腸脛靭帯炎を解消改善するためのシューズと走り方の相性

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e5%8e%9a%e5%ba%95%e3%81%8f%e3%81%a4

マラソンブームも相まってランナーズニー(腸脛靭帯炎)を患ってご来院される方が多くなって来てます。

腸脛靭帯炎に関しては以前にも「ランナーの敵!?腸脛靭帯炎(ランナーズ・ニー)のメカニズムと早く治す為の考え方!」のブログ記事にも書いてます。

腸脛靭帯炎は、大腿筋膜張筋、大臀筋からなる腸脛靭帯が炎症が起きるため、お尻から膝までの外側がカッチカチに固まっている状態がよく見受けられます。

原因は大臀筋、大腿筋膜張筋ではないにしろ、ストレッチ等で少しは緊張トーンを落とすと症状的に楽にはなります。ですが、これは対症療法的なものなので、再発率は高いです。

また、よく腸脛靭帯炎で原因から腸脛靭帯が大腿骨外側上顆で摩擦炎症が起こるようなポジショニングを回避したとしてもなかなかすんなりとは改善しないケースは意外とあります。

そんな時は普段はいているシューズに問題があるかもしれません。

今回は、腸脛靭帯炎を治していくためのシューズは?について書いていきたいと思います。

◎腸脛靭帯炎の原因

先出のブログにも書きましたが、腸脛靭帯炎が起きる理由は、

・偏平足
・回外足
・足の背屈がしづらい

というのが、足部に関連するものです。

これらを改善していくだけでも、それなりに解消改善していくとは思います。

また、これらの原因がない場合でも加えて、靴底の厚さと歩行、ランニングリズムの関係で、同様の原因に似たものが作られる場合があります。

◎靴底の厚さと関係

靴底が厚いもしくはシューズのソールがゼロドロップではなく、踵から足先までに傾斜がついている場合、歩行、走行でFootContactのタイミングが早くなります。

どういうことかというと、脚を後ろから前へ回して地面につく時のタイミングが少し早くなるということです。

これは、「ケガの発生と結果に差が出る!走る時のローディングの重要性!」のブログ記事にも書きましたが、踵接地のGRFの受け方に近い状態が起こりやすくなります。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88

つまり接地タイミングが早くなり、踵接地に近い状態だと、フラット接地やForefoot接地のタイミングで歩いたり走ったりしている人には、ズレが生じるということになります。

単純に地面のコンタクト時間が通常より長くなるので、その分錯覚というかGRFを持て余すというか…、地面にコンタクトしている時の横ブレが大きくなりやすいので、先述した偏平足の荷重移動だったり、回外足の状態でのコンタクト時の衝撃が受けやすい状態ともいえます。

%e8%8d%b7%e9%87%8d%e7%a7%bb%e5%8b%95

◎靴底が厚いといけないの?

だったら、腸脛靭帯炎を避けるためにはソールを薄めで、ゼロドロップのシューズの方が良い??

ということですが、ソールの厚さは、厚くてもちゃんと理解していて、地面へのコンタクトのタイミングを合わせれればそれで大丈夫です。

Zerodropシューズは、基本的に足本来の機能のまま活かすというシューズなので良いとされています。

ですが、やはりシューズの特性と歩行、走行の特性を理解して合わせることが重要です。

よく、ソールが薄いシューズから厚めに変えたら腸脛靭帯炎や鵞足炎などの痛みが出るようになったということがあります。

足部の問題がない場合、そういう時には、先ずシューズの特性と自分の歩行、走行の特性があっているのか?を確認してみましょう!

是非ともご参考にして下さい♪

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、ウォーキングやランニングのことを分かっていらっしゃる方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪かなり細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中