トレーニングやエクササイズに「これをやれば○○に効く!」って確実なものはありません!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e6%87%b8%e5%9e%82

当治療院は、痛みや疲れ等の解消・改善は元よりトレーニングやエクササイズなども積極的に取り入れてます。

痛みの改善解消にもトレーニングやエクササイズを施術と組み合わせて取り入れてます。

なぜなら、その方が痛みや疲れの解消改善がかなり早くなって、パフォーマンスへの貢献にもスムーズに繋がっていくからです。

その影響なのか?は分かりませんが、「○○(対象の部位)に効果的なトレーニングってどんなのありますか?」っていう質問を良く受けます。

実はこの質問って回答に窮するんですよね。

こういった質問に対して即座に答えが出てくる指導者や施術家やパーソナルトレーナーがいるのでしたら逆にちょっと…って感じになります。

なぜなら、目的が分からない状態ではどんなに良いトレーニングやエクササイズでも的外れであれば役には立たないからです。

また、それと同様にどれだけメジャー、ポピュラーなトレーニング&エクササイズだからって、やり方次第で薬にも毒にもなり得ます。

今回は、トレーニングやエクササイズにおいて「これをやっておけば効く!」って簡単なものはありません!ということについて書いていきたいと思います。

◎何よりも目的が大事

突然ですが、

「あなたは何の為にこのトレーニングをしてますか?」

っていうことを聞かれた場合、即座に答えが出る人って意外と少ないなぁ~っていう印象です。

トレーニングやエクササイズを行う目的って、大きなものでいうと、

・パフォーマンスを上げるため
・ケガを予防するため
・(日常生活等)で楽に動きたいため

などがあると思います。

そこから更に細かく分けていくと、その大きな目的を達成する為に、
「今の状態が●●で、▲▲が出来るようになれば良いのか?」
ということを掘り下げていく必要があります。

そして▲▲が出来るようになる為には、どういった動きが必要で、その動きを達成するための筋力や柔軟性、敏捷性、コーディネーションなどが分かってきます。

それから必要なトレーニングの種類、トレーニングフォームの調整、運動様式、負荷の掛け方、負荷の量、他の部位への影響をどう与えていくか等々を決めていきます。

かなり細かいかもしれませんが、目的如何によってはこの要素はかなり変わってきます。

◎やり過ぎは毒!?

「正しいやり方云々言う前に体幹のこと理解してないのなら、その体幹トレーニング止めたら!?」のブログにも書いてますが、よく学校の部活動なんかで行われている、いわゆる体幹トレーニングを行っている光景ってかなりの違和感を覚えちゃいます。

たまに現場で興味があって聞いてみたりします(笑)。

プランクやダイアゴナルなどの体幹トレーニングを行う目的を聞いたところ、言葉は違えど意識したい働きの殆どがインナーユニット目的のニュアンスのことを答えてきます。

だとしたら、何回も何回も時間とって行う必要性ってなくないですか?

そういう場合ってトレーニングを行う基準がズレてますよね。

確かに長時間や重量を乗せたりして高負荷を与えるものもありますが、インナーユニット目的を意識するとなるとそういったものは必要ないはずです。

逆に違う部分がパンプアップされたりして逆効果な場合が多いですね。

効果なしなら未だしもケガに繋がったり、パフォーマンスの不振に繋がったりしているのを見ているとちょっと寂しくなります。

目的によって適切なタイミング、量、フォームなどを変容させなければやはりあまり宜しくないですよね。

トレーニングやエクササイズは、やり過ぎがダメというものではなくて、目的にあった必要量があるということです。

◎単独では鍛えられない

よく質問を受けて思うことなのですが、筋肉って単独では鍛えられません。

「○○筋を鍛える!」とは言っても、少なからず他の筋も協調して動きます。

なぜなら、人間の動き一つ一つは複数の筋肉で成り立っているからです。

ということは、同じトレーニングやエクササイズでも…

フォーム、意識、負荷の掛け方、運動様式などで筋肉の働き方の序列が変わってくる

ということになります。

だから、「○○(トレーニング名)が良い!」というただただそれだけで行っていると場合によっては違う対象のメインとなるべきものがすり替わっている場合がよく見受けられます。

ちなみに、基本的にインナーユニットはどのトレーニングやエクササイズにおいても働いていなければなりません。

だとすると、プランクやダイナゴナルなどインナーユニット狙いで行うことが無意味になるのでは?と考えるかもしれませんが、インナーユニットが機能していない場合は先ずは機能させる必要がありますので、選択肢としてはありだと思います。

要は、「○○(トレーニング名)が良い!」というだけで行うリスクも考えて安易に飛びつくことはしないほうが良いですね。

しっかりと目的に沿った種目選択、タイミング、量、フォームなどを確認して理解して行うことが大事です。

◎自分に何が必要なのか?の理解を

トレーニング一つとっても、色々と効果の出方が変わってきます。

その為には、先ず

・自分の目的が何なのか?
・その為にはどういった要素が必要なのか?
・その要素を生み出すためには何のトレーニングをどのような負荷や量、タイミング、運動様式で行うべきなのか?

ということをはっきりと抽出しておくべきです。

これはトレーニングやエクササイズにおけるリスク回避にも必要なことです。

当治療院でのセッションや現場などでのトレーニング指導においては、目的や必要となる要素によって常々方法をポイントごとに分けながら説明します。意識の仕方も細かく設定します。

そして何よりしっかりとトレーニングを行うことのカラダの反応を確認します!結局は目的に沿った反応が得られるのかどうか?が重要になってきますので…。

トレーニングやエクササイズを行う際は、闇雲に「○○(トレーニング名)が良い!」ということだけで行わず、自分の目的、必要な要素を理解した上で、「何のために?」、「それが何の役に立つのか?」「どのように行う方が良いのか?」という目的に沿って行いましょう!

そして頭とカラダで確認検証してみてから必要でしっかりと実行できるものを行ってみてはいかがでしょうか?

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中