膝や足首、脚まわりが痛みや違和感で気になるなぁ~という時に簡単に確認すべきこと!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e8%84%9a%e7%97%9b

ランニングしてたり、スポーツを楽しんでいたり、レジャーを楽しんでいたり、仕事に一生懸命だったり、…

何事もなかったけれどもいつの間にか足まわりや膝など脚部に違和感やある一定の動きの中で痛みが出てきたりしたことはありませんか?

でも、普段は痛みや違和感がないこともあります。

そういう時って案外、「大したことない」と放っておいたりしてませんか?結構そういう人多いです。

当治療院でもよくご来院されるのですが、「よく分からないけど(時たま)痛みや違和感が出るんですよねー」という方は少なくありません。痛みや違和感が出ている以上早々に対処はしておくべきです。

今回は、膝や足まわりに痛みや違和感が出たときに先ず確認すべきことを書いていきたいと思います。

◎足の問題は足だけにあらず

よく見受けられることでもあるのですが、何事もなく足や膝に違和感や痛みが出た時は「湿布貼っておけば…」みたいに原因がどこだか分からないけどとりあえず痛い所に何かしらアクションを起こす場合が殆どです。

ですが、何かしらの衝撃が加わったり、明らかに炎症が出ている場合なら未だしも、その時は痛みがないので局所だけの問題で済ますのは効果が薄いです。

もちろん、その痛みや違和感が出た部位に問題があるケースもあります。

◎分からないから放置は危険

「その時は違和感や痛みがあったのだけれど…」といって現状は痛みや違和感がなくなっているので、何もしないというケースって結構多いです。

そういう場合、痛みからの逃避行動を無意識にとっている場合が多いです。

要は「くさいものに蓋」的なもので、一時的に凌ぐことでその時は良いのですが、庇った箇所に負担がいくことでドンドンとカラダの広範囲に負担が多く掛かってしまいます。

そうなってくると、次に痛みや違和感がどこかしら前回よりも酷い感じになって出てきます。

◎痛みや違和感が酷くならない為に確認しておくこと

出来れば痛みや違和感が出た時点で医療機関やカラダの専門家に一度みて頂く事をおススメするのですが、「気のせいかも・・・」という感じだとなかなか足が向かないですよね。

そういう時は、先ずは以下の3つを確認してみて下さい。

・脚が開くかどうか?

%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%82%e3%81%97%e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%8d%ef%bc%91 %e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%82%e3%81%97%e3%81%b2%e3%82%89%e3%81%8d%ef%bc%92

①壁の横に立って軽く手で支えて股関節を90°に曲げる
②膝の向きを90°外側に回転させる

これは骨盤まわりの動作の簡単なチェックです。お尻や太もも、背中の筋肉が硬かったりすると90°開くことが困難だったりします。意外と多いですw

骨盤まわりの関節(股関節、仙腸関節、腰仙関節、腰椎)の動きに関係している筋肉がうまく働いてくれないと脚まわりの負担が増えて痛みや違和感の出現に発展しちゃいます。

・踵をお尻につける

%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e3%81%a4%e3%81%91

①壁の横に立って軽く手で支えて踵をお尻につけていく(手は軽く添える程度)

これは腹圧がちゃんと入って脚の動きをコントロール出来ているかの簡単なチェックです。

踵がちゃんとお尻の片側の真ん中でついていますか?カラダが横に曲がったりしてませんか?

腹圧が入りにくいとどうしてもカラダの末端部だけで動こうとしてしまい、負担が多くなって痛みや違和感となって表れるケースが少なくありません。

・片側立脚でカラダを倒す

%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%82%e3%81%97%ef%bc%92

①壁の横に立って軽く手で支えて膝を伸ばして胸を張ってカラダを倒していく

これは足まわり(膝下から足先)の簡単な機能チェックです。

足裏全体に均等に体重が乗っていますか?カラダが回転してませんか?

膝下が回転してしまったり足の骨の細かい関節の動きが悪かったりすると、足裏にしっかりと体重が乗りません。

足のことは、

「損してませんか?走る人もそうでない人も足をしっかり使えるとこんなに得することあるよ!」
「くるぶしの痛み・違和感には何がある!?足をちゃんと使いましょう!」

など他にも沢山色々と詳しくブログに書きましたのでご参照下さい!

◎早め早めに対処を!

簡単に脚まわりのチェック方法を示しました。

これらがどれか一つの場合もあるし、複数の場合もあります。

こういった状態の時には、走るにしても、レジャーにしても、スポーツを楽しむにしても、仕事を一生懸命に頑張るにしても、脚周りに負担が掛かりやすく痛みや違和感が出やすい状態ということを認識しておきましょう!

できれば認識だけではなく、しっかりと問題点を解決しておくほうが、生活していくうえでより充実するはずです。

「気のせい」で後回しして酷くなって症状が出てくるとなかなか解消していくのに時間がかかります。

そういった事態にならないよう早め早めに対処しておきましょう!

当治療院でもガッツリ対応させて頂きますよー!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中