嫌な頭痛を放置せず早く解消していく為に積極的に対処していく方法をご紹介!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e9%a0%ad%e7%97%9b

当治療院では頭痛の症状を訴える方にも対応させて頂いております。

頭痛って「頭が痛い」と一言で言い表せるのですが、その症状は対応可能なものから重篤なものまで様々です。

「こういう頭痛が起きたらどうすれば・・・?」なんてことをよくご質問受けます。

先ず最初に行うべきは、その頭痛が重篤か否か?です。

重篤か否か?を確認する方法として「首を動かしてみて楽になる方向があるか?を確認してみましょう。」ということをオススメしてます。

なぜなら、首を動かしてみて楽になる方向があれば危険な率がグッと下がるからです。

今回は、治療院で対応できる頭痛について書いていきたいと思います。

◎頭痛の分類

頭痛は、一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛…頭痛が疾患のメインのもの
二次性頭痛…他の疾患の症状として頭痛が発生しているもの

という感じになります。

具体的には、一次性頭痛は主に筋緊張性頭痛と偏頭痛です。

他にも副鼻腔炎による頭痛、群発性頭痛なども一次性頭痛になります。

二次性頭痛は、くも膜下出血、髄膜炎、脳腫瘍など脳にダメージがある疾患付属の頭痛ということになります。

治療院で施術できる対象となるものは、一次性頭痛になります。

ちなみに日本国内の一次性頭痛の有病率は高く、その主なものは緊張型頭痛です。

片頭痛1

またメディカルリサーチより、

一次性頭痛でも、

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)では効果が不十分なもの
・特に片頭痛は早期に適切に治療しないもの
・不適切な治療、加齢で進行しているもの

に関しては約3割が慢性化へ向かい治りにくくなってしまうということが挙げられてます。

治りにくくはなっているものの、一次性頭痛は治療院では対応可能です。

◎区別は難しい!?

二次性頭痛は頭痛全体の中でも1割未満です。

その他にもありますので、心当たりがあったり、何かしら変!と感じましたら病院に受診されることをお薦め致します。

国際頭痛学会の国際頭痛分類においては以下の症状だと要注意となります。

・突然の頭痛(いきなり痛くなった…)
・今まで経験したことがない頭痛
・いつもと様子の異なる頭痛
・頻度と程度が増していく頭痛(だんだんと痛みが増えていく…)
・今まで頭痛とは皆無だったけど50歳以降で初めて起こる頭痛
・精神症状を有する患者の頭痛

国際頭痛分類第3版はコチラ

ただ、これらの症状は1次性、2次性両方ともに当てはまります。

◎一次性頭痛の成り立ち

一次性頭痛の症状から分かる方もいらっしゃるとは思われますが、一次性頭痛の間接的なものからくる症状は、

★血流障害
★神経系

からきます。

とある研究によって

血管系の症状、神経系の症状が続いて精神的・身体的ストレスを長期間受けると、頭の前(眉間あたり)、横(耳の上あたり)、頭の後~首の後あたり、首の付け根から肩にかけて部分の筋活動が顕著に過活性する

…ということが明らかになっています!

この過程で、筋緊張性頭痛、偏頭痛などの一次性頭痛が引き起こされます。

◎首の動き

%e9%a6%96%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d

首の動きは写真のように3つの軸の動き(屈曲・伸展、右回旋・左回旋、右側屈・左側屈)の組み合わせです。

頭と頚椎を繋ぐ関節は屈曲と回旋主体、頚椎は主に屈曲伸展側屈の役割を行います。

カラダから頭を繋ぐ首まわりには、神経、血管などが所狭しと密集してます。

首、肩、背中まわりは主に首(頚椎)から出ている神経が分岐して行き渡っています。

人間は健康な状態ですと、1軸だけの動きですと0~20%の血流が邪魔されます。

2軸だと約50%、3軸だと約65%~80%の血流が邪魔されます。

単純に考えても健康な首まわりの状態だけでも、症状が出ないギリギリで動かしているということです。

先出しましたが、一次性頭痛の間接的なものからくる症状は、神経系と血管系からくる筋肉の過活性が要因となるモノが殆どです。

一次性頭痛が起きている場合、何らかの神経・血流障害由来の筋肉過活性が起きているので、どこかしらの1軸方向に動かすと筋活動が顕著に過活性した部分が抑えられて、逆に神経・血流障害を緩和させる楽な方向があります。

また、その緩和された部分が頭痛の症状解消のヒントにもなります!

どこかしら1軸方向に動かしても、症状緩和が見られない場合は二次性頭痛も疑われるので要注意です。

◎手遅れになる前に

以上、治療院で対応できる頭痛について書きました。

頭痛は一次性頭痛と二次性頭痛とに分けられます。

一次性頭痛は、主に緊張型頭痛で治療院で対応可能です。

早ければ一回の施術で改善していくこともあります。

二次性頭痛は、脳などに疾患があり非常に危険です。

一次性頭痛は、頭痛が疾患のメインで、神経系と血管系からくる筋肉の過活性が要因となるので、どこかしらの1軸方向に動かすと過活性した部分が抑えられて、逆に神経・血流障害を緩和されます。

痛みや違和感からの早期に改善していく為に、目安として役立てることが重要です。

頭痛は、一次性、二次性に限らず、セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

例え軽症の場合でも慢性化してしまうと大変厄介ですので、早期に対応されることをオススメします!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

もし頭痛のことでお困りの方はLINE@からご相談下さい!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中