足のアーチが下がる影響力とその対処法!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

最近、とても多く見受けられるようになった「アーチ」が下がっている状態。。

下がるにも色んな理由があるとは思われますが、昨今のシューズの進化、長時間同じ状態でいる、運動不足、疲労、糖尿病などなどが挙げられます。

今でこそマラソンブームもあり「アーチが下がっているから…」というフレーズを聞くことが多くなってきました。

でも、アーチが下がっているっていっても、何かしら影響あるけど曖昧でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか?

今回はアーチが下がる影響とその対処について書いていきたいと思います。

◎アーチって?

3%e7%a8%ae%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81

アーチって主に土踏ますの内側縦アーチのことを言っている方が多いのですが、他にも横アーチ、外側縦アーチがあります。

この3つのアーチで囲んだ部分がドーム型に膨らむように上がっているところが本来のアーチ部分です。

アーチは、よく知られている機能に衝撃吸収機能があります。

また、「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかりと使えるとこんなに得することあるよ!」のブログ記事にも紹介しました、色んな地面の凹凸や傾斜に足を適応させて立位姿勢を保つのに大いに貢献してます。

◎アーチのチーム的役割

3つのアーチにはどれも大事です。

それぞれ相互に関与して、地面の凹凸に適応、衝撃吸収、カラダの移動をスムーズにするといった働きを行います。

ポイントとして補助の役割ではありませんが、内側縦アーチの役割を活かすために外側縦、横のアーチの役割があります。

例えると、バレーボールのスパイクを決めるスパイカー(内側縦アーチ)ためにレシーバー(外側縦アーチ)がボールを受け止めて、セッター(横アーチ)がトスを上げるという感じです。(分かりにくい?w)

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

ですので、どうしても内側縦の役割が目立ちますが、外側縦、横のアーチもちゃんと働いてくれないと内側縦が働きにくくなってしまうということです。

◎なぜアーチが下がるとダメなのか?

%e3%83%95%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83

アーチが下がってるとはいうものの、つい偏平足になっているんだなぁ~という感じでしか捉えていない人が殆どです。

見た目はFlat Footという状態でベタッとあしが潰れているような感じです。

内側縦、外側縦、横のアーチが下がることだけでは痛み生じることはありません。

重要なのはアーチ低下によって…

足の骨配列に余裕がなくなってしまう

ということです!

足の骨配列に余裕がなくなると、足が不安定な状態なので固めるという選択を取ってしまいます。

これは単純に足の衝撃吸収機能、地面への順応が出来なくなってしまうということです。

走る、歩く、跳ぶなどの活動からくる衝撃を吸収できずダイレクトにダメージとして受けるということです。

こういう状態では、「ケガを予防しパフォーマンスを上げたいならば膝に余計な動きをさせてはいけません!」でも書きましたが、足首の動作が不十分な為、膝に余計な動きが生じて色々なケガに発展していきます。

また、地面への順応が出来ず体重移動がスムーズに行いにくくなりますので、疲れやすいですし、パフォーマンスも頑張っている割には伸びません!

姿勢においても疲弊しやすい状態な故に崩れてしまいやすくなります。

◎アーチが崩れる理由

各アーチが機能低下で下がってしまう理由は、

%e3%81%b5%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%b5%e3%81%a3%e3%81%a8

内側縦アーチの低下は、足のふくらはぎから長母指屈筋(Flexor hullucis longus)と長指屈筋(Flexor digitorum longus)、前脛骨筋(Tibiais anterior)が過剰に緊張した状態で起こります。

または、後脛骨筋(Tibialis posterior)、長腓骨筋、母指外転筋の機能低下によって起こります。

単純にふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによって起こります。

横アーチの低下は、母指内転筋、長腓骨筋、後脛骨筋の機能低下によって起こります。

横アーチは足を横断しているので分かりにくいですが、ここもふくらはぎを含めた内返し外返しの筋力バランスの崩れによってアーチ低下起こります。

外側縦アーチの低下は、長・短腓骨筋、小指外転筋の機能低下によって起こります。

外側縦アーチは、他の2つのアーチと違って小指を外側に広げることによって体重の8~16%を支持補助する役目をしています。

ですので、ふくらはぎの含めた外返しの筋出力の低下によって起こります。

◎足のアーチが下がっていたら…

アーチが低下している場合はどのように対処すれば良いのか?

それには、

★足部の骨配列へのアプローチ
★足部の機能低下から波及した代償動作へのアプローチ
★足からの運動連鎖の正常化

の3つのポイントがあります。

アーチが下がっている場合は、先述したとおり「足部の骨配列に余裕がない」状態で固まっています。

ですので、先ず3つのアーチの下降原因へのアプローチして足の骨配列に余裕を持たせましょう。

そして足の衝撃吸収機能、地面への順応機能の低下による影響を受けているので、それによる代償動作を改善しましょう!

最後にBarefoot Trainingなどで足から荷重を掛けた状態からの運動連鎖を正常にしていきます。

「偏平足を軽く見ないで!アーチを作るために必要なこと」

「足からこれ程変われることにビックリ!日本初!EBFA公認Barefoot Training Specialistセミナー!」参照

先天性のものや、ちょっと厄介なものではインソールの介入も選択肢の一つとしても良いのかもしれません。

当院でも「Neuroの力は物凄い!クアドラステップインソールの取り扱い始めました!」でもご紹介しました、当治療院でも取り扱っておりますクアドラステップインソールも下肢全体を変えていくのには良いです。

日本でよくあるインソールは足部のみへのアプローチなので、アーチ形成には難しいかもですね。

是非ともご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中