外反母趾の早期改善の為のアプローチ方法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be

最近では顎関節症を患った方がご来院されるケースも少なくないです。

「顎関節症の寛解と一回で良くなるリスク」のブログ記事の影響ですかねぇ~!?

他に最近では減ってきましたが、外反母趾の施術も行う機会が多いですね。

こう見えても当治療院での外反母趾に対しての施術成績はかなり良いようです。良く聞かれます。

酷くなると手術適応なんてこともあるのですが、どうにもならない時に手術回避ができたケースも少なくありません。

その人にとってベストな選択は何なのか?という問題もありますが、手術回避したい希望なのであれば出来るだけ応えていければと日々研鑽を積んでおります。

今回は外反母趾の早く良くする為に当治療院の考え方と方法について書いていきたいと思います。

◎外反母趾って?

%e5%a4%96%e5%8f%8d%e6%af%8d%e8%b6%be%ef%bc%92

足の親指の先が人差し指側に「くの字」に曲がり、指のつけ根の関節の内側の凸の部分に痛みが出ます。

酷くなると、痛みのある部分に靴の中で当たって炎症を起こして痛むようになります。

靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

原因としては、つま先の細い靴を履き続けていたり、偏平足気味の足だったり、若い時では親指が人差し指より長い場合に起こったりします。

※親指の方が長いと、普段の生活においてもちょっとしたプロネーション量でも親指に外反変形が起こりやすい方向に負担が掛かるため

足の偏平足やアーチが下がってしまったなどの対処法などは

「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」
「足のアーチが下がる影響力とその対処法!」

のブログ記事に書いてますのでご参考までに♪

男女比は女性の方がヒールを履くなど足先の細い靴を履く機会が多いのと骨格的なものの影響から女性が多いです。

男性はないかというと、最近では靴やシューズの機能が優れているせいなのか?シューズの履き方がイマイチなのか?は分かりませんが、ちょっと多くなってきた感があります。

靴の履き方などは、「靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方」のブログ記事を参照下さい!

◎外反母趾の病態把握

外反母趾を施術して早く良くしていく為の考え方は、第一に

外反母趾の病態を正確に把握すること!

コレに尽きます。

%e8%b6%b3

足には沢山の骨と、その骨によって作られた関節があります。

外反母趾の病態を細かく見てみると、

・踵骨が外転
・リスフラン関節がぐにゃぐにゃで外反
・リスフラン関節が底屈傾向
・ショパール関節の可動が殆どない
・足底筋腱膜が過剰に固まる

になります。

更に母指にフォーカスをあてると、

・母指が内旋
・第一中足骨頭が浮いている
・第一中足骨基節部が沈み込んでいる

になります。

本来はもっと細かく診ますが、最低限これらがどれくらいの程度なのかをはっきりと把握しておく必要があります。

◎病態からわかること

先ずは外反母趾の病態を把握できると、

・母指外転筋が外転機能が機能せず屈曲機能のみ
・長母指伸筋、長母指屈筋が過剰に働いている
・短母指屈筋が母指を内転方向に引っ張りすぎている
・後脛骨筋と腓骨筋のバランスが悪い
・小指外転筋の機能低下

という事象が起こっているということが分かります。

これも本来はもっと細かく診ますが、最低限押さえるポイントはこんな感じです。

程度に関しては実際に診るとよく分かります。

また、外反母趾は皮膚からの影響を考慮に入れる必要があります。

◎構造と機能を同時に

外反母趾を構造面と機能面の両方から書きました。

外反母趾は足全体の問題と捉える事ができます。

外反母趾が起こっている状態では、既に機能的問題、構造的問題の両方が起きているということになります。

だから外反母趾を改善解消していくためには、足部のフォームクロージャー機能とフォースクロージャー機能を両方の側面からアプローチしていく必要があります。

構造的なアプローチでいえば、当治療院的にはカウンター理論を用いた徒手誘導、テーピングなどを利用します。

また、皮膚からの影響も大きいのが外反母趾の特徴でもあります。

ですから、外反母趾の施術においては皮膚誘導も行います。

機能的なアプローチでいえば、当治療院的にはBarefoot TrainingやNKT(Neurokinetic Therapy)を利用してのエクササイズを行ったりします。

それに加え下肢全体の協調性トレーニングも加えていきます。

必要に応じて鍼灸を活用したりもします。

これだけでも外反母趾のかなりの程度を網羅できます。

例に漏れず、やはり外反母趾へのアプローチも出来れば早ければ早いほど早期の改善解消が望めます。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中