ランニング動作をスムーズに行う為には着地して母指球に荷重を乗せようとしてはいけません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e6%af%8d%e6%8c%87%e7%90%83%e8%8d%b7%e9%87%8d

最近では治療院にも多くの陸上競技選手、市民ランナーの方々にご来院頂いております。

陸上競技選手や市民ランナーの方々から、「母指球に荷重をしっかり乗せようとしているのですが・・・?」といったことを質問受けたりします。

そういう時には「母指球で着こうとするのではなく、自然と乗るようにカラダを動かしましょう!」ということをお伝えしてます。

なぜなら、無理矢理に母指球に荷重を乗せる動きを行ったとしてもKnee-in Toe-outが助長されケガに繋がってしまうからです。

今回は、ランニング動作で足の母指球にうまく荷重を乗せるために必要なことを書いていきたいと思います。

◎母指球に乗せる

ランニング動作の際、重心移動は、やや外側から着地して母指球に抜けるようなものが良いです。

つまり離地の時(take off)の時に、地面へのキックを主に第一中足趾節関節によって行われ蹴り出しのパワーとして発揮されます。

「理想の走りをする為のランニングシューズの底の減り方を見るポイント」参照

ケガなくパフォーマンスを発揮していく為には母指球にしっかりと荷重を乗せていくことが重要になります。

◎母指球に乗らないと

荷重が母指球に乗らないということは、重心移動の線形回帰のラインから離れすぎている状態です。

その場合、足・足首だけでなく、膝や股関節まわり、腰などのケガが起こりやすくなります。

また地面を捉えている時にブレが大きくなってしまいがちなので、ランニングパフォーマンスも上がりにくいです。

◎無理矢理母指球に乗せる?

ランニング動作で母指球に荷重を乗せることが大事だからといって、足の母指球に無理矢理荷重を乗せれば良いのでしょうか?

荷重が母指球に乗らない状態は、いわゆる接地時にオーバースピネーション(足が内返し過ぎ)状態になっているかCloss Over Angle(脚を内側に振り下ろす角度)が大き過ぎる場合が殆どです。

オーバースピネーションは、接地からMidstance(重心がカラダの前後を跨ぐ時)にかけて対比的にプロネーションでも量が多くなり、最後にFlatな状態にもどせなくなります。

Closs Over Angleが大き過ぎると、下肢自体の内旋トルク量が多くなることでプロネーションがコントロール出来なくなりオーバープロネーションを引き起こしてFlatな状態に戻せなくなってしまいます。

つまりオーバープロネーションになりやすい状態ということがいえます。

「ウォーキングやランニングする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」参照

母指球に荷重を無理矢理に乗せていくということは、更にオーバープロネーションを誘発してしまい、knee-in Toe-outを助長してしまいます。

「日常生活に!スポーツに!無駄なKnee-in Toe-outは防ぐに限ります!」参照

そうなると、ケガのリスクが増え、パフォーマンスにも繋がりません。

ですので、無理矢理に足先だけの動きで母指球に荷重を乗せようとすることは宜しくありません。

◎母指球に荷重を乗せるためには

ランニング動作において母指球にしっかりと荷重が乗るためには、

・FootContact Pointの見直し
・Cross Over Angleの見直し

の2つが挙げられます。

FootContact Pointは接地時の足のどこで着いているか?ということです。

FootContact Pointの時には、オーバースピネーションを防ぐようにしなければなりません。

つまり極端に外側で着くのを防ぐ必要があります。

そうなると必要なことは、

・足もとの安定性の確保
・下腿(膝下)部の筋出力のバランス
・股関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得

ということになります。

足部にオーバースピネーション状態が引き起こされる時は、足部の安定性が失われてます。

そうなると、下肢自体の内旋トルク量が多く、下腿の筋出力ではままならず、Takeoffの時にFlatな状態に戻しきれず母指球に荷重が乗りません。

股関節の可動性が足りない時や体幹部のスタビリティが獲得できてない時は、Knee-up時に膝が外に逃げる動きが入りながら接地動作になるのでオーバースピネーションが起こりやすいです。

Closs Over Angleを2°以上になるとMidstance時にKnee-in Toe-outが誘発されてしまい、Takeoffの時にFlatな状態に戻しきれず母指球に荷重が乗りません。

Closs Over Angleを2°以内に抑えるためには、

・股関節の可動性
・仙腸関節の可動性
・体幹部のスタビリティの獲得
・骨盤部の安定

が必要です。

つまり、ランニング動作において母指球に荷重をしっかりと掛ける時は、母指球を無理矢理にでも地面に乗せていくのではなく、自然のランニングの過程で乗ることが大事になります。

ランニング動作での母指球荷重は、結果として動作の確認になるということです。

◎自分の走りの確認として

以上、足の母指球にうまく荷重を乗るために必要なことを書きました。

ランニング動作において母指球に荷重を上手く乗せれることはケガの防止、パフォーマンスにも繋がりやすいです。

ですが、「母指球荷重が良い」からといって、無理矢理に母指球に乗せようとすることはいけません。

無理矢理に乗せようとすると、オーバープロネーションを誘発してしまい、knee-in Toe-outを助長してしまいます。

そうなると、ケガのリスクが増え、パフォーマンスにも繋がりません。

ランニング動作で母指球に荷重をしっかりと掛けるためには、自然にランニングの過程で乗るようにカラダを動かしていくことが大切です。

母指球への荷重を上手く乗せれない人は、母指球で着こうとする意識をなくしてみてください!

そして母指球に自然に荷重がかかるようにカラダを使うようにしましょう!

そうすることで、走りの流れをスムーズに無駄なく推進力に繋げられるようになりますよ♪

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中