膝のオーバーユース(使い過ぎ)による痛みを早期改善していく為に必要なポイント!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e8%86%9d%e7%97%9b

ランニングブームが相まって鵞足炎や腸脛靭帯炎などの膝の痛みを抱えている人が増えてきてます。

・「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」
・「気になる膝の痛み!走りながらでも大丈夫!鵞足炎のメカニズムと早く治す為の考え方!」

このような痛みはオーバーユースといって、繰り返し使い過ぎることで痛み等が発生することを指します。

ちなみに下腿(膝から足首)だとシンスプリントや疲労骨折などがあります。

膝に起こる痛みは突発的に衝突したり転倒したりで膝に直接ダメージを受けて生じるものよりもオーバーユースのように、いつの間にか痛くなっていることの方が多いです。

膝のオーバーユースはランニングだけではなく、階段の昇り降りなどで起こりやすかったりします。代表的なもので膝のOA(変形性関節症)です。

誘因として、筋力不足、体重増加などがあります。

直接ダメージを受けていれば原因がハッキリしているので、ある程度快方への指針が立てやすいのですが、オーバーユースの場合、いつ?何が?発端で痛みが出ているのか?ハッキリしていません。

このように痛みの起因がハッキリしない場合、地味に長引きます。

膝のオーバーユースによる痛みを改善していく為には膝への直接的なアプローチも必要ですが、先ず他部位のエラーを直すことに目を向ける必要があります。

なぜなら、他部位に掛かる負担が膝に掛かることによってオーバーユースが起こるからです。

今回は、膝にオーバーユースの痛みが起きたら先ずは他の部位を探りましょうということを書いていきたいと思います。

◎膝に痛みが出る状態

膝にオーバーユースで痛みが出ている時の状態として、

・膝が頑張り過ぎて余計な動きをしている
・膝のまわりに余計な力みがあって動きが悪い

の2つが挙げられます。

「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」参照

これらの状態は、膝が無理して動いているという状態です。

膝は正常な範囲内で動いている分には痛みが出ることはありません。

◎膝は受身の関節!?

先のブログにも書いてますが、膝は股関節と足首の影響を受けて動きます。

膝をとりまくもの2膝をとりまくもの

膝から動かすという動作は殆どありません。

つまり膝は受け身の関節ということになります。

膝が正常な動きをする為には、股関節や足首が正常な動きでなければいけないということになります。

実は膝自体あまり負荷には耐性が低かったりもします。

◎膝への負担の掛かり方

膝への負担の掛かり方は、

・股関節が正常に動かない分の負担
・足下の不安定さを耐える
・姿勢が崩れている

の3つから成り立ってます。

股関節まわりは出力の大きな筋群が多いです。

股関節が正常に動いていない場合、股関節を動かす為の出力を膝でカバーしようとします。

そうなると、膝が余計な動きをしてしまいます。

また足下の不安定さを耐えようとすると膝に必要以上の力みが生じます。

姿勢を安定させるには、単関節筋(一つの関節だけを跨いでいる筋肉:関節を安定させる筋肉)が主に働きます。

しかし姿勢が崩れてしまうと姿勢を保持しようとすると、単関節筋の働きだけでは足りなくて複関節筋(複数の関節を跨いでいる筋肉)が過剰に働きます。

単関節筋と複関節筋の働きのバランスが崩れると膝が余計動きをしてしまい負担が多くかかります。

膝の余計な動きは、足下の不安定さを助長します。

つまり負のループにはまるということです。

◎膝のオーバーユースを改善するポイント

膝がオーバーユースで痛みが出ている場合に、先ずチェックするポイントは、

・股関節の動作が正常か?
・足下は安定しているか?
・無駄な力みなく姿勢保持できているか?

の3つです。

この3つのポイントに起こる問題が解消されているかが重要になります。

出来ていなければ膝への負担が次々に増していってしまいます。

例え腸脛靭帯炎や鵞足炎などの障害で痛みが出ている場合、痛み自体だけに部位にアプローチしたとしても直ぐに痛みが元通りに出てきてしまいます。

先ずは過剰負担の供給源を断たなくてはいけません。

そして併せて膝の痛み自体に対してアプローチすることが大切です。

◎木も森も見よう!

以上、膝のオーバーユースによる痛みを早く改善していく為のポイントを書きました。

膝の痛み自体は突発的な障害でなければ、膝本体が痛みの原因となることは殆どありません。

痛みが出ている時点で痛み自体を解消するためのアプローチは必須です。

ですが、その膝の痛みを引き起こしているところは別にある場合が殆どです。

その痛みを引き起こす源を抑えない限り、オーバーユースによる痛みは地味に長引きます。

「木を見て森を見ず」という諺がありますが、この場合「木(膝まわり)も森(股関節や足首まわり)も見る」ことが重要になってきます。

膝のオーバーユースによる痛みがなかなか改善しないなぁ~という方は、先出したポイントに起こる問題解消へのアプローチが不十分な場合があります。

セルフケア、セルフトレーニングでの予防、改善していくことは大切ですが、網羅できない部分もあり得ます。

しっかりと治していく為には、カラダのことに精通している医療機関、トレーナーに診て頂くことが大切です。

出来るだけ取り掛かりが早い方が治りも早くなります!

当治療院でもしっかりと対応しておりますので、是非ご来院頂ければと思います。

カラダの痛み・疲れなどの症状のご相談は、下記のLINE@からでも出来ますので、是非ご登録をよろしくお願いします!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中