金沢マラソンを見て思うこと…リスクマネジメントの重要性

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e9%87%91%e6%b2%a2%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3

本日は金沢マラソン2016の日でした。

金沢市をマルマルッと走る都市型マラソンです。

出場された皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

前日は当治療院は出場される皆さんで朝から夜まで溢れ返ってましたw

本日は朝7時から治療院の予約が入っていて一段落する頃には交通規制が当治療院のまわりを取り囲んで脱出不可能なのか?とも思いましたけど、何とか2ヶ所で応援、観戦することが出来ました。

天気も快晴から雨風に変わりなかなか難しい日和でしたね。

今回は金沢マラソンを観戦していて気付いた事を書いていきたいと思います。

◎金沢市の街中を走る

2016新コース

金沢マラソン2016は、金沢市の街中の名所を回るようにコースを作っています。

どうしても北陸地区は山アリ谷アリのイメージが強いですが、このコースは高低差がそこまでなく中盤から後半にかけてどフラットで走りやすいコースとなっています。

序盤は入り組んだ街中を走るので、若干ストレスに感じるのかも知れませんが、中盤から後半にかけてかなり道幅広く気持ちよく走れる良いコースです。

走っている人は元より見ている人も思わず走りたくなる魅力があるマラソンコースですね。

道幅広いところで気持ちよさげに走っている様を見てると、観戦応援している人も楽しくなりますよね。

気持ちよくストレスが掛かり過ぎずに走ることを導入するのは健康面から考えると非常に良いことだと思いました。

ちなみに本日のレースはかなり序盤はハイペースだったらしいです。

こういうコースレイアウトの場合、中後半がどフラットなコースなゆえに、「後半が楽な分、前半から少し無理する」か?「後半にかなりのビルドアップでレースを揺り動かす」か?のだいたい2通りになりますねw

去年は後半勝負なレース展開でしたが、今年は序盤ハイペースでサバイバルな感じでした。上位選手は我慢比べなのでかなりシンドイ感じでした。

◎救護体制に難アリ!?

私はこの大会に関わってない立場です。

一応、日本陸連医事委員なので国際マラソンなどの救護を担当することも多いです。

何故か?知りませんが、私が担当するポイントは、いつもかなりリスキーなポイントを任されるのですけどね(笑)

「薮本さんだったら大丈夫でしょ!?(ニヤリ)」と、いつも日本陸連様には信頼頂いておりますw

それはさて置き、やはりこういう大会を見る場合、一般の人とは違う見方をどうしてもしちゃいます。

今回は確認するだけで、救護ステーション、モバイルAED巡回、救護ランナー、本部救護班かなぁ~…他にもあるかも知れませんが…。

見ている範囲内ではおざなりな印象でした。

私的に職業病で、現場活動の場合、必ずといってよいほど全ての環境面のリスクを確認します。

今回の観戦所の一つとして33~35kmのポイントを着いてから一通り回りましたが、「大丈夫かなぁ~?」っていうのが第一感としてありました。

案の定、ランナーが続々通過する際には、もう後半戦ということもありフラフラで立ち止まる人、コースから外れる人、カラダが痛そうで止まっている人、…結構いました。

「あれ?」と思ったのは、救護ランナーがそういった人をスルーするかの如く走り去っていく様を何度も見ました。

その中で、私はランナーの一人処置しましたけど。。

何だかちょっと残念な気持ちになりました。

◎安全が先ずあるからこそ

マラソンブームも相まって全国各地で大小問わず沢山のマラソン大会が開催されています。

手軽に始められるスポーツ、シンプルが故に追求心理を煽られる…だからこそ人気に火がついたんだと思います。

せっかくの人気に水を差すのはよろしくないです。だからこそ不安材料は拭い去っておくべきです。

スポーツはやはりリスクマネジメントが出来てこそ行うべきです。

リスクマネジメントは安心・安全の担保です!

どれだけ人員を割いて、どれだけ机上で考えていても、イザという時に反応できなければ意味はありません。

その為にはどれだけ時間を使ってでも何回も何回もシュミレーションしなくてはいけません。

後々、「そんなこと起こるとは…」ではいけないんです。

0.01%でも起こりうることには細心の注意を払っておかなくてはいけないんです。

スポーツって先ず命の保障、安全・安心してプレーできる環境の担保があるからこそ、選手が全力でプレーできるのです。

医療従事者もトレーナーブースだけで処置するだけでは、こういう大会では役割の半分にも満たないです。

いつも以上にスポーツ大会のリスク管理について考えさせられた大会でした。

来年は改善されるように願って止まないですね。

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中