いくらフォームを正しくても自分にあったストレッチを行わなければ効果は出ません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

当治療院では、痛みや疲れなどの解消の為、トレーニング効果を出す為、部活動などのスポーツのウォーミングUPやクーリングDown時などのストレッチングの指導もさせて頂いております。

よく「○○にはどんなストレッチを行った方が良いですか?」という質問を受けることが多いです。

ストレッチって小・中学校くらいの体育で必ず行うので知らないという人は、まずいないと思います。

ですが、ストレッチを全然やってこなかった訳ではないのですが、効果を実感されている人が少ないことが現況としてあります。

なぜなら、そういった方は自分にあったストレッチが出来ていない場合が殆どだからです。

自分にあったストレッチではない場合、いくらフォーム云々言っても意味がありません。

今回は、自分にあったストレッチの効果を出していく為には?ということを書いていきたいと思います。

◎ストレッチを行う目的

ストレッチを行う目的は…、

スポーツや日常生活、医療などの分野において、活動による持続する緊張から筋肉を良好な状態にする

ことが主目的として挙げられます。

「形だけに惑わされるな!自分のカラダのポジション分かっていますか?体操&ストレッチの重要性!」参照

筋肉を伸ばして弛めたり、反緊張の刺激を与えて締めることで、カラダに起こっているアンバランスな状態から元の状態していきます。

その結果、関節可動域が改善されたり、疲労が抜けやすくなったりして、ケガの防止やパフォーマンスに影響してきます。

◎ストレッチの効果が実感できない理由

「ストレッチの効果が実感できない!」という殆どの方は、

・フォームだけに捉われている
・自分の目的にあったストレッチの負荷設定ではない

という2つが挙げられます。

フォームだけに捉われ過ぎている場合、先のブログにも書いてますが、自分がストレッチを行ってどのようになりたいのか?という目的を見失っています。

そのような場合では同じストレッチのフォームで行っているのに、そのストレッチは目的に則してないので、効果は十分に得られるとは考えにくいです。

ストレッチの負荷設定ではないということは、ストレッチを行う時にどのような体勢が適しているのか?を考える必要があるということです。

同じ筋肉を伸ばすストレッチでも、立位で行うのと座って行うのと、寝て行うのとでは効果の出方も違ってくるからです。

◎自分にあったストレッチを行うには?

自分にあったストレッチを行うために必要なものは、

・自分のどの部位がストレッチを行えば良いのかを知る
・どういうストレッチを行うかを選択する
・自分にあった負荷設定の体勢で行う

の3つです。

先ずストレッチを行うということは、そこに目的が無ければいけません。

ケガの予防、パフォーマンスに繋げる、痛みや疲れ等の改善などの目的をハッキリさせる必要があります。

その目的の為には、自分のどの部位がストレッチが必要なのか?を知ることが大事になってきます。

ストレッチする部位がハッキリしたら、その部位をどういう方法でどのようにストレッチかけるのか?を選択しましょう。

これがいわゆるストレッチングのフォームとなります。

そして、その決めたストレッチングのフォームをどういった体勢(立位、座位、臥位)で行うのか?を決める必要があります。

ストレッチの強度として、立位≧座位≧臥位の順で強さをかけれます。

要は強めのストレッチをかけたい場合は立位で、弱めにかけたい場合は臥位でという感じで使い分ける必要があります。

※あくまでもセルフストレッチです。パートナーストレッチの場合は臥位でも強めにかけれます。

当治療院の例でいうと、同じストレッチフォームでも…、

痛みが酷い場合では臥位で、動きの改善などの場合では立位で行って頂いたりします。

◎確実に成果に繋げましょう!

以上、自分にあったストレッチの効果を出していく為に必要なことを書いていきました。

何事にも言えることですが、ただ漠然と行うのは効果が薄いです。

効果が薄いのならまだマシなのですが、逆効果だと意味がありません。

これってストレッチングに関しても例に漏れずです。

よくフォームが大切だから…とは言いますが、目的がハッキリと定まっていなければ、そのフォームでストレッチすることはマイナスに働くことだってあるんです!

ストレッチングは、しっかりとした目的があって、その目的に対してのフォームを適切な強度で行うことで、今まで以上に実感できる効果に繋がっていきます!

効果がなかなか実感として表れてない方は、今一度行っているストレッチを見直して実線してみてください!

そうすることで、ケガの予防、パフォーマンスに繋げる、痛みや疲れ等の改善などに確実に成果に繋がっていきますよ!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

友だち追加

LINE@からセミナー情報、健康スポーツに関するお得な情報を発信しております。
また、LINE@からでもご質問等承っております。お気軽にご連絡下さい!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中