何でもかんでも「体幹が…」と一括りにするのは止めましょう!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac

最近お馴染みになってきた「体幹」という言葉があります。

当治療院でも患者さんや選手の皆さんとの会話でそういったフレーズが出てくることも珍しくはありません。

いわゆる体幹をしっかりと機能させることはケガの防止、パフォーマンスの向上、姿勢を綺麗に正す等々…色んなメリットがあります。

ですが、「体幹が弱いんですかねぇ!?」「もうちょっとパワーを出したいので体幹を鍛えたいんです」「カラダ安定の為に体幹トレしてます」などという言葉を聞く度に何やら違和感が出てしまってます。

体幹っていったい何なのでしょう?

いわゆる体幹部には、その機能によって分けれれるのですが、全部一まとめにしちゃっていることが殆どで、言っている内容と行っている内容が食い違っている場合もかなり多いです。

何だかややこしいですよね。

今回は、何だかゴチャゴチャになっている人が多いので、いわゆる「体幹」というものを整理したいと思います。

◎体幹部とは…?

これだけ流行っている“体幹”ですが、「どの部分が体幹ですか?」ということに曖昧な理解のままですよね。

体幹部は…

人間の手足と頭を除いた胴体部分を『体幹』といいます。

%e4%bd%93%e5%b9%b9

これを聞いて「意外と広い範囲だなぁ~」と思われた方も少なくないのではないでしょうか。

◎いわゆる体幹を分類する

体幹の範囲は以上の通りなのですが、一つ一つの筋にそれぞれ動きはあるのですが、『体幹の機能』ということで分類していくと以下の3つに分類できます。

・インナーユニット
・インナーコア
・アウター

この3つに分けられます。

この3つはそれぞれ機能的には違います。

ですが、これらの3つの機能的なものをごちゃ混ぜにしてしまってると「体幹」というフレーズが出てきたときに???という感じが出てきます。

◎インナーユニット

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88

インナーユニットは腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群を指します。

簡単に説明すると、これらの筋は人間が活動する場合は、真っ先に働かなければいけないんですよね。基本的に起きて活動している間はずーっとです。

ヒトが活動する為の下地の機能を行う筋ですね。どちらかというと鍛えるというよりはONとOFF(働いているか否か)のどちらかの作用です。

ヒトが活動しているときはONになってないといけませんし、寝ているときはOFFになってなないといけない(一部)ということです。

ですので、鍛えてパワーアップするというか、ONとOFFを適宜できるようにしておかないといけないということです。

◎インナーコア

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%82%a2

インナーコアは、背骨を中心としたいわゆるヒトのカラダの動きに対して“安定”させる筋のことを指します。

簡単に説明すると、ヒトのカラダが動いた時につられて余計な動きにならないように、安定させるように抗う働きを行います。(カラダの各動作の支点としての働き)

どちらかというと、ヒトの動きに対して先にカウンターで働きます。

カラダを動かす前に「よし!スタンバイOK!」という支えの状態を作る働きです。

どちらかというと、見た目上カラダが動いているよりちょっと長く持久的に働きます。

◎アウター

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%ad%8b

アウターは見た目上のカラダの動きを作る筋肉です。動きにも曲げ伸ばしや回転、傾くものから、外力に負けないように固めるという作用まであります。

一般的にパワーやスピードなどを生み出す働きをしていきます。

このアウターの筋がどれほどしっかりと活動できる環境を整えて、本来の活動ができるとスポーツでも健康やスタイルアップにも大いに貢献します。

◎どれが一番というわけではない

では、体幹のインナーユニットの働き、インナーコアの働き、アウターの働き、どれが一番大事なのか?と聞かれると…、

「どれも大事!」

ということを答えてます。

それぞれの機能が違うので比較できませんから当然といえば当然です。人によっても重要度は変わるので、やはり一概には言えません。

ただ適宜、各機能が不十分だと各機能間で代償することがあり本来の機能発揮は出来なくなります。この場合の代償はどちらかというと機能停止(フリーズ)の方向に働いてしまいます。単なるオモリと化してしまいますので、非常に厄介です。

最近の主流であるプランクに代表されるいわゆる『体幹トレ』はインナーユニットの腹横筋などが、ちゃんと活動していないという人や選手が多いという現状から働かせることで良い方向に向かう人や選手が出てきたので流行っているという感じです。

ですが、先述した通り、腹横筋はインナーユニットで作用は筋の働きがON、OFFを適宜コントロールすることですから、プランクといえど持久的やMovingが起きるやり方は“インナーユニット目的”であれば違うということになります。

◎体幹のそれぞれの機能を引き出す

“いわゆる体幹”で一番重要なのは、自分の目的に沿って、それぞれの機能をお互いが邪魔することなく活動発揮できるようにすることです。

ですが、あまりにも体幹の各機能が一緒くたににしてしまいがちで、言っている事と行っている事が話を聞いたり見たりしていると食い違っていることが少なくありません。

先ずは『体幹』の機能的なものを整理して、自分の目的に対して、どこの機能が不十分で、どのように活動させれば良いのか?をハッキリさせてみてはいかがでしょうか?

それが自分の目的を達成するための“体幹トレ”が見つかる近道だと思いますよ。

当治療院でもしっかりとちゃんとした理解のもと、体幹の機能を最大限に引き出すようなトレーニングやエクササイズなどの提供してますので、是非♪

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中