そもそも体幹トレーニングをやっても競技力向上・パフォーマンスUPは起こりません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

One of the hardest exercise

よく個人や部活動、チームでケガをしないため、パフォーマンスに繋げていくためのトレーニング&エクササイズ指導に携わらせて頂いたりもします。

その時に、先ずヒアリングとして「普段トレーニングとかしてますか?」という質問をさせて頂いております。

その答えとして、「体幹トレーニングはほぼ毎日行っています!」という答えがとても多いです。

ここでいう体幹トレーニングはプランクやダイアゴナルだったりするものです。

ヒアリングさせて頂いてから説明させて頂いていることは、

「体幹トレーニングをやっても競技力向上は起こりません!」

ということを説明させて頂いております。

なぜなら、いわゆる体幹トレーニングで鍛えようとしている腹横筋などのインナーユニットは、本来カラダを動かしていくための必須最低条件の要素であってパフォーマンスを表すものではないからです。

ですので、いわゆる体幹トレーニングをどれだけ行っても競技力の優劣には貢献しません。

今回は、競技力向上のための体幹の位置づけについて書いていきたいと思います。

◎体幹のおさらい

当ブログでも何回か記事にはしてますが、体幹部は…人間の手足と頭を除いた胴体部分を指します。

『体幹の機能』は、

・インナーユニット
・インナーコア
・アウター

この3つに分けられます。

インナーユニットは、腹横筋、横隔膜、骨盤底筋群、多裂筋を指します。

ヒトが活動する為の下地の機能を行う筋で、鍛えるというよりはONとOFF(働いているか否か)のどちらかの作用です。

よく流行っている体幹トレーニングは、腹横筋を中心としたインナーユニット主にアプローチするということが、一般的に周知されています。

インナーコアは、ヒトのカラダの動きに対して関節のポジショニングを“安定”させる筋のことを指します。

アウターは、一般的にパワーやスピードなどを生み出す働きをしていきます。

カラダの動きにも曲げ伸ばしや回転、傾くものから、外力に負けないように固めるという作用まであります。

「何でもかんでも「体幹が…」と一括りにするのは止めましょう!」参照

◎体幹トレーニングで強くなる?

なぜ?いわゆる体幹トレーニングを行うと強くなれるということになっているのでしょうか?

イメージで言えば、

・カラダのブレを抑える
・カラダの中心部にある大きな筋肉が使える
・出力の効率性が良い

といったところでしょうか。

実際にいわゆる体幹トレーニングを行うことで、強くなった!早くなった!という選手もいらっしゃるでしょう。

先出した体幹部の機能で言えば、カラダを動かす際にはインナーフェースユニットがプライマリーに働いて準備出来てから、よくいうインナーコアがセカンダリーに…、そして、それぞれのアウターの筋が働かなくてはなりません。

主にパフォーマンスとして表れているのは、アウターの部分になります。

アウターをしっかりと働かせる為にインナーユニットやインナーコアがそれぞれの役割を行わなくてはいけません。

つまり、アウターがしっかりと機能している状態は、インナーユニットやインナーコアもしっかりと働いているということになります。

これってアウターが正常に働いているのに、インナーユニットやインナーコアが機能ダウンすることはありません。

インナーコアとインナーユニットの関係も同様のことが言えます。

体幹トレーニングで強くなった人は、元々インナーユニットの働きがOFFの状態からONの状態になったということだけです。

インナーユニットがONになったので、元々持っていたインナーコアやアウターが本来の出力を出しやすい状況になったということになります。

◎体幹トレーニングは必要か?

それなら、体幹トレーニングは必要ないのか?といったらそうではありません。

腹横筋を含むインナーユニット部の筋肉は、他の筋肉と同じで使われなければ退化してしまいます。

ですが、鍛えて筋肥大を起こして強くすれば・・・かというと、インナーユニットの特性上、筋肥大はそこまでは起きません。

ただし収縮することで肥厚変化は起きます。

要は、カラダの動きに対応してインナーユニットの筋の肥厚変化できるようにしておく必要があるということです。

インナーユニットが機能しない場合、インナーコアやアウターが代償してカラダの他の部位を動かすことで、脊椎・腰椎・骨盤帯がより不安定な状態のまま固める作業が起こります。

この状態だと、いくら練習を頑張っても成果が表れ難いです。

アウターがしっかりと機能出来ている状態をつくることは、インナーユニットやインナーコアもしっかりと働いている状態ということになります。

つまり、インナーコアやアウターの操作がしっかりと出来ている場合は、インナーユニットがしっかりと収縮して働いているので、いわゆる体幹トレーニングの必要性はありません。

インナーユニットの働きをスムーズにONにする必要性がある時に、いわゆる体幹トレーニングが必要になります。

この場合、あくまでインナーユニットをメインとした場合です。

インナーユニットの分離収縮については未だ明らかにされてません。

いわゆる体幹トレーニングは、他のトレーニングと比較して腹横筋などのインナーユニット部の収縮率が高いということです。

「どんな方法でも体幹トレーニングを沢山の量行うことは意味がありません!」参照

◎パフォーマンスに繋げる為に

以上、競技力向上のための体幹の位置づけについて書きました。

最近では、「体幹トレーニングを行っておけばOK!」というような風潮になっています。

ですが、体幹トレーニングを行っただけでは競技力向上は起こりません!

いわゆる体幹トレーニングで鍛えようとしている腹横筋などのインナーユニットは、本来カラダを動かしていく上では必須最低条件です。

しかし、主にパフォーマンスとして表れているのは、アウターの部分になります。

アウターをしっかりと働かせる為にインナーユニットやインナーコアがそれぞれの役割を行わなくてはいけません。

アウターがしっかりと機能出来ている状態をつくることは、インナーユニットやインナーコアもしっかりと働いている状態ということになります。

インナーコアやアウターの操作がしっかりと出来ている場合は、インナーユニットがしっかりと収縮して働いているので、いわゆる体幹トレーニングの必要性はありません。

カラダの動きに対応してインナーユニットの筋の肥厚変化できるようにしておく必要があります。

その為には、いわゆる体幹トレーニングは必要です。

先ずは、アウターの働きが間違いなくしっかりと出来ているかどうか?を確認してみましょう!

そして体幹部の理解を整理して、必要ならば体幹トレーニングを取り入れましょう!

そうすることで、練習やトレーニングの成果がしっかりと出て、安心安全にスポーツをプレー出来るようになりますよ!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中