ケガしないパフォーマンスに繋がるカラダを作っていくためには?

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

ケガしやすい

「ケガしないようにする為にはどうすれば良いんですかねぇ~!?」という質問を受ける機会が多いです。

よく柔軟性をつける!筋力をつける!そういったことが聞かれます。あながち間違いではないのですが、そのことがマイナスに働いてしまう場合もあります。

今回はケガをせずに練習効果を上げていくための考えを当治療院で行っていることを踏まえて書いていきたいと思います。

◎柔軟性を上げる!?

柔軟性

柔軟性は確かに大事なものなのですが…、それはルーズなのか?モビリティなのか?でかなり変わってくるかと思います。

ルーズという状態は、関節がゆるくグラグラして不安定で力が入りにくい状態です。

モビリティの状態は、関節可動性という言葉にもあるようにカラダの繋がりである運動連鎖によって適切に動いていくという状態です。

モビリティの状態は、筋肉の使い方、関節可動域がうまく働くことで獲得できるものです。

これは、過去の既往歴(ケガの具合)、カラダの使い方の習慣、関節周りの状態、筋肉の状態、先天性的なものなど色んな要素が絡んできます。

◎筋力は?

筋力

ケガをしないさせない為には筋力UPは必要不可欠です。昨日も話題に上がったのですが、マラソンや長距離に代表される持久系の運動にも筋力UPは欠かせません。ビックリされましたが、本当のことです。

ですが、ただ闇雲に筋力をつければ良いというものではありません。

○○な筋肉をつければケガが起こりにくくなる、速くなる、遠くに投げれる、跳ぶ事ができる、…といったことではありません。

それでは目的が筋トレということになりますし、ケガにも繋がってしまいます。

先ず…、

何をする為の筋力UPなのか

という目的をハッキリと理論立てておかなければなりません。

ケガしないように安全に、△△の練習をする為に、□□の動きをする為に必要な筋力は何なのか?その筋力をつける為の環境(柔軟性など)が整っているか?

ということをしっかりと組み立てておく必要があるということです。

要は、○○の動作を向上させるために必要なものを揃えておく事が重要となってきます。

◎カラダの使い方も重要

カラダの使い方

カラダの使い方というのは、本来どのようにして自分のカラダを動きやすく、効率の良い動かし方をしていくといったことを学ぶものです。

意に反してカラダが動かなければケガのリスクも高まりますし、パフォーマンスを上げようと努力しても全然違った動作なのですから上がるはずもないですよね。

「NKT(Neurokinetic Therapy)を取り入れることで見えてくるもの」でも書きましたが、間違ったmovement patternのままでは、施術をするにしてもトレーニングするにしても練習するにしても埒が明きません。

間違った運動パターンから代償動作(庇う、ごまかし動作)をニュートラルな状態に戻すことが重要です。

movement patternをproperさせていくことがハイパフォーマンスへの貢献でも痛みや伸び悩みなどの不調からの脱出にも大事ですね。

◎どれが大事?ではなく…

天秤

お気づきになられた方もいらっしゃるとは思いますが、筋力と柔軟性(可動性)、カラダの使い方は別物にしてはいけません。

よく聞かれるのは、「カラダの使い方が上手ければ良い」「筋力アップが必要不可欠」「柔軟性があれば問題ない」…いった事があります。

ですが、本来はどれか一つでも欠けてはいけないものですし、バランスが悪くてもいけません。

大きな動きをする為には柔軟性が必要です。ですが、大きな動きをする為の筋力がなければ柔軟性があったとしても出来ません。

更に、その大きな動きのまま、自分が思い描いている理想に近付けていくためにはカラダの適切な動かし方が必要なわけで、動かし方だけを身につけてもその通りに動かせる柔軟性と筋力がなければ動かすことが出来ないということです。

だからといって無理に行おうとすれば、ケガにも繋がりますし、パフォーマンスにも繋がるはずもありません。

それらがバランスよく揃ってないとケガをしないさせないこととパフォーマンスUPを両立していくことは難しいです。

これらの要素をバランスよく、より高いレベルに引き上げる為に必要なものが施術であったり、リハビリであったり、トレーニングやエクササイズです。

より高いレベルの練習や試合に向けて
どのようにカラダを動かしていきたいか

よりレベルの高い位置での動きを向上させていくための準備というわけです。

◎あくまでも大事なのは日々の練習

スポコレ

今まで「柔軟性」、「筋力」、「カラダの使い方」のどれかを行って成果があった人もいらっしゃることでしょう。

ですが、それって単なる偶然です。たまたまその3つの要素のバランスを取るために必要なものがそれだったということです。

練習はギャンブルではありません。施術やトレーニング、エクササイズというのは、ギャンブルではないので、ただやれば良いものではないです。

より確実に練習を成果に結びつけていくために先ずは目的を確認することが大事になってきます。

「脚のスイング動作を大きくしよう」
「接地動作を速くしよう」
「腕の振りを速くしようUPしよう」
「力負けしないように筋力UPしよう」
「動き出しを大きく速くしよう」
「ケガをしなようにしよう」
・・・

と色々とあるわけなのですが、これって目的なのでしょうか?

これらはその競技の目的を達成するための一手段であり目的ではありません。

意外とその辺を履き違えている方が多いなぁ~という印象です。

どうしても頑張って練習していると目的と手段がすり替わっている場合がよくあります。手段ばかりを達成しても目的は達成されるかどうかなんて博打みたいなものです。

練習は目的を達成する為のもの!

先ずは目的を再確認して、その目的の為にはどういうようにカラダを動かしていけば良いのか?そしてその為の要素は何か?ということを洗い出すことが重要です。

その練習・試合をしっかりと確実に目的に繋がっていくように行うことが出来るように…その為に施術やトレーニング、エクササイズを行ってケガしないさせないパフォーマンスに繋がるカラダを作っていきたいものですね!

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ


人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中