腰痛を早期改善、起こさないために!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

腰痛

寒暖の差が激しくなってきてます。一昨日に春一番が吹いたと思ったら、本日は積雪と体調管理には十分に気を配りたいものですね。

雪かきの影響か?最近、腰痛を患ってご来院される方が多くなってきております。どの部位でも一緒なのかも知れませんが、腰痛はただ痛みを治めるだけでは、再発しやすい状態なだけであまり宜しくはないです。

当治療院では腰痛でご来院された方は結構早めに痛みを解消してますが(平均1、2回ほど)、大事なのはその腰痛を起きにくくすることだと考えており取り組んでます。

お蔭様で、腰痛の再発率はかなり低いです。

今回は腰痛を早期改善したり、起きにくくするためにはどうすれば良いのか?ということを書いていきたいと思います。

◎腰痛を知る

腰痛2

腰痛と一言で言ってもぎっくり腰を筆頭に筋筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛、坐骨神経痛など沢山の腰痛の種類があります。

ぎっくり腰は基本的に急性腰痛ですので、他の腰痛が何らかの原因で急に起きた状態ということです。

代表的な腰痛というと

筋筋膜性腰痛は…腰周辺の筋肉に疲労が蓄積して出てくる痛みのことです。
痛みが曖昧な場合が多く、腰あるいは腰から背中にかけての痛み、張り感、こり、だるさ、重さなどの違和感などがあります。

椎間関節性腰痛は…腰椎の椎間関節部の過剰な動きによって出てくる痛みのことです。
筋筋膜性腰痛よりも痛みは鋭くある程度ハッキリしています。腰の神経根障害や腰椎間板ヘルニアとの鑑別が重要になります。

坐骨神経痛は...腰椎から起こる坐骨神経がどこかしらで障害を受けて腰から下肢に神経症状(痛み、痺れ、力が入らない等)が起きます。※どちらかというとヘルニアだったり梨状筋症候群だったり…坐骨神経痛は症状なので別に疾患名がつきます。

他にも色々とありますが、ある程度自分の腰痛のことを理解しておいた方が良いと思います。

◎腰痛が起きやすい時って?

choice

以前にも書きましたが、「腰の前屈動作(立位⇔体前屈)における腰椎、骨盤の動態および腰背部の脊柱傍部の筋電図変化の解析」の研究(名前が長い)において、

・中腰のポジションで最大筋電位が発生する
・立位→前屈位よりも前屈位→立位の方が1.7倍筋電位が大きい
・同姿勢が続くと筋出力が発揮されにくい

ということが言えます。

このことから解剖学、運動学的に捻りの動作においてもある程度強い筋電位が発生するということが考えられます。

他にも色々な文献から腰痛に発展しやすい時は…

中腰での作業を持続して行う時
長時間同じカラダのポジションでの作業を行う時
モノを上げ下ろしする作業
座った状態で作業してから立ち上がる時(ドライブなど)
過剰な負担がかかった時
カラダに疲労感がある時
寒暖の差が大きい時

などが挙げられます。

これらの場面に出くわす時は要注意が必要です。

◎腰に負担が掛からない状態をつくる

モノを運ぶ2

腰痛が起きやすい条件でもある程度察することが出来るとは思いますが、腰痛が起きにくくする為には、

骨盤、腰椎部における前後屈動作の連動性をスムーズにする
骨盤、腰椎部に余計な負担が掛かりにくいようにする為
筋肉を暖気しておく(ウォームアップ的なもの徐々に動かす)
長時間同じ姿勢の後の動き出しに強い負荷が掛かるのを避ける為

ということが大前提になってきます。

上記の2つの後に筋力をつけるということが大事になってきます。

これらの条件を満たすと腰痛は格段に起こりにくくなります。

◎腰痛が起こりにくくなるエクササイズ

上記のことを踏まえてエクササイズを一つご紹介いたします。

腰痛撃退エク

①横向きになって頭の先から足まで一直線になって寝る
②骨盤を動かさないように上側の股関節を曲げていく
③骨盤を動かさずに上側の腕を背中側上方へ捻っていく
④下側の手で上側の脚を抱え込んでいく(骨盤は動かさない)
⑤20~30秒行って反対側を行う

ちょっとザックリとした手順ですが、ご参考にして頂ければ幸いです。
因みに当治療院でもこのストレッチエクササイズを行ったりしますが、結構細かく指示します。

これを行うことで
・骨盤を基点として腰椎部のモビリティが良くなる
・下側の脚が伸びたままキープすること、胸郭のモビリティが出るので腹圧が安定しやすい
・呼吸を入れていくことで徐々に筋肉が動きやすい状態になる
・骨盤、腰椎部に余計なストレスがかかりにくくなる

などなど結構万能なストレッチエクササイズです。

細かい部分は結構ありますが、最低限の手順を踏んでいれば腰痛改善の要素、腰痛予防の要素が含まれていますので、ある程度の効果は期待出来ます。

是非とも試してみてはいかがでしょうか?

腰痛を知る!腰痛が起こりやすい時を知る!…それを踏まえて腰痛が起こりにくい状態を作って頂ければと思っております。

痛みが出る場合は我慢せず無理せず信頼できる医療機関に受診されることをお勧め致します。

我慢や無理をすることは、例え痛みが消失したとしても腰痛が起きるカラダの状態は変わっていませんので、何かしらの腰痛が起こりやすいです。

当治療院でもしっかりと対応させて頂きます。

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中