痛に比べ低くなります。

ということは、その痛みの出る動作が痛みの原因の可能性は極めて低くなるということになります。

◎ランニングの痛みの出所を探る

オーバーユースによる痛みは、信頼性が低く、余計な力み、余計な挙動が起きる連続する動作によるものです。

これには、要因があります。

Joint by Joint Approachより…

・関節の可動性が低下する時、その関節の近位の関節の可動性で補おうとする
・関節の安定性が低下する時、その関節の遠位の関節の安定性で補おうとする

というカラダの構造上で言えることがあります。

これを踏まえると、ランニング動作だと、

着地動作で痛みが出る場合は、OKCからCKCへの移行になるため、痛みのある部分より近位に問題が生じている可能性が高くなります。

つまり、運動連鎖から着地動作に移行するより以前の動きの中にエラーの原因があるということになります。

キック動作で痛みが出る場合は、CKCからOKCへの移行になるため、痛みのある部分よ遠位に問題が生じている可能性が高くなります。

つまり、運動連鎖からキック動作の前の荷重移動の動作の中にエラーの原因があるということになります。

要は、痛みが出ている動作の前に何らかの要因があることになります。

◎動きを繋げる重要性

以上、ランニングの痛みの改善するための原因を見つけ出す方法について書きました。

走動作はCKC(閉鎖性運動連鎖)とOKC(開放性運動連鎖)の繰り返しです。

ランニングでの痛みは、接触、捻挫、肉離れなどの急性を除けば基本的にオーバーユース(使い過ぎ)によるものです。

オーバーユースは、信頼性が低く、余計な力み、余計な挙動が起きてしまうことによる慢性痛になります。

ランニングでオーバーユースの痛みが出る場合、痛みの出る動作を何とかしようとしますが、それ自体はあまり意味を成しません。

明確な原因がない場合、ランニングでのオーバーユースの痛みは、痛みの出る動作の前に原因があります。

ランニング動作で痛みが出てしまって、なかなか改善しないなぁ~という方は、「その動作の前に不自然な動きがなかったか?」を見直してみて、その動きを是正するためのアプローチが出来ているか?を確認してみることをオススメします。

セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中