ランニング動作で足首が柔らかい方がケガをする?早く走れる?

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e6%9f%94%e3%82%89%e3%81%8b%e3%81%84

走る時に唯一地面と接触する足の役割は大切です。

市民ランナーの方からだったり、部活動を頑張っている方から「足首が柔らかいからケガしやすいんですよねぇ~」ということをよく聞かれます。

その反面、「足首が柔らかいと推進力が違うんだよねぇ~」ということも聞かれます。

???…正反対ですよねぇ?

足首が柔らかくてもケガのしやすさには関係ないです。

なぜなら足首の柔らかさとゆるさを混同しているからです。

ケガとパフォーマンスは足の機能性が関係してきます。

今回は、ランニング動作で足・足首の状態がケガが起こりにくくパフォーマンスに繋げていく為に必要なことを書いていきたいと思います。

◎足首が柔らかい?ゆるい?

足首が柔らかいとゆるいは意味が違います。

足首が柔らかいというのは正常可動域以上の柔軟性があるということです。

足首がゆるい状態のことは「足関節不安定症」といいます。

足関節不安定症は、よく言われる内反捻挫によって起こる器質的損傷、機能的損傷によって起こっています。

器質的損傷は、捻挫した時の靭帯や骨の損傷のことを指します。

機能的損傷は、足首まわりの固有受容器感覚の異常、神経-筋制御機能の異常(対象の筋を動かそうとすると誤差が出る)、姿勢制御の異常(立位などの姿勢に誤差が出る)、筋力低下などが起こります。

結果的に、足首捻挫が反復しやすくなり、痛みが長引いたり、筋力が衰弱傾向になったりします。

よくいう捻挫が癖になるというヤツです。

「足首の捻挫が癖になるのは靭帯が弛んでいるからではありません!」参照

◎走っていてケガしやすい

走ってケガが起こりやすい要因としてダイナミックアライメントが崩れているということが言えます。

いわゆる下肢の機能的な問題が起こりやすいということです。

ダイナミックアライメントとは、川野哲英先生(FTEXinstitute)が提唱した動的な膝の相対的なポジションのことです。

カラダを動かす際に膝の向きに対して相対的に足先がどこを向いているかということを指します。

膝の向きが内で足先が外に向いている時はKnee-in Toe-out、膝の向きが外で足先が内に向いている時はKnee-out Toe-inということになります。

ただランニング動作の際、全てのKnee-in Toe-outがダメなわけではなく、若干のToe-outがGRF(Ground Reaction Force:地面からの反発力)をしっかりと受けることが出来るとされています。

「日常生活に!スポーツに!無駄なKnee-in Toe-outは防ぐに限ります!」参照

GRFだよGRFだよ2

ダイナミックアライメントが崩れてしまう要因として、足首だけではなく、膝、股関節、体幹部などの各機能も影響してきます。

また、走ってケガが起こりやすい原因としてローディング能力の低下があげられます。

「ケガの発生と結果に差が出る!走る時のローディングの重要性!」参照

◎足首が柔らかくても良い

足首は柔らかい状態で正常に働いている場合は、走りには良い影響があります。

これは、地面からのGRF(Ground Reaction Force:地面からの反発力)をしっかりと受けることができるからです。

ですが、足首が柔らかい状態でもキックの際に足首の底屈が起こる時はケガの発生率も上がってしまいます。

要は、ランニング動作時の足捌きが宜しくないということになります。

「走る時に足を接地する際、地面からの反発を受ける為に必要なこと」参照
「走る動作で推進力UPに繋げる為のキック動作に必要なこと」参照

また、足首がゆるい状態だと、先出した機能性の問題が出てきますので、ケガが起こりやすくなってしまいます。

◎足は硬いより柔らかい方が良い

以上、ランニング時の足首の柔軟性がケガやパフォーマンスとの関わりについて書きました。

足首が柔らかいとゆるいではケガの起こり方が全然違ってきます。

「足首が柔らかいからケガしやすいんですよねぇ~」ということはよく聞かれますが、実際に足・足首の機能がしっかりとしている場合だと柔らかい方がランニングパフォーマンスには有利です。

足が柔らかい状態でもケガが起こりやすい場合は、足・足首の使い方が違っている場合が殆どです。

当治療院でも、足首が柔らかい方には足の使い方を指導してます。

足首がゆるい場合は機能的な問題が起こっているので直していくことが重要です。

足首が「柔らかい」か「ゆるい」かは一見同じように思えますが、機能的問題、器質的問題があるかないか?の違いです。

ランニングでケガが起こりやすい、パフォーマンスが上がりにくいという方は、先ずは足まわりをチェックしてみてください!

そして今一度、足捌きを見直してみてはいかがでしょうか?

そうすることで、ケガが少なくパフォーマンスに繋がるようになりますよ!

友だち追加

LINE@からセミナーや健康・スポーツに関するお得な情報を発信しております。
LINE@からでもご予約・ご質問・セミナー&セッション等の依頼が出来ます。
お気軽にご連絡下さい!

・スマホでご覧の方は上の【友だち追加】ボタンを押して下さい。
・パソコンでご覧の方は以下のQRコードを読み取って下さい。

line%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89
せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中