健康的に美脚になりたいなら“何を?”よりも“どのように?”でトレーニングを行いましょう!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e7%be%8e%e8%84%9a

まだまだ寒い時期ですが、今年こそは美脚になりたいと意気込んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

当治療院でも、痛みや疲れに対しての施術やカラダの能力を上げていく為のトレーニング&エクササイズなどをメインで行っておりますが、スタイルUPや美脚作りに関するトレーニング&エクササイズを受けに来られる方も多いです。

トレーニングを頑張ってはいるものの、なかなか思うようにスタイルUPや美脚になるどころか、逆に太くなってしまったり、変な角度ついてしまったりして、見栄えが宜しくない状態になっている方は少なくありません。

そういった方から「頑張ってトレーニングしているんですけど何でなんですかねぇ~?」ということを色んな所でよく質問されます。

そのような悩みを持たれてる方は、美脚を作る為のトレーニング&エクササイズを行うポイントがズレています。

美脚をつくるトレーニングは、何をどれくらい行うというよりも、どこを基準にして行うか?ということが重要です。

美脚になる為に行うトレーニングで押えておくポイントはいたってシンプルです。

今回は美脚を作っていく為に必要なポイントを書いていきたいと思います。

◎美脚の定義!?

美脚は読んで字の如く、「美しい脚」のことを言います。

ですが、とりわけ美脚の定義というものはありません。

美脚は、見た目的に美しい脚のことを示します。

脚ができるだけ美しく見える条件は、

・脚のラインが真っ直ぐ
・太もも、ふくらはぎ、足首の太さの比率が5:3:2
・脚の長さの比率
(股下~膝:膝~床=3:5 もしくは 股下~ふくらはぎのトップ周囲径の位置:ふくらはぎのトップ周囲径の位置~床=5:3)
・長いほうが良い(臀部のトップ~床まで)
・ウエストラインから地面までの70%強のポジションに脚の付け根がくる

この5つの条件ができるだけ近く当てはまるほど、線形美、曲線美、造形美の観点から見た目の美しさを認識させることが出来ます。

「必見!健康的に綺麗に美脚になるランニング&ウォーキング!」参照

◎変えられるもの変えられないもの

上記の美脚に見えるための条件で変えられるものと変えられないものとに分けられます。

変えられないものは、骨格など先天性なものです。

変えられるものは、

・脚のラインが真っ直ぐ
・太もも、ふくらはぎ、足首の太さの比率が5:3:2
・脚の長さの比率
( 股下~ふくらはぎのトップ周囲径の位置:ふくらはぎのトップ周囲径の位置~床=5:3)
・長いほうが良い(臀部のトップ~床まで)
(臀部(お尻)のトップが高い方が小尻になるのでより良いです)
・ウエストラインの高さ

です。

意外と変えられる部分はあります。

実は、これらは筋肉への刺激の入れ方、カラダの各部位のポジショニングで変化させることが出来ます。

◎美脚を作っていく為に必要なポイント

美脚を作っていく上でトレーニング&エクササイズを行うポイントは、

・カラダの重心位置の把握
・上体で迎えにいかない
・力の入れるタイミングの調整
・カラダを大きく使う
・しっかりと押す作業を行う

の5つです。

カラダの重心位置は、上半身の鳩尾やや上に位置する点と下半身の太ももの真ん中を結んだ中点の2点を結んだ真ん中がカラダ全体の重心位置になります。

カラダの重心位置は臍のやや下あたりで上半身と下半身のポジショニングで変動します。

このカラダの重心をできるだけ安定させながらトレーニング&エクササイズを行うことが重要です。

上肢・下肢を動かしていく際にカラダの重心位置を移動させて動きのある部位に近づけていくことは、カラダを重心位置を下げることに繋がりますし、筋の求心性収縮が強くなります。

そうなると頑張れば頑張るほど、脚が太くなりやすく、実際の長さよりも短く見えてしまいマイナスです。

また美脚を作るためのトレーニング&エクササイズでは、呼吸の入れ方が重要になってきます。

基本的に吸気時は動きを素早く行うには適してますが、大きい動きを作るには向いてません。

逆に呼気時は動きは少し緩慢になりますが、大きい動きを作ることに向いてます。

トレーニングの動作の各挙動に対してこれらの呼吸のタイミングなどを組み合わせて行うことで効果が得られます。

呼気吸気の入れ方のバランスを作るとウエストの位置が上がります。

カラダを大きく使ってトレーニング&エクササイズを行う事は、カラダの中枢部でもある大きな筋群を使うことになります。

そうすることで、臀部(お尻)のトップラインを上げたり、胸郭を締めてウエストラインを上げるなどの効果が出せます。

地面を押す、手で壁などを押す、…など意外と上肢下肢を使って押すことが出来ない人が多い印象です。

押せないとどうしても上肢・下肢の重心位置がカラダの重心に近付きます。

そうなると、カラダの安定させるための重心位置が地面に近付く感じで下がります。

重心位置が下がると脚が実際の長さに比べ短く見えてしまうようになります。

これはふくらはぎのトップの位置が下がるということと、臀部のトップ位置が下がるという美脚にとってデメリットが作られてしまうからです。

◎正しい方法で今まで以上の美脚を!

以上、美脚を作っていく為にトレーニング&エクササイズを入れる時に必要なポイントを書きました。

美脚はトレーニングをちょっと行なっただけでは作れません。

美脚の条件のうち自分で変えられるものは意外と多いです。

美脚を作っていく際、どうしても脚の細さだけを求めがちになりますが、トレーニングやエクササイズを入れることで美的に形作ることは大切です。

美脚になる為に行うトレーニング&エクササイズで押えておくポイントはいたってシンプルです。

ポイントを押さえてトレーニング&エクササイズを行なえば、より確実に美脚を作れます。

ですが、ポイントを押さえてなければ逆効果になります。

ですので、闇雲に漠然とトレーニング&エクササイズを行うよりも、しっかりとポイントを理解したうえで取り組んでいきましょう!

そうすることで、見た目に美しい脚を作ることが出来ますよ!
友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中