もう二度と同じ痛みを繰り返さないように。体幹から考える健康法

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに参加しています。是非とも!宜しければバナーを一日1票クリックお願いします。

カレンダー2

膝の痛み

ここ最近、マラソンシーズンですが、足回り、膝、股関節などを痛めた方の施術をさせて頂く機会が多いです。

その際に動作チェックをしていると、体幹部のブレをかばった動作で痛みが出やすい感じになってしまっている方が結構多いです。

「体幹トレーニングはやっているんだけどねぇ~」という言葉をよく聞かれます。

どうも体幹という言葉が一人歩きしちゃっているような感じがする昨今です。

体幹を理解していくことはケガの予防はもとより施術にも活かされますし、日常生活の充実、スポーツパフォーマンスへの貢献など幅広く活かされます。

今回は、カラダの痛みや疲れを起き難くする為には、いわゆる体幹を使うということはどういうことなのか?を書いていこうと思います。

◎いわゆる体幹のおさらい

コアマッスル

「トレーニングで“体幹を意識する!?ってなんぞや?」の記事にも書きましたが、体幹って基本的には、人間の身体の頭部と四肢(左右の手足)を除いた部分を指すのが一般的です。

ですが、体幹と聞くとお腹回りのことを連想される方も多いのではと思います。

◎体幹を働かすと四肢はどう動く?

手足

先のブログにも書いてますが、体幹をちゃんと働かせると四肢のポジションが適切なところに落ち着きます。

“適切なところ”というとアバウトな感じなのですが、運動連鎖からFunctional Joint Centrationに落ち着きやすいんですよね。

いわゆる体幹が働くと四肢は動かしやすくなります!

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、Functional Joint Centrationは機能的な関節安定位のことです。要は四肢が動き出しやすい位置関係にあるということです。

◎四肢が動かしやすいと気分が良くなる!?

美脚

四肢が動きやすいということは、カラダに余計なストレスはかかりにくいという状態になっているということです。

ということは、自律神経系の疾患などが起こりにくくなります。

またIAPとの関係から安定したポジションに落ち着くことで内臓器系にも余計なストレスがかからず良い状態をキープしやすいです。

◎インプットな動きアウトプットな動き

インプットアウトプット

「自分の動きが分かることで得すること」でも書きましたが、Proprioceptive Sensesを研究したリサーチからいわゆる体幹部はアウトプットデバイスな役割、四肢はインプットデバイスな役割が主な役割であるということが最近では分かってきています。

ということは、カラダをどう動かしていくのか?次第で体幹が行うお仕事って変わってきちゃうんですよね。

四肢からどういうことがインプットされるのか?逆に四肢に対してどのようにアウトプットしていくのか?等々によってお仕事の仕方が全然変わってきます。

いわゆる体幹からのアウトプットの役割があまりこなせていないと、四肢のインプットの役割が過剰になってしまいケガに繋がりやすくなります。

でも、Functional Joint Centrationに落ち着いていればインプットアウトプット両方に対処できます。

◎体幹が働く≠固める

ドローイン

先にも書いた通り、体幹を働かすということは四肢が動きやすい状態になるということです。

ということは、体幹を固めてばかりではダメですよということです。最近、よく流行のドローインだけやっているようではダメだということです。

固めただけだと四肢は動かしやすい状態でしょうか?

当治療院でもドローインは行いますが、あくまで過程というかキッカケ作りという捉え方で行っています。

ドローインで作れる「固める」という状態は体幹の一つの機能を作り出していく過程で出てくるものです。

ドローインをすることが目的では体幹は働きません。体幹を働かせていく過程でできた状態がドローインなのです。

外力からの影響を受けた時に安定させるために固めたというだけですね。ドローインばかりだと筋力が低下傾向になりがちです。(リサーチにも幾つか出てます)

水泳などの競技特性に見られるOKCの動作だとドローインをメインに組み立てることが有効な競技もあります。

◎四肢が動かしやすい状況を作る

スポーツテクノロジー

何はともあれ、体幹を働かせることは、機能的な関節の位置でもあるFunctional Joint Centrationを作り出せているか?どうか?がケガを少なくしていくためにチェックのポイントとなってきます。

足首、膝、股関節などのケガで足下からの影響を受ける場合もありますが、このようにFunctional Joint Centrationを作り出していくだけでもケガのリスクはかなり少なくなります。

なぜなら、脚の動かし方が適切に行われるからです。骨盤から脚にかけての負担も軽減していきますし。

◎曖昧なままの状態にしないこと

どうも「体幹トレーニング」という言葉が一人歩きしてるなぁ〜という印象が気になる今日この頃。先にちゃんとした意味を理解してはいかがでしょうか?…と必要性を感じる場面は多いです。

先ずはいわゆる体幹がどのように働けばどういったカラダの動かし方に通じるのか?ということを身を持って理解してみてはいかがでしょうか?

「体幹」を「トレーニングする」という事はどういうことなのか?…それを知るだけでも取り入れ方は随分変わってきます!

そいうったことがカラダを動かしていく上でケガの予防にも繋がっていきますし、パフォーマンスにも貢献していくものだと思ってます。

日常生活でも、仕事でもカラダを動かしやすい状態にしておくということは大切だと考えてます。

分からない場合は然るべき専門家に見て頂く事をお勧め致します。曖昧な理解だとケガや疾病の元にもなりかねますから。

当治療院でも、“体幹トレーニング教えてます”…というか、“体幹というものの理解”をちゃんと教えてます。
それを踏まえて体幹をしっかり使うトレーニングセッションもします。

せっかくだからしっかりと効果のあるものを!

数多くの実績に基づいた一味違う的確な施術をこの機会に是非!! その症状の一瞬一瞬を見逃さずに!より効果的な治療、コンディショニングをしていきたいと思います!カラダの痛み、不調などございましたらお気軽にご来院・ご相談下さいね! 良い意味で「驚き」と「感動」を!

スマホかけれます

パソコンお問い合わせ

人気ブログランキングへ

↑人気ブログランキングに参加しています。宜しければ1日1票クリックお願いします。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中