シンスプリントや足のくるぶし周辺の痛み違和感の早期改善の為に取り入れたいトレーニング

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%84%9a

ここ近年の温暖化も相まって屋外での練習もよく行われております。

屋外での練習はどうしてもこの時期では量が多くなり、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを訴える方がよくご来院されます。

足首や足くるぶし周り、シンスプリントやコンパートメント症候群などの下腿周辺に起こる痛みは、地味に症状が長引きやすいのが特徴です。

酷いものは練習を休むという選択肢もありますが、痛みは感じてもプレーできたりするくらいだったら、練習に参加したりさせられたり…。

と、そんなこんなでズルズルと長引いちゃったりします。

長引くだけなら未だしも、「これくらいは大丈夫でしょ!」みたいな感じで軽く見てしまって後々症状が悪化してしまったというケースも少なくありません。

出来ることなら長い間休みたくないという方もいらっしゃると思います。

そういう時は痛みに対しての施術の他に行うことで症状の解消を早くしていくことができます。

それは、つま先立ちです。

なぜなら、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みが起こっている場合、つま先立ちが不安定になるからです。

今回は、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを早く改善していくためにつま先立ちトレーニングも取り入れましょうということを書いていきたいと思います。

◎足首、足くるぶし周辺などの痛み

シンスプリントに関しては、以前にブログにも書きました。

シンスプリントは、脛(スネ)の内側下1/3が痛くなることを言いますが、足くるぶしから脛全体の中で起こる脛骨過労性骨膜炎の事を指します。

最近では国際分類的にシンスプリントも含めて膝下内側に起こるモノを総称してMTSS(Medial Tibial Stress Syndrome)とまとめられています。

走るなどの足を使うスポーツ等で発症する場合が多いです。ちなみにランナーですと6-16%の割合で発生します。意外と少ないという印象です。
(治療院的な主観ですともっと多い印象です)

「シンスプリントや足のくるぶし周辺に痛み違和感がある方に有効なストレッチエクササイズ!」参照

くるぶしまわりの痛みは、Anterior ankle impingementの症状、Anterior ankle impingementの前段階が多いです。

症状として、最初は痛み自体は少ないので放っておくと、骨に余分な刺激が入って過剰に骨形成がされ過ぎて骨と骨の衝突が起こりやすい状態になって痛みが引かなくなります。

「足のくるぶし周りが痛みなどで気になり始めた時にスッキリと解消する為に確認すべきこと」参照

◎つま先立ちの原理

つま先立ちは、中足趾節関節(足の指の付け根部分)の背屈という指を反らす動きを伴います。

つま先立ちを行って上体を安定させると更に、下腿内旋、大腿内旋、股関節軽度屈曲、仙腸関節ニューテーションが起こります。

ザックリと説明しましたので、詳細はもう少し細かいですが、大体こんな感じです。

その下半身の状態に次いで、脊柱がニュートラル、肩甲骨が内転、外旋、後傾が起こります。

つま先立ちで安定させるということは、カラダの下から上までくまなく正常に可動させなければいけないということになります。

◎足くるぶし、足首まわりに痛みがある状態

先のブログにも書いてますが、足くるぶし、足首まわりに痛みが長引いている状態というのは、Ankle-Foot Complexの可動がしっかりと行われていない状態になります。

Ankle-Foot Complexの可動が崩れている状態というのは、

・足部の剛性変化
・脛腓関節のSpreading motionが出来ない
・足部の外反変化
・下腿外旋変化

という状態です。

この状態でつま先立ちすると、

・足部スピネーション
・下腿が内旋できない
・内反膝
・大腿の内旋不足
・股関節過内転
・仙腸関節がカウンターニューテーション気味
・腰仙関節が過伸展
・・・

という具合にバランスが崩れたつま先立ちになります。

要はバランスの悪いカラダの使い方を行っているということです。

このようなバランスが崩れて悪い状態で、カラダを動かしていると痛みのある部分に余計な負担がかかってしまい痛みがなかなか改善しません。

つま先立ちで安定させれるということは、余計な負担をかかりにくくして、痛みの改善を助けることに繋がります。

◎カラダの安定も考えて

以上、足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みを早く改善していくためにつま先立ちトレーニングも取り入れることのススメを書きました。

足首や足くるぶしまわり、シンスプリントなどの痛みは、最初はそこまで酷くないこともあり、地味に症状が長引きやすいです。

足首や足くるぶし周りに痛みが出ているときは筋出力のバランス、スタティックアライメント、ダイナミックアライメントが崩れてしまっていて、カラダを動かしていくと痛みに対して余計な負担がかかりやすい状態です。

つま先立ちを安定して行えるようにトレーニングしていくことで足首、足くるぶし周りのAnkle-Foot Complexの可動が正常化することで、筋出力のバランス、スタティックアライメント、ダイナミックアライメントを是正していくことができます。

なかなか改善が長引いてしまっている足首や足くるぶし周りに痛みに対しての早期改善させていくために是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

そして痛みは放っておかず、しっかりと治していく為に、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中