施術、トレーニング&エクササイズの効果、やる気を最大限に引き出すヨガエッセンス!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

ヨガヨガ

当治療院での施術やリハビリ、トレーニングやエクササイズセッションを受けられた方、ランニングなどのカラダ作りセミナーにご参加された方はお分かり頂けてますが、当治療院ではヨガのエッセンスを取り入れてます。

「効果は出して当然!根拠を裏付けする重要性!YOGAピラティスな時!」

「効果抜群!ヨガ、ピラティス要素を盛り込んだエクササイズ&トレーニングの取り入れ方!?」

ですので、よくありがちなトレーニング系の基本的な動きから逸脱してしまう場合が少なくありません。

なぜ?ヨガのエッセンスを取り入れるのかというと、ヨガの最近の研究結果より医科学的なメリットとメンタルトレーニングの両輪が効率よくUPすることが分かってきてます。

今回はヨガエッセンスを取り入れることのメリットを書いていきたいと思います。

◎ヨガのイメージって…!?

どうしてもヨガの一般的なイメージはカラダが柔らかくなる、呼吸法の2点がイメージしやすいかと思います。

確かにあまり研究が進んでいない段階でのヨガのイメージは、「カラダってそこまで動くの?」「呼吸が深くなって落ち着いて眠りやすくなる」などといったことが多かったです。

私も色んなヨガを体験して、自分自身もヨガのセッションをしたりしていると、その2点の効果は大いに実感してました。

他にも意外と知られていないメリットが研究で明らかになってきています!

◎ヨガ的エッセンスを取り入れるメリット

美脚

最近の研究結果を踏まえてヨガ的エッセンスを組み込むメリットは、

・姿勢を意識する
・呼吸を意識する
・全身のつながり(運動連鎖)を意識する
・脳をコントロールする
・感情やモチベーションを豊かにする

の5つが挙げられます。

これらのメリットを普段のリハビリやトレーニング&エクササイズ等に組み込むことで、シンプルに行う時よりもより大きく成果が上がることが実感としてあります。

★姿勢を意識する

カラダ作りにヨガのエッセンスを取り入れる一つとして姿勢正して自身を大きくするというものがあります。

これはただ単に「姿勢を正す!」ということではありません。

姿勢をその人その人の本来持つ大きさのカラダのポジショニングがあるんですが、日々の生活環境の中でいつの間にか小さくなってしまいます。

それが当たり前の状態になってしまうと、いわゆるローパワーポーズという自信がなくなり不安などのマイナスの感情が増大してしまいます。

研究結果でローパワーポーズになってしまっている人は、テストステロンが10%ダウン、コルチゾールが17%アップしたという結果があります。

テストステロンは筋肉増強などに代表される男性ホルモンですが(女性にもあります)、自信や勇気を生み出します。
コルチゾールは、人間の逃走反応を生み出し無気力を誘発してしまいます。

※ポジティブな感情で自信を持つためにはどちらかだけでは不十分で、両方のコントロールが出来ることで始めて持つことが出来ます。

逆にカラダを大きく見せれるポジショニングのハイパワーポーズでは、通常よりテストステロンが19%UP、コルチゾールが25%ダウンという結果です。

差でいうとテストステロンが約30%の差、コルチゾールが約40%の差…これって結構大きいですよね。

★呼吸を意識する

「痛みや不快感を早く取り除くために!とりあえず瞑想のススメ」でも書きましたが、呼吸を意識していくことはマインドフルネス(瞑想)にも繋がります。

瞑想は、疼痛緩和にも影響があり、認知能力(理解、判断、論理などの知的機能)の向上、睡眠の質の向上、集中力UPなどの効果もあります。

★全身の繋がり(運動連鎖)を意識する

ヨガのポージングの構成って気付かれていらっしゃる方もいるとは思われますが、基本的に全身の繋がりを意識しながら行います。

これは以下の要素を磨くことに繋がります。

・多角面での動作(Multi Plane)
・多関節の動作(Multi Joint)
・固有受容器感覚(Proprioception)
・多次元・立体的(3D)動作(Multi Dimention)

これらは身体パフォーマンスをUPしていく為には非常に重要な要素で、人のカラダの動きの円滑さ、ダイナミックさ、効率性、力の発揮、疲れにくさなどには欠かせない要素です。

特にパワーを出す条件に筋肥大と可動性の組み合わせがあるのですが、それがなかなか上手く出来てない人が多いです。

そういった意味合いでも全身の繋がりを意識することは非常に重要になってきます。

★脳をコントロールする

脳神経の一つに迷走神経というものがあり、カラダ中の活動をコントロールしています。

迷走神経は8:2で求心性:遠心性です。求心性はカラダの感覚から脳に刺激を送ることを指します。

これはカラダの動作と呼吸が脳をコントロールして活性化させることに繋がります。詰まるところクリエイティブな発想がしやすくなるということです。

これは現代社会では非常に重要な能力となりつつありますし、スポーツにおいても練習効果を最大限に引き伸ばすためにも非常に有効になってきます。

感情やモチベーションを豊かにする

ヨガのポーズの一部にある身体的変化の要素の中で、先述にもありましたがテストステロンの値がUP、コルチゾールの値がダウンすることで、な、なんと…

物事にチャレンジすることが33%もUP

要は人はクリエイティブな発想を脳が行う時にはネガティブなことに使われやすいんです。言い訳だったり、後回しの理由付けだったり…これって実は行動力もダウンさせてしまい大変損です。

ですが、クリエイティブな発想をポジティブに誘導させることで33%も行動力がUPしたとの研究結果があります。これって凄い事なんですよね。何事も先ずは行動ありきですから。成功する確率も33%UPするということですからね。

スポーツの場面にとっても有効であるのは想像に難しくないと思われます。

また、行動から感情の変化が生まれますので、表情が柔和になって好感度がUPします。

◎ヨガを丸々引用はしない

ヨガは非常に優れたものですが、まだ研究に及んでいないものも多々あります。

また、解剖学的、生理学的に「えっ!?」と疑問に感じるポーズも幾つかあります。

ですので、やはり全てを鵜呑みにして取り入れるのではなく、しっかりと機能解剖や生理、運動学などからみて安全面や効果面の担保を考慮に入れた上で必要である部分にフォーカスして取り入れることをおススメしています。

治療院的にもその辺は慎重に考慮に入れて行ってます。あまり全てを丸々取り入れることはないです。

もし取り入れられるのなら、やはり一度専門家にみて頂く事をおススメ致します。

◎スマホ時代には必要!

携帯電話やスマホなどタブレットが普及してから、知らず知らずのうちにローパワーポーズに陥りがちになってしまっている方が非常に多く見受けられます。

これって非常に勿体ないですよね。

今のご時勢だからこそ、ヨガ的なエッセンスを取り入れたものは必要なのではないのかなぁ~と感じています。

是非、自分のカラダを最大限に活かしていく為にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

当治療院でもかなり活用してます!ご希望あれば是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中