論理的に拘る

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

「トレーニングやエクササイズに「これをやれば○○に効く!」って確実なものはありません!」のブログ記事にも書きましたが、どんなトレーニングやエクササイズでも毒にも薬にもなるいうことを書きました。

トレーニングやエクササイズの効果をしっかりと出していくには…

・自分の目的が何なのか?
・その為にはどういった要素が必要なのか?
・その要素を生み出すためには何のトレーニングをどのような負荷や量、タイミング、運動様式で行うべきなのか?

をはっきりとさせることが必要になってきます。

ブログを見た方から「○○をする時はどのようにすればイイ?」ということを聞かれます。

では、どのようにトレーニングやエクササイズを組み立てていけば良いのか?を書いていきたいと思います。

◎ポイントとなる動きはどれか?

トレーニングやエクササイズを組み立てる際、先ずはポイントとなる関節の動きはどれか?ということをハッキリさせる必要があります。

例えば、昨日の「走る時に運動連鎖を意識する」のブログ記事にもありますが、走動作の場合、ポイントとなる部分は、足・足首と股関節・仙腸関節、肩甲胸郭関節になります。

そして、それらの関節がどのように可動すれば良いのか?ということを出していきます。

走る場合は、肩甲胸郭関節であれば、Scapular downward rotationScapular posterior tilt、Scapular external rotation、Clavicular depression、Clavicular protraction and retraction(日本だとprotractionを好む場合が多いけど、retractionもある程度必要)はどちらかというとニュートラルポジションで。

股関節はLoosed Pack Positionで仙腸関節はややNutationで。

足首は、距骨下関節はClosed Pack Position、横足根関節(Transverse tarsal joint)と足根中足関節(Tarsometatarsal joint)の両関節の可動角度の和が0、距腿関節はフリーポジションで。

◎そこから論理的に逆算で考える

そのポイントとなる関節の可動を決めたら、そのポイントとなる関節の可動を邪魔しないように、そこから逆算して出来るだけ多くの関節を巻き込むようなトレーニングやエクササイズを考えていきます。

要は、ポイントとなる部分から波及させていくという感じです。

「○○を~~で働かせたいから▲▲」みたいな感じでポイントとなる部分から考えてきます。

そうすると自然とトレーニングやエクササイズを行う際のポジショニングが決まるんですよね。

ポジショニングを決めてしまえば後は負荷設定などを考えて行うだけです。

要はトレーニングやエクササイズを組み立てていく際には、論理的に組み立てていく必要があるということです。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、ウォーキングやランニングのことを分かっていらっしゃる方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪かなり細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中