ケガを少なくパフォーマンスをより高くする良い足の条件!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%89%af%e3%81%84%e8%b6%b3

先日今までにないくらい素晴しい足に出会いました。

特別、足フェチというわけではありませんが、職業柄、足のことは詳しいです。

足の構造、機能や他に与える影響など色々と理解しているつもりですし、今でも国内外の研究論文や足に関するセミナーや書籍を漁ったりしてます。

だからこそ、今回足を見たときに物凄い感動を得たのも確かです。

足の良し悪しってどういう感じでなのでしょうか?

もちろんモデルさんだったら脚のシルエットラインを綺麗に見せるための足が良いでしょうし、スポーツを行っている場合ではシルエットラインが良くても機能していなくてはいけません。

それぞれに共通項はあります。

今回はスポーツを行うにとって今現時点で良い足とは?ということについて書いていきたいと思います。

◎良い足の条件

良い足ってどういう状態の足のことを指すかご存知でしょうか?

個人的には良い足というのは、

・負担を掛けても大丈夫(耐久力が強い)
・機能がしっかりとしている
・他の部位への力の出し入れがスムーズ

という3つの要素があります。

これらの要素を高水準で満たす足が良い足の状態であるということが言えます。

◎耐久力が強い

まず第一に耐久力が強いということは、構造がしっかりとしているということになります。

「足のアーチが下がる影響力とその対処法!」のブログ記事にも書きましたが、足の構造には内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つのアーチがあります。

その3つのアーチを作っている骨配列が固まらず、可動性もしっかりしている状態が理想的です。

可動性がしっかりと取れている状態は、衝撃吸収能力が抜群に高いです。

また、外アーチの少指外転筋がしっかりと効いていてfoot contact時の地面への捉える能力が高いことが挙げられます。

◎機能がしっかりとしている

「損してませんか?走る人もそうでない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」のブログ記事にも書いてますが、足の機能には吸収、順応、反発(放出)という3つの機能があります。

その機能が如何なく発揮できる状態の足が良い足の条件の一つになります。

その為には、「靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!」のブログ記事にも多少は書いてますが、

・少指球~母指球にかけてしっかりとTake Off(離地動作)動作の際、中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の可動性がある
・各動作のMidstance時に踵の挙動が少ないこと
・横足根関節(Transverse tarsal joint)と足根中足関節(Tarsometatarsal joint)の両関節の可動角度の和が0になること

などが代表的に挙げられます。他にもありますが…。

先のブログと合わせると、足の機能を最大限に発揮する一つの大きな要因として、拇指外転筋の活動をどのように活かしていけれるかが非常に重要になってきます。

しっかりと拇指外転筋の活動が円滑に出来る状態になっていることが良い足の条件に挙げられます。

◎他部位への力の出し入れがスムーズ

良い足の条件には他部位への運動連鎖の繋がりがスムーズに行えるという点も入ってきます。

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」のブログ記事にも書きましたが、地から受け取る情報、足の構造、動きから受け取る情報って予想されているものよりも物凄く多いです。

その足から受け取った情報、力がスムーズに他の部位に連鎖で繋がることはハイパフォーマンスを発揮していく上で非常に重要です。

要はインプットとアウトプットの能力に優れていることが良い足の条件になります。

その為には、足は安定性、機能性が優れていることに加えて、足から膝、股関節の連動性も重要な要素になります。

◎ケガのリスクとパフォーマンス

良い足の条件が揃っているからといって、ケガが起こらないわけではありません。

ケガの条件的には個体要因、練習要因、環境要因があり、個体要因は優れているとケガのリスクは下げれますが、他の練習要因、環境要因の影響も少なくないですので、ケガの起こる確率は0ではありません。

パフォーマンス発揮という点においては地面からの力、情報を目一杯取り入れることができ、尚且つ他の部位へ受け取った力、情報を確実に繋げることが出来るので、無理無駄が少なくなります。

また、余計な衝撃をしっかりと吸収して力に変えていけるのも利点としてあります。

その点においては非常にアドバンテージになります。

◎良い足は作れる

以上良い足の条件を簡単にですが挙げました。

良い足は生まれ持ったものだけではありません。

先天性のものもありますが、後天性のものとして作っていくことも出来ます。

その為には先ずは自分の足の状態がどのようなものかを把握する必要があります。

そして良い面は伸ばし、足りてない面は補い付け足して作っていくことが重要です。

また、足の良し悪しはパフォーマンスを決める上では重要なポイントですが全てではありません。

良い足を持つことはスポーツパフォーマンスをより良いものにしていく上でストロングポイントになり得ます。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、足のことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく対応しますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中