ランニング動作で体幹部を安定させるためのコツをご紹介!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

陸上競技選手向けや市民ランナー向けにケガせずパフォーマンスに繋がるためのカラダ作りなどを行っております。

「RUNパフォーマンス向上プログラムの募集開始します!」「陸上競技者、市民ランナー向けケガなく成績に繋がるカラダ作りセミナー・セッションをご紹介!」参照

陸上競技選手や市民ランナーの皆さんがよく挙げられる課題として質問を受けるのですが、

「なかなか体幹が安定する走りができなくて・・・」

といったことをよく聞かれます。

そういう人には、「体幹部をできるだけ固めないようにしましょう!」とうことを説明して実践して頂いてます。

体幹部は安定させるものではなくて、無駄を省いていけば自然と安定のある走りが出来るようになります。

体幹を安定させようとして走れば余計な力みが生じて逆に走りがブレてしまうからです。

今回は、体幹部を安定させる走り方について書いていきたいと思います。

◎体幹が安定する走り

体幹部が安定する走りというのはどういうものなのでしょうか?

カラダの安定というのは、

カラダが前後左右上下のブレに対応して元に戻そうとする働き

のことを指します。

ですので、体幹部が安定した走りというのは、

走る動作で一歩一歩で前後左右上下にブレたものを元の位置にリカバリーできる走り

ということになります。

「ランニング動作で体幹がしっかり安定しているだけでは速く走ることはできません!」参照

ランニング動作では、肩甲骨と腸骨は支点となり、カラダのブレをリカバリーします。

ですので、骨盤の上前腸骨棘を結んだラインと肩甲骨の肩峰を結んだラインがなるべく見た目上動かない走りが安定する走りということになります。

%e3%81%8c%e3%81%84%e9%aa%a8%e3%81%a0%e3%82%88

◎体幹部が安定しているメリット

体幹部が安定して走るメリットは、エネルギー効率が良いということになります。

エネルギー効率が良いということは、省エネだけではありません。

地面からGRFをしっかりとローディングして受け取って、カラダで増幅して推進力としてアンローディングしていくことも大切です。

つまり、無駄を省いてしっかりとGRFを推進力に活かしていくことが重要になってきます。

◎走動作での体幹部の役割

走動作において体幹部の役割は、体幹部の3つの機能はそれぞれ違ってきます。

・インナーユニットの機能は、挙動の準備
・インナーコアは、腕振りでマイナス方向に生じた力を抑える働き
・アウターは、Backward legで生じたマイナス方向の力を最小限に抑える働き

ということで、それぞれの役割があります。

要は、それぞれマイナス方向に生じた力を抑える働きを行います。

「走りや跳ぶ動作で体幹の役割はカラダの安定には働きません!」参照

つまり、体幹部を「安定=固定」という認識だと、余計な力みを生んでしまい逆にカラダのブレが大きくなって非効率的な走りになってしまいます。

逆にこれらの機能を力みなく使いこなせるとダイナミックに安定した走りになって飛躍的に伸びます。

◎体幹が安定する走りのポイント

体幹部を安定させようとするのではなく、見た目上体幹部が安定している走動作になることが大切です。

その為には、

・接地方法はどれであろうが、矢状面での下肢動作は変わらずローディングが一定
・腕振りで生じるマイナス方向の力を抑えるためのカウンター

の2つです。

接地方法は直線系の地面のエントリーの仕方ですと、ローディングが一定にならず、カラダがブレてしまいそれを抑える為に体幹を固める方向に働きます。

ですので、地面へのエントリーは無理なくローディングが出来る範囲での接地を行うことが大切です。

体幹部でローディングされた力を増幅出来ない場合、腕振りが3運動平面で行って補おうとしてしまいます。

ただ、3運動平面で行うことで余計な力みが生じてしまいます。

ですので、腕振りはシングルプレーンで行うことが重要です。

また、この2つの要素を取り入れるにあたり、カラダのモビリティとスタビリティを適切に獲得しておくことは重要です。

◎自己ベスト出ました!

実際にセッションやセミナーを受けられた方で続々と好結果が出てきております。

「フルマラソンの通過でハーフマラソンのベストが出ました!」
「いつも以上のハイペースで押せるようになった!」
「疲れ方が今までとは全然違って少なくなった!」

など沢山の嬉しいご感想を頂いております。

殆どの方が体幹部を安定させれるようになって直ぐに結果が出ました。

これは体幹部を固定させようとして力みになってしまって余計な力を使い過ぎてしまっていたのが、効率的に力を使えるようになっただけなのです。

もともと力はあったということです。

意外とこういう選手って多い印象です。

◎安定して力を発揮させる

以上、体幹部を安定させる走り方について書きました。

走動作でカラダを安定させることはケガの予防、パフォーマンスに繋げていく上で非常に重要です。

ですが、カラダを安定させようとすると、余計な力みを生んでしまって逆に非効率な動作になってしまいます。

走動作でのカラダの安定は固めることではなく、安定した力を発揮した結果です。

ですので、無理に安定させようとせず、十分に力を発揮できるようにポイントを押さえて走動作に活かしていきましょう!

どうしても分かりにくい場合は、餅は餅屋で専門家にみて頂くことが大事です。

当治療院でも、そういったトレーニング&エクササイズもセミナー、セッションさせて頂いております。

「陸上競技者、市民ランナー向けケガなく成績に繋がるカラダ作りセミナー・セッションをご紹介!」「RUNパフォーマンス向上プログラムの募集開始します!」参照

お気軽に下記のLINE@よりご依頼頂ければ幸いです。

今後も、こういったセミナー情報やスポーツ情報、治療院のお得な情報などLINE@で先行発信をしていきますので、ぜひご登録ください!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中