あなたのフォームは結果か?プロセスか?「フォーム正しく行う!」ということを見直そう!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

書店巡りが好きなのもありますが、スポーツ雑誌や書籍、Webなどの情報系はなるべくチェックを入れてます。

最近では、一昔前に比べてもかなりの情報が載ってます。

それだけ情報量が増えてきていることもありますが、情報が表に出ているということになります。

「有名選手がやっているから…」「皆がやっているから…」「載っているから…」ということでトレーニングやエクササイズなどを行うこともあるかと思います。

またスポーツを行う際のトップ選手、憧れの選手のフォームを真似るということもあるかと思います。

「トレーニングやエクササイズに「これをやれば○○に効く!」って確実なものはありません!」のブログ記事にも書きましたが、トレーニングやエクササイズは目的次第で薬にも毒にもなり得ます。

プレーフォームを作ることも同様のことがいえます。

この時、フォームを作ればそれで良いのか?といえばそうではありません。

今回は良いフォームが出来る為には?ということを書いていきたいと思います。

◎良いフォームの基準

クエスチョン

先のブログ記事にトレーニングやエクササイズは目的次第で変化するということを書きました。

その目的を達成する為のトレーニングやエクササイズをより良く発揮する為の基準ってどういうものでしょうか?

良いフォームの基準は、

★大きな可動域
★正常な関節運動
★モビリティとスタビリティを明確にする
★ポイントとなる筋への正確なアプローチ
★筋周膜になるべく余計な活動をさせない

ということが効果を出す為のポイントとして挙げられます。

これらの条件の説明はちょっと小難しくなっちゃいますので割愛します。

これらの条件を満たす時、トレーニングやエクササイズを行った後は、余計な力が抜け、必要な力の発揮がしっかりと出力として出せるようになります。

◎良いフォームを作る為の捉え方

トレーニングやエクササイズを行う際にフォームをチェックするかと思います。

そのフォームに拘る必要性はどこまであるのでしょうか?

筋骨格など人それぞれでカラダの作りは違ってきます。

よく「トレーニングやエクササイズのフォームを正しく、しっかりと作らないといけない」ことを見聞きしますが、確かにそういった側面はあります。

ですが、プレーフォームもそうですが、トレーニングやエクササイズのフォームを作ることに拘りすぎてしまってフォーム作りをプロセスとして捉えている方って多いんですよね。

勘違いしてはいけないこと…

フォームはカラダの使い方による結果です

ということです。

要は目的に合った先の基準を満たすことで出来上がるものが、フォームになるわけです。

フォーム作りをプロセスとして拘り過ぎても、トレーニング&エクササイズ効果や練習の成果にはズレが生じてきてしまいます。

ある程度の型に近づくことはあるにせよ、細かい部分はその型は良いフォームの基準を満たすことで出来てきます。

◎良いフォームにする準備を整える

では、フォームを作っていく為に必要な準備要素は、

・俯瞰、鳥瞰するイメージと理解
・大きく動かす為の可動性の獲得

です。

スタビリティトレーニングにしろ、動きのあるトレーニングにしろ、先ずはカラダがどのように動いていくのかをイメージすることが大切です。

ですから専門性の知識である必要はないのですが、どういった軌道で、どのようなカラダの使い方で、どのように動かしていくか?等々ということを理解してフォーム作りしながら練習、トレーニングやエクササイズを行う必要があります。

また、それに伴う可動性を獲得することも必要です。

◎自分なりのフォームを

以上、練習やトレーニング&エクササイズを行っていくうえでの良いフォーム作りを書いていきました。

練習やトレーニング&エクササイズ等の効果、成果により良く繋げていく為には、良いフォームで行う事は必須です。

ですが、良いフォームはその人の筋骨格的要素、カラダの使い方等による結果なのです。

だから、「○○だから…」って決め付けで先にフォームに変な縛りを入ると必ずと言って良いほど代償動作(ごまかし)が出て来てしまって、余計なケガやパフォーマンスの伸び悩みに繋がってしまいます。

先にも書きましたが、「有名選手がやっているから…」「皆がやっているから…」「専門書に載っているから…」というだけで、フォーム作りの基準を満たしてなければ、的外れなものとなってしまいがちです。

トレーナー現場や当治療院で行う時にも、それらの基準を満たすように、目的に沿ってトレーニング&エクササイズのメニューを作成してます。

先ずは、良いフォームを頭とカラダで確認検証してみてから必要でしっかりと実行できるものを行ってみてはいかがでしょうか?

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中