ケガ少なく効率良いワンランク上の走りを!勘違いした腕振りをしない為に♪

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

Woman running along lake

ランニングやウォーキングを行う際に、脚の運びや接地などどちらかというと下半身に重きをおかれていらっしゃる方は多いと思います。

脚捌きや接地に関しては結構細かく拘る人は多いのですが、腕振りのことになると「大きく!」「真っ直ぐに!」等々…とかなりアバウトな感じになっている方が多いです。

走る際の腕振りに関しては、このブログでも、

「走る時の腕振りのあり方~ケガのリスク低下とパフォーマンスに繋げるために~」
「意外と分かってないよね!?勿体ない!走る時の腕振りってどうするの?」

など詳細に書いてますので是非ご覧ください。

腕振り一つとっても、ランニングやウォーキングに対する影響は思いの外小さくはありません。ケガのリスクを減らしたりパフォーマンスへの貢献にも大いに関係していきます。

その中で「シングルプレーン=真っ直ぐに振ることで良いですか?」「シングルプレーンが良いのは分かったけどどうすれば…?」という質問を受けることがよくあります。

シングルプレーンで腕振りをすることと、ただ単に真っ直ぐ前後に腕を振るを混同してらっしゃる方が多いのが現状です。

今回は、ランニングやウォーキングにおける効果的な腕振りの方法を混乱させないように…ということを書いていきたいと思います。

◎真っ直ぐに腕を振るって?

腕振り2

よく言う「真っ直ぐに腕を振る!」ということはどういう事を指すのでしょうか?

腕振りの上肢を構成するのは…肩甲骨部、上腕部、前腕部、手部です。

上肢2

では、ランニングやウォーキングの時に“前後に腕を振る”というのは…?

一般的には上腕部がカラダの前にあるか?後ろにあるか?です。振り幅は大小は関係ありません。

単純にいうとArm Angleというヤツです。Arm Angleの説明はこちら!

ただArm Angleはカラダの真横からの視点(矢状面視点)だけですので、前額面、水平面の各視点がありません。

また、この上腕の動きだけだと肩甲骨、前腕部、手部のポジション、挙動は不安定なため力みなどの効率の悪さ、負担が掛かりやすいのでケガのリスクに発展しかねません。

◎シングルプレーンで腕を振る

シングルプレーンの動きは上腕部、前腕部、手部が全て一面上で動くという動きです。

分かりやすいイメージはカラダと上肢の間に板を挟んで上腕部、前腕部、手部をその板に密着させます。

しんぐる

イメージとして板を動かさず、板の側面を滑らせるように上肢を動かします。上腕部、前腕部、手部は板に密着させたままです。

板をガラスに置き換えて拭き掃除するイメージでも良いと思います。

要は上腕部、前腕部、手部を一枚の面の上だけ動かすということです。

先述の「真っ直ぐ振る」との違いは、進行方向に対して真っ直ぐではないという点です。面上で真っ直ぐ振るということです。面上を滑らすとでも言いますか…。

このプレーンの方向が進行方向に近ければ近いほど陸上競技やマラソンなどでは推進力が出て良いのです。

ただし進行方向(前後)に振ろうとし過ぎてシングル(1面)がマルチ(2面or3面)の腕振りになるのであればかなり損なので、真っ直ぐではなくても1面をキープ出来る腕振りの方が良いです。

◎腕振りをシングルで行う3つの利点

3本指

腕振りをシングルプレーンで行うことを第一優先させる利点は大きく3つあります。

・肩周りの安定性

シングルプレーンで行う腕振りは肩甲骨のポジションの安定が出ます。

これは下半身が地面から受ける力を溜め込むことが出来、その力を推進力に変えることが出来るからです。更にその溜め込む許容がより大きくなるというメリットがあります。

・ケガのリスクが減る

腕振りがマルチプレーン(2面or3面)で慌しくなると、肩甲骨に余計な挙動が出て肩周りに余計な負担がかかり、力みに繋がります。

また、地面から受ける力が分散してしまい溜め込むことが出来ず推進力を得るために余計な力を加えないといけない状態になります。

それらの事が上半身のみならず下半身の各部位にも余計な負担が掛かるのでケガが発生しやすくなります。

ですので、シングルプレーンの腕振りはそれらの余計な負担を減らすことが出来るので、ケガの発生リスクを少なくします。

・走りの効率性を上げる

シングルプレーンでの腕振りは、肩甲骨周りが安定することで、上半身⇔下半身の力の伝達がスムーズになるということ、より走りがダイナミックになるということ、ドライブ脚が地面への力の伝達をより大きくできる事が挙げられます。

これは走りの効率性を上げることに繋がり、無理なくパフォーマンスアップに貢献します。

◎先ずはチェックしてみて下さい!

このシングルプレーンの腕振りを作る為のフィジカル条件は色々とありますが、今回は割愛させて頂きます。また機会がある時にでも書きたいと思います♪

腕振りを頑張っているのに、イマイチ前へ進まない、ケガしやすいという方で自分の腕振りに心当たりある方は一度確認してみることをおススメします。

キャリアが長い方ほど意外と癖ついている場合が多いです。

先ずは鏡やガラス窓などで確認してみてはいかがでしょうか?

分からない場合は、専門家に聞いてみることをおススメ致します。

当治療院でも行っておりますので是非!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!!

その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ



人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中