靴紐は軽く締める?ギュッと締める?シューズの機能を最大限に活かすための履き方!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%b1%a5%e3%81%8d

皆さんは普段どんなシューズを選んで履いていますか?

一昔に比べシューズのデザインもオシャレな感じになってきて見た目の格好良さ、可愛らしさで選ぶのも一つです。

また、タイムを伸ばしたい、パフォーマンスを上げたいや安全性などの機能面重視で選ぶのも一つだと思います。

最近、よく受ける質問の中で「シューズをどうやって履いた方が良いのでしょうか?」「店員に奨められて新しいシューズ買ったけど…」という類のものが多くなってきてます。

実際にシューズを買ってみたものの自分に合っているのか?という疑問がある方が多いように見受けられます。

最近のシューズの性能は一昔に比べかなりUPしてます。

「ウォーキングやランニングをする方必見!オーバープロネーションを起こらなくする為に重要なこと!」参照

しっかりと履きこなせば機能的にかなり良いものです。なかなかちゃんと履けている人はいないのも事実としてあります。

今回はシューズの機能を最大限に活かすためのシューズの履き方について書いていきたいと思います。

◎足のフォルムと機能を考える

足の骨1

シューズや靴を選ぶ時、履きこなす時には、足の機能を活かせるかどうか?が重要になってきます。

足のことはこのブログ内でもかなり取り上げてます。

「ただただ感動!足に秘めたるポテンシャル!足のセミナーで気づかされたこと!」
「くるぶしの痛み・違和感には何がある!?足をちゃんと使いましょう!」
「損してませんか?走る人も走でない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」

などのブログ記事の他にも色々書いてますので是非ともご覧下さい。

ウォーキングやランニングにおいて重要な足の動きがあります。

それは、

★少指球~母指球にかけてしっかりとTake Off(離地動作)出来るように中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の可動性がとれていること
★Midstance時に踵の挙動をより少なくすること
★横足根関節(Transverse tarsal joint)と足根中足関節(Tarsometatarsal joint)の両関節の可動量の和が0になること

この3つが挙げられます。

他にも細かく見ればポイントは幾つもあるのですが、この3つを抑えておけば概ね大丈夫です。

◎シューズの機能面のポイント

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba

スポーツシューズ、ランニングシューズ、革靴などに共通して欠かせないものがあります。

・ヒールカウンター(月型芯)
・シャンク(踏まず芯)
・ミッドソール(中底)

の3つです。

大手メーカーのシューズは、確実にこの3つのポイントを踏まえたシューズを出しています。

ヒールカウンターは、踵を後ろから包むようにサポートしているものです(踵をぐるっと囲む硬い部分)。カウンターの長さは靴それぞれで目的によって変わってきます。

シャンクは、靴底のソールの中に靴底がつぶれない様に下からのサポートしているものです。正に縁の下の力持ち的な存在でシャンクがなければTake off動作で地面を蹴るときにしっかりと地面を捉えることができません。

ミッドソールは、体重を靴底のソールに荷重していった時に、足が中敷に満遍なくフィットするようにしているものです。このミッドソールに荷重位で密着できれば体重移動がスムーズに行えるようになります。

◎どうやって履く方が良いのか

シューズを履く際の足の機能的留意点とシューズの特徴を軽く書きました。

では、どうやって履く方が良いのでしょうか?

それはシューズの持ち味を出して足の機能を活かせるようなフィッティングがベストになります。

履き方は以下の通りです。

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

①ヒールカウンターに踵を密着させる
②軽く荷重をかけつつシューズのInstepをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番上か二番目の紐穴)
③軽く荷重をかけつつシューズのBallをぐるりと満遍なく密着させるように紐を締める(多分、一番下か二番目の紐穴)
④残りの部分の紐を締める
※あくまでInstep、Ball、Waist部分が満遍なく密着することが大事です。その為に紐の引っ張る角度、強さは個人個人で差があるため変わってきます。

⑤Take off動作でシューズのアウトラインが中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)に当ってないか?を確認する
中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)が90°近くストレスなく曲げれるか?を確認する

①~④はシューズの機能を如何なく引き出し足の機能を最大限に活かす履き方です。

⑤~⑥はちゃんと履いた際にシューズが足の機能発揮を邪魔してないか?を確認する作業です。

足の機能がちゃんと発揮されてないのであれば、そのシューズはマッチしてない可能性が高いです。

ミッドソールのフレックスラインと中足趾節間関節(MTP:Metatarsalphalangeal joint)の各関節を結ぶラインが平行でない場合とか…シューズと足がマッチしてない場合があります。シューズと足の相性の問題ですが。

◎ジャストフィットさせればケガが少なくパフォーマンスも発揮できる

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab

先述もしましたが、昨今のシューズは一昔前に比べて性能は格段に良くなってます。

ですが、如何せんフィッティングの仕方が宜しくない方が非常に多いという印象です。

シューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ているとそれだけシューズの機能を持て余してしまいます。

シューズの機能を持て余してしまうと足の機能が発揮されません!

またシューズの中で足とミッドソール、アッパー、アウトラインに余計な隙間が出来ている状態だとシューズって重く感じるんですよね。

意外かも知れませんが、片側100g差があるシューズを履き比べた時、ちゃんと履けていれば100g重くても、ちゃんと履けていないシューズよりも体感するシューズの重量は対比的に軽くなります。

シューズが合う合わないということも考えられますが、先ずはしっかりと履きこなしてみてはいかがでしょうか?

ウォーキングやランニングなどシューズをしっかりと履きこなすだけでもケガの防止、パフォーマンスに貢献できるようになりますよ。

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

分からない場合は、カラダのことに精通している方、スポーツに精通している方、ウォーキングやランニングのことを分かっていらっしゃる方、シューズのことに詳しい方に一度みてもらうことをお奨めします。

もちろん、当治療院もしっかりと対処させて頂きますので是非♪もうちょっと細かく見ますが(笑)

せっかくだからしっかりと効果のあるものを

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中