安全に確実にRUNパフォーマンスを上げるために先ず気をつけること

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8

よく市民ランナーの方々へのセミナーやセッション、陸上競技チームや部活動などへのセッションなどでよく思うことがあります。

「走るフォームを考えている人は多いが、走るための基本姿勢を取れる人は少ない」ということです。

先ずは基本姿勢を取ってみましょう!ということをセッションやセミナー毎に行うのですが、かなり少ないなぁ~という印象です。

走るという動作自体は簡単な故に、意外と基本の部分の確認を端折っていらっしゃる方々が多いのではないでしょうか?

ランニングフォームでの基本姿勢は、しっかりと取れるかどうかでケガの発生、パフォーマンスの上がり方などに大きく影響します。

今回は短距離、長距離、マラソン限らず走る時の基本姿勢の重要性を書いていきたいと思います。

◎基本姿勢を確認することのメリット

基本姿勢を準備できることの有用性をサラッと紹介しておきます。

・走りの効率がかなり高くなる
・強度やスピードを上げてもケガの発生率が殆どなくなる
・ストライドやピッチの上げ下げがスムーズに行える
・駆け引きなどの反応が早い
・心肺機能を高く保つ
・陸上競技の特性上、カラダのポジションの安定に貢献
・その他

などなどメリットが沢山あります。

逆にデメリットは殆どありません。基本は忠実に行いたいものですね。

◎動きが大きく早くなればなるほど…

マラソン、陸上競技に限らずスポーツにおける動作において基本となる姿勢は大切です。

基本となる姿勢は、どのスポーツにも共通してケガの防止、パフォーマンスへの貢献の大きく分けて両方の側面があります。

ですが、陸上競技やマラソンにおいて基本となる姿勢を疎かにしちゃっている方が多いです。

静止立位での基本姿勢がとりづらいと歩く、走るなどの動きは尚更キツくなってしまいます。

静止立位での基本姿勢が崩れているとケガが起こりやすく、伸び悩みなどが起こりやすくなります。

◎基本姿勢を取るのに疲れる?

基本姿勢を取れるのに、なかなかパフォーマンスが上がらない、ケガしちゃうという方もいらっしゃいますが、そういう方々は基本姿勢を取ることに力を使ってしまっている傾向が殆どです。

いわゆる基本姿勢を取ることが“目的”になってしまっているというやつです。

私のセミナーやセッション等ご参加の方々にはお伝えすることなのですが、ランニングにおける基本姿勢をどれだけ負担を少なくして取れるか?で走りの質が大きく変わってきます。

◎基本姿勢を取るための3つのポイント

%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e5%a7%bf%e5%8b%a2

マラソンや陸上競技での基本姿勢を作るために必要なカラダの要素はするために以下のポイントをチェックしてください!

・基本姿勢を作るためのインナーユニットの筋出力がちゃんと出来ているか?
・胸郭、骨盤まわりのスムーズな動きが出来ているか?
・足底からの反発力を溜め込めているか?

の3つです。

細かく見ればもっと多いのですが、大きくこの3つのポイントを押さえておくと大体網羅します。

基本姿勢を作るためのインナーユニットの筋出力がちゃんと出来ているか

よくいわゆる体幹が大事だということが言われています。

ですが、本来インナーユニットの筋群はCKC(立脚)時には確実に働いていなければならないという研究結果があります。

また、これらは筋出力の大小ではなく筋力発火のスイッチがONかOFFか?ということが大事なのです。

ですので、基本姿勢の立位の状態で、インナーユニットの筋出力の発火がONになっていなければいけないということです。

胸郭、骨盤まわりのスムーズな動きが出来ているか

胸郭まわりがスムーズに動けていない場合、骨盤まわりがスムーズに動けていない場合は、上半身と下半身のそれぞれの動きを邪魔してしまいます。

また、胸郭まわり、骨盤まわりのどちらかの動きはクロスメカニズムで相互に関係があります。ですのでどちらかの動きがスムーズでない場合は他方にも悪影響を与えてしまいます。

ですので、胸郭、骨盤まわりをスムーズに動かせるようにしておかなければなりません。

足底からの反発力を溜め込めているか

マラソンや陸上競技の走動作では必ず地面からの反発力を得ます。

研究ではGRFをどれだけ得られるか?でパフォーマンスの上下の差が出るというものもあります。

ただ、GRFを高く発生させても受け入れることが出来なければ意味がありません。

ですので、高いGRFをしっかりとローディングさせてカラダへ溜め込む必要性が出てきます。

その為には、足部、膝、股関節、骨盤がローディングに適した状態にすることが重要になってきます。

◎先ずは基本を見直そう!

世の中には、マラソンブームも相まって「走る」ということの情報が沢山流れてます。

色んな有益な情報を実践してみることも大切ですが、先ずはいきなり走り始める前に立ち止まって基本姿勢が楽にしっかりと取れているか?崩れていないか?を確認してみてはいかがでしょうか?

基本姿勢が取れているか?どうか?分からない場合はお近くの専門家かに見て頂くことをおススメ致します。

当院でもしっかりと「なぜ?」を大切にして基本姿勢をとって頂く事の説明と取り方、基本姿勢から分かることなどを提示させて頂いております。

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中