カラダのポテンシャルを最大限に引き出す足裏を満遍なく使うススメ!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%b6%b3%e8%a3%8f

リフレクソロジーや足ツボなどで、「よく足裏をマッサージすると健康に良いよ!」っていうのを一回は聞いたこと、実践したことがある方はいらっしゃると思います。

当治療院でもホームワークなどで100均などで簡単に手に入る青竹踏みやゴルフボールなどで「足裏を刺激しておいて下さい!」なんてことをよく指導します。

その時に、当治療院的には片側ずつ刺激を入れるように指示します。

とりわけ理解していて、可能なら両足同時に行わせたりするのですが、確実に効果を出していく為には片側ずつ実践して頂けるように説明致します。

なぜなら、足裏を満遍なく使っている方は意外と少ないからです。

足裏を満遍なく使えてないとケガのリスクが高くなり、疲労が蓄積されやすくなったり、またスポーツパフォーマンスにも大きく影響を与えます。

今回は、足裏を満遍なく使うことのススメについて書いていきたいと思います。

◎足裏の豆知識

以前にも、当ブログ記事にて足裏のことについてサラッと触れる機会がありました。

・「ケガを少なくパフォーマンスをより高くする良い足の条件!」
・「足のアーチが下がる影響力とその対処法!」
参照

足裏を満遍なく使うということは、足の各アーチの機能をしっかりと使っていることになります。

また足裏全体を使うことで、地面からの力を取りこぼすことなく得やすく、他の部位への力の伝達もスムーズに行えるようになって、カラダを効率的に動かしていくことに繋がります。

◎足裏全体使って立てますか?

%e7%89%87%e8%84%9a%e7%ab%8b%e3%81%a1%ef%bc%92

殆どの方は意外と足裏を満遍なく使って立てていません!

それだと先出のブログにも書いてますが、足の機能を十分に使えているとは言えません。

よく開眼片脚立ちなら出来ますが、閉眼片脚立ちになると突然同じように出来なくなる人がいます。

回数を重ねれば馴れもあって同様に出来るというものですが、突然言われて開眼・閉眼同じように出来る人は意外と少ないのが現状です。

◎なぜ足裏全体で立てなくなる?

人間には固有感覚受容器と呼ばれるセンサーが関節部にあります。

これはカラダがブレたりすると戻したりする為のセンサー的役割をしています。

ヒトの殆どが立って生活やスポーツを行っています。その時によく使われる固有受容器感覚は足・足首になります。

他にもこのセンサー的な役割を耳の三半規管と眼で行います。

立位の状況での、固有受容器感覚の役割の配分は足首が約70%、三半規管が約20%、眼が約10%の働きをしています。

人間本来ならば立位の場合、足首の固有受容器感覚が第一に働いて、2番目に三半規管、3番目に眼で情報を入れて崩れた体勢を戻します。

つまり、眼で情報を入れる時には立て直すタイミングが遅いということになります。

崩れた体勢を立て直す際に、眼が第一に働いてしまうと足まわりの固有受容器感覚が使われず錆び付いてしまいます。

また、足部の機能は徐々に遅れたタイミングが当たり前の使い方に変化してしまいます。

その偏った使い方が、多くの方々に見受けられます。

◎足裏を満遍なく使えるように

足の使い方が偏ったままの状態では、なかなか足・足首の固有受容器感覚は元に戻りません。

足裏を満遍なく使うということは、膝から地面までの大まかな筋肉、細かい筋肉を全て適材適所で使うことになります。

その為には足裏に満遍なく荷重を掛けれる事が大切になります。

足裏を満遍なく使えるようにするためのポイントは

・ふくらはぎの前後左右のバランスを取る
・足の底背屈がしっかりとできる
・足部の軟らかさを出す
・足裏への正しい神経入力

の4つのポイントが大事になってきます。

ふくらはぎから足先に向かって走る筋肉は、足のアーチを形成する為には必須です。

また、足の底背屈は足裏を満遍なく使うための過不足の無いプロネーション、スピネーションを行う為には重要となります。

更に足の機能を発揮していくためには足部の軟らかさは欠かせません!

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Trainiing Specialistセミナー!」のブログ記事にも書きましたが…、

足部の作りや機能が不十分だと、どれだけ素晴らしい練習やトレーニングを行っても、どれだけいわゆるコアと呼ばれるものを鍛えても、どれだけ素晴らしいカラダ作りをしても効果が半減してしまったり、最悪の場合マイナスに働いてしまうことだってあり得ます。

足部の機能をより高くする為にも、足裏を満遍なく使うことを意識してみてはいかがでしょうか。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、足のことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく対応しますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中