走る時に腕振りを効果的に行うための意識するポイント!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e8%85%95%e6%8c%af%e3%82%8a

「陸上競技者、市民ランナー向けケガなく成績に繋がるカラダ作りセミナー・セッションをご紹介!」「RUNパフォーマンス向上プログラムの募集開始します!」でもご紹介しましたセミナーやセッションがご好評頂いております。

セミナーやセッションでは、ランナーや陸上競技者向けにトレーニング方法や練習、ストレッチングなどの実践を行っております。

その際に、参加者特典で質疑応答には何でも応えれるようにしております。

なぜなら、疑問点は直ぐ解消しないと時間の経過と共に曖昧なままの状態になってしまいケガのリスク増やパフォーマンスの伸び悩みに繋がるからです。

その質疑応答の中で多いのが、走動作での腕振り方です。

腕を振る時は、どういう意識した方が良いのでしょうか?

走動作の腕振りは前後のバランスを意識することが重要です。

なぜなら、走りの出力に繋がらないからです。

今回は、走動作における腕振りの意識の仕方について書いていきたいと思います。

◎腕振りの重要性

走る動作の時の腕振りに関しては当ブログでよく取り上げてます。

「意外と分かってないよね!?勿体ない!走る時の腕振りってどうするの?」
「走る時の腕振りのあり方~ケガのリスク低下とパフォーマンスに繋げるために~」
「ケガ少なく効率良いワンランク上の走りを!勘違いした腕振りをしない為に♪」

などなど書いてますのでご参考までに♪

最近では、「ケガしにくくパフォーマンスを上げる為にランニングの腕振りと脚捌きのタイミングを合わせる方法」のブログ記事です。

腕振りの役割は端的にいうと、

・ランニングの効率を上げる
・鉛直方向、水平方向のベクトルの減少

の2つです。

ランニングの効率性が上がらないと無駄な労力が増えカラダが疲弊しやすくなり、ケガのリスクが増えてしまいます。

また、無駄が多いと頑張っている割にはパフォーマンス貢献に繋がりにくかったりします。

要は鉛直方向、水平方向のベクトルに対するブレを減らすことで走動作をスムーズに行えるようにします。

◎腕振りと走パフォーマンス

Arm angle(腕が前後にどれだけ振れるか!?)とスピード耐久には相関関係があります。

「ケガしない!速くなる!良いランニングフォームとは何ぞや!?」参照

安定して力強い腕振りをする為には、上体の安定が大事です。

Arm angleは、上肢の屈曲伸展動作が重要になってきます。

ただし、ただArm angleを広く取ろうとして大きく腕を振ろうとすることをし過ぎず、extend angle(カラダの軸より後方) とflexion angle(カラダの軸より前方)に分けて考えることが重要です。

◎腕振りの前後のバランス

では、なぜ走動作において前後のバランスを意識することが重要なのか?

腕を大きく振ろうとしてしまうと、

・Arm Angleのextend angle とflexion angleのバランス崩れる
・体幹部がブレる
・力み過ぎる

の3つが出て来ます。

つまり、extend angle とflexion angleのバランスが悪いと走動作においてブレが大きくなりますし、腕振りと脚捌きのタイミングのズレに繋がってしまいます。

更に、腕を大きく振ってしまうあまり、カウンター動作が取りづらく、上体が安定しなくなります。

このような状態になってしまうと、安定させるために逆に腕を振らないように無意識に働きます。

「ランニング動作で体幹がしっかり安定しているだけでは速く走ることはできません!」参照

◎腕振りの意識のポイント

走動作における腕振りのポイントは、

・腕を振ろうとする意識を減らす
・体幹部のカウンターを取れるようにする

の2つです。

前でも後ろでも腕を振ろうとする意識が強い場合、extend angle とflexion angleのバランスが悪くなります。

更に、脚捌きに比べ腕振りのタイミングがズレやすくなります。

ですので、腕を振るという意識よりは上体をどのように重心移動をスムーズにしていくかを中心に腕振りを意識する必要があります。

どうしても腕振りを強く大きく振ろうとすると勢い余って上体のカウンターが取れず、カラダが流されてしまっている人が非常に多いです。

カウンターが取れない場合、進行方向と反対方向に力が働いて頑張っている割には進みません。

ですので、カウンターが取れる範囲で腕を振ることが重要です!

◎ケガ予防、パフォーマンスに繋がります

以上、走動作における腕振りの意識の仕方について書きました。

走動作での腕振りはどうしても、「腕を大きく振りなさい!」「引き腕をしっかり…」などということを意識されていらっしゃる方が殆どだと思います。

ですが、腕振りを強く大きく振ろうとしたせいで走り自体にマイナスに働いてしまっている方が増えていることも事実です。

腕振りはしっかりと行えるようになると、ランニングパフォーマンスにかなり貢献します!

「自然と前に楽に進めるようになった!」
「スピードが今まで以上に出るようになりました!」
「疲れにくくなりました!」

などなど腕振りをしっかりと行えるようにすることでかなりの成果を出せてます。

「RUNパフォーマンス向上プログラムの募集開始します!」「陸上競技者、市民ランナー向けケガなく成績に繋がるカラダ作りセミナー・セッションをご紹介!」で行っているセミナーやセッションでは、これらのことも含め重点的に理解して実践して頂いております。

お気軽にご依頼頂ければ幸いです。

今後も、こういったセミナー情報やスポーツ情報、治療院のお得な情報などLINE@で先行発信をしていきますので、ぜひご登録ください!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中