理想の走りをする為のランニングシューズの底の減り方を見るポイント

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%ba%95

ランニングブームですが、走っている時の自分のフォームや調子の目安に困ることはありませんか?

その一つの目安になるものがシューズの底の減り方です。

なぜならシューズの底の減り方は走りの情報が凝縮している部分だからです!

今回は、自分の走りの改善に繋げる為のシューズの減り方を見るポイントについて書いていきたいと思います。

◎シューズの減り方に表れるもの

ランニングフォームに関係する要素は、

・シューズの種類・形状(剛性、アッパー、インソール、ミッドソールの形状)
・シューズの重量

・ソールの厚さ
・筋力
・柔軟性
・カラダの動きの癖
・ケガや疲労の有無
・軸足利き足
その他

です。

これらの沢山の要素からなるランニングフォームでの地面へ接触時にシューズの底に影響します。

◎ランニングの荷重の流れ

下の写真はランニング時の足底の重心移動を実際の流れと線形回帰で示したものです。

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%ba%957※左足

緑の曲線が重心移動を表した曲線です。要は自分の重心が足裏をどう通過していくかの曲線です。

この曲線の通りの重心移動が理想とされています。

赤い実線がランニング時の重心移動の線形回帰ラインです。要は重心移動を簡単にしたラインです。

感覚的には、赤の実線のシューズの足底を縦に4分割した外半分のやや外側から着地して母指球に抜けるようなものが良いです。

シューズの底の減り方は緑のラインと赤のラインの間が理想的になります。

◎シューズの底の見るポイント

シューズの底の磨り減りを見るポイントは、

・ソールの減り方の左右差
・重心移動の線形回帰のライン(赤)からどれだけ離れているか?

の2点です。

ソールの減り方に左右差が大きい場合は、走りのブレーキに繋がります。

また片脚に偏り過ぎる傾向の走りはケガのリスクが高くなります。

重心移動の線形回帰のラインから離れすぎていると、足・足首だけでなく、膝や股関節まわり、腰などのケガが起こりやすくなります。

また地面を捉えている時にブレが大きくなってしまいがちなので、ランニングパフォーマンスも上がりにくいです。

◎確認してフォーム改善に繋げる

シューズの底の磨り減り具合をチェックしたら、ランニングフォームの改善に役立てて下さい!

シューズの減り方には、あなたのランニングに対しての情報が満載です。

その情報を元に、今のランニングフォームになってしまうのは何が問題なのか?

シューズの減り方を元に問題点を抽出し解消することで、自分のランニングフォームをより良いものになるように反映させていきましょう。

決してシューズの地面への着き方だけを修正するのはいけません。

是非、定期的にシューズの底をチェックして理想のランニングフォームに近付けていきましょう!

そうすることで、より充実した走りが出来るようになりますよ!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中