出来てないと損!トレーニングやエクササイズでカラダを大きく使う必要性!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

基本的に当治療院でのトレーニングセッションや部活動などでのカラダ作りのセミナーやランニングなどのセミナーなどなどで常々説明していることがあります。

それは、

「カラダを大きく使いましょう!」

ということを言っています。

なぜなら、その方がパフォーマンスが向上に繋がりやすくなるからです!

またケガの予防にも大いに効果を発揮します。

私のセミナーやセッションなどではこういったものを実感して頂いてます。

今回は、なぜカラダを大きく使う方が良いのか?ということを書いていきたいと思います。

◎カラダを大きく使う?

カラダを大きく使うということは、カラダの可動域を大きくするということと同様に捉える方がいらっしゃいますが、ここでいうのはそうではありません。

カラダを大きく使うということは、

自分のカラダの動く範囲を目一杯使いこなす

という事です。

端的にいうと、せっかくだからカラダの隅々を使いこなしていきましょうということです。

◎カラダを大きく使うための条件

カラダを大きく使いこなしていくためには、前段階として、

・柔軟性の獲得
・動きの理解

があります。

柔軟性の獲得は筋もあれば関節可動域の獲得もあります。

ですが、関節可動域はいわゆるLooseな状態というわけではなく、ちゃんと力のコントロールが行える範囲、詰まる所でいうと正常な範囲のことを指します。

動きの理解というのは、どのように動かせば良いのか?ということを理解する必要があります。

◎カラダを大きく使うためには?

カラダを大きく使うということは、

・大きく使えば使うほど筋力が必要になるということ
・関節の遊びを使いこなすということに繋がるということ

ということになります。

♯大きく使うほど筋力が必要になる

カラダを大きく使えれば使おうとするほど筋力が必要になってきます。

これは、筋肉は「至適筋節長」といって、筋線維として力を出すのに一番いい長さになります。

つまり、どんな筋肉でも最大筋力を発揮するために一番適した長さを持っていて、その長さから短くても長過ぎても筋力は減少してしまうということです。

筋を必要以上に長い状態で使うというヒトはいないですよねw
(ストレッチをするのとは違います)

ほぼほぼの人は、筋肉を短い状態のままトレーニングやエクササイズを行っている為に十分な筋力が発揮できません。

これを単純に考えても、カラダを正しい動きで、大きく使いこなすということはそれなりに筋力を使うことに繋がります。

ですので、トレーニングやエクササイズは正常な筋出力を得るためには大きく動かしていくことは非常に有効です。

♯関節の遊びを使いこなす

関節のタイプ

関節の遊びを使いこなすということは、「ケガせずカラダの力を発揮するために!関節の遊びを使いこなそう!」のブログ記事にも書きましたが、カラダに良い動きを出していく為には必要なことです。

関節が正常に動かなければ、筋出力の低下、ケガが発生しやすくなる、固有感覚受容器のエラー、…といったマイナスなことが起きてしまいます。

そして関節がClose-packed positionという状態になります。

先のブログに書きましたが、関節のClose-packed positionだと、関節をあまり動かさなくても関節包がツイスト状態で本来なら、まだ動かせるのに動かせない状態でケガの発生リスクも格段に上がりますし、パフォーマンスの伸び悩み、フォームの不整合などにも繋がります。

◎大きく動かすことの是非とウエイト必要可否は一緒!?

当治療院でよく質問を受けることが「競技動作にフルレンジはいらないって言われたのですが・・・」ということ。。

これってよく受ける質問なのですが、この答えって目的次第なのでどちらでもということが率直な意見です。

なぜなら…議論する土俵が違うからです。

トレーニングやエクササイズを行うことで、「カラダを大きく動かす」というものは…、パフォーマンスピラミッドでいうとカラダが効率的に動けるか?」という段のものです。

パフォーマンスピラミッド

また、カラダを大きく動かす前段階の準備はパフォーマンスピラミッドでいうと、カラダがちゃんと動いているかどうか?」ということになります。

それと引き換え、先の意見はパフォーマンスピラミッドでいうと競技に対してのスキルUPという段のものです。

だからウエイト必要?不必要?みたいなものと一緒で、

どちらも必要

なのです。

違う段の要素だから並べて議論することって不毛なのかなぁ~と思います。

それを同じ土俵だと勘違いして議論していることがよく見受けられます。

逆に同じ土俵に並べたがるような、そういった考えでトレーニングやエクササイズや練習を行わせるっていうのは勉強不足かなぁ~とも思われます。

それこそカラダのポテンシャルを十分に引き出せているとは言い難いです。

ケガの発生リスクUPや伸び悩みなどを作る要因になりますから。。

これって同様にジュニア期のウエイトやトレーニング量なんかの必要不必要などの議論も同様ですよね。

個人的にはジュニア期のウエイトは必要だと思ってます。なぜなら…、パフォーマンスピラミッドでいうカラダがちゃんと動いているかどうか?」という段の要素を大きくする為にはウエイトを行う要素は必要だと感じています。

ですが、パフォーマンスピラミッドのカラダが効率的に動けるか?」競技に対してのスキルUPの段の目的としたウエイトを行うのであれば成長を阻害したりケガのリスクをUPに繋がってしまいますので行わせない方が良いでしょう。

もちろん、実施方法や負荷設定なんかも違ってきます。

要は目的次第でトレーニング一つとっても行い方などが変わるのは当然のことです。

◎やっぱり目的って大事!

「トレーニングやエクササイズに「これをやれば○○に効く!」って確実なものはありません!」のブログ記事にも書きましたが、やはりトレーニングやエクササイズって目的を明確にすることって大切だなぁ~と色んな面から実感します。

トレーニングやエクササイズを行う際は、闇雲に「○○(トレーニング名)が良い!」ということだけで行わず、自分の目的、必要な要素を理解した上で、「何のために?」、「それが何の役に立つのか?」「どのように行う方が良いのか?」という目的に沿って行いましょう!

そしてトレーニングやエクササイズを行う時はカラダを大きく使ってあげて、カラダのもつポテンシャルを目一杯引き出してあげましょう!

頭とカラダで確認検証してみてから必要でしっかりと実行できるものを行ってみてはいかがでしょうか?

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中